運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
129件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1990-06-01 第118回国会 参議院 内閣委員会 5号

○国立国会図書館長(指宿清秀君) 平成二年度国立国会図書館歳出予算について御説明いたします。  平成二年度国会所管国立国会図書館関係の歳出予算要求額は、百二十九億三千五百万円余でありまして、これを前年度予算額百二十五億一千万円余と比較いたしますと、四億二千四百万円余の増額となっております。  要求額の主なものについて、その概略を御説明申し上げます。  第一は、管理運営に必要な経費であります。その総額

指宿清秀

1990-04-26 第118回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 1号

○指宿国立国会図書館長 平成二年度国立国会図書館歳出予算について御説明申し上げます。  平成二年度国会所管国立国会図書館関係の歳出予算要求額は、百二十九億三千五百万円余でありまして、これを前年度予算額百二十五億一千万円余と比較いたしますと、四億二千四百万円余の増額となっております。  要求額の主なものについて、その概略を御説明申し上げます。  第一は、管理運営に必要な経費であります。その総額は、百六億八千九百万円余

指宿清秀

1990-01-22 第117回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 国立国会図書館の平成二年度歳出予算の要求について御説明申し上げます。  平成二年度予定経費要求の総額は、百二十九億三千五百万円余でございまして、これを前年度予算と比較いたしますと、四億二千四百万円余の増額となっております。  要求額の主なものについて、その概略を御説明いたします。  第一に、管理運営に必要な経費でありますが、その総額は、百六億八千九百万円余を計上いたしております

指宿清秀

1989-10-06 第116回国会 参議院 議院運営委員会 4号

○国立国会図書館長(指宿清秀君) 国立国会図書館組織規程の一部を改正する規程案外二規程案について御説明申し上げます。  まず、国立国会図書館組織規程の一部を改正する規程案について御説明申し上げます。  図書館資料を保存し、それを後世に伝えることは、国立国会図書館に課せられた任務の一つであります。この問題の重要性にかんがみ、国立国会図書館組織規程第四条第十五号に規定する国立国会図書館所蔵の図書館資料の

指宿清秀

1989-10-04 第116回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 国立国会図書館組織規程の一部を改正する規程案外二規程案について御説明申し上げます。  まず、国立国会図書館組織規程の一部を改正する規程案について御説明申し上げます。  図書館資料を保存し、それを後世に伝えることは、国立国会図書館に課せられた任務の一つであります。この問題の重要性にかんがみ、国立国会図書館組織規程第四条第十五号に規定する国立国会図書館所蔵の図書館資料の保存対策に

指宿清秀

1989-08-10 第115回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 国立国会図書館の平成二年度予算概算要求の概要について御説明申し上げます。  来年度予算の概算要求におきましては、次の諸点を重点に要求いたしたいと存じます。  まず、新規要求といたしまして、施設の充実のため、新館地下七階、同八階の書庫工事に要する経費約四億二千百万円及び本館の改修に要する経費約十二億八千百万円を要求するほか、和図書書誌情報の遡及入力に要する経費約一千五百万円、議会開設百年記念展示会

指宿清秀

1989-02-07 第114回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 国立国会図書館の平成元年度歳出予算の要求について御説明申し上げます。  平成元年度予定経費要求の総額は、百二十五億一千万円余でございまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、九億九千九百万円余の増額となっております。  要求額の主なものについて、その概略を御説明申し上げます。  第一に、管理運営に必要な経費でありますが、その総額は、百二億八千九百万円余を計上いたしております

指宿清秀

1988-08-23 第113回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 国立国会図書館の昭和六十四年度予算概算要求の概要について御説明申し上げます。  来年度予算の概算要求におきましては、次の諸点を重点に要求いたしたいと存じます。  まず、施設の充実のため、新たに本館の改修に要する経費約十六億三千三百万円を要求するほか、資料の保存を図るための経費約一千九百万円、業務の機械化を推進するための経費約二千万円をそれぞれ増額要求をいたします。このほか立法調査業務

指宿清秀

1988-04-22 第112回国会 衆議院 決算委員会 3号

○指宿国立国会図書館長 御指摘のございました自費出版物はこのところ急速にその出版量が増大をいたしておりまして、私どもも注目をいたしておるのでございますが、何分にも既存の流通経路からの納本が十分期待できないというのが実情でございますだけに、その取り扱いについては腐心をいたしております。当面国立国会図書館といたしましては、自費出版を引き受けております出版元への働きかけあるいは各地にございます公共図書館を

指宿清秀

1988-04-22 第112回国会 衆議院 決算委員会 3号

○指宿国立国会図書館長 お答えいたします。  官公庁出版物のほかに一般の民間出版物の納本制度がございまして、これは国立国会図書館法第二十五条以下で規定がなされております。この民間出版物の納本につきましても、当館といたしましてはあらゆる機会をとらえてその納本の周知徹底を図っておるのでございます。この中には自費出版を初めいろいろな出版物がございまして、このような出版物の納本につきましては国立国会図書館として

指宿清秀

1988-04-22 第112回国会 衆議院 決算委員会 3号

○指宿国立国会図書館長 お答えを申し上げます。  御承知のように、国立国会図書館は、国内で刊行されました出版物を網羅的に収集をいたします納本図書館としての使命を担っておるのでございます。わけても国及び地方の諸機関から刊行されます官公庁出版物の納本につきましては特にこれを重要視いたしておりまして、これら出版物は国会を初め行政、司法各部門や広く一般の利用に供せられておるのでございます。また、出版物の国際交換

指宿清秀

1988-03-28 第112回国会 参議院 内閣委員会 3号

○国立国会図書館長(指宿清秀君) 昭和六十三年度国立国会図書館歳出予算について御説明申し上げます。  昭和六十三年度国会所管国立国会図書館関係の歳出予算要求額は百十五億一千百万円余でありまして、これを前年度予算額百三十五億六千七百万円余と比較いたしますと、二十億五千五百万円余の減額となっております。これは主として国立国会図書館の車庫、外構工事が完了することに伴って工事費が減少したことと、前年度補正予算

指宿清秀

1988-03-09 第112回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 1号

○指宿国立国会図書館長 昭和六十三年度国立国会図書館歳出予算について御説明申し上げます。  昭和六十三年度国会所管国立国会図書館関係の歳出予算要求額は、百十五億一千百万円余でありまして、これを前年度予算額百三十五億六千七百万円余と比較いたしますと、二十億五千五百万円余の減額となっております。これは主として、国立国会図書館の車庫・外構工事が完了することに伴って工事費が減少したことと、前年度補正予算(第一号

指宿清秀

1988-01-22 第112回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 国立国会図書館の昭和六十三年度歳出予算の要求について御説明申し上げます。  昭和六十三年度予定経費要求の総額は、百十五億一千百万円余でございまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、二十億五千五百万円余の減額となっております。これは、主として、国立国会図書館の車庫・外構工事が完了することに伴って工事費が減少したことと、前年度補正予算(第一号)におきまして、緊急経済対策の一環

指宿清秀

1987-12-16 第111回国会 参議院 決算委員会 閉1号

○国立国会図書館長(指宿清秀君) お答えいたします。  昨年導入を計画いたしました入退館管理システムは、改善ということで目下進めておるわけでございます。  この改善に要する費用でございますが、私どもといたしましては、今年二月以来検討を重ねました結果、いろいろの問題が実は明らかになっておりまして、例えば利用者にサービスをするためのよりよき条件というようなものも実は検討の段階の中で出てきておるわけでございます

指宿清秀

1987-12-16 第111回国会 参議院 決算委員会 閉1号

○国立国会図書館長(指宿清秀君) お答えいたします。  当館の入退館管理システムにつきましては、昨年の九月、当館新館の開館を機といたしまして、懸案でございました利用者サービスの向上の一環といたしまして導入を計画いたしたものでございますが、ただいまお話ございましたように、これがいまだに全面的な稼働をしておらぬという事実でございます。このことによりまして、利用者はもとより、国会を初め関係各方面に多大の御迷惑

指宿清秀

1987-07-16 第109回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 まず、国立国会図書館の閲覧サービス改善に関する件でございますが、昨年九月以来、長い間御心配をおかけいたしております当館のいわゆる入退館システムの改善案がようやくまとまりましたので、ここに御報告申し上げます。当館におきましては、本年二月に来館利用者サービスシステム開発室を設けまして、入退館システムの改善につきましての抜本的な調査検討をいたしてまいりましたが、このほど同開発室において

指宿清秀

1987-06-19 第108回国会 参議院 決算委員会 閉5号

○国立国会図書館長(指宿清秀君) ただいまの具体的な御質問に対しましての答弁に先立ちまして、お許しをいただきまして、私から一言申し上げさしていただきたいと存じます。  この国立国会図書館の入退館に関しまするシステムでございますが、昨年の九月、当館の新館の開館に合わせまして、これの導入を計画いたしたのでございます。現在に至りましてもなお全面稼働に至っておりません。このことによりまして、利用者はもちろんでございますが

指宿清秀

1987-05-20 第108回国会 参議院 議院運営委員会 11号

○国立国会図書館長(指宿清秀君) 国立国会図書館職員定員規程の一部を改正する規程案について御説明申し上げます。  本案の趣旨は、国立国会図書館の業務の拡充を図る必要があるため、定員一人を増員し、現行の定員規程本則中八百四十七人を八百四十八人に改めようとするものであります。なお、この規程は昭和六十二年度予算成立の日から施行いたしたいと存じます。  何とぞ、御承認賜りますようお願い申し上げます。

指宿清秀

1987-05-20 第108回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 2号

○指宿国立国会図書館長 国立国会図書館職員定員規程の一部を改正する規程案について御説明申し上げます。  本案の趣旨は、国立国会図書館の業務の拡充を図る必要があるため、定員一人を増員し、現行の定員規程本則中「八百四十七人」を「八百四十八人」に改めようとするものであります。  なお、この規程は、昭和六十二年度予算成立の日から施行いたしたいと存じます。  何とぞ御承認賜りますようお願い申し上げます。     

指宿清秀

1987-01-21 第108回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 国立国会図書館の昭和六十二年度歳出予算の要求について御説明申し上げます。  昭和六十二年度予定経費要求の総額は、百二十五億九千四百万円余でございまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、二十三億八千三百万円余の減額となっております。これは、主として、国立国会図書館新館が地上四階から地下四階まで完成したことに伴い、工事費が減少したためであります。  次に、要求額の主なものについて

指宿清秀

1986-12-18 第107回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○指宿国立国会図書館長 館長の指宿でございます。お許しをいただきまして、一言申し上げたいと存じます。  本日は、このような会期末の御多忙なときにもかかわらず、国立国会図書館の業務につきまして図書館運営小委員会をお開きいただきましたことは、まことに恐縮に存じております。  国立国会図書館の閲覧サービスにつきましては、新館開館を機に、静かな環境での利用しやすい図書館を目指しまして、新しい体制を考えてまいったのでございます

指宿清秀