運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
211件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-07-16 第201回国会 参議院 予算委員会 閉会後第1号

○副大臣平将明君) 我々も非災対で会議をしておりますが、武田大臣始め、被災地に入り、入ることによっていろんな要望をいただいております。  ですから、そういった現地に入ることによって、我々が官邸で会議をすることも、様々な情報が直接入ることで、また、目で見て、直接お話を伺うことで分かることもあります。それを踏まえてより丁寧な対応ができるということもありますので、今テレビ電話で十分だという御発言もあったように

平将明

2020-07-16 第201回国会 参議院 予算委員会 閉会後第1号

○副大臣平将明君) 質問通告ございませんが、非災対を立ち上げて、被災地お話を伺いながら、政府各省連携をしながら対応を進めているところであります。総理被災地入りも、被災地のその自治体ともしっかり連絡取りながら、そのタイミングで入った方がプラスであるという判断をして、総理現地入りをさせていただきました。

平将明

2020-07-16 第201回国会 参議院 予算委員会 閉会後第1号

○副大臣平将明君) それでは、令和二年七月豪雨に係る被害状況等について御報告をいたします。  梅雨前線の停滞により七月三日から記録的な大雨が降り、この大雨により、七月十六日六時半時点で死者七十六名、行方不明者八名などの人的被害のほか、七月十六日八時時点で判明しているだけで全壊五百七十棟を含む住家被害等報告をされております。お亡くなりになられた方々に心から哀悼の意をささげるとともに、全ての被災者

平将明

2020-07-15 第201回国会 衆議院 予算委員会 第29号

○平副大臣 委員指摘のとおり、うちの武田大臣と御党の志位局長連絡を密にされて、今月の十日に、災害救助法の適用を受けた県に対して、在宅避難者への物資情報等を適切に提供していただくように通知を発出したところでございます。  委員、その後、現地に入られたということだというふうに思いますが、被災地においては、例えば、やはり圧倒的人手不足の中でありますが、熊本県の球磨村においては、自衛隊により、支援ニーズ

平将明

2020-07-15 第201回国会 衆議院 予算委員会 第29号

○平副大臣 御承知のとおり、自衛隊も二万人入っています。七十二時間以内に人命救助もしなければなりません。  PCR検査を義務づけをすると、検査をして結果が出るまでずっと待機をしなければいけないわけですから、パブリックにおいてはそれぞれの主体責任をとっていただく。今後、ボランティアに関してはいろんな可能性が出てくると思います。

平将明

2020-07-15 第201回国会 衆議院 予算委員会 第29号

○平副大臣 初めに、今回の豪雨災害によりお亡くなりになられた方及び御遺族の方に心から哀悼の意を表するとともに、被災された全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  今御指摘をいただいた点でございますが、緊急事態宣言解除後においては、ボランティア募集範囲を拡大する場合には、新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針等に示されている外出の自粛等の考え方のもと、被災地域住民ニーズ等を把握して、被災者

平将明

2020-07-09 第201回国会 参議院 内閣委員会 閉会後第1号

○副大臣平将明君) 被災地へ派遣されている国の職員については、長期間健康状態に問題がなく、周囲にも体調不良者のいない職員であり、日頃から感染症対策健康管理に万全を期しているところでございます。地方自治体職員についてもこの旨を徹底するようにお願いをしております。DMAT等現地に入っておりますが、医療関係者については、日頃からマスク着用とかですね、手指衛生を始め、基本的には感染症防止を徹底をしていると

平将明

2020-07-09 第201回国会 参議院 内閣委員会 閉会後第1号

○副大臣平将明君) まず、プッシュ型支援でございますが、現在、熊本に対して実施をしておるのは、飲料水等四万本、食料、具体的にはパック御飯缶詰等でありますが六万点、組立て型トイレ五十台、衣類、主にTシャツ、下着等でありますが八千着、スポットクーラー約百五十台、段ボールベッド千五百台、パーテーション約九百四十個、非接触型体温計百個などであります。手配をし、順次県に到着をしているところでございます。到着

平将明

2020-07-09 第201回国会 参議院 内閣委員会 閉会後第1号

○副大臣平将明君) 初めに、今回の豪雨災害によりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、御遺族方々お悔やみを申し上げ、被災された全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  新型コロナウイルス感染症現下状況においては、避難所における三つの密の回避など、新型コロナウイルス感染症感染防止に十分留意する必要があるというのは先生の御指摘のとおりでございます。  政府におきましては、

平将明

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

○平副大臣 今先生指摘のとおり、現在、プッシュ型支援熊本県に実施をしております。段ボールベッド千五百台、非接触型体温計百個、パーティション約九百四十個、飲料水等は三万本、食料パック御飯缶詰等でございますが、六万点、スポットクーラー約百五十台、組立てトイレ五十台、衣類、主にズボン、下着等でありますが、八千着などを手配し、順次到着をしているところでありまして、到着した物資は県から被災市町村に向けて

平将明

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

○平副大臣 済みません、先ほどまとめて答えてしまいましたが、感染防止感染者のところの検査は各省庁主体責任を持って対応するということになろうかと思います。  今後の対応としては、PCR検査の体制も踏まえながらでありますが、例えば、私が事務局長西村大臣ヘッドを務めるコロナ対策テックチーム接触確認アプリをリリースをさせていただいておりますので、そういったものを活用しながら、しっかりリスク管理

平将明

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

○平副大臣 初めに、今回の豪雨災害によりお亡くなりになられた方々お悔やみを申し上げ、被災された全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  現下新型コロナウイルス感染症状況においては、避難所における三つの密の回避など、感染防止に十分留意する必要があると考えております。  これまで、避難者については、避難所到着時や開設後も健康チェックをすることや、パーティション等により避難所のスペースを十分に

平将明

2020-06-16 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第19号

○副大臣平将明君) 今委員指摘のとおり、災害対策基本法において対象となる災害については、まさに地震や豪雨、洪水、噴火などの自然現象、さらには大規模な火事や爆発その他その及ぼす被害の程度が類する大規模な事故により生ずる被害と規定をされております。また一方で、感染症分野におきましては、もう既に感染症予防法もございますし、先ほど委員が御指摘された新型インフルエンザ対策特措法など、別途法体系が整備をされております

平将明

2020-06-02 第201回国会 参議院 総務委員会 第16号

○副大臣平将明君) 御承知のとおり、一義的には、物資在庫市町村にやっていただいて、都道府県がそれを支援をするという形であります。  プッシュ型支援は、被害状況が大きいところが、その災害対応とか、市役所が機能しなくなって沈黙をしてしまうので、こちらからプッシュ型で支援をするというのが本来の役割であったというふうに思います。  ただ、今回、コロナウイルスを受けて、例えば体温計であるとか、いわゆる

平将明

2020-06-02 第201回国会 参議院 総務委員会 第16号

○副大臣平将明君) 今御指摘いただきました避難所における良好な生活環境の確保に向けた取組指針避難所運営ガイドライン改定は、平成二十八年四月に行われております。昨年、台風十五号、十九号によって得られた知見もありますので、タイミング的にはそろそろ改定も検討すべき時期であると思いますが、今、新型コロナウイルス発生をいたしまして、こちらに対応するために適宜通知を出させていただいております。  結果、

平将明

2020-06-01 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

○平副大臣 後ほどテクノロジーについては御答弁申し上げますが、その前段階として、実装で何がボトルネックになっているかといえば、やはり慣習であったり、あとは権威的な運用であったりと思います。  ですから、例えばOriHimeロボットフォルムがすごいかわいいフォルムなものですから、すごい緊迫した会議に私だけそのOriHimeロボットで行って周りの空気がどうなるのかとか、そういうことが当然出てきますので

平将明

2020-06-01 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

○平副大臣 質問ありがとうございます。  私は、OriHime分身ロボットを昨年から使っておりまして、まさに分身ロボットが持つ社会的な可能性に注目をし、今、副大臣としても使用をしております。セキュリティーや機密保持を十分確認した上で、例えば役所からブリーフィングを受けるときに分身ロボットを使ったり、あと遠隔地でのシンポジウムに分身ロボットで出席をしたり、さらに、メディアの取材なども、このコロナ禍にあって

平将明

2020-05-28 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号

○平副大臣 現在、二〇二一年度から始まる第六期科学技術基本計画に向けて、まさに第五期の基本計画のレビューを行っているところであります。  第五期の基本計画においては、まさにサイバー空間フィジカル空間の融合による人間中心社会、いわゆるソサエティー五・〇を世界に先駆けて打ち出しをしました。  一方で、新型コロナウイルス感染症対策では、社会全体のデジタル化のおくれが顕在化をしております。そういった意味

平将明

2020-05-28 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号

○平副大臣 今、接触追跡アプリというお話がありましたが、追跡はしませんので、接触確認アプリということで御承知おきいただければと思います。  また、今回はプライバシーに物すごく配慮をしておりまして、諸外国、例えばシンガポールなんかは電話番号をとりますし、韓国は位置情報もとっていると思います。今回のアプリは、電話番号もとりませんし、位置情報もとりません。そういった意味では、最新のテクノロジーと、あとプライバシー

平将明

2020-05-26 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第2号

○平副大臣 内閣府副大臣平将明でございます。  令和年度科学技術関係予算について、その概要を御説明いたします。  令和年度科学技術関係予算の総額は四兆三千七百八十七億円となっております。このうち、一般会計分が三兆五千六百九十三億円、特別会計分が八千九十四億円となっております。この一般会計のうち、科学技術関係予算の中核となる科学技術振興費が一兆三千六百三十九億円となっております。  令和年度科学技術関係予算

平将明

2020-05-22 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第3号

○平副大臣 お答え申し上げます。  押印、書面、対面原則の見直しについては、委員指摘のとおり、四月の二十七日の経済財政諮問会議における総理指示を受けまして、翌二十八日に規制改革推進会議が示した方向性に沿って、各府省においてスピード感を持って取組を進めているところであります。  特に、政府から民間企業国民に対して接触機会の削減などの行動変容を求めている中でありますので、政府職員もみずからの行動様式

平将明

2020-04-30 第201回国会 参議院 総務委員会 第13号

○副大臣平将明君) 避難所における新型コロナウイルス感染症対応については、今御指摘がありました四月七日と、あと四月一日にも、新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針を踏まえて、災害発生時における留意事項について、関係省庁連名都道府県宛て通知をしたところです。  さらに、四月の二十八日に、その場所が足りないんじゃないかというような御指摘もありますので、避難所としてホテルや旅館の活用等検討

平将明

2020-04-15 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

○副大臣平将明君) 住宅応急修理応急仮設住宅の供与については、救助対象が異なることから併用しないこととしていたところでありますけれども、一方で、今御指摘のありました修理業者不足等課題もあり、修理期間が長期化することも実態としてあるところと認識をしております。  今ありました、総務省さんから三月三十一日に行政評価の勧告をいただきました。その内容を踏まえて、各制度の併用の可能性について、被災自治体

平将明

2020-04-02 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第8号

○副大臣平将明君) 新型コロナウイルス感染症については、現在、感染拡大防止のために政府を挙げて取り組んでいるところでございます。  現状で災害発生した場合には、先般、三月二十八日土曜日に発出されました新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針を踏まえ、避難所における感染症対策を徹底する必要があると考えております。  従来からも様々な各種ガイドラインを定めておりまして、手洗いやうがいの励行やマスク

平将明

2020-03-19 第201回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

○副大臣平将明君) 今、小野田委員指摘のとおりでありまして、やっぱり最近はITテクノロジーが進んできましたので、例えば、流通なんかはPOSシステムなどを使って流通段階在庫を持たないのが利益につながるとか、あと、生産もサプライチェーンかんばん方式など、至る所で在庫を持たない。一方で、二十四時間、コンビニ行けば何でも買えるという状況にあるんですが、一たび感染症とか災害があると目詰まってしまうということがあると

平将明

2020-03-18 第201回国会 参議院 災害対策特別委員会 第2号

○副大臣平将明君) 国土強靱化担当防災担当内閣府副大臣平将明でございます。  災害から国民生命身体財産を守るために、国土強靱化担当防災担当内閣府副大臣として、武田大臣を補佐をし、一連災害からの復旧復興、今後の災害対策と強靱な国づくり全力で取り組んでまいります。  杉委員長を始め、理事委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。  さて、令和年度防災関係予算案

平将明

2020-03-17 第201回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号

○平副大臣 国土強靱化担当防災担当内閣府副大臣平将明でございます。  災害から国民生命身体財産を守るために、国土強靱化担当防災担当内閣府副大臣として、武田大臣を補佐し、一連災害からの復旧復興、今後の災害対策と強靱な国づくり全力で取り組んでまいります。  山本委員長を始め理事委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いをいたします。  さて、令和年度防災関係予算案概要

平将明

2020-03-10 第201回国会 参議院 総務委員会 第3号

○副大臣平将明君) 今の件につきましては、若干重なりますが、重要インフラ事業者につきましてはNISCの間で情報共有仕組みというものをつくりました。ですから、こちらについてはそういう仕組みの枠組みの中で情報が上がってくるということと、各所管官庁が、インシデントがあれば報告義務が課されているということで、各省庁内閣府、また内閣官房情報共有をする仕組みをしっかりとこれから仕組みとして強化をしていくということであるというふうに

平将明

2020-03-10 第201回国会 参議院 総務委員会 第3号

○副大臣平将明君) まず、情報共有の部分でありますが、基本的に民間企業報告義務自体は、契約ベース報告義務を課すことになっています。ですから、報告相手方である官庁がしっかりと相手方とやっていただくということですが、更に言うと、重要インフラは各所管官庁がいろんな業法で報告義務を掛けておりますので、何かインシデントがあれば各所管省庁に上がってくるという仕組みになっています。  その上で、お尋ねは

平将明

2020-03-10 第201回国会 参議院 総務委員会 第3号

○副大臣平将明君) 質問通告ございませんが、内閣府の立場としては、サイバーセキュリティー、NISCなどを所管をしておりまして、この事案につきましては、防衛省また経産省、所管官庁である経産省から把握して、その後報告を受けるという段取りになっています。正確な日時は、今持ち合わせておりません。

平将明

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

○平副大臣 国土強靱化担当大臣でございます。また、防災担当大臣として、昨年は台風十五号、十九号の災害対応などをさせていただいたところであります。  近年、災害が激甚化する中で、国民生命財産を守る国土強靱化取組を進めることは喫緊の課題であると認識をしております。また、一昨年の末に、今御指摘がありました防災減災国土強靱化のための三カ年緊急対策を取りまとめ、集中的な取組を進めているところでございます

平将明

2020-03-05 第201回国会 参議院 予算委員会 第7号

○副大臣平将明君) お答え申し上げます。  まず、台湾日本状況の違いを是非御理解いただきたいと思うんですが、台湾では、当局がマスク製造業者から全量買上げをしております。その上で指定薬局配給をしているということであります。そして、市民が健康保険カード等を使って、曜日の指定とか購入枚数の制限があるということです。  日本配給制度を取っておりません。その上で申し上げれば、まあ、もし政府在庫

平将明

2020-02-25 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号

○平副大臣 まず、二回目の調整費配分の一部を新型コロナウイルス対策予算を振り向けるべきではないかという御質問でございますが、令和年度調整費の第二回の配分については、令和年度を初年度とする次期健康・医療戦略におけるゲノムデータ基盤プロジェクトを早急に補完するため、令和年度第二回医療分野研究開発関連調整費実行計画において、ゲノム医療データ基盤の構築へ向けた取組等の各事業について配分実施

平将明

2020-02-25 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号

○平副大臣 健康・医療戦略室は、ヘッド大臣になります、担当大臣。その下に我々副大臣政務官がおりまして、室長和泉室長であります。次長は複数名おりまして、内閣官房また経産省、文科省厚労省などから、また民間などから次長としてその責務を果たしていただいております。合計七名、次長がいらっしゃいます。

平将明

2020-02-25 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号

○平副大臣 このトップダウン型調整費の選定に厚生労働審議官大坪次長がかかわっているかという質問でございますが、御承知のとおり、令和年度第二回医療分野研究開発関連調整費実行計画におけるトップダウン型経費分配案の策定は健康・医療戦略室事務局として担っておりますので、大坪次長もこの健康・医療戦略室次長の一人でありますので、かかわっております。  ただ、一人で決めているということではないと思います

平将明