運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
323件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1977-09-16 第81回国会 衆議院 外務委員会 3号

川崎(秀)委員 それじゃあなたに伺いますが、いまの段階でも、ソ連が来てくれということならば行ってみよう――北方領土問題は持ち出してもらっては困る、シベリア開発並びにもし日本側が希望するなら友好親善条約領土問題を除いての友好親善条約――向こうはもうその腹ですよ。北方領土問題は、学術調査団が行ったって、そんなものは解決済みだとコスイギンは言っているのだ。あなたが行けば、北方領土問題を除外して行くわけにはいかないでしょう

川崎秀二

1977-09-16 第81回国会 衆議院 外務委員会 3号

川崎(秀)委員 日ソ漁業協定成立した明くる日に首相官辺から発せられた、多分園田君の周囲だろうと思う、次は日中問題の解決だ、相当大きく新聞報道されて、手のひらを返すようだ、椎名中曾根会談というものもあった、あるいは顧問会議で岸信介灘尾弘吉両先生を初め、まあ党内タカ派と称せられる諸君が、そんなことをいまごろ言うというのは何だということで、総務会の一部、青嵐会の分子とともに反対をしたという経過はあります

川崎秀二

1977-09-16 第81回国会 衆議院 外務委員会 3号

川崎(秀)委員 大坪議員、どうもありがとうございました。  きょうは南アフリカの人種差別政策、核保有の問題あるいは朝鮮に対する長期的な見通し、私はこれらを質問したいと思うのですが、後回しにします。  日中平和友好条約締結は、復交以来五年を経過して未解決であります。しかし私の判断では、これは差し迫っているし、差し迫らなければならぬという考えを持ちつつ御質問を申し上げますが、政府、特に外務大臣としてはどういう

川崎秀二

1977-03-12 第80回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 2号

川崎(秀)分科員 私が質問しようとしておりまする第二問にも関係ありますが、私は現在の社会風潮あるいは無責任体制というものに関連して、海部文部大臣政治家としての識見を伺いたいと思うのです。  早稲田ラグビー部の自主的決定は、一般には厳し過ぎる、あるいは措置が早かったという非難もありますけれども、現在のとうとうたる無責任体制というものに対して、過ちを一時でも犯して逮捕されたという不名誉に対する自浄措置

川崎秀二

1977-03-12 第80回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 2号

川崎(秀)分科員 かように、スポーツの振興ということの予算では、公共事業費の伸びと余り変わりはない。大したことはないです。  いずれこの問題は後で伺うことといたしまして、私が最近の事象で非常に遺憾に感じておりますることを、数点にわたって海部文部大臣の一般的見解をまず先に伺い、次第に入っていきたいと思っております。  早稲田大学のラグビーの部員で、しかもレギュラーメンバーで、私の見ておるところでは、

川崎秀二

1977-03-12 第80回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 2号

川崎(秀)分科員 ことしの予算は、編成のときに総選挙のあおりを受けましたので、年末遅く、また年始早々で、われわれは編成の中核には全然タッチしておらぬ。毎日予算委員会へ来て、野党質問ばかり聞いておるわけです。そこで思い出すのは、海部文部大臣が、本年の文部省予算の重点としては、スポーツの振興ということを相当考えておる、こういうことにあったように私は思っておるのですが、スポーツの振興と今度の予算の重点

川崎秀二

1977-03-02 第80回国会 衆議院 外務委員会 2号

川崎(秀)委員 実は、一九七二年の九月二十九日に共同声明が締結された。その前に田中前総理大臣、大平元外務大臣、この共同声明の第七項について、非常に深く突っ込んだ意見を周総理との間に交わした様子はないんですね。ないんです。薄ぼんやりとでもないんでしょうが、上海コミュニケにあるなら入れようということであったというふうに思われる節がある。いまの御説明であれば、先般、河野謙三参議院議長が、何かの機会に田中

川崎秀二

1977-03-02 第80回国会 衆議院 外務委員会 2号

川崎(秀)委員 覇権の反対について不安があるというのは、やはり憲法九条関係で、いわゆる自衛権があるけれども、海外自衛隊を派遣することはない、これはもうはっきりしていることですが、そういう点において、あの日中共同声明第七項が、ある国が侵略してきた場合に日中が共同行動を起こす、そういうことを憂えているのが外務省あたりにあるんじゃないですか。

川崎秀二

1977-03-02 第80回国会 衆議院 外務委員会 2号

川崎(秀)委員 帰り新参でありますし、私は、予算委員会以外で質問をいたしますのは二十数年ぶりであります。労働厚生委員会というのが終戦直後にありまして、そのときに質問して以来であります。  福田総理大臣は、覇権反対については日中共同声明精神を尊重してやる、日本国憲法と抵触しなければ本文に入れようが前文であろうが問題ではない、こういう言明をされていますが、日本憲法のどこが覇権反対に抵触するのか、また

川崎秀二

1972-03-25 第68回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 6号

川崎(秀)分科員 きょうは外交政策というよりは、むしろ日本の世界政策あるいは軍縮問題等でお尋ねをしたいと思うのですが、せっかく予算の分科会でありますから、分科会らしい質問を最初に申し上げたいと思うのであります。  外務省自身の充実強化ということは各方面から要望されておると思いますが、この世界政治の変化に対応しまして、国際経済産業技術に関する研修などはどういうふうにされておりますかということが一つ

川崎秀二

1972-03-23 第68回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 4号

川崎(秀)分科員 それでけっこうなんですが、私はいろいろなことを少しずつ研究していて思いますのには、国連の統計のうち一番あやふやなのは共産圏の中の国民総生産、あるいは一人当たりの国民所得、さらに二国間の相互貿易統計というものがないわけですね。これが貿易センターに加盟をするというようなことになりますれば、自然に類推の統計がだんだん基礎ができてファンダメンタルな要素が非常に加わってくるというふうに希望

川崎秀二

1972-03-23 第68回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 4号

川崎(秀)分科員 きょうは日中国交回復への通産大臣の心がまえとか、その他日中問題について、経済問題よりは、将来わが党の重要人物として、また次期政局への展望を兼ねて、田中通産大臣のお考えをいろいろ伺ってみたいということであります。もう佐藤内閣も終わりになりますので、むしろ通産大臣の将来を激励するという意味での質問でありますが、少々アップツーデートの問題もありますので、あるいはそちらの政府委員から最初

川崎秀二

1972-03-22 第68回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 3号

川崎(秀)分科員 それから第二の問題は関西線の電化複線の問題です。これは、昔は東海道五十三次というのは、名古屋から分かれて、関、亀山、桑名を通って、そして間の土山鈴鹿峠を越えて行ったわけです。ですから関西線というものはその半分ぐらいを通る非常に重要な路線で、国鉄の昔の時刻表なんかを見ると、東海道線東北線、山陽線、四大線のうちの一つにさえもなっておったわけです。近来はまるで問題にならぬ。われわれの

川崎秀二

1972-03-22 第68回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 3号

川崎(秀)委員 私は第二分科会の本務員でありますので、ここは時間が非常に制限されていますので、こっちも簡単に申し述べますから的確にお答え願いたい。  名張-松阪間の名松線、これは完成しないうちに戦争を迎えた。ずいぶん昔の話です。奥地開発ということで非常に重要な路線であったのですが、赤字で廃止問題も審議会の勧告では出ている。しかし国鉄当局では、奥地開発という意味もあるし、キロ数も長い、また物資の輸送

川崎秀二

1972-03-18 第68回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 1号

川崎(秀)分科員 わかりました。  最近は地方議会も非常に速記録を中心にしての質疑なりが多いので、だんだん充実はしておるようですけれども、ところによっては、速記が誤謬を起こしたりして問題になっておるところもあるようです。各県議会、それからおもなる市会はみんなやっておると思うのですが、こういう点で、衆議院に援助を求めたり、あるいは養成所の訓練に参加するというようなことはいままでありますか。

川崎秀二

1972-03-18 第68回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 1号

川崎(秀)分科員 衆議院の一番持っておる宝は速記者だと思っておるのです。これはほかにかけがえがない、むろん参議院もそうですが。この速記者の養成というものはいまどういうふうになっているか、両院でどのくらい数があるか、そういうような問題について。また給料ですね、サラリー、それから加俸みたいなものはないんですか。

川崎秀二

1971-10-26 第67回国会 衆議院 予算委員会 3号

川崎(秀)委員 私は、今度の事件で保利幹事長並びに予算委員長のお許しを得ておりますので、党を代表しまして、この事件で犠牲になられた方に深き弔慰のことばを申し上げるとともに、重軽傷者のすみやかなる御回復を祈るものであります。  実は、ことしは何が起こるかわからない年でありまして、全く降ってわいたような事件の連続であります。今夜国連で正面衝突が起こることは承知をしておりましたが、三重県の地元で正面衝突

川崎秀二

1971-02-23 第65回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 4号

川崎(秀)分科員 その他は政治問題であります。  日本では外交問題といえば、いまからの大問題としての中国問題に集中されているようですが、アメリカにしてみれば、中国問題はいまの問題ではなく、この次に来たる問題である。いまはベトナム問題の処理で手をやいているわけです。アメリカの政界へ参りましても、アメリカ財界の関心も、ことごとくベトナム戦争の収束いかんということであります。  しかるに、最近におけるアメリカ

川崎秀二

1971-02-23 第65回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 4号

川崎(秀)分科員 元首が訪問をされた、これはベルギー国王、それからハイネマン西ドイツ大統領ということであろうと思うのですが、イギリスへ行かれるのは、王室からアレキサンドリア王女あるいはマーガレット王女、さらにチャールズ王子等が陸続と来られた御返礼でもあり、日英皇室の昔からの関係ということもあずかって力あるものだと思います。  けさ一部の新聞には出ておりましたし、私もきょうの質問でそういうことを

川崎秀二

1971-02-23 第65回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 4号

川崎(秀)分科員 まず第一に、数日来、天皇、皇后両陛下の御訪欧ということが逐次新聞紙上に発表されております。本日は政府から正式発表があるように聞いておりますけれども、これが事実かどうか。事実とすれば、たいへんけっこうなことでありまして、終戦後すでに二十五年、四分の一世紀を経過し、また陛下には東宮時代にイギリスに行かれた思い出があるそうでありますし、最近も多くの方々に接見をされる際に、なつかしい昔の

川崎秀二

1971-02-22 第65回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 3号

川崎(秀)分科員 いま最近の統計、それは去年までの統計で、去年の暮れからは平均は千人や二千人じゃないです。それはやはり大学リーグが白熱してきた、早稲田が勝ちそうだ、日体大も法政明治慶応も強いということになってからは、私は三回行きましたが、たいがい六千、七千から二万近く入ったのもある。ですから、そういう、名前を出してはあれだけれども、二流、三流の大学同士でやれば千人から千二百人でしょう。そういうわけですから

川崎秀二

1971-02-22 第65回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 3号

川崎(秀)分科員 要点はそのとおりでございますから、さらに私は具体的に申し上げてみたいと思うのです。  あのラグビーの競技場は、何万入るのか実際にはよくわからないのです。一万五、六千か、まあ二万ぐらいだろうと思うのですが、中央スタンドだけは人数が四、五千人から六千人ぐらいまで入れるが、あとはばらっとしておって、立っておれば相当入れると思うけれども、御案内のように、イギリスでは最近サッカー競技に興奮

川崎秀二

1971-02-22 第65回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 3号

川崎(秀)分科員 きょうはスポーツの問題、青少年の問題を取り上げますけれども、大体ラグビー競技場の大改築ということが主題であります。昨年一年を通して、プロ野球の黒い霧ばかり追及しておりましたが、九割五分大体片づいたと思います。世の中は勧善懲悪、善のほうも大いにひとつ奨励しなければならぬと思っておるわけであります。  現在の秩父宮ラグビー競技場は、昭和二十三年でありますか、いまのラグビーOBの諸君が

川崎秀二

1971-02-13 第65回国会 衆議院 予算委員会 11号

川崎(秀)委員 大体合格ですな。  それでは、きょうは日中問題だけであとの時間をいただきます。中国政策全般にわたり申し上げ、建設的にわれわれの意見も申し上げる。小さい問題ですが、看過できない問題からぼつぼつ始めます。  日中覚書貿易、毎年二月になると期限切れで交渉しておる。その日中覚書貿易政府の金が使われておるかどうか。これはもう一週間ほど前から通産大臣外務大臣に私は調べをしておくように申し上

川崎秀二

1971-02-13 第65回国会 衆議院 予算委員会 11号

川崎(秀)委員 一般質問の冒頭にあたりまして、しかも雪の降る日、腰かけも新しくなりましたところで質問を許していただきまして、中野委員長並びに与野党理事の好意によるものと、この際、初めに深く敬意を表する次第であります。  しかし、補正予算質問の最後にハプニングが起こって、いまさらその事件責任を追及しようとは思わない。すでに済んだことです。けれども、与党議員は居眠りばかりしている、予算委員会はお祭

川崎秀二

1970-03-17 第63回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 4号

川崎(秀)分科員 いまのお話のうちの、利権的なものを排して、政治的また大きな目で取り組まなければいかぬということは全く同感であります。そういう気持ちで行きませんと失敗をすると思うのであります。しかしながら、現地のパプア人種は、あの忌まわしい戦争中であるけれども、わが国のニューギニアに行った陸海軍の将兵というものはきわめて穏やかに接触もし、また山本五十六提督以下いろいろな部隊がありましたけれども、ラバウル

川崎秀二

1970-03-17 第63回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 4号

川崎(秀)分科員 基本的なお考えが非常に力強くうかがえましたが、少し具体的にお聞きし、かつまた提案もしてみたいと思っておるのであります。  国会二ューギニア懇話会では、昨年の十月十日に私を団長といたしまして、十六名の民間の学者あるいは文化人等を引率をしまして、二十三日まででありましたが、豪州並びにニューギニア各地を回りまして、ポートモレスビーの執行官といいまするか総督コミッショナーにも会ったわけでございます

川崎秀二

1970-03-17 第63回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 4号

川崎(秀)分科員 きわめてじみな問題でありますが、将来性のある問題につきまして、私の知っておりますことを申し上げて、そうして大臣のお答えを得、前向きに取り組みたいという問題があります。  東部ニューギニアという地域がございますが、御案内のようにニューギニアは東西に分かれておりまして、西のほうはいわゆる西イリアン、東は豪州領並びに国連統治地域、ビスマルク群島あるいはニューブリテン島等々入れましてパプアニューギニア

川崎秀二

1970-03-12 第63回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 2号

川崎(秀)分科員 いまのお話は言いのがれの答弁であります。私は何も野球場を移せとは言ってはいない。あべこべに東京都競輪をやめるという。もとよりそれに代替していろいろな代替案が出ておることも私は承知をしておりますけれども、やはりいま競輪場と野球場が隣接をしておるということはいいことだと思いますか。これは観客は同じようになるのです。

川崎秀二

1970-03-12 第63回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 2号

川崎(秀)分科員 そこで、きょうの場面は、私はむしろスポーツ環境とかあるいは具体的な事実の羅列によって問題を提起しておきたいと思うのです。こういうことが起こってくるのは、一つは私は野球場の隣接環境の問題もあると思う。これは文部省として非常に関心を持たなければならぬ。たとえば、大阪の南海の球場、あるいは後楽園もそうです。それから西宮球場、こういう競技場はすべて隣に競輪場というものが付設をしており、

川崎秀二

1970-03-12 第63回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 2号

川崎(秀)分科員 野球賭博の問題に関連をして、球界をおおっておる黒い霧、この問題は三月三日われわれの所属をしておるスポーツ振興国会議員懇談会の総会から火ぶたを切ったわけであります。その後予算委員会におきまする中谷議員質問はかなり核心をついております。私どもは来たる十七日に議員連盟主催の聴聞会的公聴会を開きまして、球団の内幕を十分に知りまして、その後国会審議、特に元来言えば本節は文教委員会でお取り

川崎秀二

1970-03-12 第63回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 2号

川崎(秀)分科員 非常に具体的に御答弁をいただきましたが、実はこの焦点になっております中国側との問題がいまの大きな問題のように思うのであります。実は昨年同じような時期に古井君が参りましたときにも多少話題にはなっておったのでありますが、いつの間にか交渉途中におきましてもっと重大な問題が、政治的な根幹問題が提起された関係で消えたように私は記憶しております。今回また古井君が参りますまでは、八分どおり、その

川崎秀二

1970-03-12 第63回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 2号

川崎(秀)分科員 ただいま御答弁の中に旅券の問題がございましたので、きわめて端的に御質問を申し上げます。  先週の金曜日または土曜日に外務省の方針と見られるようなものが新聞紙上に散見をいたしております。外務大臣の口から、いま旅券法改正のことを機会に簡素化したいということでございましたが、これは中国側の者が日本に参ります場合に、北京の日中覚書事務所でビザを発行するということができる、あるいは日本側が

川崎秀二

1970-03-12 第63回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 2号

川崎(秀)分科員 佐藤内閣は、先般の衆議院選挙のほぼ中盤戦に差しかかるころに、総理が仙台演説をされまして、一九七〇年代の課題は中国問題の解決である、ことに外交上の最重大案件である、こういう表現をされまして、従来とは変わった積極的な日中改善の態度を打ち出されたのであります。自来、国会におきまする総理大臣並びに外務大臣の御答弁の中には、いろいろそのときどきに応じまして起伏があることは当然のことでございますが

川崎秀二

1970-03-11 第63回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

川崎(秀)分科員 非常によくわかりました。わかりましたが、あなたの言われることに若干疑問を持っておりまするのは、今日パキスタン航空あるいはエールフランスというものは、上海、広東に乗り入れをしているわけですね。中共の持っておる協定、一つの方針というものと国際間のならわしというのが合わないというならば、彼らも制約されるわけですが、彼らはどうして入っておるのでしょう。

川崎秀二

1970-03-11 第63回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

川崎(秀)分科員 基本方針といいまするか、運輸相の考えておられる日中関係の個人的見解ではあるけれども、きわめて明快に伺いました。いまのようなお考えであればたいへんけっこうでありますので、具体的に御質問を申し上げたいと思います。  この日中の国交回復ということが実現をしないままでは、日本航空は、国際航空協定あるいは将来結ばれる日本中国航空協定などの適用を受けないから、乗り入れは困難であるというふうに

川崎秀二

1970-03-11 第63回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

川崎(秀)分科員 きょうは、午後六時にはジャンボが日本に飛来するという歴史的な日になったわけであります。太平洋はまさに航空時代に一新紀元を画したときでありますが、つらつら考えて、月とスッポンということばがあるわけですが、アメリカは月旅行をする、中国へ行くにはスッポンである、うまいことこれはごろが合ってきたものだと思うわけです。われわれの同志である古井君は、いま日中覚書貿易協定の延長のために交渉に行

川崎秀二

1969-05-14 第61回国会 衆議院 外務委員会 19号

川崎(秀)委員 前の話を受けての答弁もありましたので、したがって、西イリアンの問題に執着されたような感じなんです。私がきょう取り上げようというのは、逆にパプア・ニューギニアといわれるいわゆる東部地域面積でいえば、西イリアンに比して大体一・二倍ぐらい多いと思うのですね。この中は、御案内のように、国連信託統治地域と豪州領パプア、こういう植民地の形態を持っておるわけですが、そこで、その東部ニューギニア

川崎秀二

1969-05-14 第61回国会 衆議院 外務委員会 19号

川崎(秀)委員 私は、臨時に外務委員にならしていただきまして、与野党の外務委員の皆さんの御了解を得まして、本日はパプア・ニューギニア問題を主として質問をいたしたいと思っておるわけであります。このバックグラウンドといいますか、背景を一応先に外務大臣にのみ込んでいただきまして、質問をしたいと思うのであります。  昨年の九月ごろからだったと思いますが、東西ニューギニアの問題につきまして、パプア民族独立

川崎秀二

1969-02-28 第61回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 5号

川崎(秀)分科員 とにかく世論もきびしいことでございますから、ぜひ上訴審の場合においても百日事件ということでスピードアップをしてもらいたいと思うのです。これは、きのうも田中前法務大臣とも個人的にいろいろなお話をしたのですが、諸外国ではもう選挙違反というものに対する刑事事件は非常に少ないのです。西欧諸国ですね。それとの比較はどうですか。

川崎秀二

1969-02-28 第61回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 5号

川崎(秀)分科員 第一問に対するお答えはそれでけっこうであります。けれども私少しスピードを上げて申し上げますから。それは地裁ですね。それから不服で高裁に控訴する、あるいはさらに最高裁と進むと、これが二年ないし三年かかる。そのために、さっき私があげた一番極端な事例も出てくるわけです。そしていよいよ公民権停止だというころになると、日本恩赦というのが好きだから、したがって何かにひっかけて恩赦が行なわれれば

川崎秀二

1969-02-28 第61回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 5号

川崎(秀)分科員 選挙違反事件というものが非常に審理に時間がかかるということは有名な話でありまして、最近で一番こっけいなのは、三回前くらいの選挙違反の最終判決というものが決定して公民権を失うというようなことがあるけれども一、すでに時代おくれで、その間代議士は二回も当選しておる、こういうばかばかしいことは世界にはないのではないかというふうに私は思うのですけれども、最近の選挙違反事件審理スピード

川崎秀二

1969-02-26 第61回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 3号

川崎(秀)分科員 今度の分科会の質問者は、ある党では、自分の党員よりも多い二百八十七名という、そういう質問があるんですね。非常な熱心です。にもかかわらず、この会計検査院には質問者がない。しかし、「はなはだ簡単でありますが、御審議のほどを願います」と書いてある。これは、審議しないわけにいかないものですから、私が質問することになったわけであります。  そこで、気がついたのは、あなたの激励の意味で、これを

川崎秀二

1969-02-12 第61回国会 衆議院 予算委員会 9号

川崎(秀)委員 いまの御答弁は政府の率直なる意見を表明されて、はなはだけっこうであります。われわれもそういうことになりたいと願っております。  今度の国会は沖繩、安保大学紛争というものに論議が集中されまして、ベトナム問題は忘れられております。これは、のど元過ぎれば熱さを忘れるというけれども、あれほど世界じゅうを震憾させ、また日本の大問題になったベトナム問題に論議がないということは非常に私は残念だと

川崎秀二

1969-02-12 第61回国会 衆議院 予算委員会 9号

川崎(秀)委員 近来、国連の内部におきまして、日本安保理事会の一員に迎えたいという少数の国々の意向もあるようであります。また、日本は非常にこのことを希望しておると言われております。もし、安保理事会の常任理事国日本がなるならば、これは、武装を持たない日本が入るということは世界平和にも非常な寄与をし、世界の経済の発展、文化の発展のためにも大きく役立つと私は思うので、その意味で外務省ではどういうようなお

川崎秀二

1969-02-12 第61回国会 衆議院 予算委員会 9号

川崎(秀)委員 質問を開始するにあたりまして、この機会を与えていただきました委員長並びに与野党理事の皆さま方に厚く御礼を申し上げる次第であります。  本質論に入ります前に、ウォーミングアップではありませんが、少々、二、三外務大臣に尋ねてみたいことがあります。  その第一は、ニクソン新米大統領の訪日を将来期待するかということであります。もちろんこれは、少なくとも来年六月の安保改定期までは国内の事情によりまして

川崎秀二

1968-03-15 第58回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 4号

川崎(秀)分科員 もう一つ指摘しておきたいのは、女は乗せないいくさ船ではないが、青年の船といわれて昨年非常に問題を起こした。与党からも野党からもまた国民全般から修正しろという意見で、われわれなども相当政府に申し入れたりしました。おかげで今度は百名足らずのものが、八十名ですか行ったわけですが、私の経験によると、男女の比率というものは六対四が一番理想的です。女子のほうからも、今度は半々にしてくれという

川崎秀二

1968-03-15 第58回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 4号

川崎(秀)分科員 たとえばバンコクで三日ということになりますと、一日は見物ですね。それから一日は外国少年との交歓、それでほかの官庁や何かにあいさつに行って、ほとんど交歓ができなかったということですね。したがって、率直に言えば、まあ洋上大学あるいは洋上勤労大学、勤労者が多いから。こういうことに今後も主点を置くのですか、それとも外国少年との交歓も相当に行なう。これは比重はどうなるのですか。三つのうち

川崎秀二

1968-03-15 第58回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 4号

川崎(秀)分科員 総務長官がようやくおいでになりましたが、少し休憩をしてもらって、小さい問題から始めましょう。  青年の船は成功して帰ったように伝えられております。わが国初めてのことでありますので、非常に注目をされたと思いますが、私の見るところは、成功を上中下に分ければ、中成功というところですね。なぜならば、非常な欠陥は、港に停泊して、奥地に行けない。そのために外国少年との交歓というものはほとんどなかった

川崎秀二