運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
18件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

○岩尾政府参考人 金融庁設置法第七条第一項に基づく金融審議会の諮問に関する事項の専決につきましては、金融審議会を所管する金融庁でお答えすべきところではありますが、一般論で申し上げれば、専決とは、特定の行政庁の権限に属する事項について、その内部委任を受けて、特定の補助機関が内部的な意思決定をその補助機関限りで行う仕組みでありまして、この場合、その受任者限りで決定したとしても、法的には、当該事項は当該行政

岩尾信行

2019-05-20 第198回国会 衆議院 決算行政監視委員会 3号

○岩尾政府参考人 衆議院解散につきましては、実質的には、先ほどもお答えしたとおり、内閣に与えられた権能でございまして、憲法上、これに関する制限は規定されておりません。  御指摘のように、衆議院解散について憲法六十九条に規定されておりまして、衆議院解散は六十九条の場合に限定されるというような見解があることは承知しておりますが、同条は、衆議院で不信任の決議案が可決され、又は信任の決議案が否決された

岩尾信行

2019-05-20 第198回国会 衆議院 決算行政監視委員会 3号

○岩尾政府参考人 衆議院解散につきまして、総理の専権事項と一般に言われておりますが、衆議院解散に関する憲法上の根拠ということでありますれば、衆議院解散は、憲法第七条の規定により、天皇の国事に関する行為とされているところ、実質的に衆議院解散を決定する権限を有するのは、天皇の国事に関する行為について助言承認を行う内閣でございます。

岩尾信行

2019-03-20 第198回国会 参議院 財政金融委員会 5号

政府参考人(岩尾信行君) 答弁する立場においてそう考えられるということでございますし、学説といたしましても、国家の人的な構成員として国民というものがあるという位置付けで、そういう意味での国民の中に天皇も含まれているというような学説の考え方もあるということで、そういう意味での国民に含まれるということは言ってもよろしいんではなかろうかということで答弁させていただきました。

岩尾信行

2019-03-20 第198回国会 参議院 財政金融委員会 5号

政府参考人(岩尾信行君) お答えいたします。  御指摘の昨日の本委員会での答弁でございますが、渡辺委員からの御質問に対しまして、天皇がお尋ねの国民に含まれるかについては、天皇日本国を構成する人であり、その意味で国民に含まれるとも言えると思うが、憲法第一条において「天皇は、日本国象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」と規定されていることから、一般の

岩尾信行

2019-03-19 第198回国会 参議院 財政金融委員会 4号

政府参考人(岩尾信行君) お答えいたします。  天皇がお尋ねの国民に含まれるかにつきましては、天皇日本国を構成する人でありまして、その意味で国民に含まれるとも言えると思うところでございますが、憲法第一条におきまして、「天皇は、日本国象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」と規定されていることから、一般の国民とは異なる位置付けがあるものと理解されます

岩尾信行

2019-03-06 第198回国会 衆議院 内閣委員会 3号

○岩尾政府参考人 お答えいたします。  全ての地方公共団体に適用される一般的な法律とは異なりまして、特定の地方公共団体のみに適用される法律を制定するということは、その地方公共団体のみを特別に取り扱うものである、こういった点に鑑みまして、この憲法九十五条は、国権の最高機関であり、唯一の立法機関である国会立法権を特別に制約する例外規定として設けられたものであると理解しております。

岩尾信行

2019-03-06 第198回国会 衆議院 内閣委員会 3号

○岩尾政府参考人 お答えいたします。  お尋ねの憲法第九十五条は、「一の地方公共団体のみに適用される特別法」、すなわち、特定の地方公共団体組織、運営又は権能について特例を定める法律「は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。」旨を規定しているものでございます。

岩尾信行

2018-12-04 第197回国会 参議院 法務委員会 6号

政府参考人(岩尾信行君) お答えいたします。  まず、お尋ねの請願につきましては、憲法第十六条に、「何人も、損害の救済公務員の罷免、法律命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、」と規定されているところ、これを具体化した請願法の規定に基づきまして、本邦に在留する外国人請願を行うことができるものと承知しております。  また、お尋ねの国及び公共団体への損害賠償請求

岩尾信行

2018-12-04 第197回国会 参議院 法務委員会 6号

政府参考人(岩尾信行君) ただいまお答えいたしましたとおり、一般に憲法保障する基本的人権については、その権利の性質上日本国民のみを対象としていると解されるものを除き、我が国に在留する外国人に対しても基本的に保障されるべきものと解されるものの、その保障の具体的内容につきましては、当該権利の性質、在留の態様等に応じて異なり得るものであると考えられます。  そのため、お尋ねにつきましては一概にお答えすることは

岩尾信行

2018-12-04 第197回国会 参議院 法務委員会 6号

政府参考人(岩尾信行君) お答えいたします。  お尋ねの憲法第三章に規定する基本的人権外国人に対する保障につきましては、最高裁判所は、昭和五十三年十月四日大法廷判決におきまして、「憲法第三章の諸規定による基本的人権保障は、権利の性質上日本国民のみをその対象としていると解されるものを除き、わが国に在留する外国人に対しても等しく及ぶものと解すべきで」あるとしているところでございまして、政府としても

岩尾信行

2018-11-30 第197回国会 衆議院 内閣委員会 8号

○岩尾政府参考人 お答えいたします。  平成の御代替わりに伴い行われた式典は、そのあり方等につきまして慎重な検討がなされたところ、お尋ねの、まず、即位礼正殿の儀につきましては、天皇陛下が御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式であり、この儀式の内容には宗教上の儀式としての性格を有するものは見られないことから、御指摘の憲法第二十条第三項が禁止する宗教的活動には当たらないと整理

岩尾信行

2018-07-12 第196回国会 参議院 内閣委員会 26号

政府参考人(岩尾信行君) 一定の立法政策を経た上でのどういう入場規制をするかということを仮定した上で私どもでお答えするのは差し控えたいと思いますので。ただいまその立案当局がこの国会の審議の中でも答弁されていると承知しておりますが、同様の内容の説明を受けた上でこういった提案をされてきて、それに対して法制局として審査した上で合理的な規制であると判断したところでございます。

岩尾信行

2018-07-12 第196回国会 参議院 内閣委員会 26号

政府参考人(岩尾信行君) ただいまのお尋ねの趣旨は、特定複合観光施設区域整備法案におけるカジノ施設への入場回数の制限憲法保障する人権との関係で問題となるのかどうなのかというふうなことだと理解させていただきましたが、この入場回数の制限を含みます同法案におけるカジノ施設への入場規制の仕組みというのは、カジノ施設の設置に伴いますところの弊害の防止のための合理的な規制と考えられるところでございまして、

岩尾信行

2015-06-11 第189回国会 参議院 法務委員会 16号

政府参考人(岩尾信行君) お答えいたします。  法律の題名ですが、○○基本法の名称を持つ法律は現時点では五十本近くあると承知しております。一般的に、このような基本法は、国政に重要なウエートを占める分野につきまして、国の制度政策等の基本方針を明示する法律が通例であります。そして、その特徴としては、いわゆるプログラム規定で構成されるものが多く、基本法に示された方針に基づきまして、政策実現のための個別法

岩尾信行

2013-11-29 第185回国会 衆議院 厚生労働委員会 11号

○岩尾政府参考人 刑法上の一般的な規定につきましては、先ほど申し上げたとおりでございますが、献血や輸血に関連する事柄につきましては、法務省が所管する立場にございませんため、お尋ねのような献血に伴う感染に関連する罰則のあり方につきましても、法務省当局といたしましては、お答えを差し控えさせていただきたいと思います。

岩尾信行

2013-11-29 第185回国会 衆議院 厚生労働委員会 11号

○岩尾政府参考人 お答えいたします。  犯罪の成否につきましては、あくまで個別具体的な事案におきまして、収集された証拠に照らして判断されるべき事柄でございまして、一概にお答えすることは困難でございますが、あくまで一般論として申し上げれば、刑法には、過失または重大な過失によって人を傷害した行為については過失傷害罪または重過失傷害罪が、故意をもって人を傷害した行為については傷害罪が定められているところでございます

岩尾信行

2013-11-05 第185回国会 参議院 内閣委員会 2号

政府参考人(岩尾信行君) お答えいたします。  委員御指摘のとおり、平成二十二年十二月に閣議決定されました第三次男女共同参画基本計画におきまして、平成二十七年度末までに強姦罪の見直しなど性犯罪に関する罰則の在り方を検討することとされております。  性犯罪に関しましては、これまでにも法務省において、平成十六年の刑法改正により強姦罪等の法定刑の見直しや集団強姦等の罪、また集団強姦等致死傷の罪の新設を行

岩尾信行

2013-04-15 第183回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 2号

○岩尾政府参考人 韓国におきましては、韓国から見た自国ですね、自国の国旗について、大韓民国を侮辱する目的国旗等を損傷するなどした者については、五年以下の懲役もしくは禁錮、十年以下の資格停止または七百万ウォン以下の罰金に処する旨の規定が刑法百五条にございます。  さらに、外国国旗については、刑法九条におきまして、外国を侮辱する目的でその国の公用に供する国旗等を損傷するなどした者について、二年以下

岩尾信行

2013-04-15 第183回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 2号

○岩尾政府参考人 犯罪の成否につきましては、具体的事案において収集されました証拠に基づいて最終的に判断される事柄ではございますが、一般論として申し上げれば、我が国の国旗そのものを客体とする罪はございませんが、当該国旗が他人のものである場合には、これを損壊する行為器物損壊罪に当たり得るものと考えられます。

岩尾信行

2013-04-15 第183回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 2号

○岩尾政府参考人 性交同意年齢と言われているもの、これは、刑法におきましては、暴行または脅迫を用いずにわいせつな行為をした場合であっても強制わいせつ罪が成立する年齢、これは十三歳未満とされておりまして、これに違反した場合には六カ月以上十年以下の懲役に処する旨の規定がございます。また同様に、暴行または脅迫を用いない姦淫によっても強姦罪成立する年齢を十三歳未満とされておりまして、これを犯した者については

岩尾信行

2013-04-15 第183回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 2号

○岩尾政府参考人 まず最初に、現段階で、法務省におきまして、刑事責任年齢の引き下げを特に検討しているわけではございません。  現行刑法成立したのは明治四十年でございます。それ以降、刑事責任能力が認められる年齢が引き下げられたことはございませんが、少年法におきまして、刑事処分をすることができる年齢が引き下げられたことはございます。  すなわち、刑法におきましては、犯行時十四歳以上の少年については刑事責任能力

岩尾信行

2013-04-15 第183回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 2号

○岩尾政府参考人 いじめに関与いたしました子供の氏名の公表に関する一般的な法的根拠というわけではございませんが、犯罪に当たる行為をしたことなどによりまして、非行少年として少年法の対象となる少年につきましては、少年法六十一条に規定がございます。「家庭裁判所審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを

岩尾信行

2013-03-21 第183回国会 参議院 経済産業委員会 2号

政府参考人(岩尾信行君) 公訴時効の起算点につきましては、刑事訴訟法の二百五十三条第一項に規定されておりまして、それによりますと、犯罪行為が終わったときから進行するものとされております。  そこで、その犯罪行為の終了時点がいつであるかでございますが、事案に即して収集された証拠に基づいて個別に判断されるべき事柄でございますが、一般論として申し上げれば、外国公務員等に対する不正の利益の供与等の罪は、外国公務員

岩尾信行

2012-06-19 第180回国会 参議院 文教科学委員会 6号

政府参考人(岩尾信行君) 御指摘の問題につきましては、現在、検察当局が告発を受理いたしまして鋭意捜査中である上、これと並行して必要な調査を行っているところでもありますので、法務当局といたしましては、検察当局の行っている捜査及び調査の結果を待ち、これを踏まえて適切に対処することになるものと考えております。

岩尾信行

2012-06-14 第180回国会 参議院 文教科学委員会 5号

政府参考人(岩尾信行君) お尋ねの犯罪の成否につきましては、収集された証拠に基づき判断されるべき事柄でありますので、お答えは差し控えさせていただきたいと思いますが、一般論として申し上げますと、収賄罪は刑法百九十七条に規定がございまして、公務員がその職務に関し、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をした場合に成立するとされているところでございます。

岩尾信行

2012-03-22 第180回国会 参議院 文教科学委員会 3号

政府参考人(岩尾信行君) お答えいたします。  刑法百九十七条は、「公務員が、その職務に関し、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、五年以下の懲役に処する。」というふうに規定されておりまして、ここでいう賄賂とは、一般に公務員の職務に対する不法な報酬としての利益をいうとされております。

岩尾信行

  • 1