運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
53件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  音楽隊の隊員につきましても、これは自衛官でございますので、まずは、通常の自衛官の採用試験、これを受験して合格していただくことが必要になります。そのほか、楽器演奏技量など音楽隊員としての選考も行いますので、これにも合格していただく必要があるということでございます。

岡真臣

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○岡政府参考人 御指摘の自衛隊法第百十八条第一項第四号におきまして、正当な理由がなくて自衛隊の保有する武器使用した者について罰則の規定がございます。  これは、法律の規定に基づき武器使用することができる場合においても、さまざまな場合がございますけれども、法律使用することが認められていない場合、あるいは使用することができる場合であっても、例えば、発射について上官の命令を必要とするのに命令を待たずに

岡真臣

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  御質問についてあえて一般論ということで申し上げさせていただきますけれども、まず、自衛官武器使用ということにつきましては厳格な注意義務が求められておりますので、安全かつ適切に武器使用できるよう教育訓練もしっかり行っているということで、例えば、認められている範囲を超えた武器使用というようなことは基本的には想定されないというふうに考えているところではございます

岡真臣

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  音楽隊の隊員につきましても、これは自衛官でございますので、まずは、通常の自衛官の採用試験、これを受験して合格していただくことが必要になります。そのほか、楽器演奏技量など音楽隊員としての選考も行いますので、これにも合格していただく必要があるということでございます。

岡真臣

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

○岡政府参考人 御指摘の自衛隊法第百十八条第一項第四号におきまして、正当な理由がなくて自衛隊の保有する武器使用した者について罰則の規定がございます。  これは、法律の規定に基づき武器使用することができる場合においても、さまざまな場合がございますけれども、法律使用することが認められていない場合、あるいは使用することができる場合であっても、例えば、発射について上官の命令を必要とするのに命令を待たずに

岡真臣

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  御質問についてあえて一般論ということで申し上げさせていただきますけれども、まず、自衛官武器使用ということにつきましては厳格な注意義務が求められておりますので、安全かつ適切に武器使用できるよう教育訓練もしっかり行っているということで、例えば、認められている範囲を超えた武器使用というようなことは基本的には想定されないというふうに考えているところではございます

岡真臣

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 4号

政府参考人(岡真臣君) 御指摘の点でございますけれども、様々な要因あろうかと思いますが、一つは採用、募集をめぐる状況というのがあろうかと思っております。採用対象の人口が非常に減少してきている状況、また高学歴化、そして労働市場が売手市場であるといったようなことなどから、非常に自衛官の採用をめぐる環境は厳しさを増しておりまして、特に任期制の自衛官となる自衛官候補生の採用は五年連続で採用計画数を下回っているという

岡真臣

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

政府参考人(岡真臣君) 御指摘の点でございますけれども、様々な要因あろうかと思いますが、一つは採用、募集をめぐる状況というのがあろうかと思っております。採用対象の人口が非常に減少してきている状況、また高学歴化、そして労働市場が売手市場であるといったようなことなどから、非常に自衛官の採用をめぐる環境は厳しさを増しておりまして、特に任期制の自衛官となる自衛官候補生の採用は五年連続で採用計画数を下回っているという

岡真臣

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  自衛官の募集につきましては、委員からもさまざまな要因について御指摘がございましたけれども、私どもまずその採用計画数を定めるに当たりまして、これは実際どれだけ採用できるかということで、景気や雇用の動向と深く関係する応募者の数、あるいは自衛隊側のニーズに基づく採用計画の規模、そういったことを、さまざまな要因を踏まえて、影響を受けながら検討することになりますので、一概

岡真臣

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第4号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  自衛官の募集につきましては、委員からもさまざまな要因について御指摘がございましたけれども、私どもまずその採用計画数を定めるに当たりまして、これは実際どれだけ採用できるかということで、景気や雇用の動向と深く関係する応募者の数、あるいは自衛隊側のニーズに基づく採用計画の規模、そういったことを、さまざまな要因を踏まえて、影響を受けながら検討することになりますので、一概

岡真臣

2019-05-28 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 16号

政府参考人(岡真臣君) お答え申し上げます。  御質問の点につきましては、航空幕僚長が定める規則がございます。この規則の中におきまして、F35Aを含め、航空機操縦する場合には、同一の機種で過去六十日間のうちに一回以上離着陸を行っていなければならない旨定められているところでございます。

岡真臣

2019-05-28 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第16号

政府参考人(岡真臣君) お答え申し上げます。  御質問の点につきましては、航空幕僚長が定める規則がございます。この規則の中におきまして、F35Aを含め、航空機操縦する場合には、同一の機種で過去六十日間のうちに一回以上離着陸を行っていなければならない旨定められているところでございます。

岡真臣

2019-04-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 9号

政府参考人(岡真臣君) 今御質問のありました、一度退職した隊員を再度採用する取組ということで、大きく三つについて申し上げさせていただきたいと思いますが、まず一つは、元自衛官の再任用制度ということで、中途退職をした元自衛官を再任用する制度がございます。これは、育児介護等の様々な事情でやむを得ず中途退職した自衛官を採用する制度でございますけれども、これにつきましては、平成二十九年一月には採用上限年齢

岡真臣

2019-04-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 9号

政府参考人(岡真臣君) 女性についても、特に自衛官について申し上げますけれども、募集対象人口の半分を占める女性の採用を拡大をして女性自衛官の活躍を推進していきたいと考えておりまして、これにつきましては、女性自衛官の全自衛官に占める割合を二〇二七年度までに九%以上にするという目標を立てております。  こうしたものを早期達成を向けて、女性自衛官の積極的な採用に取り組んでまいりたいと考えているところでございます

岡真臣

2019-04-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 9号

政府参考人(岡真臣君) お答え申し上げます。  防衛省といたしましても、人的基盤を強化をし、自衛隊に求められる多様な活動を適時適切に行っていくためには、より多様な人材を安定的に確保し、その知識や経験の一層の活用を図ることが重要と考えているところでございます。  こうした観点から、装備品の高度化や任務の国際化などに対応するために、若年定年制自衛官の定年年齢の引上げを来年から実施する予定でありまして、

岡真臣

2019-04-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

政府参考人(岡真臣君) 今御質問のありました、一度退職した隊員を再度採用する取組ということで、大きく三つについて申し上げさせていただきたいと思いますが、まず一つは、元自衛官の再任用制度ということで、中途退職をした元自衛官を再任用する制度がございます。これは、育児介護等の様々な事情でやむを得ず中途退職した自衛官を採用する制度でございますけれども、これにつきましては、平成二十九年一月には採用上限年齢

岡真臣

2019-04-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

政府参考人(岡真臣君) 女性についても、特に自衛官について申し上げますけれども、募集対象人口の半分を占める女性の採用を拡大をして女性自衛官の活躍を推進していきたいと考えておりまして、これにつきましては、女性自衛官の全自衛官に占める割合を二〇二七年度までに九%以上にするという目標を立てております。  こうしたものを早期達成を向けて、女性自衛官の積極的な採用に取り組んでまいりたいと考えているところでございます

岡真臣

2019-04-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

政府参考人(岡真臣君) お答え申し上げます。  防衛省といたしましても、人的基盤を強化をし、自衛隊に求められる多様な活動を適時適切に行っていくためには、より多様な人材を安定的に確保し、その知識や経験の一層の活用を図ることが重要と考えているところでございます。  こうした観点から、装備品の高度化や任務の国際化などに対応するために、若年定年制自衛官の定年年齢の引上げを来年から実施する予定でありまして、

岡真臣

2019-03-28 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 5号

○岡(真)政府参考人 お答え申し上げます。  まず、防衛大学校の関係で中国からの留学生についてでございますが、これは受け入れた実績はございません。  なお、いわゆる留学生とはちょっと違うんですけれども、防衛大学校におきましては、国際士官候補生会議ということで、防大生と諸外国の士官候補生との安全保障に関する討議を通じた将来の相互理解の促進、信頼関係の構築を図るための会議を行っておりますが、こういった場

岡真臣

2019-03-28 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 第5号

○岡(真)政府参考人 お答え申し上げます。  まず、防衛大学校の関係で中国からの留学生についてでございますが、これは受け入れた実績はございません。  なお、いわゆる留学生とはちょっと違うんですけれども、防衛大学校におきましては、国際士官候補生会議ということで、防大生と諸外国の士官候補生との安全保障に関する討議を通じた将来の相互理解の促進、信頼関係の構築を図るための会議を行っておりますが、こういった場

岡真臣

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 1号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  一般論として申し上げさせていただきますけれども、自衛隊員が派遣先国で犯したとされる罪について我が国の刑罰法規が適用できるかどうかということになろうかと思いますが、当該行為につきましては、国外犯処罰規定が設けられているかどうかというところが論点になります。  仮に、海外派遣された自衛隊員が過って住民を死亡させた行為過失罪に当たるといった場合においては、我が国の

岡真臣

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 第1号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  一般論として申し上げさせていただきますけれども、自衛隊員が派遣先国で犯したとされる罪について我が国の刑罰法規が適用できるかどうかということになろうかと思いますが、当該行為につきましては、国外犯処罰規定が設けられているかどうかというところが論点になります。  仮に、海外派遣された自衛隊員が過って住民を死亡させた行為過失罪に当たるといった場合においては、我が国の

岡真臣

2018-11-29 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  まず、御質問の点の事実関係についてでございますけれども、今般、給与法について改定をさせていただくことになりましたが、この改定後の額で申し上げますと、自衛官候補生に対しましては月額十三万三千五百円の自衛官候補生手当が支給されることとなります。  これに対しまして、例えば一般職国家公務員である警察官、これは高卒程度を念頭に置いた一般職試験を通られた方でございますが

岡真臣

2018-11-29 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  自衛官の採用対象者人口の減少、その他さまざまな厳しい状況がある中ではございますが、平成二十九年度におきます自衛官等の採用状況でございますけれども、応募者数は、これは全体でございますが、九万三千百七十四名、最終合格者数は二万九千二百十一名、採用者数は一万四千九十名を確保したところでございます。  この採用者数のうち多数を占めますのが、部隊の中核を担う陸海空曹を目指

岡真臣

2018-11-29 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  充足率についての御質問でございますが、これは、自衛隊能力を最大限発揮するためにも非常に高めていくことが必要であるということで、日々の募集活動等により充足率の向上に取り組んでいるところでございますけれども、その具体的な数字につきましては、平成二十九年度におきまして、陸上自衛隊は九二・四五%、海上自衛隊は九二・三一%、航空自衛隊は九一・八八%でございまして、自衛隊全体

岡真臣

2018-11-22 第197回国会 参議院 外交防衛委員会 3号

政府参考人(岡真臣君) まず、幹部自衛官となるべき者を養成する防衛大学校におきまして任官辞退者が出ることは極めて残念なことだというふうに思っておりますが、その上で、平成二十九年度につきましては、卒業生四百七十四名のうち任官辞退者は三十八名、比率でいいますと卒業生全体の八・〇%となっております。また、平成二十八年度につきましては、卒業生三百八十名のうち任官辞退者は三十二名、比率でいいますと卒業生全体

岡真臣

2018-11-22 第197回国会 参議院 外交防衛委員会 3号

政府参考人(岡真臣君) お答え申し上げます。  防衛大学校における採用予定者数、これは四百八十名でございますが、これに対します過去五年間の応募者数について申し上げますと、平成二十五年度一万七千百八十八名、平成二十六年度一万七千百二十九名、平成二十七年度一万六千七百六十七名、平成二十八年度一万六千八百七十一名、平成二十九年度一万六千二百九十九名となっているところでございます。  減少についての原因のことについて

岡真臣

2018-11-20 第197回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

政府参考人(岡真臣君) 私から申し上げたかったのは、今回の事例について、我々としても、この車両という自衛隊の装備の管理としてきちんと注意を十分払うべきであったというふうに考えられるということで、そのための今後このような事案が発生することのないように指導を徹底してまいりたいと考えているということでございます。

岡真臣

2018-11-20 第197回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

政府参考人(岡真臣君) このトラックにつきましても、ここで言う車両に当たり得るということであろうと思っております。  他方、九十五条の規定につきましては、自衛隊武器等を職務上警護する自衛官に、人又は武器等を防護するため必要であると認める相当の理由がある場合に、その事態に応じて合理的に必要と判断される限度で武器使用を認めたものでございまして、今回の場合につきましては、その全般的な状況、その周囲の

岡真臣

2018-11-16 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  今委員の方からも、こういった制度についてのメリット、デメリットについてのお話がございましたが、誕生日に退職をすることによって、いろいろ年間を通じて退職者が分散して発生するというようなところ、あるいは、それに伴って就職援護のところでも事務の平準化が行われているという面もございます。また、自衛官の退職に係る業務について、さまざまな業務がございまして、一斉退職の場合

岡真臣

2018-11-16 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  自衛官誕生日に退職する制度についての御質問でございますけれども、これは、旧陸海軍軍人も同様に誕生日基準に現役を退く制度をとっておったわけでございますが、自衛隊におきましても発足当初から誕生日に退職するという制度になっておりまして、そういう意味で、慣行としても定着したものになっているというふうに考えております。  これにつきましては、自衛官は一般の公務員とは

岡真臣

2018-11-16 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○岡政府参考人 お答え申し上げます。  まず、先ほど委員から御指摘のありました措置についての狙い、そしてその内容ということでございますが、まず、その募集環境の厳しさ、この点につきましては、委員から先ほど御指摘があったとおりでございまして、そのような厳しい状況の中で自衛隊に求められる多様な活動を適時適切に行っていくために、自衛隊の活動を支える人的基盤を一層強化していくことが重要であるというふうに考えているところでございます

岡真臣