運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
142件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

内閣官房長官岡田直樹君) お答え申し上げます。  この点につきまして、総理は、去る十八日の記者会見において、かつて法務大臣に任命した者としてその責任を痛感しております、国民皆様に深くおわび申し上げますとした上で、また、国民皆様の厳しいまなざしをしっかりと受け止め、我々全ての国会議員が改めて自ら襟を正さなければならないと考えておりますし、選挙民主主義の基本でありますから、そこに疑いの目が注

岡田直樹

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

内閣官房長官岡田直樹君) お答え申し上げます。  ただいまの御質問総理秘書政治活動に関わることでございまして、政府としてお答えする立場にはないと存じます。  なお、その上で申し上げれば、総理は、先ほども申しました一月二十七日の衆議院予算委員会におきまして、自民党においては、参議院のときには衆議院応援に入る、また、秘書秘書会等を通じてそれぞれの候補応援に入るということはよくあることであり

岡田直樹

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

内閣官房長官岡田直樹君) お答えを申し上げます。  ただいまの小西先生の御質問総理政治家としての活動に関わることであり、政府としてお答えをする立場にはないと存じます。  なお、その上で申し上げれば、総理は、以前の衆議院予算委員会、一月二十七日において、溝手、河井両候補応援に入った旨の答弁をしているものと承知しております。

岡田直樹

2020-05-26 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第13号

内閣官房長官岡田直樹君) 内閣法規定によれば、第四条第二項において、内閣総理大臣は、内閣重要政策に関する基本的な方針その他の案件を発議することができると定めておりまして、第三項において、内閣官房長官を含め、各大臣は、案件のいかんを問わず、内閣総理大臣提出して、閣議を求めることができると定めております。総理及び官房長官閣議にかける案件に制限はないと解しております。  しかしながら、内閣

岡田直樹

2020-05-19 第201回国会 参議院 内閣委員会 第10号

内閣官房長官岡田直樹君) この検察庁法改正を含む国家公務員法の一部を改正する法律案は、高齢期職員の知識、経験等を最大限に活用し、複雑高度化する行政課題に的確に対応するために一般職国家公務員の定年を引き上げることなどを目的としておりまして、これは必要かつ重要な法案であると認識をいたしております。

岡田直樹

2020-04-17 第201回国会 参議院 議院運営委員会 第15号

内閣官房長官岡田直樹君) 人事官吉田耕三君は本年四月十八日に任期満了となりますが、同君後任として古屋浩明君を任命いたしたいので、国家公務員法第五条第一項の規定により、両議院同意を求めるため本件提出いたしました。  次に、国家公務員倫理審査会委員相原佳世君は本年六月二十五日に任期満了となりますが、同君を再任いたしたいので、国家公務員倫理法第十四条第一項の規定により、両議院同意を求めるため

岡田直樹

2020-02-14 第201回国会 参議院 議院運営委員会 第5号

内閣官房長官岡田直樹君) 国家公務員倫理審査会会長池田修君は本年三月二十九日に、同委員潜道文子前田新造の両君は本年三月八日にそれぞれ任期満了となりますが、池田修君の後任として秋吉淳一郎君を、前田新造君の後任として上野幹夫君を任命し、潜道文子君を再任いたしたいので、国家公務員倫理法第十四条第一項の規定により、両議院同意を求めるため本件提出いたしました。  次に、日本銀行政策委員会審議委員原田泰

岡田直樹

2019-11-25 第200回国会 参議院 行政監視委員会 第1号

内閣官房長官岡田直樹君) ただいまのお尋ね、かなり専門的な、細目にわたるものと思いますし、なかなか私は今その区分番号等について承知をいたしておらないわけでございますので、恐縮でございますけれども、やはり個々招待者については、招待されたかどうかも含めて、これは個人に関する情報であることに鑑みて、従来から回答を差し控えさせていただいておるところでございます。

岡田直樹

2019-11-25 第200回国会 参議院 行政監視委員会 第1号

内閣官房長官岡田直樹君) お答え申し上げます。  桜を見る会につきましては、各省庁からの意見等を踏まえて、各界において功績功労のあった方々などを幅広く招待しており、招待者については内閣官房及び内閣府において最終的に取りまとめているものと認識をしております。  個々招待者について、これは、招待されたかどうかも含めて個人に関する情報でございますので、従来から回答を差し控えさせていただいているものと

岡田直樹

2019-11-21 第200回国会 参議院 内閣委員会 第5号

内閣官房長官岡田直樹君) 選考基準プロセスについてのお尋ねであると存じます。  桜を見る会の趣旨につきましては、政府側から答弁申し上げておりますように、昭和二十七年から、内閣総理大臣が、各省庁からの意見等を踏まえて各界において様々な功績功労のあった方々などを幅広く御招待し、日頃の御労苦をねぎらうとともに親しく懇談をされる内閣公的行事という意味合いがございます。こうした趣旨を踏まえて、今御指摘

岡田直樹

2019-11-14 第200回国会 参議院 内閣委員会 第4号

内閣官房長官岡田直樹君) お答えを申し上げます。  ただいま御指摘のありました桜を見る会につきましては、従来から、その準備、設営に最低限必要となる経費を前提に予算を計上してきたところであります。その上で、実際の開催に当たりましては、その時々の情勢を踏まえて必要な支出を行っており、例えば、金属探知機設置等テロ等対策強化飲食物提供業務経費等の増により予算額を上回る経費が掛かったものであります

岡田直樹

2019-10-15 第200回国会 参議院 予算委員会 第1号

内閣官房長官岡田直樹君) お答えを申し上げます。  特別会計に関する法律第五十条には、「財政投融資特別会計は、財政融資資金の運用並びに産業の開発及び貿易の振興のために国の財政資金をもって行う投資出資及び貸付けをいう。第五十四条第三号及び第五十九条第一項において同じ。)に関する経理を明確にすることを目的とする。」と書かれております。

岡田直樹

2019-10-15 第200回国会 参議院 予算委員会 第1号

内閣官房長官岡田直樹君) 官民ファンドに対する出資額を見ますと、民間出資額政府出資額に比べると小さくなってはおりますが、官民ファンド案件には約四・四兆円の民間資金、例えば金融機関からの協調融資などでございますが、こうした誘発効果がございまして、これが呼び水効果になっていると考えております。

岡田直樹

2019-10-15 第200回国会 参議院 予算委員会 第1号

内閣官房長官岡田直樹君) お答えをいたします。  平成三十一年三月末時点において、官民ファンドに対しては約一・三兆円が出資されておりますが、その内訳は、政府が約九千二百億円、民間が約三千五百億円となっております。国と民間が一定程度出資することで、それぞれの官民ファンドについて効率的な運営が期待できるとともに、民間単独では難しい規模投資が可能となっていると考えております。

岡田直樹

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 第30号

岡田(直)参議院議員 もと歳費減額法案につきましても、これは、参議院の特別な事情によって減額をするということには合理性があって、憲法上、疑義がない、このように思っておりましたけれども自主返納法案となりますと、これは、参議院議員衆議院議員と同じ額の歳費を受けた上で自主返納するわけでございますから、この点、憲法四十九条に触れるおそれは一切ない、このように考えておる次第でございます。

岡田直樹

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 第30号

岡田(直)参議院議員 ことし二月にもと歳費減額法案提出する際に、各会派に個別に御説明を重ねるとともに、その提出後も、今先生も御指摘いただいた少数会派を含めた全会派による参議院幹事長級会議を四回にわたって行うなど、さまざまな場において会派間での協議を重ねてまいりました。  そして、歳費自主返納法案、今の法案でありますが、これについては、会派間の協議の途中で一部の会派から、歳費の一律減額ではなくて

岡田直樹

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 第30号

岡田(直)参議院議員 ただいま議題となりました国会議員歳費旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、提案趣旨及び主な内容を御説明申し上げます。  昨年の常会での参議院議員選挙制度に関する公職選挙法改正に際し、参議院政治倫理確立及び選挙制度に関する特別委員会において、「定数増加に伴い、参議院全体の経費が増大することのないよう、その節減について必要かつ十分な検討を行うこと

岡田直樹

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 第23号

委員以外の議員岡田直樹君) 先ほどからの経緯については既に御答弁申し上げましたので簡潔に申し上げたいと思いますけれども、初め、私ども歳費減額法案提出をいたしましたし、これは、参議院に特別の事情が生じて、その必要性があって、臨時特例的な措置として歳費額等法律で定める、その場合、参議院衆議院と異なることがあっても憲法違反ではないという認識の下、また、憲法学説も、宮澤俊義先生ほかお一人の方

岡田直樹

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 第23号

委員以外の議員岡田直樹君) 平成三十年改正公選法附帯決議を受けまして、自民公明両党は、同法成立後すぐに参議院の諸経費節減に関する検討プロジェクトチームを立ち上げました。次の選挙が迫る中、定数増に伴い増大する経費節減を図るには参議院議員歳費削減が最も確実かつ簡潔な方法であるという認識に達して、臨時特例措置として参議院議員歳費減額する内容法案歳費法改正案として提出したわけであります

岡田直樹

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 第23号

委員以外の議員岡田直樹君) お答えいたします。  御指摘のとおり、平成三十年改正公職選挙法は、平成二十七年改正公職選挙法附則、また平成二十九年九月の最高裁合憲判決を踏まえまして、当時三・〇七倍となっていた最大較差是正するといった趣旨と、さらには、同時に、人口の減少により選挙区に代表を送ることができなくなった人口少数県を含め、現代社会において多様化する様々な民意国政に反映できるようにするという

岡田直樹

2019-05-29 第198回国会 参議院 議院運営委員会 第21号

委員以外の議員岡田直樹君) ただいま議題となりました国会議員歳費旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、自由民主党国民の声、公明党及び無所属クラブ代表して、提案趣旨及び主な内容を御説明申し上げます。  昨年の常会での参議院議員選挙制度に関する公職選挙法改正に際し、本院の政治倫理確立及び選挙制度に関する特別委員会において、「定数増加に伴い、参議院全体の経費

岡田直樹

2019-02-01 第198回国会 参議院 本会議 第4号

岡田直樹君 自由民主党岡田直樹です。  自由民主党国民の声を代表して、安倍内閣総理大臣施政方針演説について質問いたします。  とりわけ、本日、私は、日本国憲法をめぐる現状をどう認識し、その課題にどう対処すべきかという観点でお尋ねしたいと思います。  第一のテーマとして、安全保障環境について質問します。  平成元年は、天安門事件、ベルリンの壁崩壊、そして米ソ冷戦終結宣言という大事件が相次ぎ、冷戦

岡田直樹

2018-12-07 第197回国会 参議院 本会議 第9号

岡田直樹君 自由民主党岡田直樹です。  私は、自民公明代表して、ただいま議題となりました安倍晋内閣総理大臣に対する問責決議案に対し、断固反対の立場から討論を行います。  まずもって入管法審議に関して申し上げますが、これまで各党からの要求を受け、入管法等の一部改正案について、安倍総理出席参議院会議、そして参議院法務委員会においても直接総理質問する時間を設け、審議を深めてきたところであります

岡田直樹

2018-07-17 第196回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第6号

岡田(直)参議院議員 先ほど西岡議長のこの案について、私どもの考えからすれば、やはり参議院の大切な柱の一つである比例定数減員をされているということと、それからもう一つ、もっと大きなのは、やはり、全国比例を残しながらブロック制を取り入れる、これはちょっと中途半端になってしまうのではないかなと。大体、そのブロック中心都市とか大規模県に集中をして、島根県とか鳥取県とか高知県とか徳島県、このあたりからはなかなか

岡田直樹

2018-07-17 第196回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第6号

岡田(直)参議院議員 今回の法案提出者の中には、当時の西岡議長が主宰しておられた選挙制度改革検討会のメンバーはおりません。  ただ、先生提出になったこの資料と同様の、「参議院選挙制度見直しについて(参考案)」という、比例議員を九十六人から八十二人に減員をして、選挙区百五十、それで十一ブロック、この案については、概要を承知してございます。

岡田直樹

2018-07-17 第196回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第6号

岡田(直)参議院議員 お答え申し上げます。  選挙制度民主主義の根幹でございますので、当然丁寧な議論というものが必要と存じます。  参議院におきましては、平成二十九年四月二十一日に参議院改革協議会もと選挙制度専門委員会が設置されまして、全ての会派間の代表者により計十七回の議論が重ねられてまいりました。  この専門委員会の中で、やはり一票の格差是正はどうしても必要であるということとともに、各党

岡田直樹

2018-07-13 第196回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第5号

岡田(直)参議院議員 お答えいたします。  定数増については、国民の御理解を得るには、当然、経費削減が不可欠と考えております。  今回の定数増を考えるに当たりまして、参議院創設時よりも少ない定数となるよういたしましたけれども、同時に行政監視機能等参議院の独自の機能を強化し、二院制における参議院の役割を十分に果たしながら、なおかつ参議院運営経費の縮減にも積極的に取り組んでいくことが必要不可欠と

岡田直樹

2018-07-13 第196回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第5号

岡田(直)参議院議員 今回の改正案は、今御指摘のありました四県二合区が導入された平成二十七年改正公職選挙法附則、あるいはこの改正合憲とした平成二十九年最高裁判決趣旨を踏まえまして、一票の格差是正しながら、一方で、地方六団体の合区解消に関する決議、また、現時点で三十五の県議会で採択をされました意見書等を受けまして、地方の声を国政に届けるとともに、現代社会における民意多様化にも対処するという

岡田直樹

2018-07-13 第196回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第5号

岡田(直)参議院議員 ただいま議題となりました公職選挙法の一部を改正する法律案につきまして、自由民主党・こころ及び無所属クラブ代表し、提案趣旨及び主な内容を御説明申し上げます。  参議院議員選挙制度については、平成二十七年に成立した四県二合区を含む十増十減を行うための公職選挙法改正法附則第七条において、「平成三十一年に行われる参議院議員通常選挙に向けて、参議院在り方を踏まえて、選挙区間における

岡田直樹

2018-07-11 第196回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第8号

委員以外の議員岡田直樹君) 私が専門委員長として報告書をまとめて、参議院改革協議会座長提出をしたときには、先生指摘のような文言で御要請をしたところでございます。  我が党は、その十七回の先生方各派の真摯な御議論の間に、この自民党案をまとめることできませんでした。提示することはできませんでしたけれども、その後、これはやはり速やかに改革協議会において、親会において参議院在り方も踏まえた形で是非御検討

岡田直樹

2018-07-11 第196回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第8号

委員以外の議員岡田直樹君) この国民民意というものがいずこにあるかが世論調査の数字のみでそれを測り得るかということはいつも難しい問題でありまして、例えば地方民意代表する、例えば徳島県知事がこういうふうにおっしゃっておられます。今回の自民党案については、合区解消ということにはならなかったけれども、やはり実質的に地域の声を代弁するそういう参議院議員がいなくなる、そうしたことを回避するという点ではこれは

岡田直樹

2018-07-11 第196回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第8号

委員以外の議員岡田直樹君) 先生指摘世論調査結果は承知をいたしております。これまでも各社が自民党案についての世論調査を行っておりますが、賛成が三二%という調査結果もございます。ただ、この世論調査質問の仕方によりまして大きく調査結果が変わることもあり、定数増というところを強調しますと、賛成、必ずしも多くない。しかし、例えば、一票の較差是正するために定数を増やしますが賛成ですかと、こう聞くと

岡田直樹

2018-07-09 第196回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第6号

委員以外の議員岡田直樹君) 先ほどもその総理答弁に関する御答弁石井発議者からございましたけれども、我々の党としては、これは憲法改正をもって合区解消に臨みたい、そういう地方の声を実現をしたいと考えておりますけれども、その時間がなく、こうした法案提出したわけでございます。  法律的には我々が考え得る最善の策と考えておりますけれども総理としては、そうした憲法改正が第一義という我々の考え方も酌んだ

岡田直樹

2018-07-09 第196回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第6号

委員以外の議員岡田直樹君) 憲法審査会等において、今国会では一回だけ自由討議が開かれておりますけれども、これを各党各派に丁寧にお示しをし、その合意形成お願いを申し上げて、しっかりと我々は憲法改正に向けて進んでいく、そうしたときにこの制度設計というものをどうするかということについては併せてセットで考えていくことになろうと思っております。

岡田直樹

2018-07-09 第196回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第6号

委員以外の議員岡田直樹君) お答え申し上げます。  先ほど脇参考人からもお話がありました二度の違憲状態判決を受けまして、平成二十七年、公選法改正が行われました。その附則には、今お話がありましたとおり、検討条項がありまして、参議院在り方を踏まえ、選挙区間における議員一人当たりの人口較差是正等を考慮しつつ選挙制度の抜本的な見直しについて検討を行い、必ず結論を得るとされているところであります。

岡田直樹