運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
333件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-11 第201回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号

○委員長(山本順三君) ただいまから政府開発援助等に関する特別委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言申し上げます。  東日本大震災の発災から本年で九年を迎えます。  ここに、改めて、犠牲になられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと思います。  どうぞ御起立をお願いいたします。黙祷。    〔総員起立、黙祷〕

山本順三

2020-01-30 第201回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号

○委員長(山本順三君) 委員派遣承認要求に関する件についてお諮りいたします。  多様な主体による連携を含む我が国国際協力に係る取組等に関する実情調査のため、大阪府及び兵庫県に委員派遣を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

山本順三

2020-01-20 第201回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第1号

○委員長(山本順三君) この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙によりまして、委員長の重責を引き続き担うことになりました山本順三でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じます。委員各位の御支援と御協力のほどをよろしくお願いを申し上げます。     ─────────────

山本順三

2019-12-09 第200回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 2号

○委員長(山本順三君) ただいまから政府開発援助等に関する特別委員会を開会いたします。  理事の辞任についてお諮りいたします。  大塚耕平君から、文書をもって、都合により理事を辞任したい旨の申出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

山本順三

2019-12-09 第200回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号

○委員長(山本順三君) ただいまから政府開発援助等に関する特別委員会を開会いたします。  理事の辞任についてお諮りいたします。  大塚耕平君から、文書をもって、都合により理事を辞任したい旨の申出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

山本順三

2019-10-04 第200回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 1号

○委員長(山本順三君) この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました山本順三でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援、御協力のほどをくれぐれもよろしくお願いを申し上げます。     ─────────────

山本順三

2019-10-04 第200回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第1号

○委員長(山本順三君) この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました山本順三でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援、御協力のほどをくれぐれもよろしくお願いを申し上げます。     ─────────────

山本順三

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

国務大臣山本順三君) ただいまの災害復旧事業及び耐震補強工事において整備される施設安全確保についての審査措置要求決議につきましては、各府省庁等において対応しているところでありますが、御趣旨を踏まえ、防災減災、国土強靱化の取組を一層進めてまいります。  高齢運転者による交通事故の防止に向けた取組についての審査措置要求決議につきましては、御趣旨を踏まえ、今後とも適切に対処してまいります。  災害関連情報

山本順三

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 第10号

国務大臣山本順三君) ただいまの災害復旧事業及び耐震補強工事において整備される施設安全確保についての審査措置要求決議につきましては、各府省庁等において対応しているところでありますが、御趣旨を踏まえ、防災減災、国土強靱化の取組を一層進めてまいります。  高齢運転者による交通事故の防止に向けた取組についての審査措置要求決議につきましては、御趣旨を踏まえ、今後とも適切に対処してまいります。  災害関連情報

山本順三

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

国務大臣山本順三君) 今般の法案でも規定されておりますとおり、死因究明の推進というものは、災害等の被害の拡大及び予防可能な死亡の再発の防止等に寄与すると言われることでございまして、そのために行われることが極めて重要であるというふうに認識をいたしております。  東日本大震災やその後の様々な災害において多くの方が亡くなられておりますけれども、亡くなられた方の死因を的確に把握することは、同種の災害が発生

山本順三

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

国務大臣山本順三君) お答えをいたします。  警察犯罪捜査その他公共安全秩序の維持に当たることを責務といたしておりまして、届出を受けた死体等について犯罪性の有無等を正確に見極めることは大変重要であるというふうに認識をいたしております。  警察におきましては、死体取扱いについての専門的な研修を受けた検視官平成二十一年度以降大幅に増員をいたしまして、それと同時に、検視官を積極的に現場に臨場

山本順三

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 第9号

国務大臣山本順三君) 今般の法案でも規定されておりますとおり、死因究明の推進というものは、災害等の被害の拡大及び予防可能な死亡の再発の防止等に寄与すると言われることでございまして、そのために行われることが極めて重要であるというふうに認識をいたしております。  東日本大震災やその後の様々な災害において多くの方が亡くなられておりますけれども、亡くなられた方の死因を的確に把握することは、同種の災害が発生

山本順三

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 第9号

国務大臣山本順三君) お答えをいたします。  警察犯罪捜査その他公共安全秩序の維持に当たることを責務といたしておりまして、届出を受けた死体等について犯罪性の有無等を正確に見極めることは大変重要であるというふうに認識をいたしております。  警察におきましては、死体取扱いについての専門的な研修を受けた検視官平成二十一年度以降大幅に増員をいたしまして、それと同時に、検視官を積極的に現場に臨場

山本順三

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

国務大臣山本順三君) 復興基金につきましては、大規模災害、先般は熊本でそのような対応がなされたところでございますけれども、そういったことを勘案しながら対応していくということに相なろうかと思いますけれども、実際のところは、この間も申し上げましたけれども、平成三十年度の特別交付税、特交で北海道の場合も前年度を大きく上回る交付が行われている。北海道庁では約五十八億円増ということでございまして、それぞれの

山本順三

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

国務大臣山本順三君) 半壊家屋の解体についての財政措置につきましては、被害の甚大さや家屋の被害数、半壊家屋の解体の遅れが被災地の復旧復興の大幅な遅れにつながるおそれがあるかどうかなどを勘案し、これを環境省において対応されるべきものというふうに考えております。  内閣府といたしましても、この環境省の考え方を踏まえ、半壊家屋の解体が適切に行われるよう連携してまいりたいと思っております。

山本順三

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

国務大臣山本順三君) お答えをいたします。  まず冒頭、昨日の悲惨な事件について鉢呂委員からお触れになられました。昨日、総理の指示、また今朝も関係閣僚会議をいたしまして、事件の全容解明をしっかりやれと、それから子供たちの安全を守れというような強い御指示がございまして、全力でこういうことが再発しないように取り組んでまいりたいというふうに思っております。  さて、今ほど委員からお話がありましたけれども

山本順三

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

○山本国務大臣 自動車の運転者には、常に前方や周囲の状況を確認しハンドル等の操作を行うことにより、他人に危害を及ぼさないような方法で運転しなければならない、これは道路交通法第七十条でございますけれども、安全運転の義務が課せられているところでございます。  昨日成立した改正道路交通法におきましては、いわゆるレベル3の自動運転をしている運転者も、引き続き第七十条の安全運転の義務が課されているということを

山本順三

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

○山本国務大臣 お答えをいたします。  被害に遭われた方々、また御遺族の方々の気持ちを思うと、大変痛ましい事件であったと思います。また、子を持つ保護者の方や地域の方々の不安も大変大きいものがあるというふうに思います。  昨日、総理から指示がございまして、また、けさも関係閣僚会議で総理からの指示がございました。  現在、警察では、犯行の動機、背景等を含めて、全容解明に向けて鋭意捜査をしているところでございます

山本順三

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

○山本国務大臣 自動車の運転者には、常に前方や周囲の状況を確認しハンドル等の操作を行うことにより、他人に危害を及ぼさないような方法で運転しなければならない、これは道路交通法第七十条でございますけれども、安全運転の義務が課せられているところでございます。  昨日成立した改正道路交通法におきましては、いわゆるレベル3の自動運転をしている運転者も、引き続き第七十条の安全運転の義務が課されているということを

山本順三

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

○山本国務大臣 お答えをいたします。  被害に遭われた方々、また御遺族の方々の気持ちを思うと、大変痛ましい事件であったと思います。また、子を持つ保護者の方や地域の方々の不安も大変大きいものがあるというふうに思います。  昨日、総理から指示がございまして、また、けさも関係閣僚会議で総理からの指示がございました。  現在、警察では、犯行の動機、背景等を含めて、全容解明に向けて鋭意捜査をしているところでございます

山本順三

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

国務大臣山本順三君) 復興基金につきましては、大規模災害、先般は熊本でそのような対応がなされたところでございますけれども、そういったことを勘案しながら対応していくということに相なろうかと思いますけれども、実際のところは、この間も申し上げましたけれども、平成三十年度の特別交付税、特交で北海道の場合も前年度を大きく上回る交付が行われている。北海道庁では約五十八億円増ということでございまして、それぞれの

山本順三

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

国務大臣山本順三君) 半壊家屋の解体についての財政措置につきましては、被害の甚大さや家屋の被害数、半壊家屋の解体の遅れが被災地の復旧復興の大幅な遅れにつながるおそれがあるかどうかなどを勘案し、これを環境省において対応されるべきものというふうに考えております。  内閣府といたしましても、この環境省の考え方を踏まえ、半壊家屋の解体が適切に行われるよう連携してまいりたいと思っております。

山本順三

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

国務大臣山本順三君) お答えをいたします。  まず冒頭、昨日の悲惨な事件について鉢呂委員からお触れになられました。昨日、総理の指示、また今朝も関係閣僚会議をいたしまして、事件の全容解明をしっかりやれと、それから子供たちの安全を守れというような強い御指示がございまして、全力でこういうことが再発しないように取り組んでまいりたいというふうに思っております。  さて、今ほど委員からお話がありましたけれども

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 19号

○山本国務大臣 警察といたしましては、交通安全と円滑を図るため、必要な信号機それから道路標識道路標示等の交通安全施設等の整備を適切に推進する必要があるというふうに考えておりまして、近年の厳しい財政状況の中でございますけれども、必要な予算の確保に努めているところでございます。  今ほど、議員の方から、東京都のこのような事業費、不用額がふえているというような資料をいただきました。これは、我々としても

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 19号

○山本国務大臣 今ほど御指摘のとおり、二つの、いわば、罰則を強化するということと、それから、一方では、カーナビ等の注視を一律に禁止しなくとも安全上問題ない、一見、相反するというふうに見えますけれども、先ほど申し上げたとおり、それぞれのいわゆる根拠に基づいて今回法改正をするところでございまして、我々といたしましては、特段問題はないというふうに考えているところでございます。

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 19号

○山本国務大臣 お答えいたします。  近年、携帯電話使用等に起因する交通事故が大変増加傾向にございます。また、携帯電話使用等による交通事故死亡事故となる割合は、交通事故全体に比べ約二倍高く、携帯電話使用等の危険性は高いものであるというふうに認識をいたしております。  さらに、スマートフォンゲームアプリを使用しながら自動車を運転したことに起因する死亡事故が発生するなどしたことをきっかけにいたしまして

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

○山本国務大臣 ウポポイにつきましては、国交省等の所管でございまして、私、具体的にまだ十二分には中身を存じ上げておりませんけれども、先ほど国交省から答弁がございましたとおり、ウポポイは、アイヌ文化の拠点としてだけでなく、地域住民の一時避難場所等として開放されることもあるものと聞いておりますので、地域防災拠点として活用されるよう国交省とも連携をしてまいりたいと思っております。

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

○山本国務大臣 地震対策の検討に当たりましては、古文書等の資料の分析、地形、地質の調査などの科学的知見に基づく調査を通じて、できるだけ過去にさかのぼって地震の発生等をより正確に調査することにいたしております。  しかしながら、現在の知見では全ての活断層を把握することは困難であり、存在の知られていない断層により地震の被害が発生することも考えられるところでございます。  このため、例えば、平成二十五年に

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

○山本国務大臣 お答えをいたします。  災害時において避難生活等が原因で亡くなる、いわゆる災害関連死を少しでも減らす、そのために、政府全体として、避難所の生活環境の改善に取り組んできたところでございます。  災害関連死を減らすためにも、まずはその数を把握することが重要であるというふうに考えられることから、先日、災害関連死の定義を定め、関係省庁共有するとともに、自治体に周知をしたところでもございます

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

○山本国務大臣 ウポポイにつきましては、国交省等の所管でございまして、私、具体的にまだ十二分には中身を存じ上げておりませんけれども、先ほど国交省から答弁がございましたとおり、ウポポイは、アイヌ文化の拠点としてだけでなく、地域住民の一時避難場所等として開放されることもあるものと聞いておりますので、地域防災拠点として活用されるよう国交省とも連携をしてまいりたいと思っております。

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

○山本国務大臣 地震対策の検討に当たりましては、古文書等の資料の分析、地形、地質の調査などの科学的知見に基づく調査を通じて、できるだけ過去にさかのぼって地震の発生等をより正確に調査することにいたしております。  しかしながら、現在の知見では全ての活断層を把握することは困難であり、存在の知られていない断層により地震の被害が発生することも考えられるところでございます。  このため、例えば、平成二十五年に

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

○山本国務大臣 お答えをいたします。  災害時において避難生活等が原因で亡くなる、いわゆる災害関連死を少しでも減らす、そのために、政府全体として、避難所の生活環境の改善に取り組んできたところでございます。  災害関連死を減らすためにも、まずはその数を把握することが重要であるというふうに考えられることから、先日、災害関連死の定義を定め、関係省庁共有するとともに、自治体に周知をしたところでもございます

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第19号

○山本国務大臣 警察といたしましては、交通安全と円滑を図るため、必要な信号機それから道路標識道路標示等の交通安全施設等の整備を適切に推進する必要があるというふうに考えておりまして、近年の厳しい財政状況の中でございますけれども、必要な予算の確保に努めているところでございます。  今ほど、議員の方から、東京都のこのような事業費、不用額がふえているというような資料をいただきました。これは、我々としても

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第19号

○山本国務大臣 今ほど御指摘のとおり、二つの、いわば、罰則を強化するということと、それから、一方では、カーナビ等の注視を一律に禁止しなくとも安全上問題ない、一見、相反するというふうに見えますけれども、先ほど申し上げたとおり、それぞれのいわゆる根拠に基づいて今回法改正をするところでございまして、我々といたしましては、特段問題はないというふうに考えているところでございます。

山本順三

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第19号

○山本国務大臣 お答えいたします。  近年、携帯電話使用等に起因する交通事故が大変増加傾向にございます。また、携帯電話使用等による交通事故死亡事故となる割合は、交通事故全体に比べ約二倍高く、携帯電話使用等の危険性は高いものであるというふうに認識をいたしております。  さらに、スマートフォンゲームアプリを使用しながら自動車を運転したことに起因する死亡事故が発生するなどしたことをきっかけにいたしまして

山本順三

2019-05-22 第198回国会 衆議院 内閣委員会 18号

○山本国務大臣 おはようございます。  ただいま議題となりました道路交通法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明いたします。  この法律案は、最近における道路交通をめぐる情勢に鑑み、自動車の自動運転の技術の実用化に対応した運転者等の義務に関する規定の整備を行うとともに、自動車又は原動機付自転車を運転中の携帯電話使用等に対する罰則の強化等を行うことをその内容としております

山本順三