運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
258件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1963-10-18 第44回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 1号

○山本委員長 この際一言ごあいさつを申し上げます。  本日、委員各位の御推挙によりまして本委員会の委員長の重責をになうことになりましたことは、身に余る光栄と存じておる次第でございます。  石炭問題については全くのしろうとでございますので、高い見識と深い経験を持っておられます委員各位のあたたかい御指導と御協力によりまして、わが国石炭産業の安定のためにいささかなりとも寄与することができますれば無上の喜びと

山本猛夫

1962-07-10 第40回国会 衆議院 決算委員会 27号

○山本(猛)委員 私は、突然のことでありまして、用意もございませんで、本来鈴木正吾君がお尋ね申し上げたいということでございましたが、鈴木正吾君が十二時からやむを得ざる他の会議のために私に引き継がれまして、鈴木正吾君のお尋ね申し上げたいという要旨、要点につきましてお伺いをいたしたいと思う次第であります。  お尋ねをいたします用意といたしまして伺っておきますが、日本国憲法第八条によりまして天皇個人に私有財産権

山本猛夫

1962-04-18 第40回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 13号

○山本(猛)委員 そこで私はそのけじめの問題を伺っているのです。政党活動と選挙活動のけじめをどこへ渇いておいでになっているのか、また、それを置くことが困難なのか、あるいは置いておいでにならないのか、そのけじめを伺っている。法に基づいてと、こうおっしゃるのですが、法に基づいてどういう点までが政党活動であるか、どういうところからは選挙活動であるか。従って、今刑事局長がお答えになったように、政党の党員も、

山本猛夫

1962-04-18 第40回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 13号

○山本(猛)委員 同一人がそういうふうに解釈される場合、こういうことの場合はどうですか。政党活動をするために、その団体に所属している政党員が、政党活動費として配分された、ところが、たまたまこれが選挙活動費と見られて問題になった、こういうことです。ですから、そういう場合の政党活動と選挙活動とのけじめの問題は、どういうところでつけておりますか。

山本猛夫

1962-02-21 第40回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 3号

○山本(猛)分科員 運輸大臣、私はさいぜん申し上げましたように、あなたのお考えになっていることや、国鉄総裁がお考えになっていることに対して、国民疑惑を持っているのですよ。こうやくばりばかりやって、抜本的な基本対策というものをお考えになっているのでしょうが、お考えになっていないのじゃないかという疑惑を持っているのです。あなたの今の御答弁では、その疑惑を深めただけなんですよ。いろいろ将来そんなようなことは

山本猛夫

1962-02-21 第40回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 3号

○山本(猛)分科員 さいぜんの主査のお話では、質問者が大へん多いのでということを承っておりますし、従って、ほかの同僚委員からこまごまと具体的な御質問があろうかと思いますので、私は、主として基本的な問題に関しまして、二、三運輸大臣、国鉄総裁にお尋ねを申し上げたいと思います。私は非常に言葉が下手でございますから、手ぎつくお受け取りになるかもしれませんが、どうかゆるやかなお気持でお聞き取り願いますように、

山本猛夫

1961-06-07 第38回国会 衆議院 社会労働委員会 44号

○山本委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。  採決いたします。  本日の請願日程中、第一、第二、第五、第一一、第一三ないし第一七、第二一、第二三ないし第三六、第四三、第四四、第四六、第四八ないし第六四、第六八ないし第九六、第一〇八ないし第一一一、第一一三、第一二三ないし第一八三、第一九三ないし第二〇七、第二〇九ないし第二一一、第二一六ないし第二一八、第二二〇ないし第二三九、第二四二、第二四八

山本猛夫

1961-06-07 第38回国会 衆議院 社会労働委員会 44号

○山本委員長 これより会議を開きます。  本日公報に掲載いたしました請願千四百九十二件を一括して議題とし、審査に入ります。  まず、請願の審査方法についてお諮りいたします。  各請願紹介議員より紹介説明の申し出もないようでありますので、この趣旨につきましては、すでに文書表によって御承知のところであり、また先ほど理事会においても協議いたしましたので、その結果に基づき直ちに採否の決定に入りたいと思いますが

山本猛夫

1961-06-06 第38回国会 衆議院 社会労働委員会 43号

○山本委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の通算年金通則法案、通算年金制度を創設するための関係法律の一部を改正する法律案年金福祉事業団法案、八木一男君外十四名提出の国民年金法施行及び国民年金と他の年金との調整等に関する法律案国民年金の積立金の運用に関する法律案内閣提出の、あん摩師、はり師、きゅう師及び柔道整復師法等の一部を改正する法律案、以上六案を一括して議題とし、審査を進めます。

山本猛夫

1961-06-01 第38回国会 衆議院 社会労働委員会 41号

○山本委員長 次に、内閣提出の国民年金法の一部を改正する法律案、通算年金通則法案、通算年金制度を創設するための関係法律の一部を改正する法律案年金福祉事業団法案児童扶養手当法案、八木一男君外十四名提出の国民年金法案、国民年金法施行及び国民年金と他の年金との調整等に関する法律案国民年金の積立金の運用に関する法律案、以上八法案を一括して議題とし、審査を進めます。質疑を許します。八木一男君。

山本猛夫

1961-06-01 第38回国会 衆議院 社会労働委員会 41号

○山本委員長 これより会議を開きます。  この際御報告いたします。昨五月三十一日付公報に掲載されております通り、五月三十一日、内閣総理大臣から衆議院議長に、公共企業体等労働関係法第十六条第二項の規定に基づき、国会議決を求めるの件、全印刷局労働組合関係議決第一号、同じく全造幣労働組合関係議決第二号、同じく全専売労働組合関係議決第三号、同じく全林野労働組合関係議決第四号、同じく日本国有林労働組合関係議決第五号

山本猛夫

1961-05-30 第38回国会 衆議院 社会労働委員会 39号

○山本委員長 これより会議を開きます。  連合審査会開会申し入れの件についてお諮りいたします。  建設委員会において審査中の水資源開発促進法案及び水資源開発公団法案について、建設委員会に連合審査開会の申し入れをいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

山本猛夫

1961-05-25 第38回国会 衆議院 社会労働委員会 38号

○山本委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の国民年金法の一部を改正する法律案、通算年金通則法案、通算年金制度を創設するための関係法律の一部を改正する法律案年金福祉事業団法案児童扶養手当法案、八木一男君外十四名提出の国民年金法案、国民年金法施行及び国民年金と他の年金との調整等に関する法律案国民年金の積立金の運用に関する法律案、以上八案を一括して議題とし、審査を進めます。  質疑を許します

山本猛夫

1961-05-24 第38回国会 衆議院 社会労働委員会 37号

○山本委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の国民年金法の一部を改正する法律案、通算年金通則法案、通産年金制度を創設するための関係法律の一部を改正する法律案年金福祉事業団法案児童扶養手当法案、八木一男君外十四名提出の国民年金法案、国民年金法施行及び国民年金と他の年金との調整等に関する法律案国民年金の積立金の運用に関する法律案、以上八案を一括して議題とし、審査を進めます。  質疑に入ります

山本猛夫

1961-05-23 第38回国会 衆議院 本会議 44号

○山本猛夫君 ただいま議題となりました四法案について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、健康保健法及び船員保険法の一部を改正する法律案について申し上げます。  本法案は、健康保険及び船員保険における分べんに関する給付の内容の改善をはかろうとするものであります。  そのおもなる内容は、まず、健康保険の分べん費について、現在、被保険者の分べんに対しては、分べん費として

山本猛夫

1961-05-19 第38回国会 衆議院 本会議 43号

○山本猛夫君 ただいま議題となりました児童福祉法の一部を改正する法律案について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  児童の資質を、健康の上に、あるいは社会的適性の上において向上させることは、人口の資質向上と将来の経済発展をはかるため緊要の問題でありますが、わが国の新生児、乳幼児の死亡率欧米に比較してきわめて高く、最近また年少者の非行が著しい実情にかんがみ、本法に若干

山本猛夫

1961-05-18 第38回国会 衆議院 本会議 42号

○山本猛夫君 ただいま議題となりました、国民健康保険法の一部を改正する法律案雇用促進事業団法案、及び、母子福祉資金の貸付等に関する法律の一部を改正する法律案の三法案につきまして、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、国民健康保険法の一部を改正する法律案について申し上げます。  国民健康保険は、皆保険体制の進展とともに、その給付内容も逐次向上して参ったのでありますが

山本猛夫