運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
61件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-28 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第10号

山岡委員 今、大臣の御答弁で、要件が変わりシステムが変わる、そして今年は各自治体のそういう単位でやっているんだというお話は、少なくとも事業者立場からすれば、それは経済産業省側理屈であって、政府側理屈であるように聞こえるんだと思うんですよ。事業者側にとっては、やはり昨年のような分かりやすくシンプルな形でやってもらえれば一番、皆、一時的な危機を乗り越えていけるという思いを持っている、その視点に立

山岡達丸

2021-04-28 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第10号

山岡委員 別のシステムをつくるから、今のお話ですと、また時間がかかりそうだと。ただ、まあ、できるだけ早くというお話はありましたけれども、昨年は、持続化給付金という制度の中で、十二月までのこの一括を全て見て、一気に事業者に対しての支援を行った。今年は、一、二、三月まで行い、四月、五月、また個別に行い、システムが変わるから支援に時間がかかると。これはいかにも、後手後手という言葉が最近よく言われますけれども

山岡達丸

2021-04-28 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第10号

山岡委員 質疑の時間をいただきました山岡達丸と申します。  まず、大臣にお伺いしたいんですが、新型コロナウイルス、四月二十五日に、三回目となる緊急事態宣言が出されました。十七日間という期間でありますけれども、出されたのは東京とか大阪とか、そうしたところが中心であるわけでありますけれども、緊急事態宣言がこうした大都市に出されれば、必ず全国地方都市、それぞれ影響が出てきているというのは、恐らくここにいらっしゃる

山岡達丸

2021-03-24 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第3号

山岡委員 過去にはこうしたことは起こってこなかったという中で、今回第三者のチェックが足りなかったということであれば、その原因の、また改善に向けても、私たちもまたいろいろ考えていかなければならないと思うんですが、しかしながら、やはり、国会提出される法案ということについて、極めて慎重な検討の中で提出をしていただきたいということを強く、この私の立場からも申し上げさせていただきます。  あわせて、経済産業省

山岡達丸

2021-03-24 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第3号

山岡委員 まさに、この委員会議論でも、コロナの中で中小事業者皆様が大変厳しいという思いをされている中で、この法案も、言うなれば、コロナ後の社会を見据えた様々な事業環境のありようを経産省としても規定していくという、極めて重要な今回の目玉法案であったと思うんです。  こうしたことがありますと、経済政策そのものの信用にも関わるということを私は感じるわけでありますが、これは、大臣原因はどういうところにあられると

山岡達丸

2021-03-24 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第3号

山岡委員 立憲民主党山岡達丸と申します。  本日は、大臣所信に対する質疑、そして、公正取引委員会委員長にもお越しいただきまして質疑をさせていただきたいと思っております。  新型コロナウイルス感染拡大によって本当に多くの事業者皆様が厳しい思いをされているということで、そうしたことを中心にした質疑中身を私も用意させていただいていたんですが、冒頭、どうしても触れなければならないということの中で

山岡達丸

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第2号

山岡分科員 まさにおっしゃられたとおり、今回は国民全員が接種するという大きなプロジェクトの中で、どのように効率的、合理的に進めていくかという中で、余り複雑な状況をつくってしまうとこれは難しくなるという事情は、もう本当におっしゃったとおりだと思っております。  ただ、大臣、後段に述べていただきましたが、やはり水際で働いている方々がまたそれは特別な状況であるということについても、今の御発言で、御理解をいただいているものだと

山岡達丸

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第2号

山岡分科員 大臣から御答弁いただきました。更なる支援が必要であれば適時考えていかなきゃいけないというお話でありました。  私は、特に、そういう働く現場皆様からの声としても伺っているわけでありますが、こうした声が出てくる。もちろん、行政上のお話で、今国際社会の中で、そういう取組の枠組みの中でやっているから自主的な検査というお話もありましたが、しかし、その背景にはやはり、先行きが不安であり、財政状況

山岡達丸

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第2号

山岡分科員 衆議院議員山岡達丸でございます。  今日は予算委員会で、特に国土交通省、その様々な課題北海道、私の選出でありますけれども、多くの課題がありまして、このコロナの厳しい中、あるいはコロナ後も見据えて、個別の課題を含めて、今日は赤羽大臣、そしてまた国土交通省からは鉄道局長港湾局長航空局長北海道局長にもお越しいただいておりますので、質疑をさせていただきたいと思います。  まず、このコロナ

山岡達丸

2021-02-19 第204回国会 衆議院 予算委員会 第14号

山岡委員 山岡達丸と申します。  本日は、総務省の放送の今後のこととか、衛星の様々なこととか、そうした様々なことについて私も質疑をしたいという思いの中で、今日、今、皆様に、委員にお配りの資料の中にはそういうことも含めさせていただいておりますが、しかしながら、総務省の、いわゆる今言われております接待の様々な問題、事の重要性、そして、本日に至ってもこれまで国会説明してきたことが変わってくる、そういったことも

山岡達丸

2020-11-18 第203回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号

山岡委員 大臣から最後に、柔軟に対応していきたいということがありましたが、行政都合ではなくて、本当に困っている方のための制度であると思っていますので、これはきちんと行き届くようにしていただきたいし、一方の議論で一月十一日まで休んだらどうかなんて話も出たりさまざまあって、書類をそろえようにも税理士事務所だって例えば休みだったりとか、本当にいろいろな事情がある中で、四月に対象になった方は申請期間が八

山岡達丸

2020-11-18 第203回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号

山岡委員 これから具体的にも、北海道、さまざまな関係者から、経産省にも経産大臣にも、あるいは関係省庁にまたさまざまな声があると思うんですが、ぜひ、地域の、全国さまざま、エリアによって感じ方が違うのかもしれませんが、本当に危機的な思いを持って年末を迎えようとしているということを御理解いただければと思います。  あわせて、ちょっと具体的な課題で、今の制度のことについて、年末もう一回来るのではないかという

山岡達丸

2020-11-18 第203回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号

山岡委員 山岡達丸と申します。  本日は、大臣所信に対して貴重な質疑の時間をいただきました。委員長始め委員皆様感謝申し上げながら、私も、また限られた時間ではありますので、質疑をさせていただきたいと思います。  さまざま、経済産業省を取り巻く政策的課題は多くあろうと思いますが、私は、北海道で活動させていただいている身として、地域を歩く中で、本当に今身近に、大変深刻な課題として感じるのは、やはり新型

山岡達丸

2020-06-12 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第16号

山岡委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。  まず、案文を朗読いたします。     割賦販売法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 蓄積されたデータ等に基づく新たな与信審査手法に係る認定制度の創設に当たっては、利用者への過剰与信防止実効性が十分に

山岡達丸

2020-05-29 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第14号

山岡委員 今御説明ありましたけれども、政策金融公庫がまさに損害の補償、担保をするということで後ろにいるから、そこの段階でいろいろな取決めがあって、それで断られたのではないかと。まさに形式的な中身においてこの件ははじかれてしまったということを私は理解するわけであります。  そのことを修正していただいたのが、私もきのう質問通告をしたわけでありますけれども、きのうそれを見直しをしたということでありますから

山岡達丸

2020-05-29 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第14号

山岡委員 今、この新型コロナ禍における融資姿勢に差はないのかということを伺ったわけでありますが、今、御答弁中身は、共通して同じ思い対応しているということを理解しているというのが経産省の説明でございました。  私の地域で、いろいろなお困りの方の御相談を受ける中で、大臣の御答弁もあったことも頼りにしながら、励ましながらも、政策金融公庫とか、さまざま相談をしていくよう促したりして、いろいろ、私のもとでも

山岡達丸

2020-05-29 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第14号

山岡委員 山岡達丸でございます。  質疑の時間をいただきまして、ありがとうございます。  きょうは、法案質疑ということであります。このいわゆる中小企業の成長を促進していくということを趣旨にした法案でありますけれども、目下、コロナ禍でありますので、コロナ禍実効性がどのように担保されるのか、そうした視点を持って、私もまた質問をさせていただきたいと思いますが、この新型コロナウイルスということの、今、一

山岡達丸

2020-05-27 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

山岡委員 今の農水省のお言葉にも象徴されているのかなと思いますが、私は、先ほど馬産業の特性の説明として、事前にいろいろ物を見定めて、当然、高い買物でありますから、その中で競りが進むものだ、現場で、必ずしもその場で判断していろいろ五百万とか一千万という単位の入札をしないということを申し上げました。  そして、今、競り自体はネットとかで、結局、相対とか、いわゆる市場ではない形でやったけれども価格はついたというのは

山岡達丸

2020-05-27 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

山岡委員 今、農水省からも御説明いただきました。  委員皆様に、御存じの方も、お詳しい方もいらっしゃるかと思いますが、いわゆるサラブレッド、軽種馬というのは、一つ一つ生産物が極めて単価が高い業種でございます。例えば産駒、年齢にもよりますけれども、一頭五百万とか、一千万、二千万という値段がついて、そういう販売が行われて生計を立てていく、そんな産業でもあります。  その競りがいわゆる春から少しずつ

山岡達丸

2020-05-27 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

山岡委員 質疑機会をいただきまして、ありがとうございます。山岡達丸でございます。  委員長、そして理事皆様委員皆様に心から感謝を申し上げながら、この農林水産委員会に、私もこうした機会をいただきました。  きょうは法案質疑でありますけれども、この間、この農林水産委員会におかれましても、今ちまたで大きな影響を及ぼしております新型コロナウイルスによるさまざまな影響について、例えば農林水産物生産支援等

山岡達丸

2020-05-22 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第12号

山岡委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。  まず、案文を朗読いたします。     強靱かつ持続可能な電気供給体制の確立を図るための電気事業法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について十分配慮すべきである。  一 一般送配電事業者事故等により電気供給支障が生ずる場合に備え、その支障

山岡達丸

2020-05-20 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第11号

山岡委員 今大臣おっしゃいましたが、この六十万から九十万に関しては、北海道の電力の安定のためということで、今、北海道電力、東北電力というお話がありましたけれども、ほぼほぼ北海道電力がその財政負担をしてつくっているという状況であります。だから、託送のシステムでいかにも分配されているような話もあるわけでありますけれども、しかし、事実として、一社が全て負担しているという事実もあるということがこれまででありました

山岡達丸

2020-05-20 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第11号

山岡委員 大臣、かなり慎重に答弁されていると思うんですが、最後おっしゃいました、分散と多様化ということがまさに、当時、北海道胆振東部地震のときに、道内においても、あるいは全国の、また系統の、まあ北本連系線の話もこの後、質問させていただきますが、そうしたところとのつながりがあれば、こうした全道規模での停電が避けられたであろうということを思うときに、今お話ありましたけれども、バックアップのさまざま水力発電等

山岡達丸

2020-05-20 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第11号

山岡委員 御質問機会をいただきまして、ありがとうございます。山岡達丸でございます。  きょうは、いわゆるエネルギーに関する強靱化法という名前がつけられておりますけれども、この件に関しての質疑に、私の立場から、また、私の視点を持って伺えればと思っております。  私自身は、今、基本的な活動エリア北海道でございますが、二〇一八年には、九月六日、北海道胆振東部地震があり、四十三人の方がお亡くなりになりました

山岡達丸

2020-05-13 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第9号

山岡委員 今大臣おっしゃったのは、先日の補正予算で組まれたさまざまな施策を通じてということでありましたけれども、何度も、もうさんざん申し上げているし、大臣も御認識だと思っていますが、事態がどんどん変わる、そして、事業者が予定していたお金が、これは行政上の都合で、緊急事態宣言延期に伴って、財源の問題もあって、それも延期した、本当に厳しい状況だということを改めてお伝えさせていただきたいと思います。  

山岡達丸

2020-05-13 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第9号

山岡委員 全てに影響があるというお話もいただきました。  この五月四日に延長されたことを受けて、恐らく、きょう御出席の委員皆様の御地元でもさまざまあったと思うんですが、北海道の私たち地域においても、まずこういうことがありました。  宣言を延長するということが発表された五月四日というのは、ゴールデンウイーク中でありました。四月末ぐらいからそういう観測は流れていたというのは報道ではありましたけれども

山岡達丸

2020-05-13 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第9号

山岡委員 山岡達丸と申します。  委員長そして理事皆様には、御高配を賜りまして、また質疑の時間をいただきましたことに心から感謝を申し上げながら、きょうもまた、コロナウイルス、これにかかわる経済へのさまざまな悪影響が今出ているわけでありますけれども、その中で、私の北海道でも今起こっている事案等も御説明させていただきながら、ぜひ大臣さまざま対処をしていただきたいという願いも込めて質疑をさせていただきたいと

山岡達丸

2020-04-17 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第8号

山岡委員 ありがとうございます。  もちろん、北海道だけではなくて全国的に本当に厳しい中でありますけれども、私の身近な地域としての見解をお伺いさせていただきまして、本当にそうした心意気を伺う中で、ぜひまたしっかりと、この事業者経済産業大臣として救っていただきたいといいますか、この状況改善にぜひお力を貸していただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  今回、法案質疑なわけでありますが

山岡達丸

2020-04-17 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第8号

山岡委員 今大臣が、フェーズが変わったというお話もいただきました。  私、北海道で選出させていただいている身として、北海道をずっと見てきた身として、あえて大臣にもう一つ伺いたいんですけれども、北海道は、一月の末、二月のころからコロナウイルス拡大が始まり、そして自主的な緊急事態宣言ということもあって、三月を頑張れば少しは開けてくるのかなということになったら、緊急事態宣言でまた大都市が選定される。そして

山岡達丸

2020-04-17 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第8号

山岡委員 山岡達丸と申します。  本日もまた、さまざま、全国的にコロナウイルスで厳しい環境が続いている中、こうして国会の中で質問機会をいただきました。委員長始め理事委員皆様に心から感謝申し上げ、質問に入らせていただきたいと思います。  まず、大臣にお伺いいたします。  緊急事態宣言が、対象全国になるということになりました。私は地元北海道であるんですけれども、北海道は、特定警戒都道府県ということで

山岡達丸

2020-04-14 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第6号

山岡委員 ありがとうございます。  時間も大分限られているということで、遠藤参考人にお伺いさせていただければと思います。  今のお話の中で、遠藤参考人の先ほどのお話の中でも、地方中小企業のいろいろなICTのレベルを上げていかなければならないというお話もありました。これも人に通ずるお話なんだろうと思っておりますが、ちょっと視点を変えまして、地方都市の今の現状、日本企業のこれまでのことを振り返ったときに

山岡達丸

2020-04-14 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第6号

山岡委員 ありがとうございます。  鍵になるのは人であるというお話でありまして、なかなか、その壁を乗り越えていくというのが本当に大きな課題だなと思いながらも、しかし、ヒントもいただきまして感謝を申し上げます。  人ということで、この地方課題もあわせてつながりがあるんですけれども、伊東参考人にお伺いしたいと思いますが、セキュリティーに関してさまざまな御知見もいただきました。これから、全国5G、ローカル

山岡達丸

2020-04-14 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第6号

山岡委員 山岡達丸と申します。  本日は、本当に世情がこうしたコロナウイルス拡大で厳しい中、この国会の重要な審議でありますけれども、参考人皆様に足を運んでいただきましたことに私の立場からも心から感謝を申し上げますし、きょう席があいているように見えますが、これも取組の中で、それぞれがここを違う場所から見て、距離を置きながら委員会を進行しようということでありますので、各議員皆、参考人皆様お話

山岡達丸

2020-04-10 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第5号

山岡委員 この関西電力をめぐる業務改善命令の発出というのは極めて大きな政治的関心事でもあり、さまざま指摘もされておりますが、三月十四日に第三者委員会報告があった後に、十五日には発出するという、極めて多忙なスケジュールの中でやっているということであります。  今、長官の話では二十七日の夜に知ったということでありますけれども、皆様のお手元にお配りさせていただいているのは、いわゆる経済産業省が配ったニュースリリース

山岡達丸

2020-04-10 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第5号

山岡委員 御質問機会をいただきまして、ありがとうございます。山岡達丸でございます。  今、目下、新型コロナウイルス、そして緊急事態宣言下という大変極めて重要な時期であります。地域感染拡大の不安とともに疲弊するこの経済環境の中で、どのよう施策を打っていくのかということも、またさまざまな機会質疑をさせていただきたいと思っておりますが。  きょうは、今こそ政府信頼が問われる、その時期にありまして

山岡達丸

2020-03-06 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号

山岡委員 大臣より今お話しいただきました。北海道特有のさまざまな課題対応するそうした提案があれば、これは受けとめていただけるというお話でありました。大変貴重でありがたいお言葉だと思っておりますので、この後、地域を歩く中で、さまざま課題も寄せられることだと思っておりますので、これは、大臣を始め経産省の皆様にしっかりとまた相談しながらこの対応に当たっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします

山岡達丸

2020-03-06 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号

山岡委員 大臣から全力で支えていかれるというお話もありましたが、きょうは、さまざま、各地、委員皆様から問題提起があろうかと思いますが、私が今政治活動をさせていただいているエリア北海道なんですけれども、御存じのとおり、北海道は、大変残念なことにでありますけれども、最も多くの新型コロナウイルス感染症の方が明らかになっているという状況であります。  今、きのうの時点で八十三人ということでありまして

山岡達丸

2020-03-06 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号

山岡委員 立国社の会派、山岡達丸と申します。  本日は、新型コロナウイルス感染症が国内で大変な猛威を振るうという、本当に、政府においてもこの国会においても大変な課題山積の中で、質疑機会をいただきました。委員長理事皆様、そして委員皆様の御高配に心から感謝申し上げながら、質疑に入らせていただきたいと思います。  私は、本日、新型コロナウイルス感染症のさまざまな課題について、特に経済対策について

山岡達丸

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

山岡委員 大臣がおっしゃいました、ニーズに対して技術的に補完できる部分を協力すると。互恵的と言いながら、相当程度提供しているというか、おもてなしといいますか、お気遣いといいますか、そういうような外交に私は見えます。  この中でぜひ伺いたいんですけれども、北方領土をめぐる交渉というのは、外務省にとってはさまざま、あるいは政府にとってはさまざまな分析があるのかもしれませんが、しかし私たち国民にとっては

山岡達丸

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

山岡委員 今政府からお話もありましたが、きょうは資料もお配りしました。これは外務省が発表している中身でありますけれども、概要が八項目並んでいるものですからわかりやすいもので、お配りしました。  進捗状況は、今お話が少しありましたけれども、それも外務省として公表しているわけでありますが、先ほど大臣質疑の中で、日本のすぐれた技術をもって補完するプロジェクトだというお話がありました。これは今どんどん進

山岡達丸

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

山岡委員 山岡達丸と申します。  質疑機会をいただきまして、委員長理事皆様を始め、本当に皆様感謝申し上げながら質疑を進めさせていただきたいと思います。  また、両大臣におかれましては、公務御多端の中、議会への対応敬意を表して、伺わせていただきたいと思います。  私は北海道から選出いただいているものですから、北方領土をめぐる件について、さきざきも質問もありましたが、私なりの問題意識を持って

山岡達丸

2019-11-15 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 第6号

山岡委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。  まず、案文を朗読いたします。     情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 デジタル経営改革の推進については、個人情報の保護に万全を尽くすとともに、我が国の産業競争力の強化が図

山岡達丸

2019-11-13 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 第5号

山岡委員 つまり、私が申し上げているのは、第三者委員会中身をきちんと世間に確認できるのかということです。関電報告があった後、関電が経産省に報告するに当たって、表現を丸めたり、あるいは意図的に排除することだって理屈の上では可能なわけであります。比べることができないわけであります。関電に任せるというのはそういうことになります。  もちろん、関電は、お話ありましたけれども、国民からの信頼を取り戻すという

山岡達丸

2019-11-13 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 第5号

山岡委員 今、大臣の御発言で、捜査権がない中で最大の措置報告徴収であるという話がありましたが、私は、経産省としてきちんと捜査を、そういった過去のことにとらわれずやっていただきたい案件だと思いますし、もし行政がそうしたことが整わないのであれば、やはり国会で、これは関西電力から直接話を聞きたいということで、参考人のお願いもさせていただいているところでもあります。ぜひ与党の皆様にも御理解いただいて、国会

山岡達丸

2019-11-13 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 第5号

山岡委員 御質問機会をいただきまして、ありがとうございます。  そして、大臣におかれましては、さまざま課題がある中で、お引き受けになって、新たなまたこうした大臣としてのお取組をされることに心からの敬意を表しながら、きょうは閣法がメーンの質問でありますが、関電の問題について、やはり事の重大性に鑑みて、少しまず伺わせていただければと思います。  大臣は、関電問題が社会的に発覚した時点大臣ではあられなかったわけでありますから

山岡達丸

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第22号

山岡委員 公募をするに当たっては、今お話がありましたけれども、当然、要件を定めて詰めなければ、どういう内容や中身で、それをどういう事務経費で幾らでやりますよというのは提示できないわけであって、しかも、いろいろ指摘されているのが詰めなきゃいけないというのはもう当然のことで、お答えのとおりであろうと思うんですが、その公募を夏までに、少なくとも、昨年度からことしの夏にするというふうになったわけですから、

山岡達丸

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第22号

山岡委員 ちょっと繰り返しの質問で恐縮なんですけれども、夏までに公募をするという方針になっているわけでありますから、そこの要件として必要な部分を今整理していると。まあ、整理されていなかったことも、もう既に何回か、何年もやっている中で非常に問題がある状況でありますが、この状況指摘を踏まえて夏までに改善するということでよろしいんでしょうか。公募までに改善するということでよろしいんでしょうか。

山岡達丸

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第22号

山岡委員 山岡達丸と申します。  きょうは、質疑機会をいただきまして、ありがとうございます。  宮腰大臣におかれましては、連日の御回答等も含めて、対応も含めて、本当に敬意を表しながら、きょうは、いわゆる企業主導型の保育事業子供たちの貧困のことについてのテーマでありますが、先ほど森田委員からは子供たちのことについてお話がありましたので、私からは、企業主導型保育事業について、そこを中心にちょっとお

山岡達丸

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

山岡委員 大臣お話にありましたけれども、どこで起こるかわからないということもはっきり申されて、科学的根拠、過去にさかのぼってという話もあるわけでありますが、毎年更新しているこういうデータが、できるだけ早くとおっしゃいましたけれども、現に北海道胆振東部、今まで言われていないところで起こったということは、まずその事実も、過去というか現在起こったことでありますので、いち早い更新とともに、そして、どこで

山岡達丸

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

山岡委員 今御答弁ありましたけれども、毎年更新しているわけでありますけれども、結論から言えば、今のお話で言えば、来年度の段階ではそうしたことが十分に反映されるということではないということなんです。学術的な結論が得られるまでその予測図は変わらないと。  そして、そもそも、そういう、科学的根拠ということもおっしゃっておられましたが、これまでないとされていた場所で地震があるという、どこで地震があるかわからないということになりますと

山岡達丸

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

山岡委員 山岡達丸と申します。  本日は、委員会質疑機会をいただきまして、委員長理事委員皆様に心から感謝を申し上げますとともに、山本大臣におかれましては、またあるいは副大臣そして政務官の政務の皆様も、本当に公務が忙しい中、御対応いただきますことに敬意を表しながら、きょうは、災害対策等の一般質疑ということで、私は北海道で活動させていただいている身でありますけれども、北海道胆振東部地震のことに

山岡達丸