運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
4件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

○屋良朝博君 屋良朝博でございます。  国民民主党無所属クラブ代表し、ただいま議題となりました麻生太郎財務大臣金融担当大臣不信任決議案に断固賛成の立場で討論いたします。(拍手)  麻生大臣、どうして不信任決議案が提出されたのかおわかりでしょうか。あなたは、国民生活に大きな影響のある年金と老後の生活費について、金融庁審議会厚生労働省の資料に基づいて作成した報告書の受取を拒否しました。  これを

屋良朝博

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

○屋良委員 関係団体とも十分に調整した上で、実態に即した内容につくり上げていただきたいというふうに思っております。  試験が始まると、動物医療の現場で、新たな国家資格を保持する人と従前の認定資格の保持者がともに働く時期がしばらく続くことになります。無用な心配かもしれませんけれども、資格保持者の質の違いというか格の違いがもしかしたら生じて、その中で序列が生まれたりすると何か現場がぎくしゃくしちゃって、

屋良朝博

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

○屋良委員 ありがとうございます。  認定動物看護師試験は、おおむね、現在のところ、八五%の高い合格率で推移している状況でございます。資格や経験を問わずに動物看護師として勤務することが可能になっており、技量や技術の均一化に課題があるとも指摘されている分野でございます。  近年の医療技術の進展や獣医療の高度化、専門化が加速しており、獣医療に対する社会的ニーズも多様化している中、このような中で初めて制度

屋良朝博

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

○屋良委員 よろしくお願いいたします。  国民民主党無所属クラブ、屋良朝博でございます。  まずは、長年の御議論を経て本法をまとめられました議員各位そして関係者の皆様の御尽力に敬意を表したいと思います。  衛生看護師資格から既に三十年余が過ぎて、この間、民間ライセンスの統一化など試みられるなど、御努力なさってこられた諸団体の皆様も、今後のこの制度の充実と発展を見守って期待しておられることだと思っておりますので

屋良朝博

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○屋良委員 済みません。調査をなさるのかどうか、それから調査をいつごろなさるのか、まだ具体的に決まっていないのであれば、大体いつごろめどづけをなさるのかというところをひとつお聞かせください。

屋良朝博

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○屋良委員 国民民主党無所属クラブ、屋良朝博でございます。よろしくお願いいたします。  今月十日の当委員会で、米軍基地周辺の一般河川地下水から高濃度で有機弗素化合物、PFOS、PFOAが検出されたという問題を取り上げさせていただきました。きょうは、その後、政府、関係省庁の対応について教えていただきたくて、改めて質問させていただきます。  その委員会で、原田大臣には、政府として調査するという大変前向

屋良朝博

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 5号

○屋良委員 今御説明がありましたように、健康への被害が懸念されていて、国際的にそれを制限しようという流れにあるというふうに理解しておりますが、幾つかの国では独自にその基準値、最低基準値を設けて、それ以上になった場合の対応なども指針を設けて行っているというふうに対応なさっているというふうなことを理解しております。  ところが、我が国においてはその基準がまだ設定されていないということが現状なんですけれども

屋良朝博

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 5号

○屋良委員 この二つの有機化合物なんですけれども、アメリカでは、二〇〇二年に主要化学製品メーカーが製造を停止しております。それは、母親と子供の出生体重や体格に影響を及ぼすといった健康被害が確認されているということなど、また、あるいはアレルギーや感染症のかかりやすさなど免疫機能への影響、そして甲状腺機能、生殖系ホルモンへの影響があると言われているためだというふうに理解しておりますけれども、それとあわせて

屋良朝博

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 5号

○屋良委員 ことし四月の補欠選挙で、沖縄三区、当選させていただきました屋良朝博でございます。国民民主党無所属クラブでございます。  初めての質問でございます。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。  きょうは、先週でございますけれども、ジュネーブで開催されたストックホルム条約に関する締結国、COP9で、制限あるいは使用禁止が決まりました有機弗素化合物、PFOAについて、もう一つは、同じ化合物

屋良朝博

  • 1