運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
217件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-10 第201回国会 参議院 環境委員会 第2号

国務大臣小泉進次郎君) 環境大臣及び原子力防災を担当する内閣府特命担当大臣小泉進次郎です。  第二百一回国会における参議院環境委員会の御審議に先立ち、所信を申し述べます。  環境省は、再生可能エネルギーの主力電源化や省エネルギーの徹底、ESG金融の促進、カーボンプライシングの更なる活用に関する検討等の気候変動対策や、東日本大震災からの復興、プラスチックごみ対策等の資源循環、生物多様性の保全に加

小泉進次郎

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

○小泉国務大臣 古田委員からは、御指摘のとおり、大変重要な、廃棄物の処理という、日々の国民の生活や経済活動を支える社会インフラについての御質問をいただきました。  特に、病院などから排出される廃棄物の適正な処理は、病院などの業務の遂行、ひいては国内の新型コロナウイルス感染症対策の観点からも非常に重要だと考えております。  環境省では、地方自治体等に対して、病院などから発生する廃棄物については、法令

小泉進次郎

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

○小泉国務大臣 古田委員からは、環境省のコロナウイルス対策ということで御質問いただきました。ありがとうございます。  環境省におきましては、政府対策本部が設置された一月三十日に、私を本部長とする環境省新型コロナウイルス感染症対策本部を設置をして、関係者間で連携して対策を講じています。  環境省が主催をするイベントも全般的に見直しを行いました。三月三十一日までに予定している百人以上が集まるイベントは

小泉進次郎

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

○小泉国務大臣 おはようございます。  改めて、畦元先生からの御質問、ありがとうございます。  今先生から御質問ありました四要件、これにつきましては、ベトナム・ブンアン2の石炭火力発電という案件を契機としまして関係省庁間で議論を行いました結果、この四要件の見直しについて、関係省庁で議論して結論を得ることで合意しました。  今後、パリ協定の目標達成に向けて、六月に予定される次期インフラシステム輸出戦略

小泉進次郎

2020-03-06 第201回国会 衆議院 環境委員会 第1号

○小泉国務大臣 おはようございます。環境大臣及び原子力防災を担当する内閣府特命担当大臣小泉進次郎です。  第二百一回国会における衆議院環境委員会の御審議に先立ち、所信を申し述べます。  環境省は、再生可能エネルギーの主力電源化や省エネルギーの徹底、ESG金融の促進、カーボンプライシングのさらなる活用に関する検討などの気候変動対策や、東日本大震災からの復興、プラスチックごみ対策などの資源循環、生物多様性

小泉進次郎

2020-03-06 第201回国会 参議院 予算委員会 第8号

国務大臣小泉進次郎君) まず、委員御指摘のこの地球温暖化対策計画の見直しは、今見直しに向けた検討作業を進めております。そして、環境省としても、施策の具体化、そしてより実効性のある計画とすべく検討を進めています。こうした検討を踏まえつつ、計画の見直しに向けて関係省庁と調整を進めていきたいと考えております。

小泉進次郎

2020-03-06 第201回国会 参議院 予算委員会 第8号

国務大臣小泉進次郎君) 今先生おっしゃったフェードアウト、これをどう捉えるかということでありますが、まさにこういったメッセージを誤解なく正確に、そしてパリ協定に対して前向きであるという日本の姿勢がしっかりと伝わるようなメッセージにしなければいけないと思いますし、そういった方向で今年のCOP26、これに臨んでいけるように、関係省庁でしっかりと話をしていきたいと思います。

小泉進次郎

2020-03-06 第201回国会 参議院 予算委員会 第8号

国務大臣小泉進次郎君) 浜田委員から同感だと、ありがとうございます。  私も、常に野心的な努力とその前進を求めるのがパリ協定精神であると、そういう気持ちで、常に野心は引き上げたいというふうに考えています。一方で、現在の削減目標二六%、この達成に向けた取組というのはまだ道半ばで、これも非常に楽観はできない状況にあるのも事実です。ですので、今、関係省庁を始めとして、様々な方面との議論やタイミング、

小泉進次郎

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

国務大臣小泉進次郎君) 予算についてのお尋ねですが、今回、環境省は、この令和二年度予算気候変動対応型予算というふうに位置付けています。  元榮先生の御地元の千葉に関わるところで申し上げると、先ほど冒頭の御質問の中でもあった、千葉の昨年の台風のときに大変話題になったのは睦沢町の取組でした。  この睦沢のスマートウェルネスタウンで大規模な停電が起きたにもかかわらず、あのウェルネスタウンは全く影響を

小泉進次郎

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

国務大臣小泉進次郎君) このNDCの引上げ、また目標の再提出、これは締切りは二月だというふうによく言われます。ですから、もう三月ですからその締切りは超えているわけですが、現実、国際社会を見ると、今提出しているのは三月の二日時点ではたった四か国にしかすぎません。そして、G20で提出をしている国は一か国もありません。  つまり、これが何を意味するかというと、幾ら真面目に締切りだけを目指して中身がパリ

小泉進次郎

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

国務大臣小泉進次郎君) 気候変動に対して御質問、元榮先生、ありがとうございます。  今御質問ありましたパリ協定気候変動対策に対するまず大枠のところから簡単に触れさせていただくと、長期の戦略、これが一つ、二〇五〇年、またそれ以降、この目標が一つあって、そしてそれまでの間に、今から十年後、二〇三〇年、ここまでの中期的な目標、この二つが主に骨格として位置付けられています。  まず、長期戦略においては

小泉進次郎

2020-03-02 第201回国会 参議院 予算委員会 第4号

国務大臣小泉進次郎君) 地元の横須賀での新年会に出席をしまして、危機管理上、政務三役での連携、調整は踏まえた上で、ルールにのっとった対応だということは、野党の先生からも、それはそうだと、しかし、やはりその間に地元に戻ったのはいかがなものかと、そういう御指摘を真摯に受け止めて、反省をしています。  政務官の代理危機管理上万全の対応はできると、そういうふうに思いましたが、これからしっかりと先頭に立

小泉進次郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

○小泉国務大臣 今、石崎先生から、外国がプラスチックに税を課す、そういった事例も御紹介いただきました。私も、幾つかの国で既にそういったことが課されている、この現状も把握をしています。  一方で、日本は今そういった形ではありませんが、私が共通するなと思っていることは、いずれにしても、今、徴収している自治体の例なども先生も御指摘されましたが、そういったことで集められたものがしっかりと環境保全に回っていくようにしていくこと

小泉進次郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

○小泉国務大臣 改めて、おはようございます。  今、笹川委員から御指摘をいただいた石炭火力の輸出に関する四要件、この見直しをしていく議論をすることで関係省庁合意ができたことは、今、国際社会で脱炭素化に向けて取り組んでいる中で、日本にとっては特に新たな一歩として大きい意義があると思っています。  日本はやはり石炭イメージが強いですから、その中で、動かないと思われていた日本が一歩動き出す、そういった

小泉進次郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

○小泉国務大臣 令和二年度環境省所管一般会計予算及び特別会計予算について、その基礎となる環境政策基本的な考え方を御説明します。  まず、私が環境大臣として強く感じていること、そしてこの御説明のテーマを一言で申し上げると、「環境先進国日本の復権」です。国際社会において、日本のすぐれた数多くの取組が石炭批判の前にかき消されてしまっている中、国内外への発信のさらなる強化に力を入れていかなければなりません

小泉進次郎

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

○小泉国務大臣 まず、この四要件というのはエネルギー基本計画の中に書いてあるものであります。その四要件に合致していると見られたものに対しては公的信用を付与するというのが今の政府の立場です。  そういった中で、合致するものは認められるでしょうし、その四要件というものが果たして事業と整合的なのか、そういったことを問題意識を持ちながら我々は見ていくというのも環境省としては大切なことですので、今回私が問題提起

小泉進次郎

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

○小泉国務大臣 まず、四要件というのがこうやって議題として上がった中で、私自身、四要件そのものに対しても問題意識を持っているから問題提起をしているわけです。  そして、政府全体としても、石炭火力はこれから減らしていくという方向は、これは閣議で決定をされている方向性でもあります。そして、環境省エネルギー政策を直接グリップができないという環境の中で、いかに二〇三〇年の目標も含めて厳しく電力分野を毎年事業

小泉進次郎

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

○小泉国務大臣 まず、逢坂議員御指摘のエネルギー政策については、一義的には所管は経産省ということになります。そういった中で、環境大臣としてできることというのは限定的なものがあるということも逢坂先生御承知の上での御指摘だと思いますが、私は、COP25の最前線に立っている立場として、現状維持のままでは済まないと思っています。  国際社会から、日本イコール石炭である、そういった批判があることで、先進的な取組

小泉進次郎

2020-02-10 第201回国会 衆議院 予算委員会 第10号

○小泉国務大臣 はい。簡潔にお答えさせていただきます。  今、串田議員から御指摘いただいたものは、先日、二月の三日にも第五回目の検討会を開催をして、動物愛護団体や事業者団体からのヒアリングを行ったところです。  そして、この飼養管理基準に関する改正法の規定が施行される来年に向けて引き続き具体的な基準の検討を進めていきますが、環境省としては、例えばケージの大きさであれば、頭がぶつかってしまうほどの狭い

小泉進次郎

2020-02-07 第201回国会 衆議院 予算委員会 第9号

○小泉国務大臣 小熊先生におかれましては、御地元福島、特に会津ということで、私の地元の横須賀との友好都市の関係でもあります。本当に、この福島復興については私も大臣就任前から思いを持っておりますし、今でも環境省として、環境庁になった一九七一年、水俣を始めとする環境回復という原点がありまして、そして、二〇一一年の福島の原発事故東日本大震災以降は除染、中間貯蔵、そういった環境回復に対する強い思いを持って

小泉進次郎

2020-02-07 第201回国会 衆議院 予算委員会 第9号

○小泉国務大臣 今御質問いただきましたカーボンリサイクル、これは非常に大切なことで、今まさに日本、世界に対しても、このCO2という地球に対して負荷をかけるものを、逆転の発想というか、どうやってそれを利活用してむしろ生かしていくか、環境に対してよい取組をしていくかということで、人工光合成とかさまざまなことを進めています。これは総理も大変思いを持って、いろいろなところで言及をされています。  そういった

小泉進次郎

2020-02-07 第201回国会 衆議院 予算委員会 第9号

○小泉国務大臣 笹川議員から御指摘いただきました、海洋プラスチックごみを世界の枠組みで取り組むべきだということでありますが、国内の取組も一方で大事で、その点については、笹川先生の御地元の群馬県は、海なし県にもかかわらず、この海洋プラスチックごみのゼロ宣言に加え、五つのゼロということでさまざまな取組をされていること、大変心強く思っています。先日、知事にもお会いをして、その宣言をいただきました。  世界

小泉進次郎

2020-02-05 第201回国会 衆議院 予算委員会 第7号

○小泉国務大臣 小倉議員におかれましては、環境省のやっているナッジ、これについて、継続的なサポート、応援をいただいて、ありがとうございます。  先ほど、実はバントは手がたくないという話がありましたが、高校球児だった私としても、そして「マネーボール」の、あの映画も大好きな一人としても、なるほどと思いまして、まさにそういう、実はデータを見れば全く今まで正しいと思ってやっていたことは正しくないんだということを

小泉進次郎

2020-02-04 第201回国会 衆議院 予算委員会 第6号

○小泉国務大臣 まず、大臣として、ほかの閣僚、総理も含めて、その方々の答弁を論評する立場にはありません。  ただ、その上で、今、桜を見る会の話がありましたが、総理は大いに反省をされているということで何度も答弁しています。  そして、環境大臣としては、桜を見る会が開催をされている場所である新宿御苑環境省の所管です。ことしは見送りということになったようでありますが、仮に、さまざまな今までの議論の中で、

小泉進次郎

2020-02-04 第201回国会 衆議院 予算委員会 第6号

○小泉国務大臣 国会改革について、今大臣という立場でどこまで申し上げるべきかというのはありますけれども、国会改革に対する思いは私は変わりません。  ただ、今、本多議員がおっしゃったように、一日七時間、予算委員会に座っていて、大変勉強になる、そこも間違いありません。  ただ、世界の中であらゆる議会がありますが、総理大臣、そして外遊が仕事の主な部分でもある外務大臣、世界の中でもこれだけ議会に出席をしているという

小泉進次郎

2020-02-04 第201回国会 衆議院 予算委員会 第6号

○小泉国務大臣 まず、岡田先生からカーボンプライシングの議論をこの予算委員会で取り上げていただいたことを、私は環境省に対する応援だと思っています。  環境省、三十年間、当初は環境税というところから始まって議論をしてきましたが、今先生おっしゃったように、温対税というカーボンプライシングは民主党政権で入れられました。ただ、その水準は、国際社会、特にグテーレス事務総長などが期待をしているような、そういった

小泉進次郎

2020-02-03 第201回国会 衆議院 予算委員会 第5号

○小泉国務大臣 とかしき議員から、今サーマルリサイクルということで御指摘、御質問いただきました。  日本は今、プラスチックの世界的な枠組みである大阪ブルー・オーシャン・ビジョンを立ち上げまして、G20から今、Gとは言いませんが、五十九、賛同表明が広がりました。この取組が更に、国民一人一人の取組の中では、ことしの七月から正式に、レジ袋がスーパー、ドラッグストア、コンビニ、こういったところでの有料化という

小泉進次郎

2020-02-03 第201回国会 衆議院 予算委員会 第5号

○小泉国務大臣 とかしき議員からは、主に二点いただいたと思っています。  一点目の洋上風力、この浮体式についてでありますが、これは、とかしき議員環境副大臣のときに大変力強く御尽力されたと私も伺いました。この浜出し船、洋上風力を建設するときに活用されるものでありますが、これにつきましては、まず、今回、予算の方でも、この令和二年度の予算案では五億円を計上しています。  そして、新しい法律もできたところでもありますし

小泉進次郎

2020-02-03 第201回国会 衆議院 予算委員会 第5号

○小泉国務大臣 とかしき議員とは厚生労働部会で大変お世話になりましたし、まさにこの男性育休含めて、我々、取り組んだことでもありました。  感想としては、短くということですから、とってよかったです。はい。本当に、世の中のお母さん、すごいなと心から日々思っています。  それと同時に、大変うれしいのは、立憲民主党、そして国民民主党、この育休の動きが今広がりまして、そして、自民党の中からも、ある議員の方が私

小泉進次郎

2020-01-31 第201回国会 参議院 予算委員会 第3号

国務大臣小泉進次郎君) 今、中西議員から御指摘いただいたこの漂着ごみの自治体の負担ということでありますが、これについては来年度の予算案に約三十七億円、今計上をしています。  ちなみに、このプラスチックごみは、今、海のものが大変話題ですが、日本の特色ある取組、先進的な取組は、海のない海なし県の取組も非常に盛り上がっているということであります。例えば、栃木県、海はありません。そして、長野県もそうです

小泉進次郎

2020-01-31 第201回国会 参議院 予算委員会 第3号

国務大臣小泉進次郎君) 二度と受けないためにということの意味でも、私は、日本がイコール石炭の国であると、そういう、国連グテーレス事務総長石炭中毒という、あれぐらい激しい言葉も含めて、真正面から受け止めるべきは受け止めて、その上でどのようなアクションを取れるかという思いを率直にCOPの場でも申し上げました。  私が特に輸出の四要件という、そういったところに問題提起をさせていただいているのも、日本

小泉進次郎

2020-01-31 第201回国会 参議院 予算委員会 第3号

国務大臣小泉進次郎君) 今、中西議員から御質問をいただいた化石賞でありますが、こんなに化石賞のことを好きなのは日本ぐらいでしょうね。こんなに報じるのも日本ぐらいだと思います。  私、COPにこの前初めて大臣として出席をして、実態というのはよく分かりますが、COPの会場って物すごい広い、いわゆるパビリオンというか、幕張メッセのような、そういった中でやりますが、廊下で授賞式みたいなのをやるわけです。

小泉進次郎

2020-01-30 第201回国会 参議院 予算委員会 第2号

国務大臣小泉進次郎君) 今のフリーランス、個人事業主、中小企業の方々のセーフティーネット、社会保障の充実ということにおいては、関係の厚労大臣若しくは西村大臣など、詳細についてはお答えいただければと思いますが、私は常々、目指すべき社会というのは、一人一人がより生きやすく、働きやすく、それぞれの事情に応じて柔軟に働けるような社会をつくりたいと、そういった思いがありましたので、今でもありますが、私の中

小泉進次郎

2020-01-30 第201回国会 参議院 予算委員会 第2号

国務大臣小泉進次郎君) まず、音喜多議員におかれましては、私も国会改革には思いを持っていましたので、その思いを共有している仲間ができたとうれしく思っています。そして、私のいわゆる育休ということに対して世の中から批判もあるということも私も承知をしています。  ただ、その中で、やはり正確な理解を広げていくことも大事だなと思っています。今でもまだ私のいわゆる育休が育児休業というふうに報道されている部分

小泉進次郎

2020-01-30 第201回国会 参議院 予算委員会 第2号

国務大臣小泉進次郎君) 今、矢倉議員から、COPの残された課題ということで市場メカニズムのお話がありました。  今年はパリ協定は既にスタートをしていますが、実はパリ協定は完成をしておりません。完成をしていない最後の宿題は何かというと、まさに今日、先生が御指摘をされた市場メカニズム、これはパリ協定の中でいうと六条という課題ですが、この六条の交渉において、先日のマドリードでのCOP25で、間違いなく

小泉進次郎

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

国務大臣小泉進次郎君) 先生から御感想ということでありますから、感想は、取ってよかったと思います。世の中のお母さんはすごいなと、本当に心から感じています。  今、藤井先生の御指摘で、一人目の育児に夫が参加すればするほど二人目を持ちやすくなるというデータが発表されましたが、私も努力をしまして、今、お風呂、おむつ替え、ミルク作り、そういったことも私は担当しています。  いろんな思いがありましたけれども

小泉進次郎

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

国務大臣小泉進次郎君) 今、徳永議員から、猟友会、そしてまたコンサル警備、そういったお話がありましたが、猟友会の皆さんにお願いをしているということに加えまして、今先生が御指摘あった警備やコンサル、そういった方のことは、環境省として、捕獲の専門的な知見や技術を有する事業者として都道府県が認定をした認定鳥獣捕獲等事業者、こういった形で一緒になって連携をしています。  また、市町村長に任命をされた市町村

小泉進次郎

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

国務大臣小泉進次郎君) 今、徳永先生からどれぐらい減らせばというお話がありましたが、今、野生イノシシ、この野生イノシシの担当は環境省でありますのでお答えをさせていただきますが、この個体数を二〇二三年度までに半減することを目標としています。そして、今御審議をいただいています今年度の補正予算、これで四億円、そして、当初の二〇二〇年度予算案の中には、今年度の五億円から二十三億円へと増額要求を行っていまして

小泉進次郎

2020-01-28 第201回国会 衆議院 予算委員会 第3号

○小泉国務大臣 まず、本多議員の方からも御指摘をいただいたとおり、これは法令に基づいて対応していることであります。そういった中で、個人事業主の方でありますが、私は信頼をしてお任せをしていることであります。  透明性という観点、また、説明をしっかりと果たす、そういった観点での本多先生からの御指摘もありますから、しっかりと何ができるかは考えていきたいと思いますが、改めて申し上げますが、これは法令に基づいて

小泉進次郎

2020-01-28 第201回国会 衆議院 予算委員会 第3号

○小泉国務大臣 今の点につきましては、一部、例えばブローカーとか幽霊会社、そういった表現をされているようではあると聞いていますが、そういったことは適切ではなくて、個人事業主の方である。そういった中で、従前から、二〇一二年からでありますが、いわば代理店として、選挙に関してのポスター等作成を代理店としてお願いをしている。そういった中で、当然でありますが、法令に従って適切に処理をしていると、事務所の方にも

小泉進次郎

2020-01-28 第201回国会 衆議院 予算委員会 第3号

○小泉国務大臣 今、本多議員から御指摘をいただきまして、まず、合法であるということも先生の方から触れていただいたとおり、法令に従いまして適切に処理をしているものと認識をしています。  今、エムズクリエという話がありましたけれども、これについても、今先生から御指摘をいただいたとおり、いわば代理店みたいな形で、選挙に関してのポスター、そういったもののことは先生も御承知だと思いますが、我々衆議院議員選挙

小泉進次郎

2020-01-27 第201回国会 衆議院 予算委員会 第2号

○小泉国務大臣 福井議員から御質問をいただきました適応ということでありますが、気候変動対策については、緩和、これは、二酸化炭素などを含む温室効果のガスをいかにカットするか、こういったことが一つあって、もう一つが、まさに今議員が言われた適応であります。気候変動が食いとめられないその範囲の中で、いかにこの影響を回避、抑制、緩和をしていくか。  この中で、今、カズオ・イシグロさんの話も含めた先人の話がありましたが

小泉進次郎

2020-01-23 第201回国会 衆議院 本会議 第3号

国務大臣小泉進次郎君) 斉藤鉄夫議員から二問、気候変動対策とレジ袋有料化の実施についてお尋ねをいただきました。  気候変動対策については、二〇五一年も含めてできるだけ早期に脱炭素社会を達成するとの思いで、イノベーションに光を当てて、徹底した省エネ、再生可能エネルギーの主力電源化等に取り組んでまいります。  また、気候変動対策と関連して、石炭火力発電の見直しが不可欠であり、国民的理解を得る冷静な議論

小泉進次郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

国務大臣小泉進次郎君) 私が言っているこの趣旨というのは、環境省大臣になってから私ももうすぐ三か月というところでありますが、本当に重要な仕事を抱えています。そして、特に気候変動、COPが始まりましたが、この気候変動の世界の危機感、そして求められている対応、こういったものはこれから減ることは間違いなくないと思います。増え続けると思います。  そういったことを考えたときに、環境省という人員も予算もかなりほかの

小泉進次郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

国務大臣小泉進次郎君) 今御指摘いただきました、先日の私の災害時における自衛隊防衛省環境省との連携強化についてでありますが、これは、私が大臣になってからも、役所の中でいろいろ聞くところによりますと、熊本地震をきっかけとして、環境省防衛省自衛隊の連携が急速に深まっていくきっかけになったと。そして、西日本豪雨でそれが更に深まっていき、今回について更にその実動の経験も踏まえて今後何かより考えられることがあるのではないかと

小泉進次郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

国務大臣小泉進次郎君) おはようございます。御質問ありがとうございます。  国会の運営につきましては、国会の方でお決めになることだと思いますので、大臣としてはコメントは控えるべきだとは思います。  その上で、桜を見る会について御質問がありましたが、環境省としては、桜を見る会を開催をしている場所、新宿御苑の所管をしているという、そういった関わりはもちろんあります。そして、必要な資料の方も提出をしているところでもあります

小泉進次郎