運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
428件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-05-22 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 13号

○富田委員 次に、もう一度井上参考人にお尋ねしますが、秘匿権のところで三点気になるところがあるというふうに言われていました。  最初の、判別官と審査官。判別官の判断に対しては取消し訴訟を起こせない、処分じゃないということで起こせない、返還請求してそれを拒絶された場合に訴訟で起こしていくんだというお話をされていましたが、午前中の委員会でも、同じ役所の中の人間が判別して審査するというのはやはりおかしいんじゃないかという

富田茂之

2019-05-22 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 13号

○富田委員 ありがとうございました。  泉水参考人に、先ほどの御意見の中で、今回の課徴金の算定率は売上額の一〇%が基本だと、ここは今回も変わりませんでした。ただ、独占禁止法研究会では、もっと利益を得ているんじゃないかとか、一〇%ではなかなかちょっと、社会に与える影響でもまだ足りないんじゃないかというお話を先ほどされていました。  今後、これを踏まえて総合的に検討していく必要があるというふうに先ほど言

富田茂之

2019-05-22 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 13号

○富田委員 公明党の富田茂之でございます。  四人の参考人の先生、きょうは、貴重な御意見、ありがとうございました。また、経団連、日弁連の皆様におかれましては、我が党のヒアリングにも参加をしていただきまして、いろいろ教えていただきました。そのことをまたお礼を申し上げたいと思います。  まず泉水参考人と井上参考人にお伺いしたいんですが、今回の調査協力減算制度について、先ほど泉水参考人は、新しい制度、初めての

富田茂之

2019-05-10 第198回国会 衆議院 本会議 23号

○富田茂之君 公明党の富田茂之です。  公明党を代表して、ただいま議題となりました法律案につき、総理並びに関係大臣に質問します。(拍手)  二〇〇〇年五月十二日、当本会議場で、衆議院青少年問題特別委員長であった私は、提案者として児童虐待防止法案の趣旨説明を行い、五月十七日、全会派一致で成立しました。  しかし、法案作成の作業は難航しました。しつけと虐待をどこで線引きしたらいいのか、児童の人権を明記するか

富田茂之

2019-04-25 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 3号

○富田委員 ありがとうございました。  ちょっと最終処分場問題の前に廃炉の問題があると思うんですが、実は、去年、イリノイ州のザイオン原発の廃炉措置を見てきました。最初は二十年ぐらいのスパンでという話だったのが、ソリューションズという会社の子会社が始めたら、二〇一〇年から八年間、今年度で終わると去年言っていまして、もう建屋だけが残っていて、中のものは全部出してあったんですね。何でそんなのをできたのかなと

富田茂之

2019-04-25 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 3号

○富田委員 今、桑子先生の、でも、NUMOで今は進めざるを得ないと思うんですね、NUMOでやり出していますから。手挙げ方式から、マップをつくって理解を得ていくというふうになりました。近藤理事長も副理事長も、一緒に海外視察へ行ったことがあるんですが、大変リーダーシップのある皆さんで。誰かがやはり統括して、NUMOの場合は職員が電力会社から出向で来たり役所から行ったりといろいろなことがあると思いますので

富田茂之

2019-04-25 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 3号

○富田委員 公明党の富田茂之でございます。  四人の参考人の先生方、本当にきょうはありがとうございます。  高レベル放射性廃棄物最終処分場のお話を桑子先生がしてくださいましたので、ちょっとこれは、私、二〇一三年から、オンカロを始め世界じゅうの施設を全部見てきました。  オンカロにも行きまして、地元の自治体の首長さんともいろいろなお話をして、何でオンカロができたのかというのをいろいろ聞いてきたんですが

富田茂之

2019-04-24 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 9号

○富田委員 高井参考人にお尋ねしたいと思います。  私ももともと弁護士ですが、もう四半世紀やっていませんので、ちょっと、高井参考人のいろいろな資料を読んで、今こんな状況なのかというのを非常にびっくりしたんですが、特定調停をうまく活用されて、廃業していく人の中から、できるだけ債権者に迷惑かけないようにされているという記事を読みました。昔は特定調停って任意整理か破産のちょっと間みたいな感じに受けとめていたんですが

富田茂之

2019-04-24 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 9号

○富田委員 古賀参考人にちょっとお尋ねしたいんですが、先ほど、地方銀行が融資ではなく出資の方に向かうべきだという御提言がありました。私も本当に大事だなと思うんですが、この委員会でみずほ銀行の取組を紹介させていただいたんですが、経営者が自分の会社をどうにかしたい、会社の幹部たちが十人でそれぞれ十万ずつ出して別会社をつくって、ただ、それだと元会社の株は全部買い取れないので、ファンドを利用して、みずほ銀行

富田茂之

2019-04-24 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 9号

○富田委員 公明党の富田茂之でございます。  四人の参考人の皆さん、本当に、きょうはそれぞれの経験に基づいた含蓄のあるお話、大変勉強になりました。  私の方から、ちょっと事業承継について御質問したいと思います。  実は、この委員会で、三月十三日に大臣所信に対する質疑の中でちょっと事業承継のことをお伺いしたんですが、そのきっかけになったのが、帝国データバンク千葉支店が二〇一八年の千葉県内の「休廃業・解散

富田茂之

2019-04-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 7号

○富田委員 本改正案で導入される査証におきましては、裁判所が査証を実施する主体となる専門家を指定することとされております。専門家は、相手方の工場等に立ち入り、対象となる文書や物品を調査し、相手方の幅広い営業秘密等に接する可能性があることや、調査の結果が訴訟の帰趨に影響を与える可能性があることから、秘密保持義務を課した上で、弁護士、弁理士、研究者等を含め幅広い職種から指定することとなるというふうに聞いております

富田茂之

2019-04-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 7号

○富田委員 本改正案では、制度の濫用を防ぐため、必要性、蓋然性、補充性、相当性を査証の発令要件としています。  産業構造審議会知的財産分科会特許制度小委員会報告書、実効的な権利保護に向けた知財紛争処理システムの在り方、平成三十一年二月ですが、これによりますと、このような記載がありました。  現行法の書類提出命令や検証物提示命令と同様、資料収集の命令の発令は、その特許権を侵害されたと主張する特許権者の

富田茂之

2019-04-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 7号

○富田委員 公明党の富田です。  大学の先輩の三原先生の後で非常に質問をやりにくいんですが、特許法の質問をさせていただきたいと思います。  まず、証拠収集手続の強化についてお尋ねをします。  特許権の侵害訴訟では、技術的に高度な専門的知見をもとにした適切な判断が求められることや、特に製法特許や装置の特許に関する侵害行為のように、侵害行為が侵害者の工場内で行われ、外部にあらわれにくい場合等、証拠が侵害者側

富田茂之

2019-03-28 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 2号

○富田委員 去年も同じように調査して、去年は底部まで接触できなかった。今回は、今言われたように、つかめる機材を先につけたということで、底を、三十センチぐらい下げていって、実際につかんだというふうに聞いていますけれども、その結果新たにわかったことというのは何かあるんでしょうか。

富田茂之

2019-03-28 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 2号

○富田委員 この記事は一面に載っていて、その後の方に解説記事までついていまして、ちょっとそれを読んでびっくりしたんですが、いかにもこういう制度を考えているんだというふうに思わせるような記事でした。  ニューヨーク州が導入しているゼロエミッションクレジットとか英国の制度等を取り上げて、こういうのを見習おうとしているんじゃないかというふうに書かれた上で、最後、ちょっと記事を読んでいておかしいなと思ったんですが

富田茂之

2019-03-28 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 2号

○富田委員 公明党の富田茂之でございます。  きょうは、この特別委員会で初めて質問をさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。  今、宮澤委員の質問に村瀬さんが答えられていましたけれども、私もオンカロに行ったんですが、地域が主体的にというよりは、原発の誘致の段階から、かなり丁寧な地域への説明をし、その中で本当に地域との信頼関係ができてきた。余り優遇措置とかそういう問題ではなくて、何かあったときにきちんとした

富田茂之

2019-03-13 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 2号

○富田委員 ぜひ積極的な取組をお願いしたいと思います。  また、これも大事なんですけれども、他方、親族間の事業承継というのは実は急速に減少傾向にあるのではないか。この十年で見ると、既に親族間の事業承継は四割を切っているというような調査報道もありました。  そうすると、ここをどうしていくかということで、税制優遇措置に加えて、親族外への事業承継を促進することが急務だというふうに思います。  現在、全国に

富田茂之

2019-03-13 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 2号

○富田委員 これ、しっかり取り組んでいただいて。なかなか事業承継を担当してくれる税理士さんがいないというようなお話も聞きます。税理士の先生方に聞くと、企業の顧問はやっているけれども、事業承継まで担当するとなると、やはりスパンも長いし、それに見合うお金もなかなか取りにくいというようなこともありますので、ぜひ制度を周知していただいて、いい方向に持っていっていただきたいと思います。  この国会には、これと

富田茂之

2019-03-13 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 2号

○富田委員 公明党の富田茂之でございます。  世耕大臣は、所信表明で、地域・中小企業に関して、このように述べられておりました。  全国三千万人を超える雇用を支える中小企業、小規模事業者は日本経済の屋台骨です。この屋台骨をより強固にしていくためには、三つの課題に取り組みますということで、一つ目は、後継者不足です。昨年の法人版事業承継税制の抜本拡充に続き、ことしは承継時の税負担を実質ゼロにする個人版事業承継税制

富田茂之

2018-12-07 第197回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 3号

○富田委員 ありがとうございます。  ザイオンでも全く同じことを指摘されまして、実際に原発を設置また管理していく人材と廃止していく人材を分けた方がいい、ここをきちんとしないと責任が不明確になるというような御指摘もありました。ありがとうございました。  次に、黒川先生と石橋先生にお伺いしたいんですが、黒川先生の事故調の報告書の最初のところに、「(過酷事故)における心の準備や、各自の地位に伴う責任の重さへの

富田茂之

2018-12-07 第197回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 3号

○富田委員 ザイオンでもセラフィールドでも伺ったんですが、やはり、自分たちの知見を日本も活用してほしいと。ザイオンの方は、日本原電といろいろやりとりしているという具体的なお話がありました。  今後、廃止措置を進めていかざるを得ない、特に福島第一原発では特殊要因がたくさんある、そういった中で、外国で実際進んでいる廃止措置の知見をどういうふうに活用していったらよろしいでしょうか。

富田茂之

2018-12-07 第197回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 3号

○富田委員 公明党の富田茂之でございます。  四人の先生方、きょうは、貴重な御意見ありがとうございました。  私は、この委員会に初めて参加をさせていただいているんですが、実は、五年前に超党派で高レベル放射性廃棄物最終処分場を考える議員連盟というのをつくりまして、自民党の河村建夫先生、当時民進党だった増子輝彦先生と三人で共同代表を務めております。  その議連をつくった後、スウェーデンのエスポ岩盤研究所

富田茂之

2018-11-28 第197回国会 衆議院 経済産業委員会 2号

○富田委員 今大臣が言われるとおりだと思うんですが、オランダの方ではやはり洋上風力サイトの指定とかゾーニングの標準化が進んでいる、ここを見習う必要があるのではないかなと、視察をして思いました。  オランダでは、二〇一五年から五年間で毎年七百メガワットの洋上風力プロジェクトを入札する方針を立てまして、そのとおり入札が実行されました。二〇二三年には三千五百メガワット全てが完成する予定であります。十個のサイト

富田茂之

2018-11-28 第197回国会 衆議院 経済産業委員会 2号

○富田委員 出力は約十三万キロワットで、オランダの十五万世帯の電力を賄う規模でした。  ウェスターメイヤーは、内陸湖でありますアイセル湖の湖上発電プロジェクトです。シーメンス社製の三メガワット機四十八基で百四十四メガワットの出力規模、岸壁から六百メートルと一・二キロの距離に十七基ずつ二列、そしてもう一つ十四基が一列でありました。  実は、オランダは、欧州の先進国に比べまして、洋上風力発電の普及では出

富田茂之

2018-11-28 第197回国会 衆議院 経済産業委員会 2号

○富田委員 おはようございます。公明党の富田茂之でございます。  大臣の所信的挨拶について質疑をさせていただきたいというふうに思います。  大臣は、再生可能エネルギーについては、主力電源化を目指し、コスト削減の取組や、地域との共生に必要な取組を進めます、あわせて、系統制約の克服や調整力の確保に取り組みますというふうに述べられておりました。  主力電源化を目指すということで、これまで以上にかなり踏み込

富田茂之

2018-05-22 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 13号

○富田委員 田中先生にまた聞きたいんですが、長野の方のいろいろな取組とか、そういったインタビュー記事も読ませていただいたんです。やはり最初の資金調達に困るというところで大変注目したんですが、収益納付型補助金というのを考えられたということで、なかなか補助金をどう出すかというのは難しいと思うんですが、売上げが上がってきて、出てきたときに返してもらうというような制度なんだというふうに理解しているんですが、

富田茂之

2018-05-22 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 13号

○富田委員 ありがとうございました。  田中先生のEVの補助というのは、ちょっとなかなか視点がこれまでの我々の切り口とは違っていまして、大変参考になりました。ありがとうございました。  きょう先生方においでいただくに当たって、調査室の方が各先生方のこれまでの論文とかいろいろそろえていただきまして、それを見ておりましたら、田中先生が、昨年ですかね、ガスエネルギー新聞に「人口減と地域エネ」ということで三回

富田茂之

2018-05-22 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 13号

○富田委員 公明党の富田茂之でございます。  五人の参考人の先生方、貴重な御意見、本当にありがとうございました。大変勉強になりました。  私の方からは、まず、荷主の範囲の見直しについて、各先生方の御意見を伺いたいというふうに思います。  本改正案では、近年のネット通販市場の急拡大や、それに伴う運送事業者における運送量急増等を背景に、荷主の範囲につきまして、従来の、貨物の所有権を前提とした捉え方にかえて

富田茂之

2018-05-16 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 11号

○富田委員 今の部長のあれだと、今買い取っている電力会社の方で相対契約するという可能性も残っているということでしたけれども、そういう相対契約になった場合は、無償にかなり近いような低価格での取引をせざるを得なくなる世帯が多くなるんじゃないでしょうか。こういうのを放置したら再エネ普及にとって逆風になると思うんですが、そこはどう考えていますか。

富田茂之

2018-05-16 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 11号

○富田委員 公明党の富田茂之です。  午前中最後の質問になりますので、あと二十分おつき合いください。  家庭の太陽光一九年問題について、まずお尋ねしたいというふうに思います。  五月六日付の日本経済新聞が、朝刊一面で次のような報道をされておりました。  家庭の太陽光発電が二〇一九年、試練を迎える。余った電気を高く買ってもらえる十年間の期限が切れ始め、二三年までに百六十万世帯が発電する大量の電力が買い

富田茂之

2018-04-18 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 9号

○富田委員 資源ごとにということですが、特に、先ほど大臣にお尋ねしましたけれども、海底熱水鉱床の重要性についてちょっと確認をしたいというふうに思います。  海底熱水鉱床は、東太平洋海膨の海底拡大軸や西太平洋の島弧―海溝系の背弧海盆等に世界で三百五十カ所程度発見されている海底熱水活動に伴って生成したものであるというふうに言われております。これらは、地下深部に浸透した海水がマグマ等の熱により熱せられ、地殻

富田茂之

2018-04-18 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 9号

○富田委員 ぜひ大臣のリーダーシップで、三十年代後半に向けて商業化ができるように取り組んでいただきたいというふうに思います。  参議院の本会議に行かれて結構です。  次に、海洋エネルギー・鉱物資源開発計画策定の経緯についてちょっと確認をさせていただきたいと思います。  今大臣が言われたように、我が国は世界第六位の排他的経済水域、大陸棚の広さを誇り、近年、これら海域には、石油、天然ガスに加え、メタンハイドレート

富田茂之

2018-04-18 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 9号

○富田委員 公明党の富田茂之でございます。  きょうは一般質疑ということで、海洋基本法、また、それに基づく海洋基本計画、そして特に海底熱水鉱床の開発について、大臣に、この後参議院の本会議があるということで、ちょっと質問の順番を変えまして、海底熱水鉱床についてまずお尋ねをしたいというふうに思います。  二〇〇六年の四月に、超党派の議員や、また海洋関係の各分野の有識者が集まりまして、海洋基本法研究会というのがつくられました

富田茂之

2018-04-11 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 7号

○富田委員 今、局長が言われた革新的データ産業活用計画の認定につきまして、生産性向上特別措置法第二十二条には、次のような手順が規定されております。  まず、革新的データ産業活用を実施しようとする事業者は、その実施しようとする革新的データ産業活用に関する計画を作成し、これを主務大臣に提出して、その認定を受けることができる。  次に、主務大臣は、提出された革新的データ産業活用計画について、必要に応じて革新的事業活動評価委員会

富田茂之

2018-04-11 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 7号

○富田委員 公明党の富田茂之です。  先週の金曜日には、ものづくり補助金、IT補助金等について質問をさせていただきました。きょうはまず、データの利活用に向けた政府の取組の経緯について確認をさせていただきたいというふうに思います。  調査室の皆さんがこの資料をまとめてくださいましたが、この資料によりますと、政府は、コネクテッド・インダストリーズを実現するため、データ関連制度の整備を行い、データの利活用

富田茂之

2018-04-06 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 5号

○富田委員 今ちょっと後ろから、おかしいじゃないかという声がありましたけれども、六月議会でやはり条例で決めていただかなきゃならないので、どうしてもお尻が一応切られているというところを想定してこの委員会でもしっかり議論していただいて、この固定資産税減免措置というのは本当に中小企業の事業者にとっては大いなるバックアップになると思いますので、ぜひ野党の皆様にも御理解いただいて、議論をしっかりしていきたいというふうに

富田茂之

2018-04-06 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 5号

○富田委員 今大臣が御説明いただいたとおりだと思うんですが、固定資産税のこの減免措置につきまして、私は公明党の経済産業部会長の立場で、全国の約三千名の地方議員の皆さんに次のように発信させていただきました。  二月九日、国会に提出された生産性向上特別措置法案において、中小企業の設備投資に対する固定資産税の減免措置が規定されました。本措置では、自治体の自主性に配慮する観点から、特例率をゼロ以上二分の一以下

富田茂之

2018-04-06 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 5号

○富田委員 公明党の富田茂之です。  生産性向上特別措置法案中の中小企業の設備投資に対する固定資産税の減免等の措置について、まず質問をしたいというふうに思います。  お手元に資料を配付させていただきましたが、資料の一をぜひごらんいただきたいというふうに思います。  中小企業の業況は、回復傾向ではありますけれども、労働生産性が伸び悩んでおり、大企業との差も拡大傾向にあるのがこの資料の一でわかるというふうに

富田茂之