運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
124件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2012-08-28 第180回国会 参議院 文教科学委員会 8号

○副大臣(奥村展三君) お答えをいたします。  谷委員におかれましては、世界で谷亮子というだけでもう名が通って、あらゆるスポーツ界でもよく理解をされている方でございますから、私が申し上げるまでもなく、いろんなことで御経験もされておりますので、逆にまた御指導をよろしくお願いしたいと思います。  先ほど橋本委員にもお答えをいたしましたが、私は、ジャパンハウスでいろんなIOCの人にもお出会いしましたし、国会

奥村展三

2012-08-28 第180回国会 参議院 文教科学委員会 8号

○副大臣(奥村展三君) お答えいたします。  橋本議員におかれましては、本当に、今大臣からお話のように、副団長として選手のリーダーシップを取っていただき、すばらしい成果を上げていただきましたことをまずもって感謝申し上げる次第でございます。  マルチサポートセンターにつきましては、大臣もお話しのように、私はあのハウスをつくったことで一体感が出てきたのではないかなというように思います。やはり異国で、スポーツ

奥村展三

2012-08-24 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 8号

○奥村副大臣 今、平野大臣のもとで我々政務三役、いろいろと来年度に向かって基本的な考えを整理しているところでございます。当然、これだけの結果を出してくれたわけでございますから、甘えることなく、やはり適切にしっかりとした基盤をつくるために予算の要求もさせていただきたいと思っておりますので、いろいろまた御指導いただきたいと思います。

奥村展三

2012-08-24 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 8号

○奥村副大臣 ありがとうございます。  馳委員を初め文部科学委員会の先生方の御指導、御協力によって、立派な成績をおさめることができました。  今、三本の柱のことを河野理事長からお話がございましたが、今回、三十八メダルを獲得することができたんですが、その中で三十五が、このターゲットの、マルチサポートセンターでいろいろやってきた、そういうことの結果として出てまいりました。  やはり、おっしゃったとおり、

奥村展三

2012-08-24 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 8号

○奥村副大臣 ロンドン・オリンピックにつきましては今大臣からお答えをされたとおりでございますが、下村議員におきましては、両院の決議、そしてまた閣議決定等々、東京二〇二〇の招致につきまして、いろいろと御指導、御支援を賜ってきたことに厚く御礼を申し上げる次第でございます。  ただ、御指摘のとおり、四七%でございますし、そして、日本人の性格といいますか、まあまあというのが三〇%のようです。これを合わせますと

奥村展三

2012-07-25 第180回国会 衆議院 経済産業委員会 10号

○奥村副大臣 宮城県、そしてまた、今日までも他の方からもいろいろなお話をお聞きいたしておりますので、今御指摘いただいたような問題等も踏まえて、御意向等も、我々の思いも伝えていきたいというように思っているところでございます。

奥村展三

2012-07-25 第180回国会 衆議院 経済産業委員会 10号

○奥村副大臣 お答えいたします。  秋葉委員におかれましては、賠償等いろいろと御指導いただいておりますことを厚く御礼申し上げます。  確かに、今お話しのように、中間指針の中には宮城県は入っておりませんでした。各省庁といろいろな連携をとりながら進めてきたわけでございますけれども、そのような結果になっております。  しかしながら、今お話がございましたように、具体的に個別の問題については、我々の担当とする

奥村展三

2012-06-20 第180回国会 参議院 内閣委員会 12号

○副大臣(奥村展三君) ありがとうございます。御指導いただきました。  先ほどの外務省の件もそうでございますが、我々としては精いっぱい、あの当時外務省から、アメリカからいただいたものですから、すぐ外務省に連携を取ってやったようでございますが、それがうまく機能していなかったということは大きな反省をしなければならないと思っております。  SPEEDIの件につきましては、今年の二月、五月にもいろんな、特に

奥村展三

2012-06-20 第180回国会 参議院 内閣委員会 12号

○副大臣(奥村展三君) 時代の変遷によりましていろいろと変わってもきておりますので、その閣議決定されました白書でございますが、強くたくましい社会の構築に向けて、特にその中では主に東日本の大震災の反省、そしてまた今後のとらまえについて、その教訓をしっかり踏まえたことになってもおります。  そうした流れの中で、特に震災によるいろんなああしたことを、科学技術面からもいろいろ課題をしっかりと教訓にして明らかにしていかなければならないということも

奥村展三

2012-06-20 第180回国会 参議院 内閣委員会 12号

○副大臣(奥村展三君) 一部勘違いしていたかも分かりませんが、今、有村委員から御質問いただきました。  これ、二十一年に総理の下で宇宙基本計画が策定をなされて、スタートしているわけでございます。安全保障の強化が今後の我が国の宇宙開発利用に関する基本的な方向性の一つだと思っているところでございます。  具体的には、情報収集等が拡充され、強化が課題として挙げられておるわけでございますが、JAXA、これは

奥村展三

2012-06-20 第180回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○奥村副大臣 お答えをいたします。  確かに、そういう面では、今御指摘をいただいたように、指針の中に曖昧なといいますか、理解ができないところもあったと思います。しかし、従来の農林作物につきましても一定の範囲内の損害がしっかり明記をされてもおりますので、その点につきましては、今日までの中間指針の中で賠償されるものだというような指導も我々もしてきたところでございます。その点は、今御指摘いただいたように、

奥村展三

2012-06-20 第180回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○奥村副大臣 お答えいたします。  委員先ほど御指摘をいただきましたように、しっかりデータをとるように進めていきたいと思います。  そして、今の件の答弁でございますが、これにも関連するわけでございますが、現在、御承知のとおり、郡山と新橋にADRのセンターがあるわけでございますが、七月一日付で、実は福島県の方も四カ所増設をさせていただきます。そして、新橋の方も、ちょっと手狭になっておりますので、そちらの

奥村展三

2012-06-20 第180回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○奥村副大臣 お答えをいたします。  昨日現在でございますが、件数としては二千七百九十九件でございます。そして、和解成立は、今申し上げました昨日までですが、二百二十八件でございます。そして、全部和解できたのが百九十六件、一部和解というのが二十三件、仮払い和解というのが九件でございます。  今委員からのお尋ねでございますが、大変申しわけございませんが、この和解の仲介処理に当たっておりまして、農業関係の

奥村展三

2012-06-19 第180回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

○副大臣(奥村展三君) お答えいたします。  今お話しのように、昨年の十二月一日に御質問いただきまして、専門的な分野からいろいろ御指導も賜り、御意見も賜りながら御質問いただいたわけでございますが、この法律は昭和三十三年にスタートいたしまして、この間、今日まで四回の見直しをしているわけですが、今仰せのとおり、そういう疾患の問題につきましては正直申し上げてできていなかったというのは事実でございます。  

奥村展三

2012-06-15 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 6号

○奥村副大臣 ありがとうございます。  石井委員初め委員の皆様方には、見学もいただいたようでございますし、また、御関心を持っていただいてありがとうございます。  実は、大体二月、三月ごろになりますと、ちょっと船を休めるところがあるんです。それを研修期間としていろいろ進めておるんですが、たまたま二十三年度はスリランカの方に、今おっしゃったとおり、約三十四億円の、アルバイトといえばあれかもわかりませんが

奥村展三

2012-06-14 第180回国会 衆議院 内閣委員会 9号

○奥村副大臣 ことしの予算もそういう思いをしながら進めてきたわけでございますが、戦略的には、先ほど申し上げたように、やはり文部科学省としては、人材の育成、そして技術開発、その基盤強化をしっかりしていきたいというように思って、先ほどお答えしたことと同じでございますが、そういう方向でしっかり進めていきたいというように思っております。

奥村展三

2012-06-14 第180回国会 衆議院 内閣委員会 9号

○奥村副大臣 お答えいたします。  ただいま古川大臣の方からお話がありましたように、内閣府を中心に、見積もり等をしっかり我々も見聞させていただいて、それによって、本来文部科学省がやっていくべき技術開発、技術の基盤強化をしながら、人材育成を進めてまいりたいというように思っているところでございます。

奥村展三

2012-06-14 第180回国会 衆議院 内閣委員会 9号

○奥村副大臣 お答えいたします。  河村委員におかれましては、文部科学行政の大ベテラン、大先輩でございますので、今さら私が申し上げることもないわけでございますが、確かに、今おっしゃったとおり、今後の宇宙開発利用、いろいろなことを考えますと、内閣府等に移管ということも一つの考え方であるかもわかりませんが、御案内のとおり、漁業、あるいは防災、教育、そしてまた道路行政等々いろいろな分野で、委託費等で、文科省

奥村展三

2012-04-18 第180回国会 衆議院 農林水産委員会 5号

○奥村副大臣 お答えいたします。  今御指摘のとおり、イサダの問題につきましては対象外になっております。ですから、中間指針の中で見直しも、いろいろ今日までやってまいりましたが、二十一回、会合を開きました。  そして、その中でいろいろやってきたんですが、今申し上げましたとおり、指針の中には入っておりません。しかし、先ほど筒井副大臣が御答弁されましたように、因果関係等によりましては損害賠償の対象になるということも

奥村展三

2012-04-18 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 3号

○奥村副大臣 仰せのとおり、やはり基本的な安全を確保するということは当然でございます。  ですから、時間をかけてやっていかなければなりませんが、一応、三年間、モデル校をつくりまして進めてまいりました。そしてまた、そのことによりまして、いろいろアンケートもとりまして進めてきました。大体約七割の学校等がいろいろな研修に理解もし、派遣もし、そしてそれを実践に結びつけていくというようにしております。  ただ

奥村展三

2012-04-18 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 3号

○奥村副大臣 お答えをいたします。  この経過等につきましては、もう委員が副大臣等をしておられたときの流れでございますので、私以上に御存じだと思っておるんです。  御案内のとおり、平成十八年の十二月の教育基本法改正によりまして、教育の目標として伝統と文化を尊重することが想定されて、そして平成二十年の一月、中央教育審議会におきまして、武道の学習を通じて我が国固有の伝統と文化をより一層深めていくということで

奥村展三

2012-04-18 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 3号

○奥村副大臣 専門的な分野からいろいろ御指摘もいただき、御提言もいただき、ありがとうございます。  まず、やはり児童生徒の安全というものは最重点にしていかなければならないというように思います。そうした流れの中で、スポーツ医科学を活用した取り組みをしっかり進めていきたいというように思っているところでございます。  特に、今、川口委員からお話しのように、マウスガードの件でございますが、昨年、いろいろと委員

奥村展三

2012-04-04 第180回国会 参議院 予算委員会 18号

○副大臣(奥村展三君) 党内議論をいろいろ踏まえましてお聞きをし、そしてまた、今後の後世にいろいろとツケを回すということに相ならないということも考えまして、そういう段階において決断をいたしました。

奥村展三

2012-03-28 第180回国会 参議院 文教科学委員会 4号

○副大臣(奥村展三君) 御指摘のように、一年がたちました東日本大震災、今もまた余震が続いているところでございます。  地震調査研究推進本部におきましては、地震の現象あるいはその解明にしっかりと研究をいたしているところでございますが、特にその成果を防災あるいは防災・減災対策に結び付ける等、総合的にいろいろと推進をいたしているところでございます。今お話しのように、特に海溝型の地震そして津波予測の、こうしたものを

奥村展三

2012-03-28 第180回国会 参議院 文教科学委員会 4号

○副大臣(奥村展三君) 水落議員には政務官時代からいろいろと科学技術につきまして御指導いただいております。お礼を申し上げたいと思います。  今おっしゃいましたように、世界の中で第六位という排他的経済水域の中での位置を占めているわけでございます。それだけに、現在話題になっておりますレアメタルのこともございますし、そういうものをしっかりと探査していかなければならないというように思っているところでございます

奥村展三

2012-03-28 第180回国会 参議院 文教科学委員会 4号

○副大臣(奥村展三君) 鈴木委員におかれましては、先ほど来お話がございますように、副大臣としていろいろ科学技術の基本となる政策等を進めてきていただいたわけでございますが、それを踏まえまして、我々も現在推し進めているところでございます。特に、国際的な競争を通じて、そして東日本のああした震災もございましたので、しっかりとしたベースをつくっていきたいというように思っております。  やはり、今のお話のように

奥村展三

2012-03-22 第180回国会 参議院 文教科学委員会 3号

○副大臣(奥村展三君) ありがとうございます。いい御指摘をいただきました。  特に、学校の場合は学校医の先生方、それぞれおられるわけでございますが、それと地域の医療機関との連携ですね、そういうようにしっかりとした連携が取れるようにしてまいりたいと思っております。そして、それぞれの学校、全ての学校におきましてマニフェストをしっかり作って、マニュアルだとかいろんなものを作って、そして医療機関との連携をもしも

奥村展三

2012-03-22 第180回国会 参議院 文教科学委員会 3号

○副大臣(奥村展三君) ありがとうございます。山本先生、御指摘いただいたとおりでございます。平野大臣も関係団体に、警察だとかあるいは柔道連盟だとか、そこにお出向きいただきまして、御協力要請をしていただいたところでございます。  特に、先日も陳情の中にあったんですが、市町村におきましては、全然柔道をした方が地域におられないとか、あるいは剣道の指導者もおられないとか、そういう中学校区があると。そういうところはどうしたらいいんだというふうなお

奥村展三

2012-03-22 第180回国会 参議院 文教科学委員会 3号

○副大臣(奥村展三君) 山本先生、どうもありがとうございます。  御案内のとおり、平成二十年に指導要領の改訂に伴いまして三年間いろいろとこの基礎をつくり上げて、いよいよ新年度からスタートさせていただきます。  今お話しのように、非常に保護者の方々も御心配をなされまして、私どもも、文科省といたしましてもいろんな分野からお聞かせをいただいております。先日も、被害を受けられました保護者の皆さん方がお寄りになりまして

奥村展三

2012-03-22 第180回国会 参議院 厚生労働委員会 3号

○副大臣(奥村展三君) 御指摘いただきましたように、もう全国の千八百自治体におきましてその実施をさせていただきたい、二十四年度でその計上をさせていただいているところでございますが、特に、今申し上げましたように、福島の方におきましても、やはり食前の食物を保管していただいて、そしてミキサーに掛けて、そして毎日検査をしていただいておりますし、委員も御承知のとおり、横須賀市のように自分のところ単独でおやりをいただいているところもございます

奥村展三

2012-03-22 第180回国会 参議院 厚生労働委員会 3号

○副大臣(奥村展三君) 御指摘のように機種が間に合わないということもございまして、今突貫でその機器を製造していただいているところでございます。  しかし、特に福島におきましては、従来、二百六十か所独自で、福島県は福島県独自でおやりをいただいておりますので、二百六十か所ぐらいの機器を入れていただいて実施をしていただいております、現在。岩手そしてまた宮城におきましても、それぞれ優先的にその機器を設置をいただくようにしておるところでございます

奥村展三

2012-03-22 第180回国会 参議院 厚生労働委員会 3号

○副大臣(奥村展三君) 御質問いただきました学校給食の件でございますが、出荷段階の検査では当然行われているわけでございますけれども、昨年の第三次補正によりまして十七都県に対しまして検査機器の購入の補助を措置したところでございます。そうした流れの中で、この二十四年度に予算に計上させていただいておりますのは、全国一斉に都道府県に検査をできるようにお願いをしているところでございます。

奥村展三

2012-03-16 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 2号

○奥村副大臣 先ほど、室井委員は兵庫県でございますから、阪神・淡路大震災の御経験のお話をされました。私も滋賀県ですから、同じ近畿で、あのとき、ちょうどもう十七年になりますが、思い出しておりました。やはり、震災というものの恐ろしさというのをひしひしと感じたわけでございます。  特に、今、東日本の震災の復興構想の中のお話をいただいたわけでございますが、たび重ねて、東日本の関係の、特に福島、宮城、そして岩手

奥村展三

2012-03-16 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 2号

○奥村副大臣 ありがとうございます。  今お話しのように、昨年の発災直後にもそうした御意見をいただき、また御質問を賜ったわけでございます。今、それぞれ数字もお述べをいただきました。  特に、文部科学省といたしましては、その後、御指摘もいただいた関係もございまして、地震の調査研究、これにつきましては、地震対策特別措置法に基づきまして設置をされました地震調査研究推進本部、これは、文部科学大臣が本部長となって

奥村展三

2012-03-13 第180回国会 参議院 予算委員会 7号

○副大臣(奥村展三君) お答えをいたします。  御案内のとおり、これは平成十三年からスタートをいたしました。当初は六百四十三億円売上げがあったわけでございます。私も当初この議員立法にかかわった一人として、いろんなコンサルや金融機関等は、当時は二千億売上げができるというような桁違いのことも予想されておったわけでございますが、実際にスタートしたときは、今申し上げた六百四十三億円でございます。そして、十八年

奥村展三

2012-03-13 第180回国会 参議院 予算委員会 7号

○副大臣(奥村展三君) 友近議員におかれましては、Jリーガーとして、スポーツの振興に、そしてその経験を生かされて昨年のスポーツ基本法につきましても大変な御尽力をいただきました。この場をお借りいたしまして厚く御礼を申し上げる次第でございます。  ただいま御質問いただきました国立競技場の有識者会議でございますが、三月六日に行われました。十四名の皆様方から構成をされまして、これはスポーツ振興センターの主催

奥村展三

2012-03-02 第180回国会 衆議院 文部科学委員会 1号

○奥村副大臣 それでは、平成二十四年度文部科学省関係予算につきまして、その概要を御説明申し上げます。  文部科学省関係予算は、一般会計五兆四千百二十八億円、東日本大震災復興特別会計二千二百四十九億円、エネルギー対策特別会計一千二百四十五億円となっております。  まず、初等中等教育の充実を図るため、小学校二年生の三十五人以下学級の推進や特別支援教育、小学校専科指導の充実、被災した児童生徒に対する学習支援等

奥村展三

2012-02-29 第180回国会 参議院 議院運営委員会 6号

○副大臣(奥村展三君) 宇宙開発委員会委員野本陽代君は平成二十三年十月六日をもって辞任されたため、野本委員の後任として青木節子君を任命いたしたいので、文部科学省設置法第十一条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いをいたします。

奥村展三

2011-12-05 第179回国会 参議院 行政監視委員会 1号

○副大臣(奥村展三君) 委員の地元、特に伊東市、伊豆市におきまして、もう既に今お話をいただきましたとおり、暫定規制数値を超えた干しシイタケが出回っているということもありまして、県の方といたしましても自粛要請をいただきました。  文科省といたしましては、先ほどおっしゃいましたとおり、中間指針に基づきましていろいろ検討して損害等のことを議論をしてまいりましたが、当然これは補償の対象になるという見解を持っているところでございます

奥村展三