運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
13件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

○奈須野政府参考人 お答えします。  ものづくり補助金は、中小企業、小規模事業者の生産性向上を実現するため、設備投資を支援する施策でございまして、平成二十四年度から毎年の補正予算で措置して、これまで延べ六万者以上を支援してきております。  予算事業というものは翌年の三月末までに終了する必要があるため、御指摘のとおり、平成二十九年度補正事業では、事業者の事業完了期限企業データ活用型と一般型は平成三十年十二月二十八日

奈須野太

2019-05-28 第198回国会 参議院 経済産業委員会 11号

政府参考人(奈須野太君) お答えします。  御指摘のとおり、自然災害発生直後の対応の円滑化や対応ノウハウの共有化のために、災害発生後に必要となる取組、集約すべき情報、そのルート、こういったことについては一定の共通化を図っていくことが必要というふうに認識しております。  このため、今回の法案では、商工会商工会議所市町村が連携して事前事後の防災減災に取り組む事業継続力強化支援計画、これを都道府県

奈須野太

2019-05-28 第198回国会 参議院 経済産業委員会 11号

政府参考人(奈須野太君) お答えします。  都道府県は、商工会商工会議所が実施している経営改善普及事業について、毎年度、巡回指導件数、窓口指導件数、金融のあっせん支援件数などを報告させていると承知しております。この紙でいうと上の欄ですね。  また、国は、経営発達支援計画の認定を受けた商工会商工会議所に対して、毎年度、経営分析や事業計画策定、粗利増加事業者数の報告を求めておりまして、委員御指摘のとおり

奈須野太

2019-05-28 第198回国会 参議院 経済産業委員会 11号

政府参考人(奈須野太君) お答えします。  近年、商工会商工会議所の経営指導員の経営指導の内容が多様化する中で、経営指導員の数は減少しておりまして、人手不足は重要な課題であるというふうに認識しております。  委員御指摘のとおり、経営指導員の設置基準都道府県補助金交付要綱などで定められているところでございまして、国としては各県の実態を把握すべく調査を行ってまいりました。  これによりますと、現在

奈須野太

2019-05-17 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 12号

○奈須野政府参考人 お答え申し上げます。  今お話がありましたとおり、日本の開業率が国際的に低い主な要因としては、欧米に比べて創業に無関心な者の割合が著しく高いということにあると考えております。国際的なアンケート調査においても、創業無関心者の割合が我が国は約八割もあるということで、欧米諸国の約二割から四割という数字と比較しますと非常に高い結果となっております。  他方、日本は、創業希望者が実際に創業

奈須野太

2019-04-24 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 3号

政府参考人(奈須野太君) お答えします。  西日本グループ補助金の現在までの交付決定件数及び金額は、岡山県広島県愛媛県の三県合計で七百十二件、約七十四億円となっております。グループ補助金の事業の運用は執行主体である各県の裁量に委ねられておりますが、私どもとしても、被災中小企業・小規模事業者や団体などから本事業実施に関する様々な要望を伺っており、各県と相談し、改善策を講じております。  具体的には

奈須野太

2019-04-24 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 3号

政府参考人(奈須野太君) お答えします。  熊本向けグループ補助金としては、平成三十年度補正予算を含めてこれまで千百五十億円を措置いたしまして、五百十九のグループに対して国費で九百三十六億円の支援を実施しています。そのうち平成三十年度補正予算で措置した百二十億円については、益城町や南阿蘇村を始め、御指摘の区画整理交通インフラの復旧の遅れなど他律的な要因によってこれまで補助金の交付申請が困難であった

奈須野太

2019-04-10 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

政府参考人(奈須野太君) お答えします。  御指摘の仮設施設有効活用等助成事業でございますが、中小機構の中期計画や予算等の財源の関係からその終期を二〇一八年度末としておりましたが、今般、復興・創生期間期限に合わせて二〇二〇年度末まで延長しております。ただ、これは同事業に基づきまして仮設店舗を移設、撤去をするときの助成の期限でございまして、仮設店舗自身の撤去期限あるいはテナントの退去期限というものを

奈須野太

2019-03-19 第198回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会 2号

政府参考人(奈須野太君) お答えします。  御指摘のとおり、コンビニエンスストアの本部が加盟希望者との間でフランチャイズ契約締結しようとする場合には、中小小売商業振興法により、本部は加盟希望者に対して商品の販売条件、加盟店料、それから店舗の営業時間や休業日等の全二十二項目の契約内容に関する書面交付や事前説明を行うことが義務付けられております。  その後の取引において、御指摘のような契約内容やその

奈須野太

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

○奈須野政府参考人 お答えします。  働き方改革を実現するには、中小企業、小規模事業者の生産性の向上や取引条件の改善により、働き方改革に伴う負担を軽減するということとともに、働き方改革の内容を全国津々浦々の中小企業、小規模事業者にまで浸透させることが極めて重要でございます。  中小企業庁としては、厚生労働省と連携して、中小企業団体を始めとするさまざまな機関を通じて、関係支援策や相談窓口を取りまとめた

奈須野太

2019-02-22 第198回国会 衆議院 内閣委員会 2号

○奈須野政府参考人 済みません、ちょっと私ども十分な調査ができておらず、どういった要因があるかについてはつまびらかにしませんが、一般的に申し上げると、きちんと売上げが上がっていて、売上げによって収益が向上していく、そういう基本というところが重要なところではないかというふうに考えております。

奈須野太

2019-02-22 第198回国会 衆議院 内閣委員会 2号

○奈須野政府参考人 お答えいたします。  御指摘のとおり、中小企業が従業員の賃金を引き上げて成長と分配の好循環につなげていくことは極めて重要で、こういったことも中小企業政策目的の一つであります。  中小企業政策では、こうした点も踏まえまして、中小企業のさらなる賃上げのための環境整備として、中小企業の生産性向上と、その原資がきちんと中小企業の中で還元されるように、取引環境の改善を進めているというところでございます

奈須野太

2018-12-06 第197回国会 衆議院 災害対策特別委員会 3号

○奈須野政府参考人 お答えします。  大規模災害時に中小企業の工場などの施設設備の復旧を支援するグループ補助金については、施設設備の損壊などの物理的な被害が広範囲であること、それから日本全体のサプライチェーンに影響を与えること、こういった条件がございまして、今回の北海道胆振東部地震は対象にはなっておりません。  一方では、経済産業省では、被災事業者が予見性と希望を持って前向きに事業を行えるよう、被害

奈須野太

2018-11-28 第197回国会 衆議院 経済産業委員会 2号

○奈須野政府参考人 お答えします。  本事業では、幅広い事業者の申請をサポートするため、各都道府県単位で相談窓口を設置しているほか、公募時期には、書類作成の助言や個別の問合せの対応を行う説明会を全国延べ二百五十五カ所で開催しております。  さらに、補助金の申請に際しては、信用金庫などの金融機関それから商工団体などの認定経営革新等支援機関、こういった方々が申請書類の内容や事業計画の実効性について確認して

奈須野太

2018-11-28 第197回国会 衆議院 経済産業委員会 2号

○奈須野政府参考人 お答えします。  ものづくり補助金平成二十九年度補正予算事業は、一般型、小規模型それから企業データ活用型の三類型を設けております。  まず、一般型については、一万六千五百八十五者の申請があって、そのうち九千百八十二者を採択しております。また、小規模型については、六千七百十九者の申請があって、うち二千六百六十五者を採択しております。そして、企業データ活用型については、三百二十六者

奈須野太

2018-11-27 第197回国会 参議院 農林水産委員会 3号

政府参考人(奈須野太君) お答えします。  大規模災害時に中小企業の工場などの施設設備の復旧を支援するグループ補助金、こちらは、これまで東日本大震災熊本地震、それから平成三十年七月豪雨で措置しております。これは、これらの災害において施設設備の損壊などの物理的な被害が広範囲かつ甚大であったこと、それから、サプライチェーンが毀損するということで我が国経済が停滞する事態が生じたということを踏まえ特別に

奈須野太

2018-11-15 第197回国会 衆議院 総務委員会 2号

○奈須野政府参考人 お答えします。  平成三十年七月豪雨により被災した中小企業施設設備の復旧を支援するグループ補助金につきましては、八月の予備費で措置した四百一億円に加え、今月成立した補正予算において三百十四億円を追加的に措置しております。  被災した事業者の方々はさまざまな課題を抱えておって、復旧復興に時間を要する場合があるということも承知しております。執行に際しましては、東日本大震災、それから

奈須野太

  • 1