運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
64件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-18 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

政府参考人(天羽隆君) お答え申し上げます。  委員御指摘の麦に係るゲタ対策についてでございます。  平成三十年産までは、委員御指摘のとおり、産地で設定がない品種、県で登録されている品種以外の品種につきましては、先生の御提出資料のAからDランクのうちDランクの交付単価を適用してきたところでございます。  しかしながら、近年、各産地で新しい品種への取組も見られることも踏まえまして、令和元年産の小麦から

天羽隆

2020-03-10 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

政府参考人(天羽隆君) 収穫後、保管をしていたお米が浸水した被害への対策について御質問をいただきました。  昨年十一月の対策パッケージのまずは周知の方法でございます。各地域のJAや市町村の役場から例えば回覧板を回していただくなどして周知、広報を図っております。また、農政局ごとに、県ごとに地方参事官がおりますけれども、説明会を開催しております。また、市町村や農政局と合同での説明会も開催をしておりまして

天羽隆

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  戦略作物の中で飼料用米につきましては、令和元年産七・三万ヘクタールということで、対前年実績との比較において〇・七万ヘクタールの減ということでございます。  その他、備蓄米につきましては、二・二万ヘクタールが三・三万ヘクタールということで、一・一万ヘクタール増ということになっております。  これらにつきましては、地域の水田協議会などで、その年の作付をどうしようかという

天羽隆

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  委員御指摘のとおり、まずは営農再開に向けての取組に農林省として全力を尽くしておるところでございますが、水田の復旧が間に合わず、水稲の作付が困難な場合にありましては、委員御指摘の大豆、それからソバなど、水稲以外の作物を作付けることにより、水田活用の直接支払交付金等による支援が可能でございます。  農林水産省といたしましては、地方農政局等とも連携いたしまして、被災地域

天羽隆

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  今般の災害に対しましては、生活・生業支援パッケージということで取りまとめまして、農林省として公表しますとともに、各地で説明会を実施しておるところでございます。  今後も引き続きしっかり説明をしていって、生産者の方、地域の方への御理解を求めていきたいというふうに考えております。

天羽隆

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  今般の災害に対しましては、生活・生業支援パッケージということで取りまとめまして、農林省として公表しますとともに、各地で説明会を実施しておるところでございます。  今後も引き続きしっかり説明をしていって、生産者の方、地域の方への御理解を求めていきたいというふうに考えております。

天羽隆

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 7号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  先ほど御説明させていただきましたとおり、農産物規格・検査に関する懇談会におきましては、三月に、中間論点整理ということで、いわば両論併記の形で整理をさせていただいたということでございます。  その後、本年の五月には、先ほど、冒頭、先生からもありましたけれども、新しい器械の導入という観点から、穀粒判別器に関する検討チームを開催いたしまして、検査員の目視にかえて穀粒判別器

天羽隆

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 7号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  一等米と二等米の価格差についての御質問をいただきました。  一般論で申し上げますと、着色粒や精米時の破砕しやすさなどいわゆる整粒歩留りだけではなく、食味への影響、消費者からのクレーム等のリスクなど、さまざまな要素が反映されて、この一等米と二等米の価格差が形成されていると考えられます。  また、その価格差の水準につきましても、取引時のお米の需給状況のほか、産地

天羽隆

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 7号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  農産物検査規格でございます。お米などの大量流通また転々流通する農作物につきまして、その都度現物を確認することなく効率的な取引を可能とするために、国が生産者、流通業者等、関係者の意見を聞いて定めているものでございます。  このため、農産物規格、検査の見直しにつきましては、さまざまな立場の方からの御意見を踏まえて検討を進める必要があるというふうに考えておりまして

天羽隆

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  先ほど御説明させていただきましたとおり、農産物規格・検査に関する懇談会におきましては、三月に、中間論点整理ということで、いわば両論併記の形で整理をさせていただいたということでございます。  その後、本年の五月には、先ほど、冒頭、先生からもありましたけれども、新しい器械の導入という観点から、穀粒判別器に関する検討チームを開催いたしまして、検査員の目視にかえて穀粒判別器

天羽隆

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  一等米と二等米の価格差についての御質問をいただきました。  一般論で申し上げますと、着色粒や精米時の破砕しやすさなどいわゆる整粒歩留りだけではなく、食味への影響、消費者からのクレーム等のリスクなど、さまざまな要素が反映されて、この一等米と二等米の価格差が形成されていると考えられます。  また、その価格差の水準につきましても、取引時のお米の需給状況のほか、産地

天羽隆

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  農産物検査規格でございます。お米などの大量流通また転々流通する農作物につきまして、その都度現物を確認することなく効率的な取引を可能とするために、国が生産者、流通業者等、関係者の意見を聞いて定めているものでございます。  このため、農産物規格、検査の見直しにつきましては、さまざまな立場の方からの御意見を踏まえて検討を進める必要があるというふうに考えておりまして

天羽隆

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 2号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  これまで、災害ごみや土砂の撤去につきまして、強い農業・担い手づくり総合支援交付金、これは国、地方公共団体合わせて補助率は十分の六以上ということでございます。また、災害復旧事業、これは、激甚災害指定による国庫補助率の近年実績は農地で九六%などをそれぞれ実施してきたところでございます。  さらに、先生御指摘のとおり、今般の稲わらの堆積に対応するため、環境省と連携

天羽隆

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 2号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  収穫後に農家の倉庫などで保管されていたお米、もみ、玄米の浸水被害につきましては、任意共済の特約、さらには民間の保険で対応することが基本ではございます。が、被災した方々の声、先生方の御指摘も踏まえながら、保管中のお米が被害に遭った農家の営農再開に向けてどのような支援が可能か、現在、省内、政府内で検討している最中でございます。  なお、収入保険加入している方につきましては

天羽隆

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 2号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  被災した稲わらなどの処理の問題について御質問をいただきました。  この問題につきましては、農水省環境省とが連携をとりまして、圃場から廃棄物処理まで切れ目のない支援スキームを構築したところでございます。  現在、このスキームの周知を図っておるところでございまして、しっかりと現場で稼働させるべく、各県、各市町村環境部局と農林部局、またJA等の関係団体との連携

天羽隆

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  これまで、災害ごみや土砂の撤去につきまして、強い農業・担い手づくり総合支援交付金、これは国、地方公共団体合わせて補助率は十分の六以上ということでございます。また、災害復旧事業、これは、激甚災害指定による国庫補助率の近年実績は農地で九六%などをそれぞれ実施してきたところでございます。  さらに、先生御指摘のとおり、今般の稲わらの堆積に対応するため、環境省と連携

天羽隆

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  収穫後に農家の倉庫などで保管されていたお米、もみ、玄米の浸水被害につきましては、任意共済の特約、さらには民間の保険で対応することが基本ではございます。が、被災した方々の声、先生方の御指摘も踏まえながら、保管中のお米が被害に遭った農家の営農再開に向けてどのような支援が可能か、現在、省内、政府内で検討している最中でございます。  なお、収入保険加入している方につきましては

天羽隆

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  被災した稲わらなどの処理の問題について御質問をいただきました。  この問題につきましては、農水省環境省とが連携をとりまして、圃場から廃棄物処理まで切れ目のない支援スキームを構築したところでございます。  現在、このスキームの周知を図っておるところでございまして、しっかりと現場で稼働させるべく、各県、各市町村環境部局と農林部局、またJA等の関係団体との連携

天羽隆

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

政府参考人(天羽隆君) 稲、麦、大豆の種子について御質問をいただきました。  稲、麦、大豆の種子につきましては、戦後食糧増産という国家的要請を背景に、全都道府県に一律に種子の生産、供給義務付けてまいったわけでございますが、お米の供給不足の解消、それから消費者ニーズの変化などを踏まえまして、法律により都道府県に対する一律の義務付けという枠組みは廃止をしたところでございます。  こうした中で、都道府県

天羽隆

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第15号

政府参考人(天羽隆君) 稲、麦、大豆の種子について御質問をいただきました。  稲、麦、大豆の種子につきましては、戦後食糧増産という国家的要請を背景に、全都道府県に一律に種子の生産、供給義務付けてまいったわけでございますが、お米の供給不足の解消、それから消費者ニーズの変化などを踏まえまして、法律により都道府県に対する一律の義務付けという枠組みは廃止をしたところでございます。  こうした中で、都道府県

天羽隆

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  委員御指摘の戸別所補償でございます。  お米につきましては、十分な国境措置がある中で交付金を交付するということにつきまして、他の農産物の生産者や他産業、納税者の理解を得がたいなどの課題があるということでございまして、平成三十年産からお米の直接支払交付金は廃止をしているところでございます。  一方、棚田を含む中山間地域における所得の向上を図っていくため、日本型直接支払

天羽隆

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  委員御指摘の戸別所補償でございます。  お米につきましては、十分な国境措置がある中で交付金を交付するということにつきまして、他の農産物の生産者や他産業、納税者の理解を得がたいなどの課題があるということでございまして、平成三十年産からお米の直接支払交付金は廃止をしているところでございます。  一方、棚田を含む中山間地域における所得の向上を図っていくため、日本型直接支払

天羽隆

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

○天羽政府参考人 ビートの生産振興について御質問をいただきました。  先生御指摘のとおりでございまして、てん菜は、苗づくりや植付け、収穫などにおきまして、畑作四品目の中で労働時間が長いなどのことによりまして、近年、作付が敬遠されて、作付面積が減少傾向にあるというふうに認識をしております。  他方、技術の向上などで単収なり糖度は上がってきておりまして、産糖量で見ますと、昨年、一昨年と六十万トンを超える

天羽隆

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  小麦につきましては、畑作地帯にあっては輪作における基幹作物として、また、水田地帯にあっては水田を有効に活用できる作物として、食料自給率の向上を図る上で重要な作物でございます。  このため、農林水産省におきましては、小麦について、経営所得安定対策等を通じて生産農家の経営の安定を図りますとともに、収量性、加工適性にすぐれた新品種、省力作業機械の導入支援等により、

天羽隆

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号

○天羽政府参考人 ビートの生産振興について御質問をいただきました。  先生御指摘のとおりでございまして、てん菜は、苗づくりや植付け、収穫などにおきまして、畑作四品目の中で労働時間が長いなどのことによりまして、近年、作付が敬遠されて、作付面積が減少傾向にあるというふうに認識をしております。  他方、技術の向上などで単収なり糖度は上がってきておりまして、産糖量で見ますと、昨年、一昨年と六十万トンを超える

天羽隆

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  小麦につきましては、畑作地帯にあっては輪作における基幹作物として、また、水田地帯にあっては水田を有効に活用できる作物として、食料自給率の向上を図る上で重要な作物でございます。  このため、農林水産省におきましては、小麦について、経営所得安定対策等を通じて生産農家の経営の安定を図りますとともに、収量性、加工適性にすぐれた新品種、省力作業機械の導入支援等により、

天羽隆

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○天羽政府参考人 この懇談会でございますけれども、先ほど申し上げたとおり、農産物規格、検査につきまして、農産物流通の変化、技術の進展なども考慮をしつつ、流通の合理化等の観点から課題を整理して、見直しの方向性の検討を行うということをやろうということで、私の主宰のもと開催したところでございます。  この後、例えば、農産物検査の規格を設定、変更、又は廃止しようとする場合には、農産物検査法に基づきまして、

天羽隆

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  ただいま先生が御指摘の資料の1、農産物規格・検査に関する懇談会における中間論点整理の左側、主な論点等というのがございます。これは、例えばということで申し上げますと、この(3)にあります着色粒の基準のところでございますが、一つ目の丸にございますとおり、生産者及び集荷業者、大型乾燥調製施設の約五割が着色粒の基準は現状のままでよいとの意見である一方、生産者の約三割

天羽隆

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  農産物規格・検査に関する懇談会でございます。これは、農業競争力強化支援法などにおきまして、「農産物流通等に係る規格について、農産物流通等の現状及び消費者の需要に即応して、農産物の公正かつ円滑な取引に資するため、国が定めた当該規格の見直しを行う」と規定されていることを踏まえまして、農産物規格、検査につきましては、農産物流通の変化や技術の進展等を考慮しつつ、流通

天羽隆

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○天羽政府参考人 この懇談会でございますけれども、先ほど申し上げたとおり、農産物規格、検査につきまして、農産物流通の変化、技術の進展なども考慮をしつつ、流通の合理化等の観点から課題を整理して、見直しの方向性の検討を行うということをやろうということで、私の主宰のもと開催したところでございます。  この後、例えば、農産物検査の規格を設定、変更、又は廃止しようとする場合には、農産物検査法に基づきまして、

天羽隆

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  ただいま先生が御指摘の資料の1、農産物規格・検査に関する懇談会における中間論点整理の左側、主な論点等というのがございます。これは、例えばということで申し上げますと、この(3)にあります着色粒の基準のところでございますが、一つ目の丸にございますとおり、生産者及び集荷業者、大型乾燥調製施設の約五割が着色粒の基準は現状のままでよいとの意見である一方、生産者の約三割

天羽隆

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  農産物規格・検査に関する懇談会でございます。これは、農業競争力強化支援法などにおきまして、「農産物流通等に係る規格について、農産物流通等の現状及び消費者の需要に即応して、農産物の公正かつ円滑な取引に資するため、国が定めた当該規格の見直しを行う」と規定されていることを踏まえまして、農産物規格、検査につきましては、農産物流通の変化や技術の進展等を考慮しつつ、流通

天羽隆

2019-05-16 第198回国会 参議院 農林水産委員会 10号

政府参考人(天羽隆君) 生産コストの引下げについて御質問をいただきました。  先生御指摘のとおり、平成二十五年六月の日本再興戦略、これはそのまんまの目標が平成三十年十一月の農林水産業地域の活力創造プランの中で引用されていると、掲げられているわけでございます。そこでコスト削減目標を掲げておりますが、その中で、労働費ですとか農機具費、肥料農薬費といった経費をどれだけ削減するかという内訳は設定されておりません

天羽隆

2019-05-16 第198回国会 参議院 農林水産委員会 10号

政府参考人(天羽隆君) ただいまの日本再興戦略における目標の記述ぶりでございますけれども、これは、この目標を最初に決定をしたこの日本再興戦略において、まさに今先生がお読みいただいたとおりなんですけれども、今後十年間で、資材、流通面での産業界の努力も反映して担い手の米の生産コストを二〇一一年全国平均比四割削減するという、まさに目標を決めたときからそういう記述になっておるということでございます。

天羽隆

2019-05-16 第198回国会 参議院 農林水産委員会 10号

政府参考人(天羽隆君) 私の方から、お米の生産コストの低減について御説明をさせていただきます。  お米の生産コストの削減につきましては、今ほど先生から御指摘ございましたとおり、平成二十五年六月の日本再興戦略におきまして、担い手の米の生産コストを二〇二三年産までに二〇一一年産の全国平均から四割削減するというのが目標でございます。  二〇一七年産の担い手のお米の生産コストは、個別経営体で六十キログラム

天羽隆

2019-05-16 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

政府参考人(天羽隆君) 生産コストの引下げについて御質問をいただきました。  先生御指摘のとおり、平成二十五年六月の日本再興戦略、これはそのまんまの目標が平成三十年十一月の農林水産業地域の活力創造プランの中で引用されていると、掲げられているわけでございます。そこでコスト削減目標を掲げておりますが、その中で、労働費ですとか農機具費、肥料農薬費といった経費をどれだけ削減するかという内訳は設定されておりません

天羽隆

2019-05-16 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

政府参考人(天羽隆君) ただいまの日本再興戦略における目標の記述ぶりでございますけれども、これは、この目標を最初に決定をしたこの日本再興戦略において、まさに今先生がお読みいただいたとおりなんですけれども、今後十年間で、資材、流通面での産業界の努力も反映して担い手の米の生産コストを二〇一一年全国平均比四割削減するという、まさに目標を決めたときからそういう記述になっておるということでございます。

天羽隆

2019-05-16 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

政府参考人(天羽隆君) 私の方から、お米の生産コストの低減について御説明をさせていただきます。  お米の生産コストの削減につきましては、今ほど先生から御指摘ございましたとおり、平成二十五年六月の日本再興戦略におきまして、担い手の米の生産コストを二〇二三年産までに二〇一一年産の全国平均から四割削減するというのが目標でございます。  二〇一七年産の担い手のお米の生産コストは、個別経営体で六十キログラム

天羽隆

2019-05-08 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○天羽政府参考人 お答え申し上げます。  小麦と米のそれぞれの国際流通量について御質問をいただきました。  農林水産省海外食料需給レポート、二〇一九年の三月版によりますと、小麦の国際流通量、これは輸出量の合計で約一億八千万トン、お米の方は約五千万トンというふうに承知をしてございます。  続きまして、日本産米の輸出拡大に向けた課題と取組状況ということで御質問をいただきました。  先生御指摘のとおり、

天羽隆