運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
133件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1993-10-21 第128回国会 衆議院 内閣委員会 3号

○大石(千)委員 それでは、ちょっと角田参考人にお伺いしたいと思います。  角田参考人は、特にこの第二行革審でございますか、部会長としてもこの行政手続法に関する、手続法を目指すべく意見の取りまとめをされたといいますか、いろいろ御苦労された方でございますので、ある意味では極めてこの法案の成立にかけて重要な立場におられた方でございますが、その中で、日本では昭和三十九年の第一次臨調からそういう意見がありながら

大石千八

1993-10-21 第128回国会 衆議院 内閣委員会 3号

○大石(千)委員 三人の参考人の方には、かなり急なお願いでございましたが、きょうこのように御出席をいただき、また貴重な陳述をいただきましてありがとうございました。  また、三名の方ともこの行政手続法に関して全面的に賛成をしておられるというか、期目的には、この発端が昭和三十九年の第一次臨調のときに既に意見が出されておよそ三十年近くたっているという経過はありますけれども、とにかく早くこれを取り入れるべきだという

大石千八

1993-03-06 第126回国会 衆議院 予算委員会 19号

○大石(千)委員 第七分科会における審査の経過について御報告申し上げます。  質疑内容の詳細につきましては会議録に譲ることとし、ここでは質疑事項のうち主なものについて申し上げます。  まず、運輸省関係では、新幹線建設のあり方、新幹線の騒音防止対策、在来線の高速化とミニ新幹線の活用、首都圏の通勤混雑の緩和策、鉄道の相互乗り入れの推進、私鉄の複々線化の進捗状況、信楽高原鉄道列車衝突事故の原因及び鉄道輸送

大石千八

1993-03-05 第126回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 2号

○大石主査 これより予算委員会第七分科会を開会いたします。  平成五年度一般会計予算、平成五年度特別会計予算及び平成五年度政府関係機関予算中、運輸省及び郵政省所管について審査を進めることとし、補充質疑を行います。  この際、分科員各位に申し上げます。  質疑の持ち時間はこれを厳守され、議事進行に御協力賜りますようお願いを申し上げます。  なお、政府当局におかれましては、質疑時間が限られておりますので

大石千八

1993-03-04 第126回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 1号

○大石主査 この際、お諮りいたします。  越智運輸大臣から申し出がありました運輸省関係予算の主要な事項の説明につきましては、これを省略いたしまして、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

大石千八

1993-03-04 第126回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 1号

○大石主査 これより予算委員会第七分科会を開会いたします。  この際、日本社会党・護憲民主連合所属分科員の出席が得られませんので、事務局を通じて出席を要請いたします。しばらくお待ちください。  出席要請をいたしましたが、出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  私が本分科会の主査を務めることになりました。  本分科会は、運輸省及び郵政省所管について審査を行うこととなっております。  平成五年度一般会計予算

大石千八

1991-04-11 第120回国会 両院 平成三年度一般会計予算外二件両院協議会 1号

○大石千八君 ただいまの反対の理由に対しまして反論をさせていただきながら、政府原案に賛成の趣旨を述べさせていただきます。  平成三年度予算におきましては、引き続き行財政改革を強力に推進しつつ、真に必要な財政需要に適切に対応し、限られた財源を社会経済情勢の推移に即応して重点的、効率的に配分するよう努めております。  防衛関係費につきましてもいろいろお話ございましたが、今回策定された中期防衛力整備計画を

大石千八

1991-03-14 第120回国会 衆議院 本会議 19号

○大石千八君 私は、自由民主党を代表して、ただいま議題となりました平成三年度予算三案に対し、賛成の討論を行うものであります。(拍手)  イラクによるクウエートの侵略に端を発した今回の湾岸危機は、世界が米ソ二大国の対立を中心とした東西冷戦構造にようやく終止符を打ち、対話と協調による新たな時代へと大きな希望を抱きつつ歩み始めた、まさにそのやさきに起こったのであります。  この七カ月余りに及んだ湾岸危機も

大石千八

1989-12-05 第116回国会 参議院 逓信委員会 3号

○国務大臣(大石千八君) 今局長からもいろいろ問題点を申し上げたところでございますが、なおこれからNTTが地域分散、均衡ある国土の発展のために、きめ細かい情報をさらに得やすくするというために努力すべき点としては、これまでも確かに電話料金の値下げ、例えば先ほど申し上げました三百二十キロ以上の一番遠いところもNTTのこの間の記者発表で三百三十円か二百八十円に下がるというようなことを言っておりますとおり、

大石千八

1989-12-05 第116回国会 参議院 逓信委員会 3号

○国務大臣(大石千八君) 御指摘のように、これからさらに電話サービスの多様化を図り、いかにして安く良質なサービスを提供できるかということを目的にこの電気通信審議会が審議をし、そして中間答申もいただいたところでございます。そういう中でございますので、いろんな経過に関しましてはもう委員御指摘のとおりでございますが、この中間答申に関しまして申し上げますと、NTTのあり方について、料金の低廉化について一層の

大石千八

1989-12-05 第116回国会 参議院 逓信委員会 3号

○国務大臣(大石千八君) 御指摘のとおり、陣内委員はこれまでいわゆる血管の部分を張りめぐらすことで大変長年御努力をされてきた方でございますが、さらに血管だけでなしに神経系統も敏感に張りめぐらせていくということの必要性を十分に認識をしておられるということで、大変心強く思う次第でございます。  この四全総で国は均衡ある国土の発展ということを目指して、一極集中型から多極分散型の均衡ある国土発展のためにそのような

大石千八

1989-11-30 第116回国会 参議院 逓信委員会 2号

○国務大臣(大石千八君) BS3につきましては、宇宙開発計画に基づき、平成二年度にBS3aを、それから三年度にはBS3bを打ち上げる予定で現在順調に開発が進んでいるところでございます。  また、BS3の後継衛星のあり方につきましては、技術開発動向、衛星放送の普及動向を踏まえつつ今後検討していくということになろうと思いまして、我が国におきましての放送あるいは通信衛星の技術開発というものは我が国の自主開発

大石千八

1989-11-30 第116回国会 参議院 逓信委員会 2号

○国務大臣(大石千八君) 山田委員御指摘のとおり、逐次NHKとしては免除を廃止してきており、受信料の徴収を図ってきておるところでございますが、それに伴って、その附帯決議の精神というものは当然守っていかなければならないものと私も考えているところでございます。そういう意味におきましては、先ほどNHKの方からも財政当局等あるいは担当の役所等の折衝の状況を述べられましたけれども、当然我々といたしましても、現在

大石千八

1989-11-30 第116回国会 参議院 逓信委員会 2号

○国務大臣(大石千八君) ただいま議題となりました日本放送協会昭和六十一年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書並びにこれに関する説明書の国会提出につきまして、概略御説明申し上げます。  これらの書類は、放送法第四十条第三項の規定により、会計検査院の検査を経まして国会に提出するものであります。  日本放送協会から提出された昭和六十一年度の貸借対照表等によりますと、昭和六十二年三月三十一日現在における資産総額

大石千八

1989-11-24 第116回国会 参議院 決算委員会 6号

○国務大臣(大石千八君) 出てくるか出てこないかということをこちらから想像する――するといいますか、それは出てくることも当然あり得るという認識は持っているわけでございますけれども、我々としては方向というものは常に不変でございまして、こういった問題に関してアメリカ側がさらに我々にいろいろ要求をしても今までの姿勢を一貫して貫いていくということでございます。

大石千八

1989-11-24 第116回国会 参議院 決算委員会 6号

○国務大臣(大石千八君) ヒルズ代表との会談があってから大分日もたちますので、つまびらかに一つ一つを申し上げることはちょっとできませんが、代表が話をしている前提の中で、アメリカの議会も日米貿易問題に関しては非常にヒステリックになっているというような表現がございまして、私はそういった議会を背景にいろいろ物を申さねばならないというようなくだりがあったわけでございます。したがいまして、これは郵政省との問題

大石千八

1989-11-24 第116回国会 参議院 決算委員会 6号

○国務大臣(大石千八君) 去る八月十日、郵政大臣を拝命いたしました大石千八でございます。  国民生活と極めて密接なかかわり合いを持つ郵政行政を所管することになり、責任の重大さを痛感しているところでございます。今後、所管行政の推進に向け全力を尽くしたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。  まず、電気通信、放送の分野につきましては、国際社会、産業経済、地域社会、国民生活等それぞれの領域における

大石千八

1989-11-16 第116回国会 衆議院 決算委員会 5号

○大石国務大臣 今消費税の問題でどういう見直しがいいかということを総理や大蔵大臣にしきりに質問して、それに対して今党や政調で審議をしているので具体的に答弁することはできないと大蔵大臣や総理大臣はよく言っておられますけれども、私も、この分割の問題に関しましては、今審議会で具体的な方法を審議していただいている、我々はそれを諮問して答申を出していただくようにお願いしている立場でございますので、私の立場から

大石千八

1989-11-16 第116回国会 衆議院 決算委員会 5号

○大石国務大臣 結論から申し上げますと、そのような分割を前提としたような答申であるというふうには我々はまだ今理解しておりません。あくまでも中間答申でございますし、これからのNTTのあり方に関して、経営上の問題点とか公正有効競争上の問題点等を幅広く検討していただいて、その解決方法をメニュー的に、こういう方法がある、こういう方法があるという方法論を指摘をしていただいたというふうに我々は受けとめております

大石千八

1989-11-16 第116回国会 衆議院 決算委員会 5号

○大石国務大臣 郵政窓口サービスの提供は特定郵便局を通じて行うことを原則としておりますが、取扱事務量の著しく少ない地域においては簡易郵便局を設置すること、ただいまも郵務局次長が申し上げましたとおり、そういう方針でこれまで郵政省としてはやってきているところでございます。今後とも、特定郵便局及び簡易郵便局のそれぞれの特性を生かすことにより郵政窓口サービスの充実に努め、お客様の利便を図ってまいりたいというふうに

大石千八

1989-11-01 第116回国会 参議院 逓信委員会 1号

○国務大臣(大石千八君) 大変情報化が急ピッチで進んでおる、情報化、国際化というものがもう既に日本はその先端をいっているというような状況でございまして、通信手段としての郵便の地位が相対的に変化してまいりますとともに、物流分野においてお話しのとおり民間宅配便が伸長してくるなど、競合、競争関係がますます厳しくなってまいったわけでございますが、郵便事業は社会的要請に迅速かつ的確に対応して、お話しのとおり六十二年

大石千八

1989-11-01 第116回国会 参議院 逓信委員会 1号

○国務大臣(大石千八君) お年玉付郵便葉書等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容を御説明申し上げます。  この法律案は、最近における高齢化、国際化といった状況の中で生じつつある社会的要請にこたえるため、お年玉つき郵便はがきの寄附金の配分を受けることができる団体について、その範囲を拡大しようとするものであります。  現在、寄附金の配分を受けることができる団体は、社会福祉

大石千八

1989-11-01 第116回国会 参議院 逓信委員会 1号

○国務大臣(大石千八君) 逓信委員会の皆様方に謹んでごあいさつを申し上げます。  去る八月十日、郵政大臣を拝命いたしました大石千八でございます。  青木委員長を初め、逓信委員会の皆様には、平素から郵政行政の適切な運営につきまして、格別な御指導を賜り、厚く御礼を申し上げます。  私が所管いたすことになりました郵政行政は、国民生活と極めて密接なかかわり合いを持つものでございまして、責任の重大さを痛感しているところであります

大石千八

1989-10-30 第116回国会 参議院 予算委員会 7号

○国務大臣(大石千八君) その御要望も十分に考えて検討したいと思っております。  いわゆるシャープ、プッシュホンのシャープですね、昔で言うと片仮名のワヰウヱヲのヰ、あれを押すとあとは四けたで通じる、四けたの番号が全国共通と、こういうことをNTTで今度やろうと試みているわけでございまして、その場合にどういう番号がいいか、たくさんの申し込みがいろいろ予想されるわけでございます。そうしますと、一つだけどうしてもこれが

大石千八

1989-10-23 第116回国会 参議院 予算委員会 2号

○国務大臣(大石千八君) 郵政省としても障害者の福祉のための制度を郵務関係でこれまでもやっておりまして、例えば盲人用点字、盲人用録音物、点字用紙を内容とするものを第四種郵便物として無料で郵送できる制度、それから重度身体障害者と図書館との間で書簡を内容とするものを小包として安い料金で郵送できる制度、こういった障害者の福祉のための制度がこれまでもあるわけでございますが、最近はビデオテープなどが非常に普及

大石千八

1989-10-18 第116回国会 衆議院 逓信委員会 1号

○大石国務大臣 ただいまお年玉付郵便葉書等に関する法律の一部を改正する法律案を可決していただき、厚く御礼を申し上げます。  本委員会の御審議を通じて承りました貴重な御意見並びにただいまの附帯決議につきましては、その御趣旨を十分尊重して、今後の郵便事業の運営に当たりたいと存じます。まことにありがとうございました。(拍手)     ─────────────

大石千八

1989-10-18 第116回国会 衆議院 逓信委員会 1号

○大石国務大臣 ただいま電波法の一部を改正する法律案を御可決いただき、厚く御礼を申し上げます。  本委員会の御審議を通じて承りました貴重な御意見並びにただいまの附帯決議につきましては、今後の郵政行政を進めるに当たり、御趣旨を十分に尊重してまいりたいと存じます。まことにありがとうございました。(拍手)      ────◇─────

大石千八

1989-10-18 第116回国会 衆議院 逓信委員会 1号

○大石国務大臣 逓信委員会の皆様方に謹んでごあいさつ申し上げます。  去る八月十日、郵政大臣を拝命いたしました大石千八でございます。  田名部委員長を初め、逓信委員会の皆様には、平素から郵政行政の適切な運営につきまして、格別な御指導を賜り、厚く御礼を申し上げます。  私が所管いたすことになりました郵政行政は、国民生活と極めて密接なかかわり合いを持つものでございまして、責任の重大さを痛感しているところでございます

大石千八

1989-10-17 第116回国会 衆議院 予算委員会 5号

○大石国務大臣 先ごろ電気通信審議会の中間答申が出されまして、郵政省といたしましてもさらに再諮問をして、できるならばことしじゅうにでも最終答申を出していただきたいということで、なお審議をお願いしているところでございますが、当然郵政省といたしましてもそういった電気通信審議会の結論を十分に重用して、また、世間の皆様方の御意見も承りながら、そういう面で多極分散型国土形成という国家的な課題を進めていかなければならないというふうに

大石千八

1989-10-17 第116回国会 衆議院 予算委員会 5号

○大石国務大臣 御指摘のように公共事業、社会資本の整備というふうに考えてもいいと思いますが、そういった点ではやはり目に見えるハードな部門、道路とか橋とか、こういったことが当然公共事業として頭に浮かぶわけでありまして、そういった点の整備が促進されることは地方の活性化という意味で非常に必要に思います。例えば高速光ファイバー等は地下にありますので、直接目に触れることはありませんが、しかし、道路やそういうようなもののように

大石千八

1989-10-17 第116回国会 衆議院 予算委員会 5号

○大石国務大臣 御指摘のとおり、また、大蔵大臣初め国土庁長官いろいろお話しになりましたとおり、東京一極集中の問題は、我が国の現在の置かれている立場から考えまして、多極分散型、均衡ある国土の発展ということに向けてこれは政府を挙げて努力をしていかなければならない問題だというふうに認識をしておりまして、郵政省におきましても、この情報機能の分散ということによって地方においても便利な情報が受けられる、そういう

大石千八

1989-10-16 第116回国会 衆議院 予算委員会 4号

○大石国務大臣 いろいろな御質問がございましたが、経常利益四千億円というのは適正利益水準であるかどうかということでございました。この適正利潤であるかどうかという問題に関しましては、他の公益事業並みの配当率とか配当性向を維持しつつ、最近の法人税減税も考慮して経常利益の適正なあり方について検討してみる必要があるし、また多角的な観点からいろいろ調べていく必要があろうと思いますが、いずれにいたしましても、NTT

大石千八

1989-10-16 第116回国会 衆議院 予算委員会 4号

○大石国務大臣 NTTによりますれば、経営協議会は、経営上の重要課題について忌憚のない意見交換を行う場として設置されたものであり、また現場段階においても中央における経営協議会と同様の考えをとり、総括支社、支社、事務所の段階まで経営協議会等を設置しているというように聞いております。  なお、その内容としては、合理化施策等を含む事業計画、機構改革等について、会社側、組合側、双方の幹部により年間数回程度開催

大石千八

1989-10-13 第116回国会 衆議院 予算委員会 3号

○大石国務大臣 先ほど自治大臣が述べられましたとおり、一極集中型から多極分散型といいますか、均衡ある国土の発展という政府の方針どおり、郵政省も情報の地域格差をなくすという意味で二階委員御指摘のとおり力を入れているわけでございます。地域の情報化の推進、そしてまた全国二万四千の郵便局のネットワーク等を活用してそういった施策を行っているところであります。  具体的な過疎対策といたしましては、過疎地域における

大石千八

1989-08-07 第115回国会 衆議院 災害対策特別委員会 1号

○大石委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うことになりました。  委員各位の御支援、御協力をいただき、円満に委員会を運営いたしたいと存じますので、よろしくお願いいたします。(拍手)      ――――◇―――――

大石千八