運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
58件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1969-09-09 第61回国会 衆議院 内閣委員会 45号

○大津説明員 旭洋丸事件についての御質問でございますけれども、旭洋丸事件の判決の中で景武台機関ということばが出ておるようでございますけれども、私どもそれがどういう機関であるか全然存じ上げておりません。また、内閣調査室の者が渡辺何がしとか福島何がしという者と関係があったかどうかというような点につきましても、古いことでございますが、私も事件が起こったであろうという当時の内閣調査室に派遣された者に聞きましても

大津英男

1969-06-24 第61回国会 衆議院 内閣委員会 35号

○大津説明員 先ほどお話し申し上げましたように、それぞれの行政機関の情報収集の目的というものがそれぞれ違っておるということでございますけれども、その情報が政府の重要政策の上にいかに反映しなければならないかという意味におきましては、連絡調整という仕事も内閣官房のほうでやらなければならないということでございまして、その面におきましては、情報の収集の面におきまして一本化することが法制のたてまえとしてもできるということで

大津英男

1969-06-24 第61回国会 衆議院 内閣委員会 35号

○大津説明員 内閣調査室は、内閣法にもございますように、政府の重要政策に関する情報の収集及び調査という業務を行なうということになっております。と同時に、各行政機関の行なう情報の収集調査であって、国の重要政策に関するものについての連絡調整を含むということになっておりまして、各関係の情報機関につきましてのそういう面についての連絡調整の仕事をやってまいるということになっておるわけであります。  その他の公安調査庁

大津英男

1967-08-03 第56回国会 参議院 決算委員会 2号

○説明員(大津英男君) 黒川さん、手元に資料をお持ちでないから、一億二、三千万円というようなお答えになったわけでございましょうけれども、やはり証憑書類に照らして調査研究費が一億幾らであるかというようなことはぴしゃっと出るわけでございます。

大津英男

1967-08-03 第56回国会 参議院 決算委員会 2号

○説明員(大津英男君) やはり委託事業の遂行というものが目的どおりにそれぞれの成果をあげて期日までに出されておるかどうかということに、もちろん監督の中心があるわけでございまして、それにつきましては、予算を執行するにあたって、それぞれの証憑書類というものもととのえて執行いたしておりますので、そういう点からあやまちのないようにチェックをすることもできるのでございまして、ただ、その事業の執行のしかたにつきましては

大津英男

1967-08-03 第56回国会 参議院 決算委員会 2号

○説明員(大津英男君) 内閣調査室からそれぞれの委託団体に委託をいたしました仕事をそれぞれの団体において予算としてこれをあらわしまして、その予算を執行する形になります。したがって、この予算の項目というものは、それぞれ人件費あるいはいまお話しのありました事務管理費と申しますか、事務諸費と申しますか、そういうもの、それからそれぞれの団体によって事業の内容が異なりますので、あるいは調査研究費でありましたり

大津英男

1967-07-21 第55回国会 衆議院 法務委員会 36号

○大津説明員 先日お話のございました資料につきましては、先般申し上げましたように、上司の決裁を得まして提出をするようにしたいということでございまして、なかなかまだ決裁がとれておらない段階でございましたけれども、いまもらえるかどうか回っておるのじゃないか、私はそう考えておりますので、決裁が済みますれば、資料そのものは簡単でございますので、至急提出するようにできる、かように考えております。

大津英男

1967-07-14 第55回国会 衆議院 法務委員会 33号

○大津説明員 たいへん申しわけなく思っておりますが、私は事務上、これを処理するように申しつけておきましたのでございますが、進んでおらなかったというのが実情でございまして、この点おわびを申し上げたいと思います。それでこの点は、資料をつくりまして、上司の決裁を得ましてから提出するようにしたいと考えております。

大津英男

1967-06-27 第55回国会 参議院 法務委員会 11号

○説明員(大津英男君) 判決文はまだ届いておらない。それから、判決文は来ておらないけれども、公判を傍聴したモスコー大使館の係官の、何と申しますか、傍聴しましたところによります判決の要旨といいますか、そういうものが来ておると聞いておりますが、内容の詳細については承知しておりません。

大津英男

1967-05-23 第55回国会 参議院 予算委員会第一分科会 2号

○説明員(大津英男君) それぞれ少しずつ違うのでございまして、放送協会のほうは海外放送の聴取記録の作成でございます。この作成された聴取記録の翻訳とその整理、それからそれに基づく資料の作成、まあこういうような点を内外情勢調査会のほうにお願いをしておるというわけでございます。それから共同通信社におきましては、一般にニュースの速報を出しておりまするものと同様のものを共同通信社から内外ニュースの速報を受けておる

大津英男

1967-05-23 第55回国会 参議院 予算委員会第一分科会 2号

○説明員(大津英男君) ただいま御質問がございました調査委託費でございますが、調査委託費は十一の団体に委託をいたしております。最初から申しますと、日本放送協会に海外放送の聴取記録の作成ということで七百三十万円、それから内外情勢調査会に海外放送の聴取記録の翻訳、整理及び国際情勢に関する資料の作成並びに有識者意見調査、この関係で五千四百四十五万二千円、それから共同通信社に内外ニュースの速報七百二十万円、

大津英男

1966-07-20 第52回国会 衆議院 外務委員会 1号

○大津説明員 お答えを申し上げます。  私どものほうで調査月報というものをずっと出しておりますけれども、ただいま先生がお話しになりましたような数字でそういうものが発表されたというものは一つもございません。ただ一つ、似たようなものがございますが、これは昭和三十四年の四月の調査月報の中で、一月二十日に朝鮮総連が帰国申請書の提出促進をはかって一月二十日にはその数十一万七千名と発表するに至った。それに対して

大津英男

1966-03-31 第51回国会 参議院 予算委員会第一分科会 3号

○説明員(大津英男君) 三十八年度から申し上げますと、三十八年度が四億一千六百一万八千円、三十九年度が四億五千九十八万四千円、四十年度が五億八百九十九万八千円、四十一年度お願いしておりますのが五億七千五百九十九万八千円、こういう数字でございます。

大津英男

1966-03-31 第51回国会 参議院 予算委員会第一分科会 3号

○説明員(大津英男君) 内閣調査室の四十一年度の予算から申しますと、六億一千五百四十二万円、これが情報の収集及び調査に必要な経費でございますが、このうち、外に、民間の団体に情報調査委託費として計上いたしておりますものが五億七千五百九十九万八千円、こういうふうなことになっておるわけでございます。

大津英男

1966-03-31 第51回国会 参議院 予算委員会第一分科会 3号

○説明員(大津英男君) 内閣調査室は、昭和二十七年の四月に内閣総理大臣官房に設置せられたのでございまして、その任務といたしましては、内閣法の第十二条、それから第十七条、内閣官房組織令第四条の規定に基づきまして、内閣の重要政策に関する情報の収集及び調査、各行政機関の行なう情報の収集及び調査であって、内閣の重要政策にかかわるものの連絡調整、こういうことを行なうことになっておるのでございます。

大津英男

1966-01-17 第51回国会 衆議院 運輸委員会 2号

○大津政府委員 ただいま、いろいろ警察官の乗車の問題につきましてお話がございまして、御同情するお話もいただきまして、たいへん私どもありがたく存じております。  いままでの警察官の国鉄あるいは私鉄の無賃乗車につきましての経緯を簡単に御説明申し上げますと、国鉄との協定につきましては、昭和二十四年の七月に、国鉄内部の通達をもちまして、制服の警察官が管轄区域内の国鉄に乗車船する場合には無賃とする、私服の場合

大津英男

1965-04-27 第48回国会 参議院 文教・石炭対策特別委員会連合審査会 1号

○政府委員(大津英男君) なかなか福岡県下、特にまあ産炭地域の少年非行の条件はどうかというこまかいデータは取りにくいのでございますが、できるだけまあいろいろ面から調べてまいったわけでございますが、まあ傾向といたしましては、やはり全国的な傾向と同様に、福岡県下におきましても非行少年の数が年々増加をしておるということでございまして、福岡県におきましては、三十九年中の刑法犯少年、触法少年を含めましての数字

大津英男

1965-04-09 第48回国会 衆議院 地方行政委員会 28号

○大津政府委員 第三条の七号で申しましたように、文化財保護委員会の承認を受けまして美術刀剣類の製作をする者というのがございまして、製作を承認を受けていたした者はそれを所持することができる、こういうことで、美術刀剣類を製作することは許されておるわけでございます。

大津英男

1965-04-09 第48回国会 衆議院 地方行政委員会 28号

○大津政府委員 現在銃砲刀剣類の所持が許されておりますものは、第三条の所持の禁止の条項で、次の各号の一に該当する場合を除いては所持してはならないということで、所持を許されておりますのが第三条の各号に列記されております。  その第一は「法令に基き職務のため所持する場合」、これは警察官、皇宮護衛官、自衛官、海上保安官、監獄官吏、麻薬取締官あるいは税関職員、鉄道公安職員、入国警備官、こういう法律上によって

大津英男

1965-04-08 第48回国会 衆議院 地方行政委員会 27号

○大津政府委員 罰則を強化するということと同時に、たとえば輸入罪につきましては未遂も罰するというようなことがございますので、いままで以上にこういうものにつきまして検挙された者は実刑が重くなってまいるということで、この拳銃の不法所持、密輸入に対するところの警察のきびしい態度によって、こういう点が減ってくるということがあると思うのでございます。と同時に、私どもこの法律の運用ということにつきましては、拳銃

大津英男

1965-04-08 第48回国会 衆議院 地方行政委員会 27号

○大津政府委員 先ほど申し上げましたCRS拳銃につきましては、やはり三十八年の末ごろからそういうものが国内に入ってきておったということが捜査の結果も出ておるというようなことでございまして、拳銃の密輸が非常にふえてきておるということが一つの大きな原因でございます。と同時にいままでも拳銃につきましての捜査を非常にきびしくしておったのでございまして、決していままでその点について非常に不熱心であったということはないのでございますが

大津英男

1965-04-08 第48回国会 衆議院 地方行政委員会 27号

○大津政府委員 ただいま御質問がございました拳銃の密輸事件の検挙状況でございますが、この表にございますように、三十九年の上半期におきましての検挙が非常にふえておるという状況でございます。これは一つには、御承知のようにCRSというフィリピンで密造せられました拳銃が、国内に相当密輸入されてきた、それが暴力団等の手にわたりまして、それが検挙せられまして、それを追及してまいりましたところがこういうふうに件数

大津英男

1965-04-06 第48回国会 衆議院 地方行政委員会 26号

○大津政府委員 先ほどもお話がございましたが、芸能界の暴力団との絶縁あるいはその排除ということについての御苦心、またそのためにこうむっておられる不便とか、いろいろな点があると思います。こういう点は、警察の力では解決できないやはり芸能界の方々のお力でお考えいただかなければならない問題も、相当あると思いますが、警察としてはそういう御協力、あるいはそういう御努力に対して、絶対心配がない、安心してやっていけるのだ

大津英男

1965-04-06 第48回国会 衆議院 地方行政委員会 26号

○大津政府委員 実は昨日、刑事局と保安局と両方で、管区の保安部長、公安部長の会議を開きまして、いろいろ暴力団取り締まり対策、特にまたこういう芸能関係等の保護の問題につきましても、打ち合わせをいたしたのでございます。  プロレスにつきましては先ほど豊登さんからお話があったようなことでございますが、映画関係のロケにつきましても、ちょっと聞きましたが、昨日、いまのところあまり問題がないというような話も出ておりました

大津英男

1965-04-06 第48回国会 衆議院 地方行政委員会 26号

○大津政府委員 田川先生の御質問でございますが、ただいま永野さんからお話がございましたような要請書、私どものほうでもいただいておりますので、中を拝見いたしております。現在の法律のたてまえでは、先ほどお話がございましたような職業紹介事業というようなことで、職業安定法によるところの労働大臣の許可を得てやっておられる。それの許可の基準というものの運用いかんということが一つあると思うのでございますが、要請のありました

大津英男

1965-03-30 第48回国会 参議院 地方行政委員会 19号

○政府委員(大津英男君) 先ほど申し上げましたように、自粛をしておられるので、大体うまくいっているのでありますが、状況を申し上げますと、昨年の八月一日現在でございますけれども、全国で九十七のボーリング場営業がございます。平日におきましては、午後の十一時までに終わりますものが四十三、それから十二時までに終わりますものが四十六、それから午前一時までやっておりますものが五、一時過ぎまでやっておるものが三、

大津英男

1965-03-30 第48回国会 参議院 地方行政委員会 19号

○政府委員(大津英男君) 昨年の風俗営業法の改正の際に、堀切委員長から、そういうふうなお話も出たような記憶があるのでございますが、ボーリング場につきましては、警察が風俗営業としてこれを取り入れていくということは、現在のままではこれはできないことでございまして、法律を改正するか何かしなければならないということになると思います。ただ法律を改正するという場合に、ボーリング場のどういう点を取り上げれば、そうなるのかということになるわけでございますが

大津英男

1965-03-29 第48回国会 参議院 予算委員会第一分科会 3号

○政府委員(大津英男君) ただいま御質問がございました、三重県四日市警察署の警察官が非行少年に暴行を加え傷害を与えたという事案でございますが、これはまことに遺憾なことでございます。事案は、本年の二月二十八日の午前十時三十分ごろ、四日市警察署の塩浜警察官派出所勤務の巡査人見茂治並びに巡査広谷健治、この両名が少年補導のため私服で四日市所在の映画館塩浜劇場へ立ち入ったときに、四日市の大池町居住の自動車助手金壽満

大津英男

1965-03-26 第48回国会 衆議院 商工委員会 20号

○大津政府委員 私もまだ新聞を見ました程度で、事実についての報告を受けておりませんので、何とも申せないのでございますが、やはりそういう刑法上の問題があるということが出てまいりますれば、当然警察としても取り調べを始めなければならない問題である、かように考えております。

大津英男

1965-03-26 第48回国会 衆議院 商工委員会 20号

○大津政府委員 御質問がありました家出の件でございますが、ただいまお話のございましたような姫路市飾磨区御幸町十九の三、文具商編塚勝三十八才、妻、長女、次女の一家四人が家出をいたしたわけでございますが、子供二人は兵庫県佐用郡三日月町高橋方に預けられているということが発見されまして、家出人の義理の姉であります松本さんが、二十四日姫路の福中町の自宅にこの子供を連れ戻しておるわけでございます。二十三日になおその

大津英男

1965-03-10 第48回国会 衆議院 商工委員会 13号

○大津政府委員 警察の立ち入り調査につきましては、お話のような点があるわけでございますが、一面警察といたしましては、災害が起きました場合には、いかに避難誘導するかというような問題とか、人命財産の保護のためにいろいろな点を講じなければならない。そういう意味におきまして、事業場、ガスの貯蔵所その他につきましても協力を求めまして、災害の警備という意味で立ち入りをし、そうしてそういう計画を立てるというような

大津英男

1965-03-10 第48回国会 衆議院 商工委員会 13号

○大津政府委員 災害が発生いたしました場合におきまする届け出とは別に、必ずしも業者からのものでなくても、一般的にそういう危険がありそうであるというようなことを聞きました場合は、もちろんのこと立ち入りするということでございます。

大津英男

1965-03-10 第48回国会 衆議院 商工委員会 13号

○大津政府委員 加賀田先生のお話でございますが、警察官の立ち入り調査権といいますのは、危害予防のため特に必要がある場合ということで、一般行政監督的な意味の立ち入りではなくして、むしろ危害防止上ほんとうに差し迫った状態において立ち入るというのが本則になっているわけでございまして、勢い火薬取締法という場合の立ち入りよりも消極的であるというのが法のたてまえでもございますので、そういうことになっております。

大津英男