運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
281件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

大島(敦)委員 これはニクソンの言葉だと思うんですけれども、時の政権は、リスクを乗り越える、危機を乗り越えるたびごとに強くなるという発言があります。ですから、今のリスク自然災害も含めて、しっかりとリスクを、危機を乗り越えることというのが政治安定性与野党ともにつながると思うので、その点をぜひお願い申し上げます。  きょうは、厚労省から吉永審議官に来ていただいているので、吉永審議官答弁願いたいのは

大島敦

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

大島(敦)委員 リスクマネジメントで、専門家会議皆さんのレポートを読んでいて思い出したのは、ことしの三月十日のメルケル首相発言です。ドイツのビルト・ツァイトゥング、大衆紙なんですけれども、一番発行部数の多い新聞で、目を通してみると、三月十日の時点で、ワクチンが開発されなければ国民の六割から七割が感染するでしょう、感染をおくらせるためには更に催しは中止しなければならない。また、同国の保健大臣ですかね

大島敦

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

大島(敦)委員 質問を何点かさせてください。  昨年の十月、台風十九号のときを思い出しております。埼玉県ですから、荒川の本川が決壊するのではないかと物すごく危機感を持って、荒川沿川あるいは地元を一日ずっと見回っていました。  我が国は、毎年水害の被害、そして首都直下地震、東海・東南海南海のプレートの地震も七〇%を超えてのリスクがあります。ですから、常に災害のことを念頭に置きながら政治は運ばなければいけないと

大島敦

2020-06-09 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第17号

大島(敦)委員 政府参考人に具体的に伺いたいんですけれども、私も、もう大分前ですけれども、こういう新規事業撤退案件とか、いろいろと管理をやっていた時代があって、全体として、投資して一年間通じてプラスになっていれば可とするというのが、私、投資としての考え方かなと思っています。もう二十五年ぐらい前にこれに携わっていたときにも、もっと前か、一年間通じてしっかりとその投資が黒、浮いていればいいという考え

大島敦

2020-06-09 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第17号

大島(敦)委員 大臣、ありがとうございます。  先ほどの私の一ページ目、これを見ていると、何かサラリーマン社会を思い出しまして、私もサラリーマンでしたけれども、他社との比較はしない。要は、私の学校の同期が銀行へ行っていたり、証券会社へ行っていたりするんだけれども、そことの賃金の比較というのは余りしないものなんです。同じ会社の中での、ボーナスとか給与のほんのちょっとした差異というのがサラリーマンの幸福

大島敦

2020-06-09 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第17号

大島(敦)委員 西村大臣、何問か質問をさせてください。  まず冒頭、お手元資料なんですけれども、今回の地域経済活性化支援機構、なかなかイメージが湧かなかったものですから、これは昨年の一月に、官民ファンドの動向と課題ということで国立国会図書館でまとめた資料を読んでおりますと、お手元資料の二ページ目の、財務省のポンチ絵がございまして、これは非常によくできていると思います。対象は、産投出資機関の状況

大島敦

2020-06-03 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第16号

大島(敦)委員 御答弁ありがとうございます。  予算規模としては二億円台ですから、そんなに多い予算じゃないと思います。予算をふやせばそのまま対応が進むとは考えないんですけれども、この予算の金額が少ない気がしまして、やはり、これから概算要求の時期に入りますから、予算をもう少しふやしていただければ、その対応も充実されると思いますし、恐らく、病院の医療関係者との連携も必要ですし、警察との連携も必要ですし

大島敦

2020-06-03 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第16号

大島(敦)委員 私も、今の数字を聞いて驚きました。  三万六千件から四万一千件、一年間で五千件ふえていますから、やはり性暴力被害に対して悩まれている方が非常に多いのかなと思っておりまして、ですから、このワンストップ支援センターについては、多分、各都道府県、二十四時間の対応をされているかとは思うんですけれども、ぜひその窓口整備が急務ではないかなと思っておりまして、その点につきまして橋本大臣からの

大島敦

2020-06-03 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第16号

大島(敦)委員 橋本大臣質問をさせてください。  二〇一八年に、野党各会派から、性暴力被害者救済支援法が当委員会に出されておりまして、二〇一八年ですからもう二年以上が経過をしております。時が進むとともに、性暴力被害者支援あるいは救済というのは、多分、必要性は高まってきているのかなと思っています。  内閣府で、これは相談窓口を設けていただいておりまして、性犯罪性暴力被害者のためのワンストップ支援

大島敦

2020-05-29 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

大島(敦)委員 御答弁ありがとうございました。  今後とも、恐らく北村局長を始めとしてしっかりと現場に足を運んでいただいていると思います、その実態を加味していただきながら、長期戦に備えた御対応をお願いをいたします。よろしくお願いいたします。  続きまして、認知症検査について伺いたいと思います。  認知機能検査高齢者講習の受検、受講待ち期間長期化が問題となっています。これに対してどのような改善方策

大島敦

2020-05-29 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

大島(敦)委員 武田国家公安委員長には本当に感謝を申し上げます。  新型コロナウイルス感染症は、ここで終わっているわけではなくて、若干気を抜くとまたふえてきます。結構長い間私たち対応しなければならないと思っていまして、今局長の御答弁があったとおり、三カ月間は期間を延ばしてあげるよと。ですから、そうすると、今、ここ一カ月半ぐらいかな、免許センターが閉じていますから、その分の人たちがまた更新に来るし

大島敦

2020-05-29 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

大島(敦)委員 四月六日、自動車教習所を経営する私の知人から、道路交通法で求められる講習免許更新運転免許センターで行われるが、教室が満杯で、新型コロナウイルス感染症のことを考えると感染しないか冷や冷やすると電話をいただきました。  私の地元、鴻巣にある免許センターには毎日二千人を超える方が埼玉県全域から来訪されます。今後感染リスクのおそれが高くなることを考え、四月七日には北村交通局長に、九日

大島敦

2020-05-28 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号

大島(敦)委員 これから概算要求の季節に入ると思いますので、大臣の桁が違うというのは、私も桁が違うと思っています。  前に調べたら、グーグルの一年間の研究開発予算は二兆円でしたので、日本の政府が四兆円ですから、余りにも少な過ぎる。ですから、ここのところをしっかりと確保し、人材、やはり研究者は、高額な所得は要らないんだけれども、安定した職場と、楽しいこと、研究したいことを思う存分研究したいというのが

大島敦

2020-05-28 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号

大島(敦)委員 まことにありがとうございます。力強い御答弁ありがとうございます。  内閣府の皆さんには、来週の月曜日ですか、科学技術基本法改正案審議をここでやります。  文書をつくることも物すごく大切なんですけれども、やはり予算を分捕ることが一番大切だと思っています。予算のあるところに人は集まりますので、ぜひ、その点、大臣に一問質問させてください。  政府として、計画、戦略等実効性を担保するため

大島敦

2020-05-28 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号

大島(敦)委員 衆議院議員大島です。  竹本大臣に何問か質問をさせてください。  科学技術特別委員会質問させていただくこと、本当に光栄だと思っています。  まず、量子の技術。  「プラトーン」でアカデミー賞をとったオリバー・ストーン監督の「スノーデン」という映画を見ると、なかなかよくできている映画で、対日の傍受の仕事をやっていたところがリアルに描かれています。アカデミー賞をとった監督映画ですから

大島敦

2020-05-27 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

大島(敦)委員 今大臣が触れました各政党との協議なんですけれども、附帯決議の五に、「課題共有・解決に向け、与野党に対して必要な情報共有を適時、適切に行うとともに、与野党意見を尊重して施策の実施に当たること。」としております。  政府与野党協議会が設けられ、そこで感染症拡大防止策経済対策を始めさまざまな議論がされています。この協議会の中で、野党からの意見はどのように政策に生かされているのか、

大島敦

2020-05-27 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

大島(敦)委員 三月九日の参議院予算委員会で、自民党の武見先生発言が耳に残っていまして、このような感染症危機管理についてこうした法律をつくられたことについては、私は今の時点で改めて当時の皆さんに敬意を表したいと思いますということで、質問に入っている。やはり、こういう観点って必要だと思うんですよ。やはり、使い勝手が悪いかもしれない。ただ、なかったときのことを考えれば、あればこそ、そういう今後のことにつながるので

大島敦

2020-05-27 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

大島(敦)委員 西村大臣に何点か質問をさせていただきます。  三月十三日に新型インフルエンザ等特別措置法が成立をいたしまして、当委員会でも附帯決議をつけさせていただきました。各党集まって、しっかりと議論させていただいて附帯決議をつけましたので、その点につきまして何点か、時間内で、現状どうなっているのかの御報告をしていただくと助かります。  その前に、時々、今、大臣発言にもあるし、各知事の皆さん

大島敦

2020-05-22 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

大島(敦)委員 第三者提供と言われても、なかなか難しい用語でして、ダイレクトメールが自分のところに来て、どうしてこの住所を知っていたんだいと聞くと、この住所は例えば名簿を扱っている会社から買ったとか、いろいろな話があって、一回、ダイレクトメールを送るのをとめてくださいと言うととまるんだけれども、また来るというお話も聞いたりして、もうちょっとわかりやすく説明してくれるかしら。

大島敦

2020-05-22 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

大島(敦)委員 今大臣がお触れになった、先ほど大河原委員から、タウンミーティングはちょっと人数が少ないねという御発言がありました。これはちょっと少なかったのかなと思います。  ただ、今、相談ダイヤルですか、十六人の方がいらっしゃっていて、日々相談を受けていると思うんだけれども、どのぐらいの件数の相談がどういう項目であるのか、ちょっと教えてくれますか。

大島敦

2020-05-22 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

大島(敦)委員 衆議院議員大島です。  何問か質問をさせてください。  まず、今回の個人情報保護法、その中で、個人権利あり方について、この法案を読んでみると、それぞれ、誰が、どちらの方の求めによって条文修正が行われているのかなと見ていくとよくわかりまして、個人権利あり方、これは国民皆さんで、データ利活用に関する施策あり方、これは企業の皆さんのリクエストだと思っています。  ですから、

大島敦

2020-03-06 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第2号

大島(敦)委員 ありがとうございました。  中国なんですけれども、おととし、シンセン香港から入って、私も十本の指の指紋をとられて、顔認証をされて、そのことを通訳の女性の方に伝えたら、私は悪いことをしていませんから怖くないと言われて、完全に個人情報を国が握ってもおかしくないというメンタリティーです、これは共産主義国家ですから。去年、ウズベキスタンに行っても同じでした。その国がこれだけ経営資源を投入

大島敦

2020-03-06 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第2号

大島(敦)委員 米国は、二〇〇九年の新型インフルエンザ致死率が一番高い国です。だから、物すごく危機感を持って水際対策をやっているはずです。恐らく、我が国と違って公的医療制度が整っていませんから、水際で防げなくなったら防げないという、多分理解をされているのかなと思います。  外国の方に説明するに当たって、今の理屈で私は納得するとは思わない。私は、新型インフルエンザ等特措法の範疇に最初から入れるべきだと

大島敦

2020-03-06 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第2号

大島(敦)委員 国民民主党大島です。  新型コロナウイルス感染症について、何点か御質問をさせてください。  私、二月に、七日、十日、そして十七日と後援会の旅行を計画していまして、一月下旬の判断で、全部連絡をして中止をいたしました。ですから、今回の感染症について初期の段階から非常に危惧をしておりまして、新型インフルエンザ、一番最初衆議院質問したのが二〇〇六年の十月二十七日です。十四年前に新型インフルエンザ

大島敦

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

大島(敦)分科員 台風十九号被害の特徴として、大宮台地荒川側斜面に位置する多くの住宅が、床上、床下の浸水被害をこうむりました。上尾平方地区での被害が甚大で、老健施設では一階が水没してしまいました。お話を伺うと、これまで八十年以上ここで生活してきたがこんなに水位が上がったことは経験していないと伺いました。これまでの経験を超えた水位であったのです。  台風十九号で、荒川から溢水などにより浸水被害があった

大島敦

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

大島(敦)分科員 堤内に調節池のための堤防が築堤されるので、調節池が完成すると荒川川幅は狭くなってしまいます。調節池完成により、下流への水量は調整されますが、調節池の上に位置する開平橋から上流の水位は更に上がることになります。  台風十九号で被害があったのは、大宮台地荒川側斜面にある住宅、工場などの施設で、被害を受けた方々は、ここで長く生活してきたがこんなに水位が上がったことはなかったとおっしゃっています

大島敦

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

大島(敦)分科員 荒川水系河川整備上尾道路建設について質問いたします。  二〇一九年十月十二日午前七時には、地元首長の皆様、知り合いの県会議員電話をさせていただき、台風十九号上陸に備えて、お互いに連絡をとりながら対応することを確認しました。私は十九年を超えて議員として活動しておりますが、荒川の破堤を意識したのは今回が初めてです。  台風十九号の上陸前、上陸後、通過後に地元を見回り、またお伺いした

大島敦

2019-10-23 第200回国会 衆議院 内閣委員会 第2号

大島(敦)委員 ありがとうございました。  先ほどの今井議員発言を聞いていて、所管の大臣はいらっしゃらないんですけれども、私が感じたことを申すと、やはり、これまでの政府有識者の方と、今の事例というのは若干、民間人であればその情報を外部に伝えたとしても大丈夫ですよという政府答弁だったと思うんです。民間人であれば、政府有識者であってもその知り得た情報をほかの人に漏らしたとしてもこれは罪に問われないという

大島敦

2019-10-23 第200回国会 衆議院 内閣委員会 第2号

大島(敦)委員 これは私だけの意見ではなくて、十月十八日の文化放送であんどうりすさんという、防災についていつもコメントを加えている女性の方が、この緩衝材、今大臣の指摘された緩衝材について極めて有効であるというお話をしているものですから、国あるいは都道府県、市町村で、それぞれが決めるんでしょうけれども、ぜひ前向きに検討してほしい。この場で、すぐに用意しますよと言うのはまだ時間がないものですから難しいかと

大島敦

2019-10-23 第200回国会 衆議院 内閣委員会 第2号

大島(敦)委員 国民民主党大島です。何問か質問をさせていただきます。  十月十二日の台風十九号ですが、ちょうど関東だと夜中に台風が通過するんですけれども、土曜日でしたので、午後からずっと地元、大体水が出るところは承知しているものですから、車でずっと回っておりまして、荒川で全国で一番川幅が長いところがありまして、二キロを超えた川幅なんですけれども、車で往復してみると、若干恐怖を感じているところもあって

大島敦

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

大島(敦)委員 片山大臣に一問質問をさせていただきます。  今週の金曜日には当委員会子ども貧困対策推進法案がかかる予定です。先日は児童虐待防止関連法改正案衆議院で可決をして、児童虐待についても、子供の貧困についても、そして性暴力被害についても、我が社会が抱えている問題は同じだと思っています。  刑法改正平成二十九年に行われて、当時、性犯罪を厳罰化した刑法改正案、そして令和二年、二〇二〇

大島敦

2019-05-20 第198回国会 衆議院 情報監視審査会 第4号

大島(敦)委員 きょうはありがとうございました。  先ほどのお話の中で、米村参考人から、特定秘密保護法案ではなくて特定情報管理法案の方がよかったのではないかというのは、非常に感銘を受けました。  今の特定秘密保護法案、私、特別委員会野党側筆頭理事として対案を出してずっと審議をしておりまして、一番最初、違和感を覚えたのは、戦後初めてです、閣法で国会議員を処罰する法律は。公職選挙法についても、あるいは

大島敦

2019-05-17 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第17号

大島(敦)委員 そうなんですね。ただ、行政書士会先生と話をすると、個人的なんですけれども、行政書士会総務省の管轄ですので、弁護士会あるいは司法書士会は法務省なので結構敷居が高いというお話がありましたので、士業専門職後見人と位置づけるようでしたら、きょうは最高裁判所政府参考人は呼んではいないんですけれども、その点についても、行政書士会あるいは税理士会についても、対応ぶりについては、同じような

大島敦

2019-05-17 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第17号

大島(敦)委員 国民民主党大島です。  成年後見人等権利の制限に係る措置適正化を図るための関係法律整備に関する法律案につきまして、質問をさせていただきます。  この質問に先立って、私、何人か、成年後見人をされている方のお話を伺いました。こんな大変な仕事と思いませんでした。結構な事務的な負荷がかかる仕事です、これは。ですから、成年後見人を、これから質問の中で、今二十二万人、高齢化に伴って、

大島敦

2019-04-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第12号

大島(敦)委員 ありがとうございました。  先ほどの警察庁の答弁でも、今ぐらいの答弁はしていいと思います。秘密だから言えないというよりも、何も言えないというよりも、多少誠意を持って答えた方がいいのかなと思いました。  その次なんですけれども、政府は、現在、ドローン利活用を促進しており、ぜひこれを進めていただきたいと思っているんですけれども、先ほどの安全保障観点から、政府が使用するドローンについては

大島敦

2019-04-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第12号

大島(敦)委員 今の御答弁の中で、私も、今回の法案審議に当たってマスコミ報道等を見てみると、米軍については、特定の国のドローンについては排除しているやの記事が載っておりまして、やはり今後のドローンについては、今の安全保障上のリスクというのは、その点も踏まえてという理解でいいかどうかだけ答弁いただければありがたいんですけれども。

大島敦

2019-04-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第12号

大島(敦)委員 国民民主党大島です。  今回の法案に対して、何問か質問をさせていただきます。  ドローン技術は急速に向上していると思っていまして、去年の一月、香港からシンセンに入って、四日ほど向こうのハイテクベンチャーについてずっと勉強させていただいたときに、シンセンに入るに当たって、私、この十本の指の指紋顔認証をされたものですから、この話を中国の方に言ったら、怖くないと、私たちは悪いことしていませんから

大島敦

2019-04-03 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第10号

大島(敦)委員 その中で、全世代というのはよくわかるんです。ただ、私が申し上げているのは、税の問題は税の問題として考えて、この社会保障を考えた場合には、全世帯ですね、所得に応じて給付していくのか、これは、所得については、全員に給付するのかというこの哲学があるものですから、首相としてのその哲学を聞かせていただければと思います。

大島敦

2019-04-03 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第10号

大島(敦)委員 ありがとうございました。  特に人事に関しては、為政者として相当気をつけないと、周りはその顔を見ながら仕事をすることになるものですから、そこのところは私としては極めて重要であるかなと考えております。  それと、本題の、今回の子ども子育て法案審議に入っていきたいんですけれども、哲学が必要だというお話宮腰大臣にはさせていただいています。やはり、社会保障制度でありますので、一つ

大島敦

2019-04-03 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第10号

大島(敦)委員 国民民主党大島です。  二十五分間、何点か質問をさせてください。  冒頭質問通告とは違うことなんですけれども、先ほどの、ちょっと副大臣の不適切な発言があって、そのことについて若干触れさせてください。  私も、公務員制度改革に携わったことがあって、今の内閣人事局よりももう少し強烈な政治主導を強調した法案を当内閣委員会に提出し、衆議院では通して、参議院に送ったことがあります。そのときの

大島敦

2019-03-27 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第9号

大島(敦)委員 大臣、今の答弁にあったとおり、今後はやはりなかなか中間層ができにくいというお話をもう一回させていただいて、低スキル仕事と非常に高いスキル仕事しか残らない社会に私たちは今入ろうとしているんですよ。  ですから、こういう社会保障制度の設計は、前回申し上げましたとおり、私は、所得格差なく給付すべきという立場をとっていて、あとはさまざまな税によって調整すればという考え方をとっていますので

大島敦

2019-03-27 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第9号

大島(敦)委員 国民民主党大島です。  三十分ほど質問をさせていただきます。  先ほど参議院の本会議が開かれているときに、当委員会は休憩でした。私のこちらの事務所、東京あるいは地元事務所で、インターンシップ生をしていただいた大学生、四月一日から就職するものですから、いろいろと話していまして、給与、どのくらいって聞いたんです、一カ月当たり。しっかりとした方です、女性の方。二十万円、ボーナス三カ月

大島敦

2019-03-20 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第7号

大島(敦)委員 今、政府参考人から御答弁がありました。私学幼稚園から移行するに当たっては、子ども子育て支援制度による施設給付型の認定幼稚園になるのか、もう一つは、そのまま認定こども園になるという、段階としては、幼稚園があって、施設給付型の幼稚園があって、その先に認定こども園がある、あるいは、幼稚園から直接認定こども園になる、そういう移行の理解でよろしいですか。

大島敦

2019-03-20 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第7号

大島(敦)委員 子ども子育て支援制度をつくる前の議論にずっと参加していたものですから、当時の私立学校幼稚園は結構反発していたのは事実です。やはり自由に教育をしたいという思いを私学幼稚園は持っていまして、それを厚生労働省的なシステムに変えるものですから、そこの反発は結構強かったと承知をしております。  私も、当時は、もうちょっと私学幼稚園としての裁量の幅、自由な教育を進めた方がいいのではないかという

大島敦

2019-03-20 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第7号

大島(敦)委員 国民民主党衆議院議員大島です。  今回の法案について何点か質問をさせていただきたいと思います。  まず、今回の法案ベースになっている制度は、子ども子育て支援制度ベースになって今回の法案幼児教育無償化が出てきていると認識をしておりまして、まず、この子ども子育て支援制度評価について。  これまで皆さんここで議論したとおり、都道府県によって相当グラデーションがあると

大島敦

2019-03-13 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第5号

大島(敦)委員 ありがとうございました。  研究開発で一番必要なのは、いろいろな戦略をつくることも非常に大切だとは思いますけれども、予算だと思います。やはり多くの予算を確保することが、その分、研究開発がよりよい環境になって、より多くの方が参加するものですから、そこの予算獲得についての御尽力をお願いいたします。  次に、前回答弁を求めることが時間の都合上できなかった準天頂衛星について、まずは国交省から

大島敦

2019-03-13 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第5号

大島(敦)委員 櫻田大臣、ありがとうございます。  ですから、現状認識もあるんですけれども、その次の時代に備えたサイバーセキュリティー空間我が国としてどうやって構築していくかというテーマについて今後御議論をしていただければなと思いますので、よろしくお願いいたします。  続きまして、平井大臣に。  平井大臣に当委員会質問するためには、かぶっているところを質問しなくちゃいけないというのがあって、冒頭

大島敦

2019-03-13 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第5号

大島(敦)委員 衆議院議員大島です。  前回質問に引き続いて、科学技術を中心に質問させてください。あともう一つは、サイバーセキュリティー関係についても質問をさせていただきたいと考えております。  ことしは平成三十年。三十年前は、一九八九年十一月九日、ベルリンの壁が崩壊したのがちょうど三十年前です。  私は、一九八三年から八七年までドイツのデュッセルドルフに駐在をしていて、その二年後のベルリン

大島敦

2019-03-08 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第4号

大島(敦)委員 前向きな答弁ありがとうございます。国家公安委員会での議事の要旨及びその細目についてしっかりと公開することが、警察行政全般についての一つの、先ほど申し上げました民主的な統制と政治的な中立性によるかと思います。  特に、その政治的な中立性に付言すれば、警察法の中でこういう記載がありまして、国家公安委員会の五人のメンバーのうち三人以上は同じ政党に属してはいけないという規定があって、恐らくそれは

大島敦

2019-03-08 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第4号

大島(敦)委員 組織に属する人、職員として一番どこを見て仕事をするかというと、やはり人事権者の意向をしっかり酌みながらということになると思います。  ですから、国家公安委員会でどういう議論が行われているのか。これは、国家公安委員会だと、大綱をしっかりつくる、あるいは国家公安委員会がその時々のテーマについてしっかりとどういう議論を行っているかということについて公開をし、そしてそのことによって、各警察

大島敦

2019-03-08 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第4号

大島(敦)委員 衆議院議員大島です。  今回の警察法改正案について、何点か質問をさせていただきます。  まず、地元警察官の方、交番の職員の方、本当に一生懸命仕事をしていただいておりまして、今の詐欺事件特殊詐欺事件についても、各町内会あるいは老人会の集会に出ながら、最近こういう詐欺事案があるので気をつけてくださいということを一生懸命にアナウンスしていただいたり、あるいは、国家公安委員長地元

大島敦

2018-12-06 第197回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

衆議院議員大島敦君) 御質問ありがとうございます。  私も、国立の研究所、ほぼ全て行っておりまして、研究者の方と意見交換をさせていただいています。その中で、やはり我が国が成長を続け新たな価値を生み出していくためには、この科学技術イノベーションを担う創造性豊かな若手研究者の育成、確保が不可欠であると考えております。  このために、例えば、優秀な若手研究者を雇用した研究機関への支援業績評価適正化

大島敦