運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
591件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1977-08-03 第81回国会 衆議院 予算委員会 1号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  予算の実施状況に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたすこととし、その手続につきましては、委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

坪川信三

1977-06-07 第80回国会 衆議院 予算委員会 27号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  まず、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。  理事田中正巳君の委員辞任に伴い、理事が一名欠員となっております。この際、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

坪川信三

1977-03-30 第80回国会 衆議院 本会議 15号

○坪川信三君 ただいま議題となりました昭和五十二年度一般会計暫定予算外二件について、予算委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。  この暫定予算三件は、本年四月一日から十六日までの期間について作成されたものであります。  三件は、昨二十九日予算委員会に付託され、本日、政府から提案理由の説明を聴取し、質疑を行った後、採決いたしました。  一般会計暫定予算歳出は、一兆六千四百四十三億円

坪川信三

1977-03-30 第80回国会 衆議院 予算委員会 26号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  昭和五十二年度一般会計暫定予算昭和五十二年度特別会計暫定予算及び昭和五十二年度政府関係機関暫定予算、以上三件を一括して議題といたします。  まず、三件について政府より趣旨の説明を求めます。坊大蔵大臣。  昭和五十二年度一般会計暫定予算  昭和五十二年度特別会計暫定予算  昭和五十二年度政府関係機関暫定予算     〔本号末尾に掲載〕

坪川信三

1977-03-18 第80回国会 衆議院 本会議 13号

○坪川信三君 ただいま議題となりました昭和五十二年度一般会計予算外二件につきまして、予算委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。  この予算三件は、去る二月三日に予算委員会に付託され、同月五日政府から提案理由の説明があり、同月七日より質疑に入り、公聴会、分科会を合わせて二十九日間審議を行い、本十八日討論、採決をいたしたものであります。  まず、予算の規模等について申し上げます。  一般会計予算

坪川信三

1977-03-18 第80回国会 衆議院 予算委員会 25号

○坪川委員長 これにて寺前君の質疑は終了いたしました。  午後一時十分より再開することとし、この際、休憩いたします。     午後零時二十五分休憩      ――――◇―――――     午後一時十七分開議

坪川信三

1977-03-17 第80回国会 衆議院 予算委員会 24号

○坪川委員長 ただいまの保留されている質疑のお答えを、午後答弁を願いたいと思います。申し上げておきます。  午後一時十分より再開することとし、この際休憩いたします。     午前十一時五十九分休憩      ――――◇―――――     午後一時十一分開議

坪川信三

1977-03-16 第80回国会 衆議院 予算委員会 23号

○坪川委員長 昭和五十二年度一般会計予算昭和五十二年度特別会計予算及び昭和五十二年度政府関係機関予算、以上三件を一括して議題といたします。  去る十一日から審査を行ってまいりました分科会の審査は、昨日をもって全部終了いたしました。  この際、各分科会主査より、それぞれの分科会における審査の報告を求めます。  まず、第一分科会主査木野情夫君。

坪川信三

1977-03-16 第80回国会 衆議院 予算委員会 23号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動により、現在、理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じますが、これは先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。     〔「異議なしと」呼ぶ者あり〕

坪川信三

1977-03-10 第80回国会 衆議院 予算委員会 22号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  昭和五十二年度一般会計予算昭和五十二年度特別会計予算及び昭和五十二年度政府関係機関予算、以上三件を一括して議題といたします。  この際、理事会の協議により、委員長から申し上げます。  去る三月二日、本委員会理事会において野党各党から減税案が提示され、速やかに誠意ある回答を求められておりましたが、理事会におきましては連日協議を重ねる一方、七日に減税問題について

坪川信三

1977-03-07 第80回国会 衆議院 予算委員会 21号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  昭和五十二年度一般会計予算昭和五十二年度特別会計予算及び昭和五十二年度政府関係機関予算、以上三件を一括して議題といたします。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  昭和五十二年度総予算審査のため、本日、参考人として、日本労働組合評議事務局長富塚三夫君、循環資源研究所所長村田徳治君、産業研究所理事稲葉秀三君、以上三君の出席を求

坪川信三

1977-02-25 第80回国会 衆議院 予算委員会 14号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  昭和五十二年度一般会計予算昭和五十二年度特別会計予算及び昭和五十二年度政府関係機関予算、以上三件を一括して議題といたします。  この際、特に理事会の協議により議事を進めます。  ロッキード問題に関する昨年二月の本院決議並びに同年四月の両院議長裁定に対する総理の所信をお伺いいたします。福田内閣総理大臣

坪川信三

1977-02-23 第80回国会 衆議院 予算委員会 12号

○坪川委員長 この際、政府側に申し上げておきますが、十六名の質疑者がありまして、各党の理解ある理事会の協議の結果、お一人が十二、三分、お三人が二十分と十五分と二十五分というような事情でございますので、答弁は簡明率直にお願いいたします。

坪川信三

1977-02-23 第80回国会 衆議院 予算委員会 12号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  昭和五十二年度一般会計予算昭和五十二年度特別会計予算及び昭和五十二年度政府関係機関予算、以上三件を一括して議題といたします。  理事会の協議により、総括質疑の保留分について質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、これを許します。工藤晃君。

坪川信三

1977-02-22 第80回国会 衆議院 予算委員会公聴会 2号

○坪川委員長 これより各公述人に対する質疑に入ります。  質疑は、お一人答弁を含めまして十分程度にお願いいたします。公述の諸先生も、さよう御了承おき願いたいと思います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。小林進君。

坪川信三

1977-02-22 第80回国会 衆議院 予算委員会公聴会 2号

○坪川委員長 これより会議を開きます。  昭和五十二年度一般会計予算昭和五十二年度特別会計予算及び昭和五十二年度政府関係機関予算、以上三件について公聴会を行います。  この際、御出席の公述人各位に一言ごあいさつを申し上げます。  公述人各位には、御多用中にもかかわらず御出席をいただきまして、まことにありがとうございました。昭和五十二年度総予算に対する各位の御意見を拝聴し、予算審議の貴重な参考といたしたいと

坪川信三