運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
63件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-16 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第21号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  諸外国におきましても無人航空機に係る規制検討制度整備が進められておりますけれども、今後、我が国でも無人航空機安全性確保のための諸制度整備を具体的に進めていくに際しまして、国際的なルールとの調和、整合を図ることは重要でございます。  現在、我が国も国際的なルールについて議論をする各国航空当局間会合のメンバーとなっておりまして、また機体安全性

和田浩一

2020-06-16 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第21号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  小型無人機等飛行禁止法改正では、国土交通大臣が必要と認める空港重要施設として指定し、小型のものも含めたドローンパラグライダー等による上空飛行禁止に加えまして、警察官等による退去命令や、これに従わない場合の必要な措置等を可能とする内容としています。このような強い規制が課されることになるので、国民生活経済活動観点から特に重要な空港として、まずは

和田浩一

2020-06-16 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第21号

政府参考人和田浩一君) お答えいたします。  ドローンを始めとする無人航空機につきましては、現行制度では、その飛行に関する基本的なルールといたしまして、人口集中地区上空操縦者の目視の範囲外といった比較的リスクの高い飛行につきまして、事前に国土交通大臣許可や承認を得ることを必要としております。  近年では無人航空機利活用が急速に進んでおりますが、その一方で、飛行中に突然制御不能となり紛失するなどの

和田浩一

2020-06-03 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第17号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  平成二十六年に羽田空港の新飛行経路を提案して以降、住民説明会等では騒音影響を軽減してほしいと御意見を多くいただきました。  このような声を受けまして、着陸地点海側に移設することによる飛行高度の引上げでありますとか、着陸料体系見直しによる低騒音機導入促進、また、降下角引上げによる飛行高度の引上げなどの騒音対策をお示ししてまいりました。  本年一月から

和田浩一

2020-06-03 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第17号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  苦情の件数でございますけれども、実機飛行確認実施した日、これは十日間あるんですけれども、十日間におきまして、国及び特設のコールセンターに御意見等をいただいた合計件数は、千百四十七件になります。また、新飛行経路運用を開始した三月二十九日から五月三十一日時点までの六十四日間におきまして御意見をいただいた件数は、合計で二千五百四十八件となっております。

和田浩一

2020-06-03 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第17号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  航空輸送は、グラウンドハンドリング、給油、ケータリングなどの多くの事業者によって支えられておりまして、これらの事業者経営に大きな影響を受けていることから、しっかりと支援をしていく必要があると考えております。  国土交通省といたしましては、これらの事業者要望を踏まえまして、空港会社等と連携をして、賃料の免除や支払い猶予等実施するとともに、雇用調整助成金

和田浩一

2020-05-29 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第16号

和田政府参考人 お答えいたします。  ユーザーの利便性という観点からは委員指摘のとおりだと思っております。  一方で、今般創設をする登録制度運用に当たりましては、国による厳格な本人確認等が必要となるものでありまして、民間のシステムで管理されている情報を自動的に登録システム登録することには課題があるというふうに思っております。  一方で、登録システムの構築に当たりましては、例えば、マイナンバー

和田浩一

2020-05-29 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第16号

和田政府参考人 お答えいたします。  近年では、性能向上した無人航空機も多数出現をしております。そうした中で、二百グラム未満であっても衝突した場合に地上の人や物やまた航行中の航空機等の安全を損なうおそれがあるものが出てきておりますので、今後も更に性能向上によってこのような機体がふえてくることも考えられるところでございます。  このため、登録制度が施行されるまでの間に国土交通省令改正をいたしまして

和田浩一

2020-05-29 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第16号

和田政府参考人 お答え申し上げます。  無人航空機登録制度につきましては、アメリカや中国、イギリス、カナダ等におきましては既に導入をされており、オーストラリアやEU各国においても本年あるいは来年に導入することが既に決定をしていると承知をしております。  登録対象となる無人航空機範囲につきましては、落下したドローンが人体に衝突した場合に死亡する程度の被害が生じるリスクを考慮して、各国おおむね二百五十

和田浩一

2020-05-27 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第15号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  福岡空港においては、慢性的に発生しているピーク時の航空機混雑を解消するため、平成二十七年度に滑走路増設事業に着手をいたしまして、令和六年度末の供用を目標に事業を進めているところでございます。  増設される滑走路は現滑走路との間隔が二百十メーターでございまして、二機同時に離着陸することはできませんが、滑走路上離陸待機が可能となりますので、一時間当たりの滑走路処理容量

和田浩一

2020-05-27 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第15号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  新型コロナウイルス影響により、福岡空港では、委員指摘のとおり、航空便便数旅客数とも減少をしております。そして、福岡国際空港株式会社においても収入が大きく減少している状況にあると承知をしております。  空港会社は、航空利用者にとって不可欠な公共インフラである空港の運営を担うものであり、雇用を確保しつつ事業が継続できるようにしっかりと支援をしていく必要

和田浩一

2020-05-27 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第15号

和田政府参考人 お答え申し上げます。  現在、航空会社は、便数旅客数ともに大幅に減少しており、二月から五月に限っても業界全体で五千億円の減収を見込むとともに、従業員の一時帰休等実施する会社もあるなど、経営状況が急速に悪化をし、足元では特に資金繰り対策喫緊課題となっております。  このため、航空会社の中には、既に雇用調整助成金申請を行っているものもあると承知をしておりますけれども、国土交通省

和田浩一

2020-05-20 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第13号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  ただいま委員指摘のとおり、発熱があり、せきや倦怠感等の症状が見られるような場合には、感染症が疑われる場合として、航空会社の方で運送約款に基づいて搭乗の取りやめを要請をしておりますけれども、航空会社の方では、仮に体調の悪い方が飛行機に乗られて折り返すようなことになった場合には大変困ることになるので、日ごろからお客様の様子というものには気を配っているということでございまして

和田浩一

2020-05-20 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第13号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  出発空港におけるサーモグラフィーを活用した体温確認でございますけれども、これは、広域的な感染拡大防止という観点で、先生おっしゃったとおり六空港実施をしている。一方、到着空港につきましては、到着した地域における感染拡大防止観点から自治体において実施をされているということでございます。  いずれにしても、国としても、先般、航空分野における新型コロナウイルス

和田浩一

2020-05-20 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第13号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  新型コロナウイルス感染拡大により、我が国航空会社は、便数旅客数ともに大幅に減少しており、二月から五月に限っても業界全体で五千億円の減収を見込んでいます。そのため、経営状態が急速に悪化をし、足元では特に資金繰り対策喫緊課題となっております。  このため、今般の緊急経済対策に基づきまして、航空会社に対する着陸料航空機燃料税等支払い猶予でありますとか

和田浩一

2020-05-18 第201回国会 参議院 決算委員会 第5号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  羽田空港では、コロナウイルス感染症影響を受けまして、今週、これ五月十七日からの週でございますけれども、運航便数につきましては、国際旅客便感染症拡大前、これは一月の十九日からの週と比べておりますけれども、九五%以上減の週約三十五便、国内旅客便は同様に、八〇%減の週七百便となっております。

和田浩一

2020-05-18 第201回国会 参議院 決算委員会 第5号

政府参考人和田浩一君) お答えを申し上げます。  約六年前の平成二十六年に羽田空港の新飛行経路を提案させていただいて以降、その経路下となる各地で六巡にわたって住民説明会等を開催してまいりました。その中で、住民皆様からは、騒音影響を軽減してほしいとの御意見や御要望をいただいたところです。このような声を受けまして、これまで安全上支障のない範囲着陸地点海側に設置することにより高度を引き上げたり、

和田浩一

2020-05-13 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第11号

和田政府参考人 お答えいたします。  先ほど御答弁申し上げましたとおり、主要空港についての賃料引下げ、これはテナント支援ということで例を挙げさせていただきましたけれども、地方の空港におきましても同様な支援が必要だというふうに認識をしております。  国としても、さまざまな支援空港ビル会社なりに行っておりますので、それを原資とした形でテナント賃料引下げ等支援をしていただくように、これからも働

和田浩一

2020-05-13 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第11号

和田政府参考人 お答え申し上げます。  我が国主要空港空港ビルにおきましては、新型コロナウイルス影響によりテナントが厳しい状況に置かれていることを踏まえ、賃料について減免及び猶予対応を行っているところでございます。  具体的に申し上げますと、成田空港及び羽田空港の第三ターミナルにおきまして、テナントに対する賃料の二割について三カ月分の減免を、また、羽田空港の第一、第二ターミナルにおきましては

和田浩一

2020-05-13 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第11号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  委員指摘のとおり、新型コロナウイルス感染拡大に伴う利用者減少により、中部国際空港における国際旅客便はことし四月以降運休となっております。これによりまして、旅客便貨物室活用した国際航空貨物輸送供給量減少する一方で、国際航空貨物は引き続き一定需要があるということで、一部にはスペースの逼迫等が生じていると聞いております。  このため、航空会社では

和田浩一

2020-05-08 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第10号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  規模としては含まれております。このほか融資なども含まれておりまして、日本政策投資銀行による危機対応融資の枠、これは航空以外の業種も含めまして全体で五兆円の計上ということでございますので、この内数の中に入っているというふうに承知をしております。

和田浩一

2020-05-08 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第10号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  繰り返しになってしまいますけれども、実際の猶予額各社運航状況によって決まるということでございまして、減便状況も日々刻々と変わってきているというような状況でございます。  先ほど申し上げましたように、空港使用料等につきましては、予算ベースでは二千五百億円、これを半年猶予するということでございますが、ここからどのぐらい減便するかによって実際の猶予額が決まってくると

和田浩一

2020-05-08 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第10号

和田政府参考人 お答え申し上げます。  ただいま委員からお尋ねのありました件でございますけれども、まず、空港使用料等につきましては、令和二年度の予算ベースで約二千五百億円、御指摘のとおりです。航空機燃料税につきましては、同様のベースで約七百億円が見込まれているところでございます。  この実際の猶予額でございますけれども、これは各社運航状況等によって決まるということでございまして、減便などがございますので

和田浩一

2020-04-15 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第9号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  無人航空機飛行に係る安全確保のため、所有者等を把握し、原因究明安全確保措置を講じさせることなどを目的として、無人航空機登録制度創設を盛り込んだ航空法等改正案を今国会に提出をしてございます。  この無人航空機登録に当たりましては、申請者等真正性を確保するために、マイナンバーカード等によりまして本人確認を行うことを予定しておりますし、不正な手段

和田浩一

2020-04-13 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第2号

和田政府参考人 お答えをいたします。  航空業界においては、今般の緊急経済対策に基づく危機対応融資等活用などによりまして、当面の資金繰りは可能になるものと見込んでおります。  しかし、新型コロナウイルス感染症の終息は現時点で見通せない状況でございますので、更に状況悪化した場合には、航空会社資金繰り等も踏まえ、さらなる支援策について総合的に検討してまいりたいと考えております。

和田浩一

2020-04-10 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第7号

和田政府参考人 お答えをいたします。  新型コロナウイルス影響により延期された修学旅行につきましては、一定期間運賃据置きで振りかえ可能としていると承知をしております。  この期間につきましては、各社で相違が生じておりますけれども、これは、予約状況等に応じて各航空会社経営判断により決定されているものと認識をしております。

和田浩一

2020-04-10 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第7号

和田政府参考人 お答えをいたします。  航空機燃料税は、空港整備等の財源として徴収しているものであり、近年の社会情勢も踏まえまして、首都圏空港機能強化など国際競争力強化や防災・減災対策など、必要な事業に充てられております。  その税率につきましては、令和二年度の税制改正において本税の軽減措置が二年間延長されたところでございます。また、緊急経済対策におきましては、航空会社足元資金繰り対策として

和田浩一

2020-04-06 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会第四分科会 第1号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  羽田空港現時点での減便状況であれば、発着容量のみの観点からは、従来より使用されてきた飛行経路受入れが可能となっております。  一方で、新型コロナウイルス影響が収束した後の速やかな増便の実現でありますとか、首都圏における騒音共有観点等も踏まえ、新しい飛行経路運用を続けたいと考えております。

和田浩一

2020-04-06 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会第四分科会 第1号

和田政府参考人 お答え申し上げます。  週で見た場合、先週、三月二十九日から四月四日までの一週間でございますけれども、前年同期と比べまして、国際旅客便は、羽田空港マイナス八一%、成田空港マイナス八八%でございます。それから、国内旅客便につきましては、羽田空港マイナス二〇%、成田空港マイナス二〇%となっております。

和田浩一

2020-04-06 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会第四分科会 第1号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  新型コロナウイルス感染拡大影響によりまして、旅客便中心世界的に大幅な減便運休が生じており、我が国においても、本年三月は、前年同月と比べ、国際旅客便でございますけれども、羽田空港マイナス四六%の月約千八百便、成田空港マイナス四二%の月約四千便となっております。国内旅客便につきましては、羽田空港マイナス一五%の月一万二千便、成田空港はプラス〇・

和田浩一

2020-03-25 第201回国会 参議院 予算委員会 第14号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  昨日、実機飛行確認における騒音測定結果についての精査の結果を御報告、公表させていただきました。  まず、それぞれの騒音測定局、十九個ございますけれども、大型機中型機小型機別実測値平均を算出をいたしました。これまで住民説明会でお示ししてきました推計平均値と比較をいたしますと、実測値平均のうち約六割は推計平均値と同等、二割は推計平均値以下でございましたけれども

和田浩一

2020-03-25 第201回国会 参議院 予算委員会 第14号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  羽田空港の新飛行経路運用開始に向け、管制官が新飛行経路運用の手順を確認するほか、新たに設置した航空機騒音測定局調整を行うため、北風南風、それぞれ七日間、実機飛行による確認を行いました。  具体的には、北風運用では一月三十日から二月五日の間で五百二便、南風運用では二月二日から二月十二日までの七日間におきまして七百六十五便の確認を行わせていただきました

和田浩一

2020-03-18 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第3号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  昭和六十三年に、京浜島事業者等から京浜島上空飛行禁止等を求める訴訟が提起をされました。その訴訟の中で、平成六年当時の航空事情を踏まえまして、沖合展開後の新しいC滑走路供用開始された段階においては原則として航空機京浜島上空飛行しないということを国として表明したものでございます。  その後、さまざまな事情変化がございます。  まず一点目、平成六年からの

和田浩一

2020-03-18 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第4号

政府参考人和田浩一君) お答えいたします。  降下角の三・四五度への引上げにつきましては、航空会社の協力をいただいてシミュレーションによる安全性検証実施いたしました。その結果、三・四五度のまま進入をするという方式に加えまして、三・四五度を超える角度で一旦降りて、今先生がおっしゃっていたように三度に会合するという方式についても可能ということにさせていただいております。この点につきましては、昨年七月

和田浩一

2020-03-18 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第4号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  騒音の値につきましては、現在速報値をお示ししておりまして、その速報値について精査を加えているところでございます。できる限り早くこれをまとめまして、騒音影響についての効果がどうだったのかという点も含めまして、お示しをしたいと考えております。

和田浩一

2020-03-18 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第4号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  約六年前の平成二十六年に羽田空港の新飛行経路を提案させていただいて以降、その経路下となる各地で六巡にわたって住民説明会を開催してまいりました。その中で、住民皆様からは、騒音影響を軽減してほしいという御意見、御要望をいただいてきたところでございます。  このような声を受けまして、これまで、安全上支障のない範囲着陸地点を移設することによりまして高度

和田浩一

2020-03-10 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  住民の方々からの航空機からの落下物に対する懸念を踏まえまして、航空機から落下物に対する懸念や不安の払拭を図るべく、二〇一八年三月に落下物対策総合パッケージを取りまとめまして、落下物対策を充実強化いたしました。特に、世界に類を見ない基準であります落下物防止対策基準を策定いたしまして、機体の改修でありますとか、整備、点検の徹底等、ハード、ソフト両方観点

和田浩一

2020-03-10 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

政府参考人和田浩一君) お答えいたします。  今般の飛行経路見直しのうち、出発経路につきましては、北風運用時にC滑走路、これは海側滑走路でございますけれども、C滑走路から離陸して荒川を北上する経路と、南風運用時にB滑走路から南西方面川崎方面に離陸する経路を新たに設定することとしております。これによりまして、新たに江東区、江戸川区、大田区及び川崎市等が出発経路下となるため、騒音対策について丁寧

和田浩一

2020-03-10 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  来る東京オリンピックパラリンピック大会の成功や首都圏国際競争力強化、そして増加する訪日外国人旅行者のスムーズな受入れ等を実現するために、首都圏空港機能強化は必要不可欠というふうに考えております。そのうち、羽田空港機能強化に関する具体的方策につきましては、学者、専門家先生方、また東京都等を交えて検討、協議を重ねてまいりましたけれども、羽田空港

和田浩一

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

和田政府参考人 お答えを申し上げます。  羽田空港は、飛行経路見直して、ことしの三月二十九日から一日五十便の国際線を増便するという予定にしております。  特に、新しい飛行経路安全面では、降下角を三・四五度、通常は三度なんですけれども、それを引き上げることについて、安全面での懸念の声が聞こえております。  これにつきましては、我々、そもそもこれを提案したときに安全面でのさまざまな検証を行ったところでございますけれども

和田浩一

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

和田政府参考人 お答え申し上げます。  委員指摘のとおり、過去の事例として、九・一一の同時多発テロ以降、需要の低迷が続いている中で、平成十五年にSARSが発生をし、そして平成二十年にリーマン・ショック等発生をしということで、国際線中心航空産業を取り巻く環境が著しく悪化をして、その影響が長引いたことを踏まえて、それぞれの翌年度から着陸料軽減措置実施しております。  先ほども御答弁申し上げましたけれども

和田浩一

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

和田政府参考人 お答え申し上げます。  本邦航空会社からは、中国路線中心に大幅な国際線運休減便発生しているとともに、国内線につきましても、修学旅行を始め団体旅行のキャンセルでありますとか出張自粛等による個人予約の落ち込みによりまして、本年三月の予約が対前年比で三割から四割程度減少しているというふうに聞いております。  このため、航空業界からは、委員指摘のように、空港使用料減免措置の拡充

和田浩一

2020-03-05 第201回国会 参議院 予算委員会 第7号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  那覇空港で建設中の滑走路等土木空港土木施設につきましては、レベル地震動としてマグニチュード五・六、最大加速度二百三十一・六ガル直下型地震を想定をしております。また、現在供用中の滑走路等空港土木施設の一部につきましては、レベル地震動としてマグニチュード八・〇、最大加速度四百四十五・八ガルの海溝型の沖縄本島南東地震を想定しております。

和田浩一

2020-03-05 第201回国会 参議院 予算委員会 第7号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  国土交通省では、航空輸送上重要な空港として、十三空港におきましてレベル地震動対応した空港土木施設整備を進めてきております。  具体的に申し上げますと、羽田、成田中部、伊丹、関西、新千歳、福岡、那覇、仙台、新潟、高松、広島、鹿児島の十三空港でございます。

和田浩一

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  国土交通省では、東京オリンピックパラリンピック大会の開催を控えまして、航空保安対策重要性が一層増していく中で、ボディースキャナー爆発物自動検知装置等の先進的な保安検査機器導入を推進をしております。  AI等活用した新技術につきましては、高い検査精度、また利便性のほか、人手不足への対応にも資すると考えておりまして、現在、日本を含む世界各国

和田浩一

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  先生指摘のとおり、成田空港と都心を結ぶ交通アクセス改善利用者利便観点から極めて重要な課題でありまして、特に、発着回数五十万回化を見据えると、鉄道やバスなど空港アクセスの在り方について更なる改善が必要であるというふうに考えております。その際、アクセス交通容量の増加と空港利用者利便性向上の両立、また深夜早朝時間帯のアクセス交通利便性向上

和田浩一

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

政府参考人和田浩一君) お答え申し上げます。  先生指摘のとおり、近隣のアジア諸国で激化する空港間競争の中で我が国国際競争力強化訪日外国人の更なる受入れ等を図るため、既存のB滑走路の延伸やC滑走路新設等によりまして、成田空港発着容量年間五十万回とする機能強化を行っているところでございます。  これらにつきましては、昨年十一月に成田国際空港株式会社より航空法に基づく空港施設変更許可申請

和田浩一

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

和田政府参考人 お答えいたします。  これまでの説明会等では、各地区での音の聞こえ方の御参考になるように最大騒音レベルをお示ししてまいりました。この最大騒音レベルは、標準的な数値をお示ししておりますけれども、運航条件でありますとか、また気象条件によって上下にばらつきが生じるものである点は御説明をさせていただいておりました。  その前提を御理解いただいた上で、今お尋ねがありました、騒音実測値最大騒音

和田浩一

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

和田政府参考人 お答えをいたします。  成田空港につきましては、先生指摘のとおり、空港発着容量年間五十万回とする機能強化を進めているところでございます。そのために必要な旅客ターミナルビル等につきましては、今後の航空需要の増大に応じて将来の展開用地も十分に見込めるように、その配置を検討していくこととしております。  また、五十万回を見据えると、鉄道や自動車など空港アクセスのあり方についても見直

和田浩一