運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
237件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

国務大臣吉川貴盛君) このA―FIVEにつきましては、本年四月の十七日に新たな投資計画を策定、公表をするとともに、日本政策金融公庫地方銀行との連携強化、投資判断プロセスや投資後のモニタリング体制の改善、徹底した経費削減等、役職員が一丸となった改善が進められていると承知もいたしております。  農林水産省といたしましては、A―FIVEにおける経営改善とともに、新たな事業チャレンジする農林漁業者への

吉川貴盛

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

国務大臣吉川貴盛君) 植物新品種は、農業者の収益の増大をもたらす我が国農業イノベーション源泉の一つであると承知をいたしております。  このような優良な種子、種苗の供給を行う我が国の種苗産業の発展は、我が国の農業競争力の強化に欠かせないものと考えておりまして、この点につきましても小川委員とも同感でございます。  しかしながら、一方で優良品種の海外流出ですとか品種開発の停滞といった課題も抱えておりますことから

吉川貴盛

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

国務大臣吉川貴盛君) この農林漁業成長産業化支援機構、いわゆるA―FIVEでありますけれども、これは、農林漁業の成長産業化に資するため、農林漁業者による六次産業化等の取組を支援することを目的として平成二十五年一月に設立されたものでございます。  A―FIVEは、これまでに百四十三件、百三十七億円の出資決定を行いまして、農林漁業者に対する出資や経営に関する様々なアドバイスを行うことを通じてブランド

吉川貴盛

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第15号

国務大臣吉川貴盛君) このA—FIVEにつきましては、本年四月の十七日に新たな投資計画を策定、公表をするとともに、日本政策金融公庫地方銀行との連携強化、投資判断プロセスや投資後のモニタリング体制の改善、徹底した経費削減等、役職員が一丸となった改善が進められていると承知もいたしております。  農林水産省といたしましては、A—FIVEにおける経営改善とともに、新たな事業チャレンジする農林漁業者への

吉川貴盛

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第15号

国務大臣吉川貴盛君) 植物新品種は、農業者の収益の増大をもたらす我が国農業イノベーション源泉の一つであると承知をいたしております。  このような優良な種子、種苗の供給を行う我が国の種苗産業の発展は、我が国の農業競争力の強化に欠かせないものと考えておりまして、この点につきましても小川委員とも同感でございます。  しかしながら、一方で優良品種の海外流出ですとか品種開発の停滞といった課題も抱えておりますことから

吉川貴盛

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第15号

国務大臣吉川貴盛君) この農林漁業成長産業化支援機構、いわゆるA—FIVEでありますけれども、これは、農林漁業の成長産業化に資するため、農林漁業者による六次産業化等の取組を支援することを目的として平成二十五年一月に設立されたものでございます。  A—FIVEは、これまでに百四十三件、百三十七億円の出資決定を行いまして、農林漁業者に対する出資や経営に関する様々なアドバイスを行うことを通じてブランド

吉川貴盛

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

国務大臣吉川貴盛君) ただいまの災害関連情報システムの不適切な運用管理についての警告決議並びに災害復旧事業及び耐震補強工事において整備される施設安全確保について、競馬等の高額な払戻金に係る所得に対する課税について、和牛遺伝資源及び植物新品種の海外への流出防止について及び治山事業における不適切な事業実施についての審査措置要求決議につきましては、御趣旨を踏まえ、適切に対処してまいる所存であります。

吉川貴盛

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 第10号

国務大臣吉川貴盛君) ただいまの災害関連情報システムの不適切な運用管理についての警告決議並びに災害復旧事業及び耐震補強工事において整備される施設安全確保について、競馬等の高額な払戻金に係る所得に対する課税について、和牛遺伝資源及び植物新品種の海外への流出防止について及び治山事業における不適切な事業実施についての審査措置要求決議につきましては、御趣旨を踏まえ、適切に対処してまいる所存であります。

吉川貴盛

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

○吉川国務大臣 ただいま佐々木委員からお話をいただきましたように、EUの制度のもとになったフランス制度なども参考にしながら創設をしたものであるということを承知をいたしておりまして、我が国の農業者の減少と高齢化が進む中、新規就農者を確保、育成していくことは極めて重要であると考えております。  このため、就農初期の経営負担を軽減をして新規就農者の裾野を拡大する観点から本事業が実施をされているところでもございますので

吉川貴盛

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

○吉川国務大臣 今御指摘をいただきました件につきまして、一般論として、地方にある資源有効に活用をして地方経済の活性化につながるという委員の考え方については、私は、当然のこととして、好ましいものと考えるところでもございます。  そのような意味で、委員御指摘のように、もし農業などに影響を与えないような汽水化によりヤマトシジミの再生が技術的に実現可能であり、経済的な側面からも有用であるとするならば、地方経済

吉川貴盛

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

○吉川国務大臣 我が国農業の担い手の減少ですとか高齢化が進行する中、人手不足の解消、さらには生産性の飛躍的な向上などの実現を図る上で、今、木村委員から御指摘をいただいております先端技術を活用したスマート農業には、私は大きな可能性があると期待をいたしております。  スマート農業の推進に当たりましては、水稲等の土地利用型作物だけでなく、特に人手不足が深刻化している果樹や中山間地域等においても必要不可欠と

吉川貴盛

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号

○吉川国務大臣 ただいま佐々木委員からお話をいただきましたように、EUの制度のもとになったフランス制度なども参考にしながら創設をしたものであるということを承知をいたしておりまして、我が国の農業者の減少と高齢化が進む中、新規就農者を確保、育成していくことは極めて重要であると考えております。  このため、就農初期の経営負担を軽減をして新規就農者の裾野を拡大する観点から本事業が実施をされているところでもございますので

吉川貴盛

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号

○吉川国務大臣 今御指摘をいただきました件につきまして、一般論として、地方にある資源有効に活用をして地方経済の活性化につながるという委員の考え方については、私は、当然のこととして、好ましいものと考えるところでもございます。  そのような意味で、委員御指摘のように、もし農業などに影響を与えないような汽水化によりヤマトシジミの再生が技術的に実現可能であり、経済的な側面からも有用であるとするならば、地方経済

吉川貴盛

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号

○吉川国務大臣 我が国農業の担い手の減少ですとか高齢化が進行する中、人手不足の解消、さらには生産性の飛躍的な向上などの実現を図る上で、今、木村委員から御指摘をいただいております先端技術を活用したスマート農業には、私は大きな可能性があると期待をいたしております。  スマート農業の推進に当たりましては、水稲等の土地利用型作物だけでなく、特に人手不足が深刻化している果樹や中山間地域等においても必要不可欠と

吉川貴盛

2019-06-04 第198回国会 参議院 農林水産委員会 14号

国務大臣吉川貴盛君) 小川委員の御指摘は私はもっともだと思っておりまして、例えば、木材需要の大幅な減少ですとか激甚な山地災害の多発等が見られる場合には、その状況を注視しつつ、新たな樹木採取区の認定の可否について慎重に検討することを考えております。  今御指摘いただいたようなことも十分勘案をしながら進めていかなければならないと、こう思います。

吉川貴盛

2019-06-04 第198回国会 参議院 農林水産委員会 14号

国務大臣吉川貴盛君) 小川委員の御指摘の報道につきましては、承知をいたしているところでございます。日米貿易交渉は、ただいま茂木大臣とライトハイザー通商代表との間で、日米共同声明に沿って協議が行われていると承知もいたしております。  農林水産大臣としての私の責務でありまするけれども、これはもう日米共同声明を大前提に、将来にわたって我が国の農林水産業再生産を可能とする国境措置を確保することでございまして

吉川貴盛

2019-06-04 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第14号

国務大臣吉川貴盛君) 小川委員の御指摘は私はもっともだと思っておりまして、例えば、木材需要の大幅な減少ですとか激甚な山地災害の多発等が見られる場合には、その状況を注視しつつ、新たな樹木採取区の認定の可否について慎重に検討することを考えております。  今御指摘いただいたようなことも十分勘案をしながら進めていかなければならないと、こう思います。

吉川貴盛

2019-06-04 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第14号

国務大臣吉川貴盛君) 小川委員の御指摘の報道につきましては、承知をいたしているところでございます。日米貿易交渉は、ただいま茂木大臣とライトハイザー通商代表との間で、日米共同声明に沿って協議が行われていると承知もいたしております。  農林水産大臣としての私の責務でありまするけれども、これはもう日米共同声明を大前提に、将来にわたって我が国の農林水産業再生産を可能とする国境措置を確保することでございまして

吉川貴盛

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

国務大臣吉川貴盛君) 今、仁比委員から様々なお話をいただきましたように、山口県の北部に位置しまして、日本海に面する萩市や阿武町におきましては、基幹作物であります米に加えまして、冷涼な気候を生かした野菜等の生産が行われております。地域農業の担い手として、新規就農者の確保ですとか育成にも力を入れていると承知をいたしております。また、水産物につきましても、周辺水域が好漁場でありまして、様々な魚種が漁獲

吉川貴盛

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 第9号

国務大臣吉川貴盛君) 今、仁比委員から様々なお話をいただきましたように、山口県の北部に位置しまして、日本海に面する萩市や阿武町におきましては、基幹作物であります米に加えまして、冷涼な気候を生かした野菜等の生産が行われております。地域農業の担い手として、新規就農者の確保ですとか育成にも力を入れていると承知をいたしております。また、水産物につきましても、周辺水域が好漁場でありまして、様々な魚種が漁獲

吉川貴盛

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

国務大臣吉川貴盛君) 平野先生から山と人の付き合い方、さらには山の大切さというものを今お教えいただいたような感を強く持たせていただきました。  四月はみどりの式典もございました。さらには、間もなく今月は全国植樹祭という両陛下をお迎えをしての式典というものもございます。こういった機会を捉えて、山の大切さや木の大切さ、森の大切さというものをしっかり国民の皆さんにお伝えできるといいなと強く強く今聞き入

吉川貴盛

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

国務大臣吉川貴盛君) 今、平野先生から御指摘をいただきましたように、まさに我が国の木材輸出額は年々増加をいたしておりまして、平成三十年は対前年比七%増の三百五十一億円となりました。最近では米国への住宅フェンス用の製材の輸出が増加しているところでございまして、一方、品目別には丸太が四割を占めております。  木材につきましては、この丸太中心の輸出から付加価値の高い製品輸出への転換を推進することが重要

吉川貴盛

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

国務大臣吉川貴盛君) 平野先生の御指摘を踏まえて今長官から答弁をいたしましたけれども、国有林と民有林が近接した地域において両者の連携した取組を進めることは私は最も有効と考えておりますので、これからも国有林と民有林との連携をしっかりと図っていくことが大切であると考えておりますので、そのような方向をもって進めていきたいと、こう思います。

吉川貴盛

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第13号

国務大臣吉川貴盛君) 平野先生から山と人の付き合い方、さらには山の大切さというものを今お教えいただいたような感を強く持たせていただきました。  四月はみどりの式典もございました。さらには、間もなく今月は全国植樹祭という両陛下をお迎えをしての式典というものもございます。こういった機会を捉えて、山の大切さや木の大切さ、森の大切さというものをしっかり国民の皆さんにお伝えできるといいなと強く強く今聞き入

吉川貴盛

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第13号

国務大臣吉川貴盛君) 今、平野先生から御指摘をいただきましたように、まさに我が国の木材輸出額は年々増加をいたしておりまして、平成三十年は対前年比七%増の三百五十一億円となりました。最近では米国への住宅フェンス用の製材の輸出が増加しているところでございまして、一方、品目別には丸太が四割を占めております。  木材につきましては、この丸太中心の輸出から付加価値の高い製品輸出への転換を推進することが重要

吉川貴盛

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第13号

国務大臣吉川貴盛君) 平野先生の御指摘を踏まえて今長官から答弁をいたしましたけれども、国有林と民有林が近接した地域において両者の連携した取組を進めることは私は最も有効と考えておりますので、これからも国有林と民有林との連携をしっかりと図っていくことが大切であると考えておりますので、そのような方向をもって進めていきたいと、こう思います。

吉川貴盛

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

○吉川国務大臣 てん菜の作付面積、近年、担い手への農地集積が進む中、労働負荷がほかの作物より大きいことなどから、減少傾向にあると私は認識をいたしております。  他方、技術の向上などで単収や糖度は上がっておりまして、産糖量は、昨年、一昨年と六十万トンを超える水準で推移をしているところでございます。  やはり、てん菜というのは、北海道の畑作におきまして輪作体系を構成する重要な作物でありますので、生産振興

吉川貴盛

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

○吉川国務大臣 農産加工品の関税の引下げや撤廃によりまして、農産加工業者の経営に支障が生じるおそれがあることを認識をいたしておるところでございまして、このため、本法は、このような支障が生じる特定農産加工業者に対しまして、金融及び税制上の支援措置を講ずることにより、経営の改善を促進することを目的といたしております。  さらに、本法に基づく計画の承認に当たりましては、地域農産物の利用の促進又は地域農産物

吉川貴盛

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

○吉川国務大臣 今月の十三日でありますが、農林水産省が主催をいたします気候変動に対応する農業技術国際シンポジウムで挨拶をする機会を捉えまして、滋賀県におけるさまざまな農林水産分野の取組を視察をさせていただきました。  また、このシンポジウムにおきましては、大変すばらしい三日月知事のプレゼンもございましたし、各ブースで滋賀県琵琶湖との共生の姿をあらわした農林水産の展示もございましたので、そういった展示

吉川貴盛

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号

○吉川国務大臣 てん菜の作付面積、近年、担い手への農地集積が進む中、労働負荷がほかの作物より大きいことなどから、減少傾向にあると私は認識をいたしております。  他方、技術の向上などで単収や糖度は上がっておりまして、産糖量は、昨年、一昨年と六十万トンを超える水準で推移をしているところでございます。  やはり、てん菜というのは、北海道の畑作におきまして輪作体系を構成する重要な作物でありますので、生産振興

吉川貴盛

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号

○吉川国務大臣 農産加工品の関税の引下げや撤廃によりまして、農産加工業者の経営に支障が生じるおそれがあることを認識をいたしておるところでございまして、このため、本法は、このような支障が生じる特定農産加工業者に対しまして、金融及び税制上の支援措置を講ずることにより、経営の改善を促進することを目的といたしております。  さらに、本法に基づく計画の承認に当たりましては、地域農産物の利用の促進又は地域農産物

吉川貴盛

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号

○吉川国務大臣 今月の十三日でありますが、農林水産省が主催をいたします気候変動に対応する農業技術国際シンポジウムで挨拶をする機会を捉えまして、滋賀県におけるさまざまな農林水産分野の取組を視察をさせていただきました。  また、このシンポジウムにおきましては、大変すばらしい三日月知事のプレゼンもございましたし、各ブースで滋賀県琵琶湖との共生の姿をあらわした農林水産の展示もございましたので、そういった展示

吉川貴盛

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

国務大臣吉川貴盛君) 御説明申し上げます。  国有林野事業の債務につきましては、平成十年の国有林野事業の改革のための特別措置法に基づきまして、当時の債務三兆八千八百七十五億円のうち、二兆八千四百二十一億円は一般会計に帰属し、国債償還により返済するとともに、残りの一兆四百五十四億円と平成十五年度までの集中改革期間中の借入金二千三百四十二億円との合計一兆二千七百九十六億円は、林産物収入等により令和三十年度

吉川貴盛

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

国務大臣吉川貴盛君) 現在の国有林の管理経営におきましては、毎年度個別に伐採箇所を指定して入札をいたしまして、立木を買い付けた民間事業者が伐採をし、その後の植栽、保育は国が入札を実施し、落札した事業者が実施をしております。  今回導入しようとしております樹木採取権制度でありますけれども、現行の仕組みに加えまして、現在の立木販売で行っているような事業地をまとめて一定期間、安定的に伐採のみを行える権利

吉川貴盛

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

国務大臣吉川貴盛君) 国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び主要な内容を御説明申し上げます。  我が国の森林については、戦後造成された人工林が本格的な利用期を迎えております。この森林資源を切って、使って、植えるという形で循環利用していくことで、先人の築いた貴重な資産を継承、発展させることが、これからの森林林業政策の主要課題であります。  こうした

吉川貴盛

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

国務大臣吉川貴盛君) 御説明申し上げます。  国有林野事業の債務につきましては、平成十年の国有林野事業の改革のための特別措置法に基づきまして、当時の債務三兆八千八百七十五億円のうち、二兆八千四百二十一億円は一般会計に帰属し、国債償還により返済するとともに、残りの一兆四百五十四億円と平成十五年度までの集中改革期間中の借入金二千三百四十二億円との合計一兆二千七百九十六億円は、林産物収入等により令和三十年度

吉川貴盛

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

国務大臣吉川貴盛君) 現在の国有林の管理経営におきましては、毎年度個別に伐採箇所を指定して入札をいたしまして、立木を買い付けた民間事業者が伐採をし、その後の植栽、保育は国が入札を実施し、落札した事業者が実施をしております。  今回導入しようとしております樹木採取権制度でありますけれども、現行の仕組みに加えまして、現在の立木販売で行っているような事業地をまとめて一定期間、安定的に伐採のみを行える権利

吉川貴盛

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

国務大臣吉川貴盛君) 国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び主要な内容を御説明申し上げます。  我が国の森林については、戦後造成された人工林が本格的な利用期を迎えております。この森林資源を切って、使って、植えるという形で循環利用していくことで、先人の築いた貴重な資産を継承、発展させることが、これからの森林林業政策の主要課題であります。  こうした

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 参議院 本会議 19号

国務大臣吉川貴盛君) 徳永議員の御質問にお答えいたします。  飼養豚へのワクチン接種についてのお尋ねがありました。  豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針では、発生農場における迅速な屠殺及び周辺農場の移動制限のみによっては感染拡大の防止が困難と考えられる場合には、蔓延防止のための緊急ワクチンの接種を決定するとしております。  これまでの発生事例については、飼養衛生管理基準の遵守がなされていたとは

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 参議院 本会議 19号

国務大臣吉川貴盛君) 小川議員の御質問にお答えいたします。  樹木採取権の存続期間の上限の考え方についてのお尋ねがありました。  樹木採取権については、地域意欲能力のある林業経営者の育成の観点から、これらの林業経営者が対応しやすい規模に鑑み、その期間は十年を基本として運用していく考えであります。  他方で、現に地域森林組合等から長期間権利設定を求める声があることも踏まえ、国産材の需要拡大

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 参議院 本会議 19号

国務大臣吉川貴盛君) 国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び主要な内容を御説明申し上げます。  我が国の森林については、戦後造成された人工林が本格的な利用期を迎えております。この森林資源を切って、使って、植えるという形で循環利用していくことで、先人の築いた貴重な資産を継承、発展させることが、これからの森林林業政策の主要課題であります。  こうした

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○吉川国務大臣 今回のWTO上級委員会の報告書の結果でありますけれども、韓国への輸出再開を願っておられた八県の水産業者の皆様の気持ちを思いますとまことに遺憾でありまして、今後も希望を持って漁業や水産加工流通業に取り組める環境を整備していくことが重要であると考えているところでございます。  被災地の水産関係者に向けた早急な支援策といたしまして、農林水産省外務省復興庁厚生労働省経済産業省が連携をいたしまして

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○吉川国務大臣 主食用米の需要が毎年約十万トン減少すると見込まれる中で、水田のフル活用を進めているところでありますけれども、パンや麺など多様な商品の原料となり得る米粉の生産拡大は重要な問題であると私も認識をいたしております。  近年、欧米等におきまして、セリアック病等へ対応する食品としてグルテンフリー食品の需要が高まってきておりまして、その原料として、グルテンを含まない特徴を持つ米粉の需要の拡大が期待

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○吉川国務大臣 四月の二十四日から二十九日まで、二階自民党幹事長が総理特使として、今、稲田先生から御指摘をいただきましたように、訪中をされた際に、習近平国家主席と会談をいたしたということを承知もいたしております。  また、この会談において、習近平国家主席から、食品輸入規制の話については、科学的根拠に基づき安全第一ということでやっている旨の発言があったということも承知をいたしておりまして、積極的に、

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○吉川国務大臣 今回のWTO上級委員会の報告書の結果でありますけれども、韓国への輸出再開を願っておられた八県の水産業者の皆様の気持ちを思いますとまことに遺憾でありまして、今後も希望を持って漁業や水産加工流通業に取り組める環境を整備していくことが重要であると考えているところでございます。  被災地の水産関係者に向けた早急な支援策といたしまして、農林水産省外務省復興庁厚生労働省経済産業省が連携をいたしまして

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○吉川国務大臣 主食用米の需要が毎年約十万トン減少すると見込まれる中で、水田のフル活用を進めているところでありますけれども、パンや麺など多様な商品の原料となり得る米粉の生産拡大は重要な問題であると私も認識をいたしております。  近年、欧米等におきまして、セリアック病等へ対応する食品としてグルテンフリー食品の需要が高まってきておりまして、その原料として、グルテンを含まない特徴を持つ米粉の需要の拡大が期待

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○吉川国務大臣 四月の二十四日から二十九日まで、二階自民党幹事長が総理特使として、今、稲田先生から御指摘をいただきましたように、訪中をされた際に、習近平国家主席と会談をいたしたということを承知もいたしております。  また、この会談において、習近平国家主席から、食品輸入規制の話については、科学的根拠に基づき安全第一ということでやっている旨の発言があったということも承知をいたしておりまして、積極的に、

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 参議院 本会議 第19号

国務大臣吉川貴盛君) 徳永議員の御質問にお答えいたします。  飼養豚へのワクチン接種についてのお尋ねがありました。  豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針では、発生農場における迅速な屠殺及び周辺農場の移動制限のみによっては感染拡大の防止が困難と考えられる場合には、蔓延防止のための緊急ワクチンの接種を決定するとしております。  これまでの発生事例については、飼養衛生管理基準の遵守がなされていたとは

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 参議院 本会議 第19号

国務大臣吉川貴盛君) 小川議員の御質問にお答えいたします。  樹木採取権の存続期間の上限の考え方についてのお尋ねがありました。  樹木採取権については、地域意欲能力のある林業経営者の育成の観点から、これらの林業経営者が対応しやすい規模に鑑み、その期間は十年を基本として運用していく考えであります。  他方で、現に地域森林組合等から長期間権利設定を求める声があることも踏まえ、国産材の需要拡大

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 参議院 本会議 第19号

国務大臣吉川貴盛君) 国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び主要な内容を御説明申し上げます。  我が国の森林については、戦後造成された人工林が本格的な利用期を迎えております。この森林資源を切って、使って、植えるという形で循環利用していくことで、先人の築いた貴重な資産を継承、発展させることが、これからの森林林業政策の主要課題であります。  こうした

吉川貴盛