運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
573件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1996-11-07 第138回国会 衆議院 本会議 1号

原健三郎君 先例によりまして、私は、議員一同を代表して、ただいま御当選になりました議長及び副議長に対し、お祝いの言葉を申し上げたいと存じます。  ただいま伊藤宗一郎君が本院議長に、渡部恒三君が本院副議長に当選されました。我々一同、衷心より祝意を表する次第であります。(拍手)  御承知のとおり、両君は、ともに議会政治に対する豊富な経験を有せられるばかりでなく、そのすぐれた人格と識見は、この重任を託するにまことにふさわしい

原健三郎

1996-02-13 第136回国会 衆議院 本会議 4号

原健三郎君 私は、衆議院議員在職五十年に及びましたことに対し、本院から御丁重なる特別表彰決議をいただきました。身に過ぐる光栄であり、深く感謝の意を表するものであります。  私が初めて本院に議席を得ましたのは、終戦の翌年の昭和二十一年四月であります。我が国は、まさに混乱と灰じんの中にあり、政治経済社会などすべての分野において、激動、変革の時代でございました。直後に開かれた第九十回帝国議会におきましては

原健三郎

1995-02-01 第132回国会 衆議院 災害対策特別委員会 3号

○原委員 原健三郎でございます。これから質問をいたします。  私は、地震のあった場所の、いわゆる淡路島の北の方の北淡町の生まれで、もう身をもって二度、三度行ってまいりましてよく存じておるのでありますが、五分間ですから急いで質問申し上げます。  第一に質問いたしたいことは、兵庫県淡路島港湾漁港道路、その他農林土木等の公共施設に対する財政援助等々、それらの方策について御報告をいただきたい。  それから

原健三郎

1993-08-06 第127回国会 衆議院 本会議 2号

原健三郎君 先例によりまして、私は、議員一同を代表して、ただいま御当選になりました議長及び副議長に対し、お祝いの言葉を申し上げたいと存ずるのであります。  ただいま土井たか子君が本院議長に、鯨岡兵輔君が本院副議長に当選されました。我々一同、衷心より祝意を表する次第でございます。(拍手)  御承知のとおり、両君は、ともに議会政治に対する豊富な経験を有せられ、この重任を託するにまことにふさわしい方々であると

原健三郎

1990-02-27 第118回国会 衆議院 本会議 1号

原健三郎君 先例によりまして、私は、議員一同を代表して、ただいま御当選になりました議長及び副議長に対し、お祝いの言葉を申し上げたいと存じます。  ただいま櫻内義雄君が本院議長に、村山喜一君が本院副議長に当選されました。我々一同、衷心より祝意を表する次第でございます。  御承知のとおり、両君は、ともに議会政治に対する豊かな経験を有せられるばかりでなく、そのすぐれた人格と識見は、この重任を託するにまことにふさわしい

原健三郎

1989-06-02 第114回国会 衆議院 議院運営委員会 16号

○原前議長 一言ごあいさつを申し上げます。  私は、このたび、衆議院議長を辞職させていただくこととなりました。思えば、昭和六十一年七月の議長就任以来、皆様から寄せられました御支援、御協力に深甚なる感謝の意を表する次第であります。  今国会におきましては、与野党間での厳しい意見の対立により、正常な議会運営が十分に行い得なかったことをまことに遺憾に存じておるところであります。  どうか、各位には、今後とも

原健三郎

1989-05-23 第114回国会 衆議院 本会議 13号

議長原健三郎君) 御報告いたすことがあります。  議員亀岡高夫君は、去る三月十三日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。  同君に対する弔詞は、議長において去る四月二十六日贈呈いたしました。これを朗読いたします。     〔総員起立〕  衆議院は多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され さきに議院運営委員長の要職につき また再度国務大臣の重任にあたられた議員正三位勲一等亀岡高夫君

原健三郎

1989-04-28 第114回国会 衆議院 本会議 12号

議長原健三郎君) 日程第一、平成元年度一般会計予算、日程第二、平成元年度特別会計予算、日程第三、平成元年度政府関係機関予算、右三案を一括して議題といたします。  委員長の報告を求めます。予算委員長大野明君。     ―――――――――――――  平成元年度一般会計予算及び同報告書  平成元年度特別会計予算及び同報告書  平成元年度政府関係機関予算及び同報告書     〔本号(二)に掲載〕     

原健三郎

1989-04-25 第114回国会 衆議院 本会議 11号

議長原健三郎君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。  これより表彰文を順次朗読いたします。  議員塚本三郎君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた  よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する     〔拍手〕     …………………………………  議員藤本孝雄君は衆議院議員に当選すること八回在職二十五年

原健三郎

1989-04-04 第114回国会 衆議院 本会議 9号

議長原健三郎君) お諮りいたします。  内閣から、  検査官矢崎新二君を、  原子力委員会委員に大山彰君及び林政義君を、  原子力安全委員会委員に寺島東洋三君及び都甲泰正君を、  国家公安委員会委員に富田朝彦君を任命したいので、それぞれ本院の同意を得たいとの申し出があります。  まず、検査官及び国家公安委員会委員の任命について、申し出のとおり同意を与えるに賛成の諸君の起立を求めます。     

原健三郎

1989-03-30 第114回国会 衆議院 本会議 8号

議長原健三郎君) 御報告いたすことがあります。  永年在職議員として表彰された元議員金子一平君は、去る二十三日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。  同君に対する弔詞は、議長において去る二十八日贈呈いたしました。これを朗読いたします。     〔総員起立〕  衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され さきに大蔵委員長の要職につき また再度国務大臣の重任

原健三郎

1989-01-09 第114回国会 衆議院 本会議 2号

議長原健三郎君) つきましては、本院は、全国民の至情を代表して哀悼の誠意をささげるため、弔詞を奉呈いたしたいと思います。  弔詞は、起草委員会を設けてこれを起草することとし、その委員は二十四人とし、議長において指名いたしたいと思います。これに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕

原健三郎

1989-01-09 第114回国会 衆議院 本会議 2号

議長原健三郎君) 諸君、御報告いたすことがあります。  大行天皇におかせられましては、一昨七日にわかに崩御あらせられました。まことに哀悼悲痛の至りにたえません。議長及び副議長は、同日皇居に参入し、弔問を申し上げました。      ――――◇―――――  日程第一 大行天皇崩御につき弔詞奉呈の件

原健三郎