運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
33件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1
  • 2

1948-11-27 第3回国会 衆議院 法務委員会 10号

○北浦委員 あなたは私の就任以前のことであろうとおつしやいますが、國家機関というものは、さようなことは私は知らぬということは許されない、その責任はずつて継続している。それからたまたま無罪の出るのはやむを得ない。それは檢察官神ならば、これは私も長らくやつておつてふしぎとしない。たまたま有罪になつて、大方無罪だから私は質問するのである。あなたのおつしやることを聞いていると、一言で申しますと公判中心主義だ

北浦圭太郎

1948-11-27 第3回国会 衆議院 法務委員会 10号

○北浦委員 應急措置法はわれわれここで審議したのでありますから、よくわかつております。それは読んで字のごとく應急措置にすぎない。そこであなたが今できるだけ新憲法の精神に從うてやつておられるとおつしやいますが、これも例をあげてお伺いしますが、一体國会関係で逮捕したり起訴したりするのは、無罪が非常に多いではございませんか。私はこれで三十年ばかり弁護士もやり、特に刑事專門をやつておりますが、こんなのはめつたにない

北浦圭太郎

1948-11-27 第3回国会 衆議院 法務委員会 10号

○北浦委員 刑事訴訟法に牽連はいたしますけれども、少し問題は憲法にも関連いたしますので、特に法務総裁の御答弁を煩わしたいのであります。簡單明瞭に申し上げますが、憲法は既に施行されている、これは御承知の通り。新刑事訴訟法は実施されていない。この間にだけが考えても矛盾もあれば撞着もあります。これを司法当局ではどういう心構えで調和をとつておられるか。例をあげて質問します。憲法によりますと、不当という文字はついておりますが

北浦圭太郎

1948-06-11 第2回国会 衆議院 不当財産取引調査特別委員会 30号

○北浦委員 簡單に説明いたします。法律第二百二十五号は、憲法第六十二條の両議院が國政に関する調査を行うための法律であつて、その目的は、國会の議案審査または國政に関する調査を誤らしめるおそれなからしむるために、証言や書類の眞正を維持せんとするものであります。第一、何ゆえ私は西尾君から金をもらつた諸君の出頭を煩わすかと言えば、西尾君提出のこれらの書類は、眞正でありましようが、四十万円の金ははたして三十六名

北浦圭太郎

1948-05-27 第2回国会 衆議院 司法委員会 21号

○北浦委員 私は判事と檢事とによつて待遇を異にするということは根本的に反対であります。殊に地域的俸給ということをこのごろ聽きますが、いかにもこれは東京あたりに住んでおる判事、檢事と、田舎に住んでおる判事、檢事とは、もちろん区別しなければいけない。そこで東京におる判事と檢事とを区別するということは、これは憲法的にも、法理的にも、今日のところでは何らの根拠がない。しかし鍛冶君の質問があり、鈴木総裁の御答弁

北浦圭太郎

1947-12-11 第2回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 1号

○北浦委員 これより会議を開きます。  私が年長者でございまするから、委員長が互選されるまで私が委員長の職務を行います。  この機会にごく簡單に一言申し上げておきたいのでありまするが、第一國会において最も顯著なる仕事をされたのは、本委員会でありまして、これにつきましては、委員長並びに委員各位が、熱心に御勉強なされまして、今日では物資方面におきましても、政治方面においても、大きな影響を與えつつありますることは

北浦圭太郎

1947-11-27 第1回国会 衆議院 司法委員会 63号

○北浦委員 今内閣に新立法の提案權がないというような質問のように聽きましたが、私は反對意見をもつておる。國會法に明記してある。國會法第九十九條を讀んでごらんなさい。「兩院法規委員會は、兩議院及び内閣に對し、新立法の提案竝びに現行の法律及び政令に關して勸告し、」とある。前堤は内閣が新立法の提案ができるから、議會はこれに對して勸告できる、これで解決つけておるのであります。いまさらその提案權があるのないのと

北浦圭太郎

1947-11-24 第1回国会 衆議院 司法委員会 61号

○北浦委員 次は資料統計局事務であるまするが、法令の周知徹底に關する事項、これは私は東條内閣の時分からやかましく言うておるのでありまするが、これと犯罪豫防――この第六條の第六號と牽連いたすのでありまするが、これは戰時もそうであつたのでありまするが、この頃もそうであつて、憲法改正に連れてさかんに法律が出ます。そして大抵の法律には制裁法規が出ておる。これをよく知らしめなければいけない。犯罪豫防のためにも

北浦圭太郎

1947-11-24 第1回国会 衆議院 司法委員会 61号

○北浦委員 ただいまの司法大臣の御答辯は、まことに結構でありますが、近ごろ關係局方面でも盛んに唱えられておりますが、いわゆるごろつき新聞というのが、地方に非常に多いのであります。一週間に一、二囘新聞を出して、地方の有力者であるとか、資産家であるとかいうものを脅迫したり、脅喝したりして、金品を捲き上げておるという事實が、非常に多い。特に雜誌のごときは、まるで人の私事を摘發するというようなことをとつて、

北浦圭太郎

1947-11-24 第1回国会 衆議院 司法委員会 61号

○北浦委員 今囘の法務廳設置法案につきましては、人權擁護局という、これはよほどよい制度であると思います。が、まだこの點から一、二點お伺いいたしたいと思います。人身保護に關する事項というものは、第三號にありますが、これは人の身體だけではなく、精神的恐怖からも國民を保護するかどうか、そういう仕事をやるかどうか、この點を伺いいたします。

北浦圭太郎

1947-11-13 第1回国会 衆議院 本会議 58号

○北浦圭太郎君 総理大臣の御答弁は、私の質問に対して答えられていない。第一は、林、齋藤両國務相のあの発表は間違いか。これを聽く。第二点は、新聞記者に対する陳謝の意味は、これはわれわれは反対しない。その通り。しからば、この八千万の國民に対してどういう陳謝の意を表するか。これを聽くのであります。その点を伺いたい。(拍手)     〔國務大臣片山哲君登壇〕

北浦圭太郎

1947-11-13 第1回国会 衆議院 本会議 58号

○北浦圭太郎君 諸君、私は過日の司法委員会におきまして、片山首相に対し衷心より進言申し上げたのであります。あなたは平野農相問題については断じて閣議は開いていないのだ、しかしながら、今からでも遅くはない、至急閣議をお開きになつて、その決議によつてあらためて認証を受けらるることが絶対に必要であります、憲法天皇には拒否権がないのでありますから、これを要求することは正当であると、かように申し上げたのでありまするが

北浦圭太郎

1947-11-11 第1回国会 衆議院 本会議 57号

○北浦圭太郎君 もう少し……。平野農相、林國務相のところにサインをとるために行かなかつた。なぜか。なぜ、林國務相のところにサインをとりに行かなかつたか。この点を明白にしていただきたい。  以上、私ほまだまだ言いたいことはあるが、また将來他日を期して登壇することにいたします。(拍手)

北浦圭太郎

1947-11-11 第1回国会 衆議院 本会議 57号

○北浦圭太郎君 諸君、われわれは平野農相罷免問題は違憲行為であつたと確信いたしますがゆえに、片山臨時農相の議会における所管事項に関する國家行為はすべて無効なりと疑わざるを得ないのであります。この疑義を質すということは議事進行上の先決問題でありますがゆえに、ここに議事進行に関する質疑として、左の六点につき特に片山首相良心的御答弁を煩わしたいと思います。(拍手)本月五日の朝日新聞毎日新聞、読賣新聞

北浦圭太郎

1947-11-10 第1回国会 衆議院 司法委員会 54号

○北浦委員 私はそれは大きな間違いであると思う。片山さんも法律家であるから、私がここで申すまでもなく、法律は法網であつて、網である。網の目の一つを見て、すべてを決しようということは、大いなる間違いである。殊に新憲法は、獨斷專行ということについては、もうきびしく、戒められておる。たとえば國會は國權の最高機關であるということは規定いたしておりますけれども、これはあなた方の考えによつて、天皇解散命令によつて

北浦圭太郎

1947-11-10 第1回国会 衆議院 司法委員会 54号

○北浦委員 國務大臣の罷免、この總理大臣の權限について、お伺いいたすのでありまするが、本年十一月五日の朝日新聞並びに讀賣、毎日、この新聞の記事によりますと、片山内閣總理大臣は、こういうことを言つておられる。「罷免権は新憲法に新しく規定された首相の獨自の權限に屬するのであるから、閣議に諮つたり、黨議に付する必要はない、やむを得ざる最後の手段としてとつたのであつて、決して違法ではない。」これは新聞記者に

北浦圭太郎

1947-10-09 第1回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 20号

○北浦委員 頭のいい鈴木さんにも似合わぬ御答辯でありますが、私はそんなことを聽いていない。過日ここで報告されてからお取調べが進捗、發展しているに相違ない。過日御發表になつた後のお取調べについての事實を御報告していただきたい。こういうのです。憲法が改まつたから人權蹂躙ができぬとか、そんなことを聽いていない。ずいぶん日も經つておりますし、現に四人を逮捕したのでありますから、多少事實はつかんでおるに違いない

北浦圭太郎

1947-10-09 第1回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 20号

○北浦委員 それはあとでゆつくりお讀みになる方がよかろうと思います。今度の刑法は、司法大臣も御承知の通り、公然事實を摘示して人の名譽を毀損いたしましても、その事實が眞實であれば無罪である。從つて事實が眞實であるということを行為者が知つておる場合には告訴權がないと言わなければならない。私はさように考えておる。現閣僚五名、この諸君の中にはもちろん告訴權がある。これも私は確信いたします。ずいぶん亂暴なことが

北浦圭太郎

1947-10-09 第1回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 20号

○北浦委員 司法大臣にお伺いいたしますが、本月発行の時局雜誌「漫畫」。これにはすこぶる大膽に最も明白に容易ならめ記事が掲載されております。世耕事件を暴く。これには現閣僚の名前が四名出ておる。ななたの名前も出ておりますけれども、あなたは直接世耕事件に關係はない。  われわれ同僚として常識では考えることのできないような罪惡を書いてありますが、それは結論としてあなたとしては司法權獨立のために嚴正にやるかどうか

北浦圭太郎

1947-10-03 第1回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 19号

○北浦委員 私は司法委員でありまして、ただいま司法大臣自由黨の諸君から繰返し繰返し質問される、まさにこの通りであります。ただ當委員會において誤解されておる點は經濟査察官が臨檢捜査をするというこすが憲法違反であるというように小島君も述べておられますがその點じやない。あの安本令というのは政令であります、その政令に基いて臨檢するという權限を與えることを法律で規定しようと思うことは憲法違反だ。一體政令憲法

北浦圭太郎

1947-10-03 第1回国会 衆議院 司法委員会 44号

○北浦委員 明禮君の御意見は自由党代表でもないのでありまして、自由党はこの問題については自由の建前をとつております。私は簡単に自由党にも反対者がおるということを一言申し上げたいのでありますが、提案者は憲法の婚姻は両性の合意のみによつて成立するということを根拠とされましたが、これは姦通とは何の関係もないので、いかにも女子のポストを引上げるということについては疑いはありませんが、合意のみによつて成立する

北浦圭太郎

1947-10-03 第1回国会 衆議院 司法委員会 44号

○北浦委員 なるべく簡単に申し上げます。この新憲法の実施に基きまして、諸般の法律が改正せられるということは当然でございます。しかしながら、この法律の改正は、どこまでもこの新憲法の精神の線に沿うて行われなければならない。そうしてもちろんその精神を遵守せられなければならぬ。この刑法改正の案の一部は、われわれの見るところによりますと、この憲法の精神に従つていない。ゆえにわわれはさきに朗読いたされました通りの

北浦圭太郎

1947-09-29 第1回国会 衆議院 司法委員会 41号

○北浦委員 そうすると、いわゆる緊急避難とか、正当防衞とかいうような状態に達するときには、日本は戰つてもよろしい、こういう結論に達しますが、といことを今日この改正刑法に規定しておるということは、よいのか惡いのか、この點をよくお考えになつたのか、事實上外國から侵略を受まして、そうしてわれわれは空軍も、海軍も、陸軍も、一切の軍備はやらないのだ、そうしてただいま司法大臣のお言葉のように、個人としてこれを刑法

北浦圭太郎

1947-09-29 第1回国会 衆議院 司法委員会 41号

○北浦委員 私は今囘の改正法案の意味を聽いておるのではありません。外國からの武力の行使ありたるときに、これに與して外國の軍務に服する、いわば利敵行為を處罰しておる。そうして反面にはこれに反抗して戰闘行為をなした者に對してはこれを處罰しない。そうすると、この條文は外國から侵略行為があつた場合においては、日本國民は戰うことがあり得るのだということが背後に含まれておるのかどうかということをお伺いする。つまり

北浦圭太郎

1947-09-29 第1回国会 衆議院 司法委員会 41号

○北浦委員 總論は大體濟んでおりますから、各論についてそのうち最も重要であると信ずるところを司法大臣にお伺いいたします。  本案第八十二條に「日本國に對し外國より武力の行使アリタルトキ之ニ與シテ其軍務ニ服シ其他之ニ軍事上ノ利益ヲ與ヘタル者ハ死刑又ハ無期」云々となつておりますが、この條文は外國より日本の國に侵略せられたる場合においては、日本はこれに對して反抗戰闘をやるのだという意味が後ろに含まれておるように

北浦圭太郎

1947-09-27 第1回国会 衆議院 司法委員会 40号

○北浦委員 この經濟安定本部の第一條の擴張解釋ということは、片山さん、これはよほど考えなければ行かぬ。これは政令なのです。あなた方が昭和二十二年七月十二日に改正された政令なんです。そこで私はこういう問題を提供しておく、政令を廣く解釋して、國民の權利義務に介入していくことは許されるか。さような解釋はよいか。これが一つ。これはどこまでも花村君の言うのがいい。  第二は、今囘提案されました査察官の臨檢檢査等

北浦圭太郎

1947-09-27 第1回国会 衆議院 司法委員会 40号

○北浦委員 私はかつて確か東條内閣當時であつたと思いますが、司法官だけはいわゆる聲なき聲を聽けというわけで、特に昇級運動を開始しましたところ、議會のほとんど全員はこれに贊成してくれて、下級司法事務官、たとえば書記とか廷丁とかいうようなものに増俸をすぐされたことがありまするが、もちろん今日におきましても、こういう事情は子供でも知つておるのでありまして、特に司法關係官吏に對して優遇するということに反對するものは

北浦圭太郎

1947-09-27 第1回国会 衆議院 司法委員会 40号

○北浦委員 私は司法大臣にお伺いするのでありまするが、總理大臣にもその質疑、答辯を聞いてもらい、よく覺えておいてもらつて、そうしてただちに、もつともだとくことは明らかになりますから、實施していただきたい。こういう希望で、これから司法大臣にお伺いいたします。  今日の朝日新聞をごらんになつただろうと思いまするが、司法部の實に容易ならぬことが出ております。簡単にその要所だけを讀んでみますと、「給料だけではとても

北浦圭太郎

1947-09-20 第1回国会 衆議院 司法委員会 35号

○北浦委員 長々と御説明になりましたが、私は別に不敬罪のことは聽いていない。そしてしからば條文を示してお伺いしまするが、片山さん、あなたは總理大臣として憲法第六十八條と七十二條よりほかにやることはない。それ以上やつては悪い。六十八條であなたは國務大臣を任命する。これを罷免する。七十二條で内閣代表として議案を國會に提出するとか、一般國務及び外交關係について國會に報告するとか、竝びに行政各部を指揮監督

北浦圭太郎

1947-09-20 第1回国会 衆議院 司法委員会 35号

○北浦委員 民主憲法としてあり得ることだという説明だけでは説明が足らない。何がゆえに憲法違反ではないか、その理由を私は伺つておるので、どうもただいまの片山さんの御答辯では、おそらくこれはだれが聴いてもわからないと思う。憲法が非常に變つた、そうして、民主憲法ではあり得ることだ、それではどうも法論理として通らない。内閣總理大臣の職務權限は、憲法制限的に規定されておるということは、これは片山さんも承知されると

北浦圭太郎

1947-09-20 第1回国会 衆議院 司法委員会 35号

○北浦委員 刑法の一部を改正する法律案につきまして、内閣總理大臣天皇、皇后、太皇太后皇太后または皇嗣なるときは、その名譽毀損について告訴を代わつて行う、かような規定が設けられております。これは總理大臣たる片山さんの差向き任務でありますので、私は主としてこういう條文について總理大臣の職務事項、關係事項についてのみ質問したいと思います。  そこでただいまの條文でありますが、これは内閣總理大臣として、

北浦圭太郎

1947-08-30 第1回国会 衆議院 司法委員会 30号

○北浦委員 あなたは初めからの主張をおかえにならぬようでありますが、あなたが何とおつしやつても、憲法でせつかく鄭重な規定をおいて、あなたの司法畑でやれということの規定をおいてあるのを、われわれはたれが聽いても得心がいかないと思う。罪科もない、何ら問責さるべき事實のないにかかわらず、またあつても刑事被告事件ではない。それを憲法に禁じてあることを行政行為でやろうということは、どうしても間違いである。あなたは

北浦圭太郎

1947-08-30 第1回国会 衆議院 司法委員会 30号

○北浦委員 あなたは先ほどから、またただいまもその通りでありますが、調査をなし得ないものとすると行政上困るという趣旨の御發言と思いますが、われわれは行政目的を達するためにはなし得る方法があるが、この方法ではいけないということを論じておる。そこで私の質問に對するあなたの御答辯は、物資や場所が制限されておるから差支えないのだと言う。これはどうも昨年來大いに敬意を表しておる鈴木司法大臣の御答辯としては、

北浦圭太郎

1947-08-30 第1回国会 衆議院 司法委員会 30号

○北浦委員 私は司法大臣質問はなかつたのでありまするが、ただいまの應答を聽いておりますると、どうもおかしい。それでお伺いするのでありますが、なるほど從來は、司法行政罰、これは區別されて盛んに行政上の罰もあつたのでありますが、この新憲法下では、政令でも特に法律委任がある場合を除いては罰則を設けることができない。範圍が非常に狭まつてきた。これは佐瀬君のお説の通りに、自由、人權、基本權、これを擁護するために

北浦圭太郎

  • 1
  • 2