運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
87件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-05-23 第198回国会 参議院 内閣委員会 18号

政府参考人(北崎秀一君) コンビニ交付につきましては、もう委員御承知のとおり、早朝から深夜まで、住民の利便性を向上するために平成二十二年からサービスを開始いたしまして、現在拡大をされておるところでございます。  私どもといたしましては、今、清水先生御指摘にございましたような、まずはシステムの改修経費も掛かってまいります。これにつきまして、廉価なクラウドの仕組みをつくって五割程度経費が削減されるようにするとか

北崎秀一

2019-05-23 第198回国会 参議院 内閣委員会 18号

政府参考人(北崎秀一君) お答えいたします。  住基カードにつきましては、平成十五年から平成二十七年まで発行されておりました。平成二十七年十二月末時点での有効交付枚数は約七百十七万枚であり、総人口に対して約五・六%という数字でございました。この要因といたしまして、住基カード活用方法として、一つは本人確認書類としての活用、もう一つはe―Taxなど行政手続における電子申請などに限られたものとなっていたことが

北崎秀一

2019-05-23 第198回国会 参議院 内閣委員会 18号

政府参考人(北崎秀一君) マイナンバーカードの取得がなかなか思うように進んでおりません状態につきまして、その原因について調査をいたしますと、取得予定がないと五三%の国民の方々、調査対象の方々が答えておりまして、その理由として一番大きいのは、紛失や盗難が心配だからということを挙げていらっしゃる方がいます。  そのために、更なる普及に向けましては、一つには、そもそもマイナンバーカードのICチップには機微

北崎秀一

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 11号

政府参考人(北崎秀一君) お答えいたします。  平成合併は、地方分権の担い手となる基礎自治体の行財政基盤の確立を目的として、平成十一年から約十年間にわたって進められ、平成十年度末時点で三千二百三十二団体ありました市町村数は、平成二十一年度末時点で千七百二十七、更に現在では合併が進み、千七百十八団体となってございます。  平成合併につきましては、第三十次地方制度調査会の答申において、住民の声の行政

北崎秀一

2019-05-23 第198回国会 参議院 内閣委員会 第18号

政府参考人(北崎秀一君) コンビニ交付につきましては、もう委員御承知のとおり、早朝から深夜まで、住民の利便性を向上するために平成二十二年からサービスを開始いたしまして、現在拡大をされておるところでございます。  私どもといたしましては、今、清水先生御指摘にございましたような、まずはシステムの改修経費も掛かってまいります。これにつきまして、廉価なクラウドの仕組みをつくって五割程度経費が削減されるようにするとか

北崎秀一

2019-05-23 第198回国会 参議院 内閣委員会 第18号

政府参考人(北崎秀一君) お答えいたします。  住基カードにつきましては、平成十五年から平成二十七年まで発行されておりました。平成二十七年十二月末時点での有効交付枚数は約七百十七万枚であり、総人口に対して約五・六%という数字でございました。この要因といたしまして、住基カード活用方法として、一つは本人確認書類としての活用、もう一つはe—Taxなど行政手続における電子申請などに限られたものとなっていたことが

北崎秀一

2019-05-23 第198回国会 参議院 内閣委員会 第18号

政府参考人(北崎秀一君) マイナンバーカードの取得がなかなか思うように進んでおりません状態につきまして、その原因について調査をいたしますと、取得予定がないと五三%の国民の方々、調査対象の方々が答えておりまして、その理由として一番大きいのは、紛失や盗難が心配だからということを挙げていらっしゃる方がいます。  そのために、更なる普及に向けましては、一つには、そもそもマイナンバーカードのICチップには機微

北崎秀一

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 第11号

政府参考人(北崎秀一君) お答えいたします。  平成合併は、地方分権の担い手となる基礎自治体の行財政基盤の確立を目的として、平成十一年から約十年間にわたって進められ、平成十年度末時点で三千二百三十二団体ありました市町村数は、平成二十一年度末時点で千七百二十七、更に現在では合併が進み、千七百十八団体となってございます。  平成合併につきましては、第三十次地方制度調査会の答申において、住民の声の行政

北崎秀一

2019-05-21 第198回国会 参議院 内閣委員会 17号

政府参考人(北崎秀一君) お答え申し上げます。  マイナンバーカードの年齢別の交付状況を見ますと、年齢が上がるほど交付が進んでおり、七十代では二割以上の方に交付されている現状にございます。  マイナンバーカードは市町村での厳格な本人確認を経て発行され、顔写真身分証明書として、対面での本人確認に加え、ICチップに搭載された公的個人認証により非対面での電子的な本人確認も確実に行うことを可能とするものでありまして

北崎秀一

2019-05-21 第198回国会 参議院 内閣委員会 第17号

政府参考人(北崎秀一君) お答え申し上げます。  マイナンバーカードの年齢別の交付状況を見ますと、年齢が上がるほど交付が進んでおり、七十代では二割以上の方に交付されている現状にございます。  マイナンバーカードは市町村での厳格な本人確認を経て発行され、顔写真身分証明書として、対面での本人確認に加え、ICチップに搭載された公的個人認証により非対面での電子的な本人確認も確実に行うことを可能とするものでありまして

北崎秀一

2019-04-26 第198回国会 衆議院 内閣委員会 15号

○北崎政府参考人 住民票の除票につきまして、私の方から御答弁申し上げます。  今回、デジタル手続法案におきまして、住民票を消除した後も除票として保存をしつつ、安全管理等の措置を講ずることを法文上明確化させていただいております。具体的には、市町村長は、住民票の除票等に記載されている事項の漏えい、滅失及び毀損の防止等、適切な管理のために必要な措置を講じなければならないとさせていただきました。  また、仮

北崎秀一

2019-04-26 第198回国会 衆議院 内閣委員会 15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  マイナンバーカード用のICカードについては、セキュリティーの観点から、「国際標準化機構及び国際電気標準会議の規格第一五四〇八の認証を受けたカードを用いること。」を個人番号カードに関する技術基準において定めてございます。  地方公共団体情報システム機構においては、この技術基準を満たしますICカードを製造することができる事業者を対象に、事業年度ごとに調達枚数を

北崎秀一

2019-04-26 第198回国会 衆議院 内閣委員会 15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  今回の改正法の施行後は、通知カードの新規発行は行わなくなります。また、既に交付された通知カードも、その券面に記載されている住所等の事項に変更があった場合に、市町村通知カードの記載変更を行う手続は廃止することとしておりまして、早期にマイナンバーカードを取得していただくよう国民の皆様に周知していくことが必要でございます。  総務省では、マイナンバーカードを活用した

北崎秀一

2019-04-26 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

○北崎政府参考人 住民票の除票につきまして、私の方から御答弁申し上げます。  今回、デジタル手続法案におきまして、住民票を消除した後も除票として保存をしつつ、安全管理等の措置を講ずることを法文上明確化させていただいております。具体的には、市町村長は、住民票の除票等に記載されている事項の漏えい、滅失及び毀損の防止等、適切な管理のために必要な措置を講じなければならないとさせていただきました。  また、仮

北崎秀一

2019-04-26 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  マイナンバーカード用のICカードについては、セキュリティーの観点から、「国際標準化機構及び国際電気標準会議の規格第一五四〇八の認証を受けたカードを用いること。」を個人番号カードに関する技術基準において定めてございます。  地方公共団体情報システム機構においては、この技術基準を満たしますICカードを製造することができる事業者を対象に、事業年度ごとに調達枚数を

北崎秀一

2019-04-26 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  今回の改正法の施行後は、通知カードの新規発行は行わなくなります。また、既に交付された通知カードも、その券面に記載されている住所等の事項に変更があった場合に、市町村通知カードの記載変更を行う手続は廃止することとしておりまして、早期にマイナンバーカードを取得していただくよう国民の皆様に周知していくことが必要でございます。  総務省では、マイナンバーカードを活用した

北崎秀一

2019-04-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 14号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  現行法上、マイナンバーカードや公的個人認証は、住民票基礎としておりますため、国外に転出し住民票が消除された方は利用できないことになってございます。  今般の改正は、国外転出者については海外に行っても消除されない戸籍の付票を基礎とすることでマイナンバーカード、公的個人認証の利用を可能とし、国外転出者のオンラインでの確実な本人確認や、それをもとにしたさまざまな行政手続

北崎秀一

2019-04-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 14号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  後藤先生御存じのとおり、マイナンバーの使用は税と社会保障災害でございまして、これを法律上きちっと書いてあるものでございます。したがいまして、住民票のかわりにマイナンバーを使えるようにするということであれば、まさに法改正の世界の中でこれを一つずつふやしていっていく、そういう努力が必要なんだろうと考えております。  以上であります。

北崎秀一

2019-04-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  現行法上、マイナンバーカードや公的個人認証は、住民票基礎としておりますため、国外に転出し住民票が消除された方は利用できないことになってございます。  今般の改正は、国外転出者については海外に行っても消除されない戸籍の付票を基礎とすることでマイナンバーカード、公的個人認証の利用を可能とし、国外転出者のオンラインでの確実な本人確認や、それをもとにしたさまざまな行政手続

北崎秀一

2019-04-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  後藤先生御存じのとおり、マイナンバーの使用は税と社会保障災害でございまして、これを法律上きちっと書いてあるものでございます。したがいまして、住民票のかわりにマイナンバーを使えるようにするということであれば、まさに法改正の世界の中でこれを一つずつふやしていっていく、そういう努力が必要なんだろうと考えております。  以上であります。

北崎秀一

2019-04-23 第198回国会 衆議院 総務委員会 15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  平成三十年四月一日現在における数字でございます。  指定都市議会議員の報酬月額の平均は七十九万二千三百七十五円、最低額は六十四万八千円、これは静岡県浜松市でございますが、そういうことになってございます。  また、次に、指定都市を除く市議会議員の報酬月額の平均額は四十万六千八百十六円で、最低額は、これは北海道夕張市でございますが、十八万円となってございます。

北崎秀一

2019-04-23 第198回国会 衆議院 総務委員会 15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  東京都特別区を含みます市区議会議員につきましては、全国市議会議長会が平成三十年八月一日現在で調査した結果がございまして、それによりますと、四三・九%に当たります八千三百四十九人の議員の方が専業となってございます。  また一方で、町村議会議員につきましては、全国町村議会議長会が平成三十年七月一日現在で調査した結果によりますと、二二・八%に当たります二千四百九十九人

北崎秀一

2019-04-23 第198回国会 衆議院 総務委員会 15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  委員御指摘のとおり、現在、多くの地方議会において議員のなり手不足の課題を抱えておりまして、特に町村は深刻な状況にあると認識しております。  こうした状況のもとで、議員のなり手不足という課題を抱える小規模市町村において、いかにして持続可能な議会の姿を実現するかという危機感から、私ども、町村議会のあり方に関する研究会を開催して、昨年、平成三十年三月に報告書をまとめたところでございます

北崎秀一

2019-04-23 第198回国会 衆議院 総務委員会 第15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  平成三十年四月一日現在における数字でございます。  指定都市議会議員の報酬月額の平均は七十九万二千三百七十五円、最低額は六十四万八千円、これは静岡県浜松市でございますが、そういうことになってございます。  また、次に、指定都市を除く市議会議員の報酬月額の平均額は四十万六千八百十六円で、最低額は、これは北海道夕張市でございますが、十八万円となってございます。

北崎秀一

2019-04-23 第198回国会 衆議院 総務委員会 第15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  東京都特別区を含みます市区議会議員につきましては、全国市議会議長会が平成三十年八月一日現在で調査した結果がございまして、それによりますと、四三・九%に当たります八千三百四十九人の議員の方が専業となってございます。  また一方で、町村議会議員につきましては、全国町村議会議長会が平成三十年七月一日現在で調査した結果によりますと、二二・八%に当たります二千四百九十九人

北崎秀一

2019-04-23 第198回国会 衆議院 総務委員会 第15号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  委員御指摘のとおり、現在、多くの地方議会において議員のなり手不足の課題を抱えておりまして、特に町村は深刻な状況にあると認識しております。  こうした状況のもとで、議員のなり手不足という課題を抱える小規模市町村において、いかにして持続可能な議会の姿を実現するかという危機感から、私ども、町村議会のあり方に関する研究会を開催して、昨年、平成三十年三月に報告書をまとめたところでございます

北崎秀一

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  自治体戦略二〇四〇構想研究会の第二次報告で、まず、人口減少と高齢化に伴う、自治体職員の減少、それから地縁組織の弱体化、家族の扶助機能の低下、民間事業者の撤退などにより、公共私それぞれの暮らしを支える機能が低下すると指摘をしております。その上で、公共私による暮らしの維持として、地域を基盤とした暮らしを支えるための仕組みの整備やソーシャルビジネスとの継続的な協力関係

北崎秀一

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  自治体戦略二〇四〇構想研究会は、人口減少が深刻化し、高齢者人口がピークを迎える二〇四〇年ごろの各行政分野における課題を整理し、そこから逆算する形で今後の自治体行政のあり方を展望するため、平成二十九年十月から平成三十年七月まで開催をいたしました。  この研究会の委員については、今後二十数年を見越して御議論いただきたいという観点から、法律学、政治学財政学、経済学

北崎秀一

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  憲法が定めております我が国の地方自治制度の根幹は代表民主制でございまして、住民の意思の反映については、住民の直接選挙を通じて選ばれた長、首長でございます、や議会が中心的な役割を果たすことを基本としてございます。  その上で、福田委員御指摘のような住民投票は、各地方公共団体条例要綱に基づいて、住民の意思を把握する手法として活用されているものであると認識をしてございます

北崎秀一

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  自治体戦略二〇四〇構想研究会の第二次報告で、まず、人口減少と高齢化に伴う、自治体職員の減少、それから地縁組織の弱体化、家族の扶助機能の低下、民間事業者の撤退などにより、公共私それぞれの暮らしを支える機能が低下すると指摘をしております。その上で、公共私による暮らしの維持として、地域を基盤とした暮らしを支えるための仕組みの整備やソーシャルビジネスとの継続的な協力関係

北崎秀一

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  自治体戦略二〇四〇構想研究会は、人口減少が深刻化し、高齢者人口がピークを迎える二〇四〇年ごろの各行政分野における課題を整理し、そこから逆算する形で今後の自治体行政のあり方を展望するため、平成二十九年十月から平成三十年七月まで開催をいたしました。  この研究会の委員については、今後二十数年を見越して御議論いただきたいという観点から、法律学、政治学財政学、経済学

北崎秀一

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  憲法が定めております我が国の地方自治制度の根幹は代表民主制でございまして、住民の意思の反映については、住民の直接選挙を通じて選ばれた長、首長でございます、や議会が中心的な役割を果たすことを基本としてございます。  その上で、福田委員御指摘のような住民投票は、各地方公共団体条例要綱に基づいて、住民の意思を把握する手法として活用されているものであると認識をしてございます

北崎秀一

2019-04-02 第198回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 2号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  地方議会議員に関する研究会は、地方議会議員をめぐる選挙のあり方について、各方面での幅広い検討に資するため、十名の有識者の方々に純粋に学術的な見地から御議論いただいたものでございます。  この研究会の報告書では、地方議会議員としての立候補を促進する環境整備に関する議論の中で、供託金について、その制度趣旨については、悪質な立候補を抑止し、立候補について慎重な決断

北崎秀一

2019-04-02 第198回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号

○北崎政府参考人 お答えいたします。  地方議会議員に関する研究会は、地方議会議員をめぐる選挙のあり方について、各方面での幅広い検討に資するため、十名の有識者の方々に純粋に学術的な見地から御議論いただいたものでございます。  この研究会の報告書では、地方議会議員としての立候補を促進する環境整備に関する議論の中で、供託金について、その制度趣旨については、悪質な立候補を抑止し、立候補について慎重な決断

北崎秀一

2019-03-19 第198回国会 参議院 総務委員会 5号

政府参考人(北崎秀一君) お答えいたします。  今委員御指摘のように、連携中枢都市圏地域公共交通網形成計画でいいますと、例えば備後圏域、これは広島の福山市岡山の笠岡ですが、県をまたがって連携中枢都市圏地域公共交通網形成計画を作ったような例もございますので、関係省庁協力して、大臣が御答弁なされたとおり、地制調の場で議論を深めていきたいと思っております。  以上であります。

北崎秀一

2019-03-19 第198回国会 参議院 総務委員会 第5号

政府参考人(北崎秀一君) お答えいたします。  今委員御指摘のように、連携中枢都市圏地域公共交通網形成計画でいいますと、例えば備後圏域、これは広島の福山市岡山の笠岡ですが、県をまたがって連携中枢都市圏地域公共交通網形成計画を作ったような例もございますので、関係省庁協力して、大臣が御答弁なされたとおり、地制調の場で議論を深めていきたいと思っております。  以上であります。

北崎秀一