運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
324件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1966-07-26 第52回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会オリンピック冬季札幌大会準備等に関する小委員会 1号

○前田(榮)小委員 私ども現地を見まして、風の方向がどうだろうかとか、いまおっしゃった雪の質がどういう質だろうかというようなことも、現地でいろいろ話題になりまして、地方専門家の方々からもいろいろ御意見を聞いておるのであります。大体文部省の考えについては、砂田君からもお話がございましたが、今までもたびたびわれわれは、もっと角度の変わったところで、文部省へ注文をつけたりいろいろのことをいたしておるのでありますから

前田榮之助

1966-07-26 第52回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会オリンピック冬季札幌大会準備等に関する小委員会 1号

○前田(榮)小委員 まことにありがとうございました。  それで、それにつけ加えましてお尋ね申し上げておきたいのは、私は、いま委員長席におられる島村委員と、昨年候補地を見に参りまして、つぶさに現地を視察いたしてきたのでありますが、スケート場とかジャンプ台その他競技の種類によって多少の違いもあろうと思うのでありますが、ことにジャンプや回転、滑降の競技等は、観覧席と競技場の二つに分けられるものならば、こういう

前田榮之助

1966-07-26 第52回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会オリンピック冬季札幌大会準備等に関する小委員会 1号

○前田(榮)小委員 本日お二人の参考人の方に出ていただいて、札幌に冬季オリンピックの招致が決定いたしまして、当委員会も非常に心配をいたしておりますが、専門的な立場からの御意見を聞かしてもらって、まことにありがとうございます。  当委員会は、私が説明するまでもなく、御承知のとおりに、東京オリンピックの際は東京オリンピック特別委員会が持たれまして、万全を期して、それの準備、運営に当たるようにいたしたのでありますが

前田榮之助

1966-07-21 第52回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 3号

○前田(榮)委員 相当御苦心をされて当委員会希望を尊重されておるようでありまして、その点についてはわれわれも好感を持っておるわけでありますが、ただ、こういうことの計画は、計画であるけれども、さて実施になるとなかなか思うようにいかないのがいままでもよくあったことであります。しかし、この問題だけは最近における国民的な強い要望に沿うた大事な案件でありますので、そういうことのないように強く希望を申し上げておく

前田榮之助

1966-07-21 第52回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 3号

○前田(榮)委員 当委員会は、さきに建設省に対しまして、開放計画を五カ年というように承っておりまして、そんな長い期間を要する必要はないじゃないか、この河川敷が東京都民をはじめ川崎その他付近の大衆のために当然利用せしめて、国民体育振興、国民の体力つくり運動、これらに十分役立たしめるべきではないか、こういうことに基づきまして、三カ年以内に行なうよう本委員会決議をいたして要請を申し上げてあるはずであります

前田榮之助

1966-06-22 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 14号

○前田(榮)委員 決議の動議を提出いたします。  まず本文を朗読いたします。    河川敷地の開放に関する件   政府は、河川審議会の答申に基づき河川敷地占用許可準則を定めたのであるが、河川敷地占用の処理にあたっては、国民健康の増進、体育、レクリエーション活動等の目的に供するため一般公衆の自由な利用が促進されるよう、昭和四十一年を初年度とし、三ケ年を目途とし開放計画を策定し、左記に掲げるものはこれに

前田榮之助

1966-06-08 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 13号

○前田(榮)委員 これは私の希望を申し上げておきますが、どうかひとつ文部大臣が先頭に立って、計画的に、明年度はどれだけの予算が必要だろう、明後年度はどういう整備をしなければならぬだろうというものを早くきめていただいて、万遺憾のないように進めていただくことをお願い申し上げておきます。

前田榮之助

1966-06-08 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 13号

○前田(榮)委員 大臣もすでに大体御存じだろうと思うのですが、体協の、いわば専門家の諸君の中でも、理解のある閣僚の方々がいらっしゃるのだから間違いはないとは信じながら、さて、どういうことになるだろうかということについて心配をされておる。それは七二年に開催されるまでに間に合うかなんて、そんなことを心配してはおらないようでありますが、少なくとも日本の選手に力強い強化を進めて、そして、しかも国際的な基準

前田榮之助

1966-05-31 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 12号

○前田(榮)委員 最後に体育局長にお尋ね申し上げますが、過般の当委員会におきまして、よく大臣とも相談をして、万遺憾なきを期してもらいたいという希望を申し上げておきましたが、本日も大臣がおいでにならぬので、私は心残りがするわけですが、あなたが本日御発言になったことも、あなた個人の御意見として、また考え方として述べられたのか、大臣ともよく相談をして、大臣の気持ちはこのとおりだというような考えで、またそういうように

前田榮之助

1966-05-31 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 12号

○前田(榮)委員 次に原田市長にお尋ねなり、あるいは希望なりを申し上げておきたいと思う次第でありますが、特に地元市長として、何か非常な責任がおっかぶさったような気がして、市長としての今後の行動については多大な御心配をされることだと、私は心から敬意を払うと同時に、御同情も申し上げておる次第であります。  そこで、この札幌における競技場というものは、私、先年参りましてながめてみまして――もちろん今回の運動

前田榮之助

1966-05-31 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 12号

○前田(榮)委員 参考人の竹田委員長と原田市長、御両名が全力をあげて万全を期して運動していただいて、おかげで日本に誘致することができましたことについて、心から敬意と感謝を申し上げる次第であります。  さて、こうなりますると、この成果にこたえて最善を尽くさねばならぬと存ずるのでありますが、いま質疑の中にありましたように、組織委員会もまだできていないし、また、政府のほうでも担当大臣をだれにするかというようなことについても

前田榮之助

1966-05-11 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 11号

○前田(榮)委員 御答弁大体了解をいたしましたが、そこで、私はもう一つ御希望申し上げておかなければならぬのは、要するに、札幌におけるいま候補地になっておるところを、私の観察いたしました結果から申し上げますと、世界各国のいろいろな設備の事情も承りましたが、雪の質といい、風の方向といい、それから札幌市を中心とした距離といい、諸条件がきわめてりっぱで、おそらくいままでの冬季オリンピックに使われた各国の施設

前田榮之助

1966-05-11 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 11号

○前田(榮)委員 体育局長にお尋ねいたしたいと思うのでありますが、過般の当委員会において文部大臣に、冬季オリンピックが札幌に誘致決定を見たことについて、要望なりまた大臣の御意見等も伺ったのであります。しかしその際には、文部大臣非常に時間を急いでおられまして、ほんとうに二、三にとどめざるを得なかったのであります。きょうも、実は大臣が御出席していただけるものだと思って、大臣に御質問を申し上げたい、また要望

前田榮之助

1966-05-10 第51回国会 衆議院 社会労働委員会 32号

○前田(榮)委員 関連。もう時間が押し迫ったので、質問は私も保留いたします。そこで通産省に頼んでおきますが、認可後にブルネイの造船所のほうへ、機械、それから資材等について日本から言うと輸出するわけなんだが、輸出許可をしたものの月日と量、今日までどうなっておるか、これをひとつお知らせを願いたいと思います。いろいろ私のほうでも現地の調査をしつつありますから、あらためて御質問することにいたします。

前田榮之助

1966-05-10 第51回国会 衆議院 社会労働委員会 32号

○前田(榮)委員 関連。それは、私は五月一日に竹原へ行って事情を聞いて、その一日のときには、まだ四月に全部納まっておりません。けれども、これは中央の問題になるおそれがあるということでいろいろ向こうで議題になりまして、急にあわてて、その報告は何日の報告か知りませんけれどく、おそらくそれよりも後に払ったのだと思います。だから、中央でしっかりしないと払わぬようになるということなんですよ。よろしゅうございますか

前田榮之助

1966-05-10 第51回国会 衆議院 社会労働委員会 32号

○前田(榮)委員 委員長、関連してちょっと。実は竹原というのは、なくなられた池田総理の出生地なんです。それで私も近いところで、大体事情は知っておるわけです。しかもいま吉村委員が言われたような事情に加えて、伊藤忠というものが竹原造船を利用したのか、竹原造船が伊藤忠という看板を一部――全部じゃない一部利用して売り込んだのか、そういう点はいろいろ想像ができると思うのですね。しかも通産省がしっかり考えてもらわなければならぬのは

前田榮之助

1966-04-27 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 10号

○前田(榮)委員 文部大臣はお急ぎのようでありますから、最後に一言希望を申し述べまして、大臣の御所見をあわせてお伺いいたしたいと思います。  それは、一九七二年の札幌における冬季オリンピックが決定いたしたのですが、約六カ年間ございます。東京オリンピックのときには、約四カ年そこそこで準備をいたして、開催された年にようやく間に合ったというようなことであった。これは日本人がたいへん考えなければならぬことでありまして

前田榮之助

1966-04-27 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 10号

○前田(榮)委員 札幌に冬季オリンピックを招致することは、国民の念願であり、ことに、札幌市からは当委員会請願も出ており、また、私や島村君が当委員会代表して現地視察等を行ない、これはいままでの国際オリンピックの競技場等と比較して決して劣らないりっぱな地域であるということを認定いたして、当委員会へ報告され、そのことは文部大臣も御承知のとおりだと思います。したがいまして、すでにかように決定いたしました

前田榮之助

1966-04-05 第51回国会 衆議院 逓信委員会 18号

○前田(榮)委員 やはり大臣官僚的な頭で御判断なさる。同じ条件とか条件でないとかおっしゃっても、現実に、無集配局はかえない、集配局はかえてやる、こういう条件がつくわけです。そういう場合の条件というものは、これは常識的に考えて、いなかのほうに多い、それから不便なところに多い、こういうことは現実にわかっておるじゃないか。そういう現実にわかった常識的にわかったものに差別をすることは、私はこの条文そのものは

前田榮之助

1966-04-05 第51回国会 衆議院 逓信委員会 18号

○前田(榮)委員 この問題は、私は憲法上からも問題が出てくるのではないかと思います。憲法第十四条には、「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信條、性別」といって、その次に「政治的、経済的」、経済的が入っているんですよ。「又は社会的関係において、差別されない。」無集配局というのは、なかのほうに多い。そういういなかの、生活に恵まれておらないところの者が差別されるんですよ。これは厳密にこの憲法第十四条

前田榮之助

1966-03-30 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 8号

○前田(榮)委員 最後に、両先生にお願いを申し上げておきたいのですが、たいへんきょうはわれわれに参考になる御意見を聞かしていただいたのですが、ただ、きょうお話が出ない問題としてあとに残っておると思われるのは、いま日本が直面しておるこれらの体力つくり運動、体育振興の問題点について、参考になる国は、どこの国が一番いいだろうとかいうようなことについて、私らも二、三回欧米を回ってきましたが、そのつもりで行っておりませんので

前田榮之助

1966-03-30 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 8号

○前田(榮)委員 私が御質問申し上げることは、大体古井委員が御質問された範囲のことに属すると思うのでありますが、具体的には、すでに御承知のとおりに、都市といわず全国の町村といわず、レクリエーションの場あるいは体操の場というものが国民に与えられておらないところに、日本の今日のある意味の貧困があると存じておるのでありますが、その中の一つといたしまして、当委員会衆議院特別委員会として設けられて以来、具体的

前田榮之助

1966-03-24 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 7号

○前田(榮)委員 文部大臣の時間もございませんので簡単にいたしますが、いまの高等学校、小中学校における体操というものが、女子の教員が多数を占めつつある傾向から、だんだんと実質的に不十分になりつつあることは、いま局長も御報告になったので、これらについてもっと積極的にひとつ考え直してもらわなければならぬのではないか、かように考えて、この点は要望を申し上げておきます。  次に、大臣にお尋ね申し上げたいのは

前田榮之助

1966-03-24 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 7号

○前田(榮)委員 それにつきましても、一昨年のオリンピック以来の国民思想国民希望、こういうものも変わってもおりますし、また政府態度も、非常に前進的な態度で進まれておるのでありますが、どうも当時の担当大臣でございました河野さんがなくなられまして以来というものは、少し下火になったんじゃないかという感じもいたしますし、また国民の中でも、そういうように感じておる者も相当おるように思われる。これは、河野

前田榮之助

1966-03-24 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 7号

○前田(榮)委員 文部大臣にお尋ねいたしますが、いわゆる学校教育上の問題として、国民の体力つくりについては、各省関係はありまするけれども、中心は、実際の行政の上から文部省に非常な行政上の任務があると思うのであります。  最近、新聞に出ておりまする問題といたしましては、総理府に青少年局を置いて、青少年対策というものを力強く推進をすることが、閣内において決定を見たようであります。そのこと自体も時宜に適した

前田榮之助

1966-03-10 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 6号

○前田(榮)委員 もうあまり時間がありませんので、簡単に御質問申し上げますから、また簡単に御説明を願いたいと思います。  体力つくりのほうで特に力を入れております体操の問題でございます。各小中学校にはそれぞれ体操の先生がおると思うのですが、その学校学級数に対する体操教師の数の比率はどうなっておるか。それは小学校中学校高等学校と別々な率になっておると思うのですが、その別々な率がどうなっておるかをお

前田榮之助

1966-03-10 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 6号

○前田(榮)委員 大まかな御答弁のように思うわけなんですが、私は、今日の日本の小中学校児童生徒というのは、いわゆる日本民族の土台となるべきものであって、したがって、内閣のほうでも「体力つくり運動というものを推進されようとする時代なんですから、年次計画というものが、何年には何%までくる、したがって四十五年には一〇〇%だ、こういう計画がきちっとされておっても、大体できないのがいままでの情勢でございますが

前田榮之助

1966-03-10 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 6号

○前田(榮)委員 田邉委員からいろいろな角度から御質問になったので、それに付随するような案件についてお尋ねを申し上げたいのですが、いま体育局長の御説明によりますと、給食も漸次発展しつつあると御報告があったわけでありますが、全国の小学校は一〇〇%完全給食をするのには何年を目標としておるか、中学校はまた何年か、その年次別の計画はどういうようになっておるか、ひとつお聞かせを願いたいと思います。

前田榮之助

1966-03-03 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 5号

○前田(榮)委員 次には清水さんに、これはお尋ねよりもお願いなのですが、実は私は社会党の政策審議会学校給食の特別委員長をしておるのです。学校給食の発展は、清水さんのおっしゃるとおり、どんどん進めなければならぬのみならず、それどころではない、われわれはもっと飛躍的な法案をさきの議会にも出しましたし、そう考えておりまするが、これは現状でそう一ぺんに高くはできませんから、漸次前進させなければならぬと思いますので

前田榮之助

1966-03-03 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 5号

○前田(榮)委員 学校教育の問題について、私の質問は、いまのお説とは私の心持ちが違うのでありまして、つまり、スポーツ少年団にかわるべきもの、こういう考えじゃなくて、スポーツ少年団がいまやっておられることは非常にいい、これを進めなさい、ことに野津さんみたいなまじめな方が一生懸命やられるなら、わき道へそれるおそれはない、こう私は信じておるので言うわけなんです。ただ、それはそうであっても、現在の学校教育

前田榮之助

1966-03-03 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 5号

○前田(榮)委員 簡単に本日の参考人の四人の方に順次お尋ね申し上げますから、ひとつ率直に御意見をお聞かせ願いたいと思います。  まず第一に、大庭さんにお尋ねを申し上げますが、大庭さんのお話、たいへんごもっともだと思います。選手の強化、選手となるべき候補者の養成指導、それからそのもう一つ下の底辺をいかに強化するかという三段階に分けて合理的な努力を払われておる点について、敬意を表する次第であります。ことに

前田榮之助

1966-02-24 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 4号

○前田(榮)委員 いまの指導者の問題でありますが、たとえば文部省教育の上からの、いわゆる昔の体操学校ともいうべき大学までできておるのでありますが、これらは、主として中心はスポーツ、ことに選手的な者をつくるという結果に終わっておるようでありまして、そうでない、やはり一般大衆と生活をともにしながらやれる、層の広い国民の中に、農村農村、漁村は漁村で、婦人や子供と一緒に野や海岸で、直ちに短時間の生活改善

前田榮之助

1966-02-24 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 4号

○前田(榮)委員 いま御説明になったように、国民全体の体位向上のために漸次発展的に努力されておる点、敬意を表する次第でありますが、ただ私は、いま国民全体の中から機運が高まっておる、その機運を十分に伸ばさなければなりませんけれども、こういうことは、いま御説明にあったように、国民みずからのこととして、国民運動としてやらなければならぬということになりますると、いたずらに官庁が、ことばは適当でないかもわかりませんが

前田榮之助

1966-02-24 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 4号

○前田(榮)委員 中小企業のこれらの問題は、なかなか困難な問題があると思うのですが、ただ問題は、大企業と違って、資金の関係やそれから事業場における時間の関係や、非常に困難なことがあると思います。ただ、中小企業として特に力を入れなければならぬのは、その困難な点をどういうふうに克服するかということであろうと思います。したがって、いまお話にもあったように、いろいろ協同組合やその他横の組織をつくって、そこにいろいろな

前田榮之助

1966-02-17 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 3号

○前田(榮)委員 いま佐藤委員からいろいろ御意見が出たのですが、各府県単位についても、今日そうたいして見るべきものがないのです。ことに労働者は、組織としては労働組合が中心に活動するのでありますが、労働組合については、左右いろいろなものがあるから、甲乙をつけたり、いろいろなことが非常に複雑になっておるということもあろうと思うけれども、その組合の中にある体育部とか、あるいはレクリエーションのクラブやいろいろなものがあります

前田榮之助

1966-02-17 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 3号

○前田(榮)委員 大体建設省関係の御説明は終わったのだと思うのですが、きょうは時間がございませんから、いろいろ内容に立ち至っての御質問は、また当委員会で同僚と相談をしながらいたしたいと思います。したがって、きょうはこのままで、建設省の御説明は承っておくということでありまして、したがって、これを了承したということでないことを、ひとつ御確認を願っておきます。  多摩川の問題あるいは江戸川の問題等についても

前田榮之助

1966-02-11 第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 2号

○前田(榮)委員 局長にちょっと希望を申し上げますとともに、お尋ねをしておきたいのですが、冬季オリンピックの施設調査費が四十八万三千円計上されておるようでありますが、これはほんとうに初期の調査をされるということの経費にすぎないものでありますか、ひとつ大臣と相談をされて、後日御答弁を願いたいのです。どうせ冬季オリンピックは日本において開催しなけばならぬ、また、これは国際的にも、早いかおそいかの問題はいまあるようでありますが

前田榮之助

1965-08-10 第49回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 3号

○前田(榮)委員 私は、自由民主党日本社会党及び民主社会党を代表して、オリンピック競技種目の追加に関する件について決議をされたいとの動議を提出いたします。  まず、案文を朗読いたします。     オリンピック競技種目の追加に関する件   本委員会は、きたる千九百六十八年メキシコ市で開催される第十九回オリンピック競技大会の競技種目に、国民が多大の関心を寄せ且つ期待を有する「柔道」および「女子バレーボール

前田榮之助

1965-08-05 第49回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 2号

○前田(榮)委員 ただ、いま文部大臣のごあいさつにもございましたけれども、形を見ますると、やはり体育関係の指導者も、文部行政として重要な案件を進めていくという項目もあったようであります。しかし、そのことについては、また文教委員会か当委員会かで文部大臣にいろいろ質疑を行ないたいと存じております。  ただ、内閣審議室といたしましては、予算がないから、予算の範囲内で行なわなければならぬという事情もございましょうし

前田榮之助

1965-08-05 第49回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 2号

○前田(榮)委員 いま御説明によりますと、一億の金で当分しのごうというようなことですが、これでは問題にならぬのではないか。このことをいま直ちに問題にしたいのでありますけれども、したところで結論が出るわけではないですから、これは後日の問題にいたしたい、かように思うのであります。ただ、いま御説明になった国民運動としての行事、これがどういうように進んでいくかということは、今後の日本国民全体の体位向上の運動

前田榮之助