運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
269件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-03-05 第204回国会 参議院 予算委員会 第5号

佐藤正久君 これは、ただ、この変異株確認国は六十か国なんですよ、六十。これはもうほとんど保健所任せで、実際にどこかに自由に動いたとしても実際確認できないと、それが六十か国あると。これはやはり、これからまさに二週間の間に変異株をいかに見付け、潰すという観点からいっても、水際が、こういう状況はみんな不安になりますから、ここは厚労省担当の方も何とかこれはしたいと言っていますので、この強化をお願いしたいと

佐藤正久

2021-03-05 第204回国会 参議院 予算委員会 第5号

佐藤正久君 資料一を御覧いただきたいと思います。(資料提示)  厚労大臣にお伺いします。  今説明があったように、今ある程度止めているといっても、二月合わせて三万四千人ぐらいが実は入ってきていると。その際、この資料にありますように、変異株流行国、これ十七か国ですけれども、これについては三日間の隔離、そして検査等をやっているんですけれども、この変異株確認国相手国政府国内変異株確認されたというこの

佐藤正久

2021-03-05 第204回国会 参議院 予算委員会 第5号

佐藤正久君 自民党佐藤正久です。久々の質問となります。大臣といろいろやり取りさせていただきますので、その各項目の最後に総理に所見とか思いを述べていただきたいと思いますので、ゆっくりとされて結構でございます。  まず最初に、水際対策、これについて伺います。  まず法務大臣に伺います。  入管庁資料だと、二月は日本人が約二万人、外国人が約一万三千八百人入国しておりますが、新規で特段の事情で入ってきている

佐藤正久

2020-11-19 第203回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

佐藤正久君 大事な情報が上がっていないということは非常に問題で、これ民間であれば、大事なプロジェクトにおいて大きな変更を要するような事項があれば、それを速やかに報告しないとプロジェクト自体が止まってしまう。普通ならばこれ処分ですよ。しかし、処分もなされないということに私も一つ懸念がありますし、統幕長経験者も、これは自衛官なら大きな処分になったのに何で処分されないんだという意見もあるということはしっかり

佐藤正久

2020-11-19 第203回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

佐藤正久君 事務方から説明がないということ自体がおかしいと思います。  この件については、もう昨日、事務次官の方にも懸念を伝えております。報告大臣の方にないということ自体が、今回のイージス・アショアのこの経緯を踏まえてもおかしいと私は言わざるを得ません。我々も、政府の意図を受けて、野党の方と調整をしながら、何とかこの委員会運営を円滑に、円満に、公正にやろうと努力している途中ですので、防衛省の方もしっかりそれは

佐藤正久

2020-11-19 第203回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

佐藤正久君 自民党佐藤正久です。  まずは、茂木外務大臣、再びの外務大臣、おめでとうございます。そしてまた、岸防衛大臣参議院OBとして、またこの当委員会OBとしての防衛大臣就任、本当におめでとうございます。  ただ、最初に実は苦言を呈しないと与党の理事としていけません。  先ほど理事会でもありました。防衛省から、イージス・アショアに係る経緯、この報告理事会でありました。実は、午前中、衆議院

佐藤正久

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

佐藤正久君 脅威認識は当時より更に高まったと、そういう中での、北朝鮮のノドンやスカッドから国民を二十四時間三百六十五日守るためのアセットがイージス・アショアでした。  今般、アショア配備地としてむつみ演習場新屋演習場を含む二十か所の国有地、これを、国有地への配備を断念、代替地についても見付けることが困難、アショア配備は事実上断念したと私は理解しております。  ただ、アショアに期待していた機能

佐藤正久

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

佐藤正久君 自民党佐藤正久です。本日は質問機会を与えていただき、ありがとうございます。  まず、今般の豪雨災害でお亡くなりになられた方々へのお悔やみと、被災された全ての方々にお見舞いを申し上げます。  また、捜索救助、あるいは道路啓開生活支援等に当たっておられる自衛隊方々にも感謝を申し上げます。特に球磨村等の山間集落では、多くの孤立地域にあり、ヘリでも降着できないため、自衛官が水や食料を背負

佐藤正久

2020-04-16 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

佐藤正久君 防衛大臣、そして鈴木外務大臣、この宇宙分野協力というものは在日米軍駐留経費議論においても側面支援効果もあると思いますので、是非御検討の方をよろしくお願いしたいと思います。  次に、女性自衛官処遇改善について伺います。  設置法改正のもう一つ重点サイバー分野統幕でも、女性隊員の活躍、あるいはその数が逐次増えております。ただ現実は、女性用営内宿舎がない駐屯地や、演習場の廠舎

佐藤正久

2020-04-16 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

佐藤正久君 資料一を御覧ください。  この毛沢東時代の両弾一星から、習近平時代、まさに宇宙強国、二〇四五年を目指して様々な活動をしております。特に測位衛星、これは、GPSではなく北斗という自前測位衛星を持っており、今やその数はアメリカGPSを抜いております。これは、湾岸戦争時代の教訓から、やはりアメリカGPSから脱却しなければ自前防衛戦略軍事戦略は対抗できないということで、ミサイルの終末誘導

佐藤正久

2020-04-16 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

佐藤正久君 おはようございます。自民党佐藤正久です。質問機会をいただき、ありがとうございます。また、鈴木外務大臣、御出席ありがとうございます。  防衛省設置法改正案には賛成立場であります。ただ、自衛隊宇宙に関わる人員、予算規模がかなり少ないことに懸念を持っております。日米防衛協力の指針にも宇宙における日米協力はうたわれており、今後の重点分野でもあります。ただ、その際、中国宇宙軍事利用

佐藤正久

2020-03-23 第201回国会 参議院 予算委員会 第13号

佐藤正久君 実は、クルーズ船対応では、アメリカの方がもう運航会社に対して一千万ドルの訴訟も起こしているということもありますので、やっぱり予断をせずにしっかり対応をお願いしたいと思います。  あとは、今回のイベント自粛などは、緊急性から、法律に基づかず私権制限された側面があります。法に基づく私権制限ではなく、法に基づかない私権制限訴訟対象政府ではありません。これは、本来、法治国家としては望ましい

佐藤正久

2020-03-23 第201回国会 参議院 予算委員会 第13号

佐藤正久君 中止は絶対あり得ないと。完全な形での実施の中での延期という選択肢も入れながら、今後しっかり調整をして、多くの国民が世界からアスリートを良い形で迎える、そういう環境をつくっていただきたい、そういうふうに思います。  それでは、ウイルスについてお伺いいたします。  今回の新型ウイルス、未知の部分も多く、正解がない中、総理のリーダーシップの下、政府国民が一体となって当たられた結果、死亡者

佐藤正久

2020-03-23 第201回国会 参議院 予算委員会 第13号

佐藤正久君 おはようございます。自民党佐藤正久です。  本日、質問機会をいただきました関係者方々に深く感謝を申し上げます。  冒頭、東京五輪について伺います。  報道によれば、IOCは、延期を含めた検討に入り、今後四週間で結論を出す方針を臨時理事会で決めたとのことです。ただ、大会の中止については議題にならなかったともしております。このIOCの発表、総理の受け止めをお聞かせください。

佐藤正久

2020-01-17 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

佐藤正久君 これは国民に、やっぱりなぜこのペルシャ湾内とかホルムズ海峡ではなくこの周辺海域かという部分は丁寧に説明しないとなかなか理解が得にくい。直接守った方がいいんではないかという声はやっぱり国民にあるということは御理解いただきたいと思います。  ただ、この広大な海域情報収集を実効的に行うというのは、大臣答弁のとおり一国だけでは無理で、やはり他国との連携というのが必要なのは当然であります。

佐藤正久

2020-01-17 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

佐藤正久君 まだ直接日本関連船舶を守る情勢ではなく、海上警備行動の要件を満たす、そういう段階ではないという答弁だったと思います。実際に、船主協会からも派遣の歓迎の評価はあっても、海賊のときと違い警護要請までは来ていないという状況だと思います。  では、情報収集海警行動に区分して、その実効性の担保について確認をしていきたいと思います。  海上自衛隊情報収集活動地域、これは、これまで各国のタンカー

佐藤正久

2020-01-17 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

佐藤正久君 自民党佐藤正久です。  私は、航行の安全確保のための自衛隊派遣を含む政府取組には賛成立場であります。  中東日本経済国民生活に不可欠な原油の約九割を依存している我が国が、他国の軍隊やタンカー乗組員に汗をかかせ高みの見物というわけにはいきません。自衛隊は行くな、だけどタンカーには行ってほしい、これは通用しない。対案もなく反対反対と言って日本経済国民生活が守れるなら、私も

佐藤正久

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

佐藤正久君 ありがとうございます。  まさに、よく我々、桜の花を見たときに花をよくめでますけれども、きれいな花が咲くためにはやっぱり枝ぶりがしっかりしないといけませんし、そのためには幹がしっかりする、また、実際には表に出ない根っこ、これがしっかりしないと駄目だというふうに言われますように、まさに、木を見て森を見ないというのと同じように、やっぱり大きな観点から今回の協定というものを議論して、その意義

佐藤正久

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

佐藤正久君 全くそのとおりで、やっぱり日本リードをして、このアジア太平洋あるいはインドを含めた地域にこの法の支配、自由で開かれた通商の秩序をつくることが新興国にとっても安心感を与える。是非ともリードをしていただきたいと思いますが、ただ、トランプ政権オバマ政権とやっぱり違います。さきのウィルソン・センターでのペンス副大統領演説ハドソン研究所でのポンペオ国務長官演説にありますように、オバマ政権時代

佐藤正久

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

佐藤正久君 自民党佐藤正久です。質問機会をいただき、ありがとうございます。  私は、今般の日米協議の第一弾となります二つの協定には賛成立場であります。また、TPP11、そして日EU・EPAを発効させ、その後、日米交渉を本格化させたその手法にも賛同いたします。  配付資料の一を御覧いただきたいと思います。  日米安保条約の第二条、締約国は、その国際経済政策における食い違いを除くことに努め、また

佐藤正久

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

佐藤正久君 大臣、やっぱり、実は霞が関の役人の方々感覚一般国民感覚、ちょっと開きがあるような感じがするんです。一生懸命やっているのは分かりますけれども、それがいかにして伝えるかという部分もないと、やっぱりそこはギャップが出てしまうと。どう考えても、今まで日本政府中国に求めていた自由とか基本的人権の尊重、法の支配という観点から考えても、今回の香港情勢香港警察デモへの対応というのはやはりやり

佐藤正久

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

佐藤正久君 まさに、隊員確保できない、これは静かなる有事という表現をする方もおられます。引き続きよろしくお願いします。  それでは続いて、今日の、茂木外務大臣に来ていただいておりますから、香港情勢等について質問いたします。  現在の香港情勢、私も深い憂慮を持って見ております。過激化するデモ、それに対する過剰な警察対応、まさに負の連鎖が続いていると言っても過言ではないと思います。特に、先日の警察

佐藤正久

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

佐藤正久君 自民党佐藤正久です。  まずは、茂木外務大臣河野防衛大臣、御就任おめでとうございます。また、質問機会を与えていただき、ありがとうございます。実は二年半ぶり質問になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。  まず、防衛省の給与法の改正案ですけれども、これには賛成でございます。特にこの自衛官候補生初任給のアップ、これは河野大臣衆議院安保委員会の方でも、募集上の効果も期待できるという

佐藤正久

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第17号

佐藤(正)副大臣 お答えいたします。  まず、事実関係から御説明いたします。  日米合同委員会合意の中には、外務省ウエブサイトにおいて掲載していないものも存在いたします。例えば、施設・区域の提供や返還に関する合意につきましては、その概要防衛省ウエブサイトの方に掲載しているというものもございます。  次に、まさに御指摘のこの航空交通管制改正は、四ページのもの、御指摘のように、これは概要全文かわかりませんし

佐藤正久

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第17号

佐藤(正)副大臣 お答えいたします。  国会提出についても、事実関係から御説明いたします。  昭和五十年六月十日に国会に提出された後、昭和五十年六月十七日の参議院運輸委員会昭和五十二年四月九日の参議院予算委員会昭和五十九年二月二十一日の衆議院予算委員会において議論がなされており、当該議論の様子は国会議事録において確認することができるようになっております。  昭和五十年代は現在のようにインターネット

佐藤正久

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第17号

佐藤(正)副大臣 津村委員にお答えいたします。  私の方からも、七日の衆議院国土交通委員会審議を中断させたこと及びその後の理事会において外務省からの説明誤りがあったことをおわびいたします。  理事会におきまして、現場に赴いた担当者認識誤りがあり、概要と御説明すべきところを全文説明してしまったものであります。  今後は、国会審議への十分な準備を含め、このようなことがないよう、私からも事務方

佐藤正久

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 第7号

○副大臣佐藤正久君) お答えいたします。  実は、本日も中国海警局公船四隻が尖閣諸島の領海に侵入するなど、御指摘のとおり、日中両国間の間には東シナ海の問題を始め難しい問題も存在しております。現在の関係改善の中でも、こうした問題は避けて通ることがやっぱりできません。むしろ、日中関係全体の雰囲気が改善し、対話や交流の機会が増える今だからこそ、こうした問題についても中国改善を求めていきたいというふうに

佐藤正久

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 第7号

○副大臣佐藤正久君) 委員指摘のとおり、訪日外国人、これは近年急増しておりまして、昨年の訪日外国人旅行者数、これは約三千百十九万人と過去最高を記録いたしました。これに伴い、昨年のビザ発給数も約六百九十五万件と過去最高となりました。在外公館におけるビザ関連業務は急増しているところであります。  今後も、委員指摘のとおり、訪日外国人の増加が見込まれる中、円滑なビザ発給とともに、我が国にとって好ましからざる

佐藤正久

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 第7号

○副大臣佐藤正久君) 松下委員指摘のとおり、我が国ODAは、中央アジアを含む開発途上国間で高く評価されており、相手国との関係強化我が国国際社会における主導的な役割、これを果たす上で最も重要な外交手段一つというふうに認識しております。  これまで多くの国の経済発展に貢献し、貧困の削減を通じまして暴力的過激主義テロ可能性を低減し、さらには途上国成長日本経済成長にも取り込むなど、我

佐藤正久

2019-03-22 第198回国会 参議院 予算委員会 第12号

○副大臣佐藤正久君) プーチン大統領がそういう発言されたという報道等は承知しておりますけれども、ただ、そういう発言によって、首脳間の合意事項であります領土問題を次の世代に先送りしないという件については、変わっているという認識はございませんので、引き続き、そういう発言があったとしても、粘り強く交渉を継続するという方向には変わりありません。

佐藤正久

2019-03-22 第198回国会 参議院 予算委員会 第12号

○副大臣佐藤正久君) お答えいたします。  そういう報道に接したことは事実でございますけれども、この問題については、安倍総理プーチン大統領のシンガポールの首脳会談において、両首脳が領土問題を次の世代に先送りすることなく自らの手で必ずや終止符を打つとの強い思いを共有して始まった問題でございますので、その思いというものを引き続き我々としては支えながら、粘り強く領土問題を解決して、平和条約を締結するとの

佐藤正久

2019-03-22 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第5号

○副大臣佐藤正久君) お答え申し上げます。  我が国は、一九八八年度からMFOに対して財政支援を行っており、MFO側からも高い評価が寄せられてきております。このような協力の積み重ねの中で、二十七年秋頃、MFO側から在エジプト大使館に対しまして、外交ルートを通じ、MFO司令部への我が国要員派遣について初めて要請を受けたところであります。その後も、過去三回のMFO事務局長の来日時などに際して同様の要請

佐藤正久

2019-03-22 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第5号

○副大臣佐藤正久君) 外務省予算案概要説明の前に、一言申し上げたいと思います。  この度は、河野外務大臣の体調不良によりまして、外務防衛委員会におけます委嘱審査の円滑な進行に当たりましてこれに支障を来しており、外務省としてまずおわび申し上げたいと思います。  河野外務大臣は、本日は、更なる検査、治療のため病院に行かせていただいております。ついては、本日の河野外務大臣の欠席と私、佐藤大臣による

佐藤正久

2019-03-19 第198回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

○副大臣佐藤正久君) まさに今お互いに交渉している最中でございますので、一概にその内容についてお答えすることはできませんけれども、一般に、それぞれの国が受入れ国において活動する場合、当然受入れ国の法令というのは尊重して行っているということについてはこれまでどおりであります。

佐藤正久

2019-03-19 第198回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

○副大臣佐藤正久君) お答えいたします。  現在、オーストラリアとは、自衛隊オーストラリア国防軍との間の共同運用及び演習を円滑化すべく、行政的、政策的及び法的手続改善する相互訪問に関する協定につき交渉をしておりますが、相手国との関係もあり、交渉内容について明らかにすることは差し控えたいと思います。  ただ、一般に、日本オーストラリアの部隊が相手の、それぞれの国で活動する場合、これについて国内法

佐藤正久

2019-03-19 第198回国会 参議院 財政金融委員会 第4号

○副大臣佐藤正久君) 風間委員にお答えいたします。  御指摘のとおり、経費の分担に関しまして、日米地位協定第二十四条は同一条において、日本米軍を維持することに伴う全ての経費は、同二条により日本国が負担すべきものを除くほか、米国が負担する旨を規定しているというふうに理解しております。

佐藤正久

2019-03-14 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号

佐藤(正)副大臣 お答えいたします。  朝鮮半島からと思われる船舶漂着事案は、一昨年及び昨年はそれ以前よりも増加しているというふうに承知しております。その理由について一概に申し上げることは困難でありますが、例えば、昨年十月以降、日本海における荒天が多かったことに加えまして、国際社会による北朝鮮に対する制裁によって食料不足懸念される中、北朝鮮当局が漁業を奨励したという見方、あるいは、北朝鮮外貨獲得

佐藤正久

2019-03-11 第198回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号

○副大臣佐藤正久君) 外務大臣佐藤正久でございます。  我が国を取り巻く安全保障環境が大変厳しい中、我が国外交安全保障基軸たる日米同盟強化が不可欠であります。特に、在沖縄米軍を含む在日米軍抑止力地域の平和と安全の確保に不可欠であり、在日米軍抑止力を維持しつつ、地元負担軽減を図っていくことが重要です。  また、ロシアとの間で様々な分野における協力の進展を図りながら、平和条約交渉にしっかりと

佐藤正久

2019-02-14 第198回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号

○副大臣佐藤正久君) 御質問ありがとうございます。  やっぱりODAの広報というのは、外務省の方としても毎年やってはいるんですけれども、なかなかそれが結果として、特に日本国民の中でも広がっていないという部分は御指摘のとおりで、今局長の方から、そういうSNSとか、あるいはそういうトレインチャンネルというのでやったというのはありますけれども、そのほかにも、取組としてはやっぱりアニメを使ったものとかあるいは

佐藤正久

2019-02-14 第198回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号

○副大臣佐藤正久君) 浜口委員、どうも御質問ありがとうございました。  特に私、前半のボランティアの方の再就職という部分については、やはり役人任せではなく政治の方も、政務の方もしっかり関与しないといけないという問題認識を持っています。  特に今、人が集まらないという、まさに人だけの問題でなく、特にニーズには、やっぱり男性ボランティアが得意なエリアとかあるいは女性ボランティアが得意なエリア、当然そこはあると

佐藤正久

2019-02-14 第198回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号

○副大臣佐藤正久君) 御質問ありがとうございました。  御指摘のとおり、今回日本の方に入ってくる実習生のときに、ベトナム等におけるやっぱりあっせん業者という部分が御指摘のとおり一つ大きな課題になりまして、いいあっせん業者であればそれは問題ないんでしょうけれども、しっかり準備もし情報も与えて日本でもこういう形になるというんでしょうけれども、中にはやっぱり悪質なあっせん業者、これをいかに排除するかというのが

佐藤正久

2018-11-30 第197回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号

佐藤(正)副大臣 おはようございます。外務大臣佐藤正久でございます。  我が国を取り巻く安全保障環境が大変厳しい中、我が国外交安全保障基軸たる日米同盟強化が不可欠であります。  特に、在沖縄米軍を含む在日米軍抑止力地域の平和と安全の確保に不可欠であり、在日米軍抑止力を維持しながら、地元負担軽減を図っていくことが重要であります。  また、ロシアとの間でさまざまな分野における協力

佐藤正久

2018-11-14 第197回国会 衆議院 外務委員会 第2号

佐藤(正)副大臣 お答えします。  非核原則核武装ともリンクすると思いますけれども、これは一般論としてもよく言われますけれども、国の安全保障のあり方、これについては、それぞれの時代状況国際情勢等を踏まえたさまざまな国民的な議論があるというふうな認識のもとに、議論をするというのは、これはあり得るというふうに思います。  ただ、私の立場としては、私は非核原則を維持すべき立場だということであります

佐藤正久

2018-11-14 第197回国会 衆議院 外務委員会 第2号

佐藤(正)副大臣 お答えいたします。  委員会においては、外務大臣として答弁する責任がありますから、個人の見解については述べることは差し控えたいと思いますが、その上であえて申し上げれば、議論することは大事だと思いますが、私は、非核原則、これは維持すべきだという立場であり、政府と同じだと思っております。  そのためにも、非核原則原子力基本法、あるいは核兵器不拡散条約、あるいはアメリカ拡大抑止政策

佐藤正久

2018-11-13 第197回国会 参議院 外交防衛委員会 第1号

○副大臣佐藤正久君) 外務大臣佐藤正久でございます。  様々な外交課題に直面する中、河野大臣の下、副大臣としての職責を果たしていきたいと思います。  特に、担当であります北米、中南米、中東アフリカ諸国との関係強化に努めてまいります。また、国連外交安全保障、法の支配強化に注力するとともに、在外邦人安全確保、国際的なテロ対策にも取り組んでまいります。  渡邉委員長を始め、理事委員各位の御支援

佐藤正久