運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
499件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1985-06-24 第102回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 3号

○中野委員長 これより会議を開きます。  ただいま本委員会に付託になりました金丸信君外六名提出、公職選挙法の一部を改正する法律案及び田邊誠君外六名提出、公職選挙法の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  これより両案について、それぞれ提出者より提案理由の説明を聴取いたします。森清君。     ―――――――――――――  公職選挙法の一部を改正する法律案     〔本号末尾に掲載〕

中野四郎

1985-02-13 第102回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 2号

○中野委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  次に、理事補欠選任の件についてお諮りをいたします。  ただいまの山本幸雄君の辞任のほか、理事でありました新村勝雄君が、去る十二月十三日委員を辞任されましたので、現在理事が二名欠員になっております。これより、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者

中野四郎

1984-12-01 第102回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 1号

○中野委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、本委員会の委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存ずる次第でございます。  皆様御承知のとおり、選挙制度につきましては、今日、いろいろな御議論、御意見のあるところでございますが、私は、本委員会に課せられました使命の重大性にかんがみまして、誠心誠意、職務の遂行に努力してまいりたいと存じております。

中野四郎

1983-11-17 第100回国会 衆議院 本会議 11号

○中野四郎君 ただいま議題となりました公職選挙法の一部を改正する法律案につきまして、公職選挙法改正に関する調査特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案は、最近の選挙の実情にかんがみ、選挙制度の改善を図るとともに、金のかからない選挙の実現に資するため、所要の改正を行おうとするものであります。  その主な内容は、  第一に、各選挙の選挙運動期間を短縮することとし、衆議院議員の

中野四郎

1983-10-12 第100回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 5号

○中野委員長 これより会議を開きます。  先刻来、日本社会党所属委員、公明党・国民会議所属委員、民社党・国民連合所属委員及び日本共産党所属委員の出席を要請いたしましたが、いまだ出席がありません。再度事務局をして出席を要請いたしますので、お待ちください。――再三にわたり出席を要請いたしましたが、いまだ出席がありません。やむを得ず議事を進めます。  天野公義君外七名提出、公職選挙法の一部を改正する法律案

中野四郎

1983-10-07 第100回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 4号

○中野委員長 この際、参考人各位に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用中のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。  参考人の皆様には、それぞれのお立場から、どうか忌憚のない御意見をお述べいただきますようお願い申し上げます。  なお、小野寺参考人は、列車遅延のため、出席がおくれるとのことでございますので、出席次第御意見を聴取することといたします。  議事の順序

中野四郎

1983-10-07 第100回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 4号

○中野委員長 これより会議を開きます。  日本社会党所属委員の出席がございません。事務局をして出席を要請いたしますので、しばらくお待ちください。――ただいま事務局をして日本社会党所属委員に出席を要請いたしましたが、いまだ出席がありません。やむを得ず、議事を進めます。  天野公義君外七名提出、公職選挙法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を行います。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします

中野四郎

1983-10-05 第100回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 3号

○中野委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。  天野公義君他七名提出、公職選挙法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を行います。  提出者より提案理由の説明を聴取いたします。片岡清一君。     ─────────────  公職選挙法の一部を改正する法律案     〔本号末尾に掲載〕     ─────────────

中野四郎

1983-07-22 第99回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 2号

○中野委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  次に、閉会中の委員派遣に関する件についてお諮りいたします。  閉会中審査案件が付託になり、審査のため委員派遣の必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

中野四郎

1983-05-25 第98回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 3号

○中野委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  次に、閉会中の委員派遣に関する件についてお諮りいたします。  閉会中審査案件が付託になり、審査のため委員派遣の必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

中野四郎

1983-05-25 第98回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 3号

○中野委員長 これより会議を開きます。  この際、申し上げます。  今国会におきまして、当委員会に付託になりました請願は十九件であります。各請願の取り扱いにつきましては、先ほどの理事会において協議いたしましたところ、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、さよう御了承願います。  なお、当委員会に参考送付されております陳情書は、お手元に配付しております一件であります。念のため御報告申し上

中野四郎

1983-03-03 第98回国会 衆議院 本会議 9号

○中野四郎君 ただいま議題となりました国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、公職選挙法改正に関する調査特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案は、最近における賃金及び物価の変動等にかんがみまして、国会議員の選挙等の執行について国が負担する経費で地方公共団体に交付するものの基準を改定しようとするものであります。  すなわち、投票所経費

中野四郎

1983-02-23 第98回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 2号

○中野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  提案理由の説明を聴取いたします。山本自治大臣。     ─────────────  国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案     〔本号末尾に掲載〕     ─────────────

中野四郎

1982-12-28 第98回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 1号

○中野委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま、委員各位の御推挙によりまして、本委員会の委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存ずる次第でございます。  民主政治の根幹でありまする選挙制度につきましては、いろいろの御議論、御意見のあるところでありまするが、本委員会の使命の重大性にかんがみまして、誠心誠意その職責を全うする所存でございます。  何とぞ委員各位の格段の御協力

中野四郎

1982-05-14 第96回国会 衆議院 本会議 21号

○中野四郎君 ただいま議長から御報告のありましたとおり、愛知県第四区選出議員渡辺武三君は、去る四月二十三日逝去されました。  渡辺君がお亡くなりになった前日の民社党国会対策委員会では、終盤国会の焦点である参議院全国区制改革法案、老人保健法案、グリーンカード制問題など山積する諸問題について活発な論議が交わされておりました由。国対副委員長の渡辺君は、党務出張中の永末国対委員長にかわって、ふだんと変わりなく

中野四郎

1982-03-30 第96回国会 衆議院 懲罰委員会 1号

○中野委員長 この際、理事補欠選任の件についてお諮りをいたします。  委員の異動に伴い、現在、理事が二名欠員となっております。この補欠選任につきましては、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

中野四郎

1982-03-30 第96回国会 衆議院 懲罰委員会 1号

○中野委員長 これより会議を開きます。  この際、一言ごあいさつを申し上げます。  去る十二月二十一日の本会議におきまして、不肖私が懲罰委員長に選任をされました。まことに光栄に存ずる次第でございます。  申し上げるまでもなく、本委員会は、議院の秩序維持と品位並びに規律を保持し、国会の権威を一層高めるため、その課せられた任務はきわめて重大であると思います。  委員各位の御理解ある御支援、御協力を得まして

中野四郎

1981-01-26 第94回国会 衆議院 本会議 2号

○中野四郎君 ただいまは、永年在職議員として、院議をもって表彰の御決議をいただきましたことは、議会人として、この上もない光栄でありまして、感激にたえません。ありがとうございました。(拍手)  二十五年を顧みまして、私の政治家としての道は、まさにイバラの道でありました。不肖ではありますが、私は戦前、戦時中、戦後を通じて政治の道を一筋に歩いた体験者ではありますが、往時を顧みまして、憂うることはまことに多

中野四郎

1979-09-07 第88回国会 参議院 本会議 4号

○国務大臣(中野四郎君) 今国会最後の御答弁を申し上げます。  御質問は、過疎地域対策緊急措置法を延長する意思はあるかというお尋ねでございます。  全国市町村の三四%を占めておりまする過疎地域の振興につきましては、昭和四十五年以来、過疎地域対策緊急措置法に基づきまして計画的にその対策を講じてまいりましたが、道路の整備など相当の成果を上げてきたと思います。しかし、他地域との間に依然として格差が存することは

中野四郎

1979-07-13 第87回国会 衆議院 災害対策特別委員会 6号

○中野国務大臣 お説のとおり、各省庁との調整になかなか骨が折れるのです。しかし、骨が折れるからと言うてこれをば延々としておるわけにはまいりませんから、先ほどもお答えしたように最善を尽くす考えであります。  今度の場合も、局地指定というようなことが各所に問題になろうと思います。でき得るだけの基準緩和を図ると同時に、十分その辺の事情を勘案いたしまして措置をとっていきたい、かように考えております。

中野四郎

1979-07-13 第87回国会 衆議院 災害対策特別委員会 6号

○中野国務大臣 けさの閣議で国家公安委員長並びに建設省当局からいろいろ説明がございました。私の受けた感じは、仰せのとおりいろいろな検討はしておったんでしょうけれども最終段階に死者六名、重傷者二名、車だけでも百台以上の大被害を起こした。そこで、閣議のいろいろ話もございましたが、せんじ詰めますとさらにこれから検討し直さなければならぬ段階にあるのではないかということで、鋭意今度の事件を中心にいたしましていろいろと

中野四郎

1979-07-13 第87回国会 衆議院 災害対策特別委員会 6号

○中野国務大臣 閣議が長引きまして、どうも失礼しました。  指定基準を下げることにつきましては各方面からの御要望もたくさんございます。当方といたしましては、各省間にいろいろと折衝をしておるのですが、これはなかなか意見の存するところでありまして、特に大蔵省関係がなかなかややこしいのであります。しかし、罹災地の立場になってみますれば、速やかにこの措置をとるように努力をしなければいけないと考えて、最善の努力

中野四郎